デスクトップ鉄の雑記帳

2019-01-26

[]京急の4駅名改称 23:19

京急は、昨25日付で2020年3月4駅の名称を変更すると発表した。改称されるのは、産業道路駅花月園前、仲木戸新逗子の4駅で、それぞれ大師橋、花月総持寺、京急東神奈川逗子・葉山となる。リリースには

創立120周年記念事業として、沿線地域の活性化に繋げることを目的に、町名、地域シンボルおよびお客さまの利便性等を総合的に判断し、2020年3月、4駅の駅名を変更いたします。(中略)沿線の小中学生を対象に行った「わがまち駅名募集」においていただいたご意見を参考に、さまざまなことを総合的に勘案し決定したものです。

と書かれている。

「わがまち駅名募集」は、昨年9月19日の記事でとりあげた。応募総数は1,119件で「駅名変更に際して参考にさせていただきました」とある。64,052件の応募の中から36件で130位の駅名を採用した高輪ゲートウェイの不評を気にしたのか、応募された駅名や票数などは示されていない。しかし、小中学生限定とはいえ*1、1,119件しか応募がなかったというのは、いかにも少ない。泉岳寺駅を除く72駅が公募の対象駅であり、1駅あたり平均15件。応募があっても駅名変更を予定していないとされた26駅を除いた46駅を分母にしても、1駅あたり平均24件しかない。1人が全駅に応募し、これを1件として数えても、高輪ゲートウェイ公募の60分の1である。

新駅名でもっとも違和感があるのは、逗子・葉山である。新逗子駅逗子市にあり、1985年に統合される前の駅名も京浜逗子と逗子海岸で、葉山は全く関係ない。リリースは選定理由を

ブランド力のある逗子と葉山を合わせた駅名に変更することで、三浦半島の更なるイメージ向上と定住人口・交流人口増により、地域活性化を図る。また、羽田空港からの直行電車の終端駅のため、行き先として駅名が表示されることにより、多くのお客さまに保養地景勝地である葉山へのアクセスポイントでもあることを広く認知していただく。

としている。自治体名の連称は、川西池田川西市、JR西・福知山線)があり、かつては水沢江刺奥州市、JR東・東北新幹線)があった。川西池田は1893年隣接している大阪府の池田の名前で開業、1951年所在する川西を付して連称駅名となった。1985年新設された水沢江刺は、水沢市江刺市との境界の水沢市側にあったが、江刺を連称駅名に採用した。その後両市は合併し奥州市となり、奥州駅への改称を模索したが、コスト負担のため見送られた(駅名改称の研究参照)。当初新函館とされていたが、北斗市にあるため新函館北斗とした例もある。しかし逗子・葉山にはこのような必然性がない。三浦半島の人口減少に悩む京急は、葉山のブランドに頼りたいのかもしれないが、逗子市に対して失礼だろう。しいて葉山の名前を使うなら、京急逗子・葉山口くらいか。

今回の駅名公募は、産業道路駅の改称が主眼だった。地下化され駅前の産業道路の踏切はなくなるが、大師橋は産業道路が多摩川を渡る橋の名前である。駅名を変える必要があったのだろうか。

前記事では雑色、仲木戸など、駅名にしか残っていない絶滅危惧地名がなくなることの懸念を表明した。雑色は残ったが、仲木戸は京急東神奈川になる。花月園前から改称される花月総持寺は、旧総持寺駅の名前を復活した。総持寺駅は、1911年京急鶴見駅と生麦の間に開業し(その後1914年花月園前が開業)、1944年に廃止された。なお阪急の総持寺駅は1936年総持寺前として開業、1948年総持寺駅に改称。2018年JR西日本JR総持寺駅が開業した。

