愚仮面 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-03-09 なんかあったらすぐ消します(’A`)

[][]富野御大コーヒーブレイク 22:26 富野御大のコーヒーブレイク - 愚仮面 を含むブックマーク 富野御大のコーヒーブレイク - 愚仮面 のブックマークコメント

さて書くもん書いたらアクセス数がガクっとさがったわけですが('A`)

いやまあいつものことっちゃいつものことなわけですが、文章アップしてから1時間くらいで一気に人がいなくなりました(;´Д`)

内容がキモかったのか、長文がウザかったのか、はたまたどっちもだったのか…(;´Д`)トホホ

いや、いいんだ、オラ自分に正直に書いただ。書いてるうちに頭混乱した部分はあるけど。('A`)

それはそうと、Zがいよいよ完結したっつうことで久々に富野監督の文章とかを見回ってたのですが、サワダスペシャルさんとこの禿様特集でも結構リンク切れちゃってるのがあってもったいないなーと。特に「富野由悠季コーヒーブレイク」というのが…*1web archiveなら見られるのかな?

なんか見れたり見れなかったりなようなので、人がいない今のうちに保存もかねてちょいと転載チキンなんでクレームついたらすぐ消します。

今回は「星の鼓動は愛」ということですので御大の語る愛について。

富野由悠季コーヒーブレイク恋愛

 

▽▽▽恋愛論を聞かせて下さい。

 

▼"恋愛する"ということは、情の発露の行為です

 物語を作る自体が恋愛テーマにしていると思えます。

 その感情が作劇の基礎になるものですから、恋愛のことを考えない作家はいないわけがないと思っています。

(中略)

 

 少なくとも、ものを作るクリエイターでありたいとかアーチストになりたいと思ってしまうような人にとっては、恋愛衝動とか、セックスに対する衝動をきちんと持っている人が結局クリエイター立場に立っていけるものです。 そういう人が語り、表現する情が、フランクでみんなに解るものであれば、みんなが支持してくれます。どういうことかといえば、恋愛感情、恋愛衝動はノーマルな人であればみんなが持っているものだからです。

 そこに共通項がなければ、ひとりの人間が創ったものを百万人の人が観るわけがない、聴くわけがないんです。解らないからです。解るっていうのはどういうことかというと、そこに共通項があるからです。勿論文化の違いもありますが、日本人が解るオペラだってあるわけですから。文化的なにおいの違いがあっても解るというのが、文化だということになりましょう。

 もう少し、格好良く言うと恋愛衝動というものは、他の文化を理解しようとする衝動までつながってきます。そこまで知的行為を含めた情を持ったのが我々です。

 年相応の恋愛感情を持ったら、それは大事に経験してください。失恋も含めてきちんとやってください。

 そういうものに目を塞いだら、不完全な人間への入口に立つことになります。

(中略)

 

▼失敗を繰り返して、情愛を育む

 当然、恋愛というのは1人ですることではありませんから、相手からとんでもないしっぺ返しもあるでしょう。そういうことも含めて、きちんと経験して頂きたいと思います。恨んでストーカーをするというのは、心や情を育てることにはなりません。

 「無惨な結果な訳だから、いい恋愛経験じゃないよね」というかもしれないけど、そういう失敗を何度か繰り返さないと、ほんとの意味で情愛を育むとか、慈しむ心は育ちません。

 では、恋愛とか恋愛感情とか、訓練しなくちゃいけないものなのでしょうか。

 「なんとなく本能的に好きになったら、好きになったで、嫌いになったら、嫌いになったで、そこには努力するとか、育てるとか慈しみし合うなんて面倒なものじゃないんじゃないの?」という理解があると思います。

 恋愛というのは、そういうものじゃなくて、育てていくものです。

 ある時には徹底的に我慢しなくちゃいけないときもあります。

 ただ、本能的に直感的にその時だけの感情かもしれません。その瞬発的な感情を恋愛とは言いません。 恋愛衝動を素直に認めなくてはいけないのだけれど、問題なのはその衝動をどう相手に伝えたら、相手は認めてくれるか、認めてくれないのかです。

