デスクトップ鉄の雑記帳

2019-01-03

[][]最近のJR旅規改定公告 12:09

JR東海運送約款の改正履歴はこまめにチェックしていたのだが、12月20日付と12月27日付の「旅客営業規則の一部改正」が掲載されていた。

12月27日付は、4月1日施行の「持ち込み禁制品の一部見直しに伴う改正」で、12月28日の記事で取り上げた旅規の改定条文が明確になった。12月20日付は、「グランクラス(A)を設備した特別急行列車運転区間変更等に伴う改正」とされ、別表第1号の3は「はやぶさ」「はやて」の運転区間に仙台発着を追加削除、1月1日施行としている。また、2018年3月17日遡及適用で183条(乗車券類の表示事項)と223条(特殊指定共通券の様式)が改定された。183条は、3月17日施行の改正時に第2項が挿入されたのに、第3項に残っていた「前項」を「第1項」に訂正したもの。223条は各様式の改正から漏れていた、西暦表示への改定。

ウェブに掲載しているJR北海道JR九州の旅規改定公告とJR東日本JR西日本JR四国のウェブの旅規(日付は最終更新日)をあわせてチェックしたところ、次のような差異があった。


 
JR東海
公告
JR北海道
公告
JR九州
公告
JR東日本
18/06/29
JR西日本
18/11/20
JR四国
18/04/01
183条2018/12/20付2018/11/21付2018/08/20付反映反映反映
223条2018/12/20付2018/11/21付2018/11/26付様式省略様式省略様式省略
別表1号の32018/12/20付なし2018/11/26付未反映省略省略

JR九州の223条改定は2018年3月17日遡及適用ではなく、2019年1月1日2018年10月1日施行となっている。また、別表1号の3に仙台発着が記載されていない。JR東日本の旅規は、2018年6月29日現在となっていて、別表1号の3に仙台発着も記載されている。6月29日は、昨年4月時点で未反映だった183条2項及び290条を訂正した日だろうか。なお、2016年3月26日の85条1号の改定(JR北海道に係る加算運賃の規定に、北海道新幹線の開業によって生じた「幹線相互を乗車する場合」を追加)をいまだに記載していない。

よくわからないのは、別表1号の3の改定。グランクラス車両を連結した仙台発着の「はやぶさ」は以前から運転されている。別表1号の3は北海道新幹線開業の2016年3月26日に新設されたものだが、当時のJR東海の改正履歴では仙台発着が記載されており平成28年2月24日付参照)、旅規ポータルのJR東日本旅規改訂履歴(条項順)・(日付順)に反映している。その後削除された形跡はなく、JR東海は過去の条文を忘れているのだろうか。

183条と223条については、JR東日本旅規改訂履歴を更新し、2018年3月17日付改定に追加した。

やまやまやまやま 2019/01/03 15:50 別表第1号の3の改定点は、仙台発着が追加されたのではなく、従来記載されていた仙台発着が削除されたのです。
仙台発着で運転されていた該当列車(現行はやぶさ41号・2号)のグランクラスが、1月1日より「グランクラス(A)」から「グランクラス(B)」に変更されたことに伴う改定と思われます。

やまやまやまやま 2019/01/03 16:03 上記コメントの補足ですが・・・
最後まで「グランクラス(A)」として運転されていた上記1往復が「グランクラス(B)」に変更されたことにより、「グランクラス(A)」の料金を適用する仙台発着の定期列車がなくなったための改定ではないか、という意味です。

やまやまやまやま 2019/01/03 16:47 何度も続投すみません。
JR九州の第223条関連は2019年1月1日改定ではなく、2018年10月1日改定(遡及適用)です。
(公告最下部の附則ただし書きに明記されています。)
マルス券の日付表示が2018年10月1日発行分から西暦に変わりましたので、実態に合わせた遡及日にしたものと思われます。

desktoptetsudesktoptetsu 2019/01/03 20:09 まったくの誤解でした。これでJR九州の公告に仙台がないこと、JR東日本の2018年6月29日現在の旅規に仙台が残っている矛盾が解消されました。JR東日本旅規改訂履歴は、1月1日の改定を追加してアップしました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/desktoptetsu/20190103/1546484944