*1:なぜ小中学生限定なのかという批判があった

2019-01-05

[]基準規程155条と150条2項 11:48

基準規程155条の併用乗車券による他経路乗車は、特定都区市内の境界駅から外に伸びる二つの路線が、エリアの近くで閉じているケースに設定されている。12月28日の記事のコメントで、2011年以降2号追加されたという情報があった。最近開業した新線でこのようなケースがあったか考えて、仙石東北ラインに思い至り、あたりだったと確認された。

あらためて155条の設定区間をまとめると、次のとおり。

都区市内他経路キロ券面経路キロ
1,2仙台市内岩切高城町15.6中野栄・高城町間15.2 0.4
3,4東京都区内葛西臨海公園南船橋15.4小岩・南船橋間13.2 2.2
  葛西臨海公園・西船橋13.5小岩・西船橋間 7.8 5.7
5,6 蒲田武蔵小杉11.3西大井・武蔵小杉間 6.4 4.9
7,8横浜市戸塚大船 5.6本郷台・大船間 3.6 2.0
9,10 鶴見・武蔵小杉間 7.8矢向・武蔵小杉間 4.9 2.9
11,12大阪市内塚本・尼崎 4.3加島・尼崎 2.2 2.1
  (加美・久宝寺) 1.7(新加美・久宝寺) 1.6 0.1

左が他経路乗車区間、右が併用乗車券の券面区間である。短い距離の併用乗車券で、長距離の区間を乗車できる。とくに蒲田・武蔵小杉間は4.9キロ差で、運賃キロ帯が1ランク以上下がるケースもありうる。しかし、都区内着で南武線武蔵中原方面に行く場合、西大井経由のほうが時間的にも早いから、あまり需要がないだろう。また、3,4号に併記されている葛西臨海公園・西船橋間は、併用乗車券の小岩・西船橋間より0.2キロ短く、他経路乗車の意味がない。

大阪市内の拡大で155条に追加設定されるとすれば、新加美発着の久宝寺以遠の併用乗車券で、他経路乗車区間が加美・久宝寺間ということになろう。0.1キロの差しかないが、大阪駅から環状線関西本線への直通列車が利用できる駅で、155条適用で運賃キロ帯が1ランク下がる駅があるかもしれない。紀勢本線から関西本線方面は、大阪市内着の乗車券と併用するよりも、目的の駅までの乗車券を購入したほうが安い。

12月28日の記事のコメントで、150条2項の新加美・久宝寺・加美間の区間外乗車は、旅客流動上設定されないという意見、別の特例にしてもよいという意見があった。紀勢本線から新加美までの場合は、たしかに単駅指定にしたほうが安上がりである。155条の適用区間のうち7、8号の大船駅は横浜市内から1駅だけ外れていて、*1、尼崎や久宝寺と同じ状況である。東京方面から大船で乗換えて本郷台に戻る需要はあるだろうから、150条2項に追加してもよいと思った。こうしてみると、12月28日の記事の追記2で「150条2項に規定されず、155条だけに規定されることはないと思う」と書いたが、「155条だけ」もありうるかもしれないと考え直した。


*1大船駅鎌倉市と横浜市の市境にまたがっている

やまやまやまやま 2019/01/05 14:27 葛西臨海公園・西船橋間は13.5キロありますから、無意味ではありません。
(7.6キロというのは、葛西臨海公園・市川塩浜間の距離ですよね。)

やまやまやまやま 2019/01/05 14:47 都区内着で武蔵中原方面へ向かうケースは、本条制定時は低需要だったかもしれません。しかし、上野東京ライン開業以降は大宮方面から川崎まで直通する列車がほぼ毎時6本もあり、湘南新宿ライン(武蔵小杉直通)が毎時4本ということを考えると、川崎乗換も決して不便とは言えません(どちらも乗換は1回で済む)ので、現在はある程度の需要があるものと思います。
都区内着なので長距離利用を前提とすると、東北・上越・北陸の各新幹線から東京駅で乗り継ぐケースも多いでしょう。その場合も、東京駅では横須賀線へ乗り換えるより東海道線へ乗り換えるほうがはるかに楽ですから。