(中略)

恋愛結婚不倫の違い

 僕は基本的に恋愛結婚とは全く別のものだと思います。

 結婚というのは知的動物の集合体をつくっている社会で、システムに組み込まれている行為なんです。恋愛というのは社会的な行為を目指すものではない。恋愛恋愛浮気と同じように聞こえるかもしれませんが、浮気とはセックスをするという意味合いになります。恋愛は、セックスをすることに結びついていません。 

こういうことを言った方が居て、僕の好きな表現があります。

男と女の関係で一番いいのはね、一年に一度、会ったときに両方で、今夜は寝てもいいと思っていても寝ないで別れる。そして、会うときにとても嬉しく会いに行ける。これが恋愛です。」

 みなさんは、これくらいの覚悟がありますか。逆にいうとそういう風に好かれているパートナーをお持ちですか?恋愛ってそういうことです。

 気持ちがいいけど、ちょっとだけ辛い。それが大人の恋愛でしょ。

 結婚する前に不倫はありませんからどうしてくれてもいいんですが、やはり結婚してなくても不倫恋愛の違いはあります。だって、想いがなければ、なんでも不倫みたいなものですから。

 情の置き所の問題です。自分が好きだ嫌いだのというのは、個の問題ではなくて、相手が居て、相手と自分の気分がひとつところにポンと乗って、揉んでいられる関係です。揉んでいていいんだよね。それを両方が共有できる関係。穏やかであるし、そういう関係で、食事をしていたりして、ちょっと肘と肘が触れ合っただけで気持ちがいい。そういう恋愛をしましょうよ。

 不幸なのは、そういう異性と出合う機会が極度に少ないことです。だからとりあえずの気晴らしをしてしまう。とりあえずの気晴らしは独身であろうと不倫です。 不倫を認めないわけではありません。セックスだけが好きな男と女もいますから、それはそれでいいんです。ただ、その時に一つだけ礼儀があります。病気は移しちゃいけません。自分にヤバイなって病気があるときは、人間はおおむね、目の前の人には隠しますからね。

 

▽▽▽夫婦や恋人の間での暴力や、殺傷事件が目立ちますが、、、

  両者の気持ちが一つのところに乗った関係でなければならないとお話ししました。これは結婚であっても基本条件であるはずなんです。

 暴力週刊誌の記事になるのは不幸以前の問題です。恋愛関係ではないんですよね。エゴをぶつけ合うのは、恋愛的な行為ではないのですから。

 恋愛の凄いところ、素敵なことは、極端な言い方をすると、自分のエゴを全部捨てても相手のことを見てても、それでいいって思える心です。

 自分の欲っていうのはないんです。やらせろって事もないんです。相手の姿、形、言ってること、考え方とか体臭とか、ものの挙動とかものの食べ方とか、全部許せることです。

 そこになんで自分のエゴが入るのでしょうか。自分のエゴが入るのは愛してない証拠です。だから恋愛ではありません。

(中略)

 

▼夫婦になってからも相手の顔を見て

 セックスのことも俗にいうオーガズムを体験することができる夫婦がどれくらいいるかって言ったときに、思っている以上に少ないと思います。

 人の行為そのもの、アクションするということは、理念の反映です。理念が粗雑になってますから、お互いにオーガズムに行くまでしないんじゃないでしょうか。それもエゴです。相手の顔を見てセックスをする夫婦がどれくらいいるでしょうか。

 面倒な事じゃないんですよ。みんな見えていることなんです。みんな解り易いことのはずなんです。

 とりあえずのところで話が落ちついてしまったり、結婚をしたり、とりあえずのところでセックスをしたりして、こんなもんなんだろうなっていうところで、みんな歯止めをしてしまう、利口さ、小利口さが恋愛を育ててないのです。

 とても損なことですから、もっと素直に好きだ、嫌いだって、なってほしいですね。 

(後略)

