デスクトップ鉄の雑記帳

2018-11-23

[]JTB時刻表索引地図に貨物線追加 10:56

JTB時刻表12月号の索引地図に、旅客列車が走る貨物線が追加された。他の旅客線と区別するために、太線ではなく、二重線で表示されている。追加された区間は次のとおり。

路線区間定期列車備考
東海道本線(羽沢貨物線)鶴見東戸塚湘南ライナー」などJR東日本の1種区間
山手線旧蛇窪(信)−大崎湘南新宿ラインなど短絡線(営業キロなし)
山手線駒込田端(信)湘南新宿ラインなど短絡線(営業キロなし)
武蔵野線鶴見−府中本町なしJR東日本の1種区間
武蔵野線新小平−国立むさしのJR貨物の2種区間
武蔵野線西浦和与野「むさしの」JR東日本の1種区間
武蔵野線別所(信)−武蔵浦和「しもうさ」短絡線(営業キロなし)
武蔵野線南流山北小金なしJR貨物の2種区間
東海道本線(梅田貨物線)新大阪福島「はるか」などJR貨物の2種区間

JTBのプレスリリースでは

今回「武蔵野貨物線」など、これまで記載していなかった旅客列車が走る貨物線(※)を追加し、さらに使いやすさがアップ。貨物線を走る〔湘南ライナー〕など、本文のページで一部「他線経由(||)」のマークを使用している「フシギ」も、索引地図を参照することでスッキリ。車窓からのぞく風景もまた面白く感じることができるようになります。

※運賃計算に使用しない路線は一般の路線とは区別します。

としている。二重線は、運賃計算に使用しない路線を区別するためのものだった。

羽沢貨物線は、2019年度に開業する相鉄JR直通線が羽沢横浜国大駅から乗り入れるので、その準備の意味もあるのかもしれない。なお、JR時刻表には以前から梅田貨物線が記載されていた(2017年6月1日の記事のコメント参照)。

2014年8月6日の記事議論した、湘南新宿ラインの旧蛇窪信号場・大崎間と駒込・田端信号場間も記載された。営業キロ問題を回避するため「運賃計算に使用しない路線」としたわけだ。本四備讃線宇多津駅を経由しない短絡線は記載されなかった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/desktoptetsu/20181123/1542938160