やまやまやまやま 2019/01/05 15:09 加美/新加美起点の差額発生区間例としては、加美・(関)加茂間840円(45.1キロ)、新加美・(関)加茂間760円(45.0キロ)などがありますね。

度々の連投失礼しました。

desktoptetsudesktoptetsu 2019/01/07 18:33 最近凡ミスが続いていますね。訂正しました。

やまやまやまやま 2019/01/08 20:06 以前の類似記事のコメントに、なぜ赤羽・武蔵浦和間(戸田公園経由との併用による南浦和経由での乗車)に規程第155条が適用されないのか疑問、と書きましたが、もう一箇所発見しました。
「福岡市内発着」と「土井・長者原以遠(門松方面)間」の併用で、柚須経由での乗車が認められないのが腑に落ちません。
土井・長者原間は営業キロ2.8キロ(換算キロでも3.1キロ)なのに対し、吉塚・長者原間(柚須経由)は5.7キロ。中心駅の博多から長者原以遠(門松方面)へ向かう順路は柚須経由ですから、この特例が制定されてもよいような気がします。
JR九州が気付いていないのでしょうか。

匿名匿名 2019/01/14 19:57 某巨大掲示板で見たのですが、平野や東部市場前から新大阪へ行くのに久宝寺経由という需要があると思います。遠回りですが乗り換えが減るし座りやすいでしょう。時間より楽なことを優先する場合は特に。

2019-01-03

[][]最近のJR旅規改定公告 12:09

JR東海運送約款の改正履歴はこまめにチェックしていたのだが、12月20日付と12月27日付の「旅客営業規則の一部改正」が掲載されていた。

12月27日付は、4月1日施行の「持ち込み禁制品の一部見直しに伴う改正」で、12月28日の記事で取り上げた旅規の改定条文が明確になった。12月20日付は、「グランクラス(A)を設備した特別急行列車運転区間変更等に伴う改正」とされ、別表第1号の3は「はやぶさ」「はやて」の運転区間に仙台発着を追加削除、1月1日施行としている。また、2018年3月17日遡及適用で183条(乗車券類の表示事項)と223条(特殊指定共通券の様式)が改定された。183条は、3月17日施行の改正時に第2項が挿入されたのに、第3項に残っていた「前項」を「第1項」に訂正したもの。223条は各様式の改正から漏れていた、西暦表示への改定。

ウェブに掲載しているJR北海道JR九州の旅規改定公告とJR東日本JR西日本JR四国のウェブの旅規(日付は最終更新日)をあわせてチェックしたところ、次のような差異があった。


 
JR東海
公告
JR北海道
公告
JR九州
公告
JR東日本
18/06/29
JR西日本
18/11/20
JR四国
18/04/01
183条2018/12/20付2018/11/21付2018/08/20付反映反映反映
223条2018/12/20付2018/11/21付2018/11/26付様式省略様式省略様式省略
別表1号の32018/12/20付なし2018/11/26付未反映省略省略

JR九州の223条改定は2018年3月17日遡及適用ではなく、2019年1月1日2018年10月1日施行となっている。また、別表1号の3に仙台発着が記載されていない。JR東日本の旅規は、2018年6月29日現在となっていて、別表1号の3に仙台発着も記載されている。6月29日は、昨年4月時点で未反映だった183条2項及び290条を訂正した日だろうか。なお、2016年3月26日の85条1号の改定(JR北海道に係る加算運賃の規定に、北海道新幹線の開業によって生じた「幹線相互を乗車する場合」を追加)をいまだに記載していない。

よくわからないのは、別表1号の3の改定。グランクラス車両を連結した仙台発着の「はやぶさ」は以前から運転されている。別表1号の3は北海道新幹線開業の2016年3月26日に新設されたものだが、当時のJR東海の改正履歴では仙台発着が記載されており平成28年2月24日付参照)、旅規ポータルのJR東日本旅規改訂履歴(条項順)・(日付順)に反映している。その後削除された形跡はなく、JR東海は過去の条文を忘れているのだろうか。