…えーとスイマセン、太字や大文字の部分はこっちで勝手にさせてもらいました。

しかし喪板あたりだと「はいはいクマクマ」と言われる部分と、共感されるだろう部分と、恐ろしくロマンチックな部分が同居してるあたり、やっぱり富野監督って最高だな…と思いますわ、ええ。

っていうかこんなん言ってたら今の人の大半が御大の言う「恋愛」出来てませんがな、みんな浮気でっせ!いや俺も同じこといってるけど。(;´Д`)

富野監督は、直感として喪チックな認識を持っていると思うのですが、それでも2次元に行くオタクを嗜める(というか罵倒というか)のは、自分より若い世代の現状に対する認識不足というのもあるのでしょうが、やっぱり他の人間に対して信頼と言うか期待してる部分が大きいのだろうなあと思います。

次元行ってないで3次元でお互いが癒しあえば良いじゃんと。Zの3部もそんな感じでしたし。で、世代が下ってくと、いや2次元へ行かないと3次元の変革は無理だわということになってくると。

やっぱり世代間での女性というか喪男というか、その辺の物事に対する認識の違いみたいなのって結構大きい気がするんだよなあ。

*1:よく見たら切れてない?うちのブラウザが変なのか?(;´Д`)ってことはこの文章を転載した意義というのも危うくなるわけで、って思ったらまた見れなくなってる(;´Д`) なんなんだろ。

これを98年に。。。これを98年に。。。 2006/03/10 07:33  すげえ。なんか言いたい事全部言ってくれてる気がする。
 でも、この理論だと、逆説的に今のガンダムである種も作品として正しいものになってしまうのかな。現代では、種の中で示される恋愛感情が一般の共通項なんだろうから。。。

derorinmanderorinman 2006/03/10 21:38 富野監督は流行ものに敏感なくせに、一時の流行だけのものは、10年20年先まで変わらず支持されることはない、時代を超越するほどのものではないからゴミだ!みたいなことよく言ってますね。
だから種を見て喜んでた世代が、20年後も種の作品を評価していたら実際正しかったってことになるかも知れませんが、三十路過ぎてそれでも種は最高だった、あの愛憎劇は今でも心を捉えて離さないって言える人がどれだけ居るかなというところですね。

nanashinanashi 2006/03/12 03:28  なるほど、その作品が産み出された後に流れが変わったりはしない一過性のものなのか、その作品を境にそれまでと違う流れを産み出されるのか、って事ですね。
 そう思うと、評価はされるけど結局一過性のものにすぎない作品って、結構多いですよね。。。

derorinmanderorinman 2006/03/12 20:48 そうですね、でまあパラダイムシフトするようなものでなくても、人間の普遍的な真実みたいなもんを突いた作品だったなら、一過性の流行では終わらずに、ずっと評価され続けるだろうと。

>結局一過性のものにすぎない作品って、結構多い
まあみんなの好みが細分化しまくってるので、それにあわせた作品制作と消費っつう関係性みたいなのが出来上がってしまってるので、10年先に向けてものつくろう!みたいなことが出来ないんじゃないですかね。じわじわとスルメのように効いてくるアニメが作りにくいと。流行になって一気に売れてハイおしまいみたいなアニメのほうが、スポンサーにも消費者にも受けがいいから、みんなそういうのを狙うっていう構図ではないかと思います。

AzAz 2006/07/12 04:04 初めまして。最近自分がアニメ・ゲームなどオタクものに対して釈然としていなかったことが全部ここに書いてあった、というような感じです^^;

結局、人間をちゃんとやってないと、感性がないと、ろくなものができないし、つくれない。 と富野さんは仰っているような気がします。個人的にはすごく頷けます。

derorinmanderorinman 2006/07/13 03:01 >Azさん
どもです。
>結局、人間をちゃんとやってないと、感性がないと、ろくなものができないし、つくれない。
良しにつけ悪しきにつけ、平均的な人間からぶっとび過ぎている人の思考は、誰も理解できないから受け入れらないとかいう話を思い出します。
富野監督も人の数倍はぶっとんでいますが、本質的には実に人間的でまっとうなところがあるから、人気の高い作品が作れるのかもしれませんね。

忍者ツールズ