183条と223条については、JR東日本旅規改訂履歴を更新し、2018年3月17日付改定に追加した。

やまやまやまやま 2019/01/03 15:50 別表第1号の3の改定点は、仙台発着が追加されたのではなく、従来記載されていた仙台発着が削除されたのです。
仙台発着で運転されていた該当列車(現行はやぶさ41号・2号)のグランクラスが、1月1日より「グランクラス(A)」から「グランクラス(B)」に変更されたことに伴う改定と思われます。

やまやまやまやま 2019/01/03 16:03 上記コメントの補足ですが・・・
最後まで「グランクラス(A)」として運転されていた上記1往復が「グランクラス(B)」に変更されたことにより、「グランクラス(A)」の料金を適用する仙台発着の定期列車がなくなったための改定ではないか、という意味です。

やまやまやまやま 2019/01/03 16:47 何度も続投すみません。
JR九州の第223条関連は2019年1月1日改定ではなく、2018年10月1日改定(遡及適用)です。
(公告最下部の附則ただし書きに明記されています。)
マルス券の日付表示が2018年10月1日発行分から西暦に変わりましたので、実態に合わせた遡及日にしたものと思われます。

desktoptetsudesktoptetsu 2019/01/03 20:09 まったくの誤解でした。これでJR九州の公告に仙台がないこと、JR東日本の2018年6月29日現在の旅規に仙台が残っている矛盾が解消されました。JR東日本旅規改訂履歴は、1月1日の改定を追加してアップしました。

2019-01-02

[][]旧国名駅関連ページ更新 19:11

読者から駅の漏れと誤りの指摘を受け、「国名*」駅−駅名接頭・接尾語考(2)及び別表旧国名駅を更新した。27駅を追加、2駅を削除して国名駅は累計941駅、現存604駅となった。

追加した駅には、飯山線の信濃平及び飯山鉄道時代の信州平がある。これまで非国名接頭語駅としていたが、平は地名で、常磐線の平駅と区別するための国名駅と認定した。他は廃止または改称により現存しない駅。不覚だったのは、市名になっていて市名と駅名の関係(市代表駅)に記載していた大分交通宇佐参宮線豊後高田を見逃していたこと。遠州鉄道遠州助信駅等9駅も漏れていたが、ほとんどは区別する他国の国名駅や単独基本地名駅がなく、国名としての遠州ではなく社名を冠したものと思われる。

削除したのは、讃岐富士(琴平急行電鉄)と播州中村(国鉄・鍛冶屋線)。前者の富士は地名ではなく、ご当地富士の飯野山で非国名接頭語駅。後者は播丹鉄道(1943年買収)の播鉄中村駅(買収時中村町駅に改称、1990年鍛冶屋線廃止)の誤記だった。

やまやまやまやま 2019/01/03 02:19 旧国名駅(別表)の「筑前宮田駅(宮田線)」(廃止済み)は、「ちくぜんみやだ」が正当です。
(線名も「みやだせん」です。)
ただし、合併前の町名(基本地名)は「みやたまち」です。

desktoptetsudesktoptetsu 2019/01/03 12:17 改訂履歴には記載していませんが、訂正しました。こういう指摘はありがたいです。ほかにあればよろしくお願いします。

やまやまやまやま 2019/01/03 15:26 早速の修正ありがとうございます。
宮田線は、かつて私が九州初上陸の際、九州内で起終点間を全線乗車した初の路線だったこともあり、「みやだ」という濁音呼称をはっきり覚えていたので気付いた次第です。
(歳がバレそうですが・・・汗)
今後も、見つけたらコメントさせていただきます。

2018-12-31

[]2018年の回顧 17:36

2018年は三江線が廃止され、新線開業はなかった。

2019年には、3月16日のおおさか東線全通、夏の沖縄都市モノレール延伸がある。19年度下期に相鉄新横浜線のJR連絡区間の開業が予定されているが、JRのダイヤに大きな影響を与えるので、20年3月にずれ込むのではないか。また、3月23日山田線宮古釜石間が復旧、三陸鉄道に移管され、盛・久慈間163キロがリアス線として運行を開始する。一方、4月1日石勝線夕張支線が廃止され、2018年11月30日で運行を終了していた関西電力関電トロリーバスが4月中に正式に廃止となる。

今年は、旅規ポータルの旅規アーカイブに旧国鉄連絡運輸規則(1970年1月1日現行、1986年11月1日現行)と、別表(1986年11月1日現行及び1987年4月1日JR開業版)を掲載した。

3月、6月、9月、12月に全国のJR駅五番勝負を開催、多くの方に参加いただいた。来年も3か月ごとに行い、第7回は新線開業・ダイヤ改正にあわせて新駅開業がある前、3月8日(金)から11日(月)まで開催する予定。

来年も、デスクトップ鉄のサイトとブログをよろしくお願いします。

追記(1月2日):コメントがあった関電トロリーバスの廃止時期は、Wikipediaの「関電トンネルトロリーバス」の「4月中旬に鉄道事業(トロリーバス)を廃止し、一般乗合旅客自動車運送事業(充電式電気バス)に変更する」との記載によった。Wikipediaの記事には出典が明記されておらず、信頼性に欠ける。一方、コメントに引用された北陸信越運輸局文書は、廃止に関するパブリックヒアリングの実施に関するものである。北陸信越運輸局のサイトで廃止認可の公示を探したが、見つけられなかった。なお、関西電力の2017年8月28日付リリースには、北陸信越運輸局に対し鉄道事業廃止の届出を行ったとあるだけで、廃止日は明記されていない。

やまやまやまやま 2019/01/01 03:54 年が変わり深夜に書き込んでおります。本年もよろしくお願い致します。

さて、関電トロリーバス廃止の件ですが、関西電力が2017年8月29日付で北陸信越運輸局へ提出した廃止届出には、廃止予定日が「平成30(2018)年12月1日」(=最終営業日の翌日)と、実態に即した日付が明記されていますので、既に「正式に廃止済み」ではないかと思うのですが、いかがでしょうか?
http://wwwtb.mlit.go.jp/hokushin/hrt54/railroad/pdf/ikentyousyuutuuti%20kouji.pdf

やまやまやまやま 2019/01/01 04:07 あと、横浜シーサイドライン金沢八景(仮駅〜本設駅)の延伸が、暫定単線ながら本年開業と思われます。
鉄道要覧には未開業線(0.2キロ)として掲載されていますので、駅移設ではなく延伸開業扱いのようです。

desktoptetsudesktoptetsu 2019/01/02 11:34 横浜シーサイドライン延伸も19年度開業でしたね。関電トロリーバスの廃止日は、おそらくそのとおりだと思いますが、追記したように確証が得られませんでした。

やまやまやまやま 2019/01/03 20:47 現行の鉄道事業法では、鉄道事業の廃止は許可(認可)制ではなく届出制(廃止予定日の1年前までの届出が必要)となっているはずで、許可(認可)の公示はないものと解します。
関電トロリーバスは「2018年12月1日廃止予定」とする届出を、その1年以上前の「2017年8月29日」に提出していますし、その後廃止予定日を繰下げる届出もしていないようです(繰下げ廃止届出を出したのなら改めて公示されるはずですが見当たらない)ので、これが正式廃止日ではないかと思ったのです。
(繰上げ廃止の場合は許可されれば公示されますが、今回のケースは当初の廃止予定日の前日まで営業運転していましたから、繰上げ廃止はないでしょう。)
まあ、最終判断はお任せします。

余談ですが、8月に惜別乗車してきました!