デスクトップ鉄の雑記帳

2018-12-28

[][]来春の旅規改正項目 21:03

来春のJR旅規改正に関係するリリースが2件出た。一つは、おおさか東線適用する運賃について国土交通省近畿運輸局認可申請したというJR西日本のリリース。新規開業区間は、特定都区市内、電車特定区間および大都市近郊区間に含まれることになった。特定都区市内の拡大は認可申請で、他は報告という扱い。

南吹田駅吹田市に立地するが、既開業区間の東大阪市内のJR河内永和高井田中央JR俊徳道JR長瀬、衣摺加美北とともに大阪市内駅となる。八尾市久宝寺は除外された。旅規86条の大阪市内は、

大阪市内(新加美駅を除く南吹田駅、JR河内永和駅高井田中央駅JR俊徳道駅JR長瀬駅及び衣摺加美北駅を含む。)

となるのだろう。

もう一つは、手回り品ルールの改正に関するJR6社連名のリリース2018年6月9日に発生した東海道新幹線のぞみ265号」車内における刃物による殺傷事件を受けて鉄道運輸規程昭和17年2月鉄道省令第3号)が改正されるのに伴い、19年4月1日から刃物を持ち込み禁止の対象にするもの。2017年6月の新幹線車内ガソリン焼身自殺の結果、2016年4月28日から旅規別表4の可燃性液体の適用除外項目が縮小されたことに続く改正。

追記(12月30日):コメントを受け、高井田中央を挿入した。

おおさか東線が久宝寺を除き大阪市内駅となることで、「大阪市内」発着の乗車券で、久宝寺経由の加美・新加美間の区間外乗車が認められるか注目される。認められれば、基準規程150条2項

規則第86条第5号の規定により発売した大阪市内発又は着の普通乗車券を所持する旅客に対しては、次の図に掲げる太線区間(注:塚本・尼崎加島間)の全部又は一部について、別に運賃を収受しないで、乗車券面の区間外乗車の取扱いをすることができる。ただし、尼崎駅が券面区間外である場合は、尼崎駅で下車しないで太線区間の全部を乗車する場合に限る。

に追加されることになるだろう。

もう一つ、鴫野・放出間は、片町線とおおさか東線の二重戸籍になるのだろうか。

追記2(1月2日):12月31日のコメントについて。

基準規程155条は(現在も2011年当時の規定どおりであれば)、特定都区市内発着の乗車券と境界駅まで(から)の乗車券とを併用して、券面経路と異なった境界駅まで(から)の乗車を認める規定である。この条項は2006年1月現行版基準規程にはなく、2009年4月現行版に初めて記載された*1。この規定により、実際の乗車経路の運賃よりも安い乗車券を併用して他経路の乗車ができる(JR旅客制度特例の変遷「その他の他経路乗車」参照)。155条9、10号に大阪市内着(発)の乗車券と加島駅発(着)の乗車券(尼崎以遠立花、塚口方面)と併用して、塚本・尼崎(尼崎・塚本)間の他経路乗車ができると規定されている。

150条2項に塚本・尼崎・加島の区間外乗車が規定された*2のは、1997年3月8日のJR東西線開業時であり、155条よりも早い。久宝寺が1駅だけ大阪市内から外れるのは、尼崎と同じ状況であり、区間外乗車が本筋と思う。150条2項の区間外乗車に規定されれば155条にも規定されるだろうが、150条2項に規定されず、155条だけに規定されることはないと思う。

*1:以前からローカルルールとして存在したかは不明

*2:現行規定とは若干条文が異なる

やまやまやまやま 2018/12/29 17:44 高井田中央駅も東大阪市なので、「〜を含む」に入るのではないかと思います。

手回り品ルール改正の件は、大手私鉄・地下鉄をはじめとした30社局と民鉄協・地下鉄協の連名でもリリースされており、各事業者のHPに掲載されています。

desktoptetsudesktoptetsu 2018/12/30 17:35 高井田中央が抜けていましたね。訂正します。手回り品ルールの改正が民鉄協等からもリリースされたことは承知していましたが、来春のJRの旅規改正ということで割愛しました。

やまやまやまやま 2018/12/31 14:23 規程第150条第2項に加え、第155条への追加もありえるでしょうね。
むしろ、155条のほうが可能性が高い(「155条に追加」または「150条2項と155条の双方に追加」のどちらか)と思います。
ただ、155条は確認の術がないのが残念ですが・・・

通りがかり通りがかり 2019/01/02 23:33 規則ではなく感覚で意見して恐縮ですが、久宝寺を大阪市内に含めるかについては、尼崎の場合とは異なり、乗客の流動が多くないと想定されることから、含まれないのではないでしょうか。
実態としては、阪和線方面とおおさか東線方面の流動しか想定できないような気がします。

みかげみかげ 2019/01/03 00:25 旅客規程第155条に関連して、尼崎・塚本間の他経路乗車については現在、同条第11号及び第12号となっています。
加美・久宝寺・新加美間に関連する特例の必要性に関しては、第150条の2で手当てをしない場合、大阪市内→紀伊勝浦(経由:阪和、紀勢)の乗車券で高井田中央から紀伊勝浦まで乗車するときには加美・久宝寺・新加美間の運賃が必要になってしまうため、特例を設ける必要があるでしょう。

desktoptetsudesktoptetsu 2019/01/03 13:00 基準規程155条が改定されたのは、もしかしたら仙石東北ライン開業時に「仙台市内着発と中野栄発着(高城町以遠手樽方面)の乗車券の併用で、岩切・高城町間の他経路乗車」が追加されたのでしょうか。155条は時刻表のピンクのページに書いてありませんが、公開してほしいものです。

バスバス 2019/01/03 13:13 天王寺・大阪間の営業キロが10.7キロ。
一方、天王寺・久宝寺・新加美間は、8.7キロ。
需要は少ないと思いますが、規程第150条第2項に、塚本・尼崎・加島間のと少し違う特例にしてもいいのかな、と思います。
もちろん、お客さんは和歌山方面から新加美まで行く場合、「大阪市内までの乗車券」を求められると思われるので、仮に正規運賃より高額の乗車券を所持する場合でも、区間外乗車できるように、また、正規運賃より高額になるケースより低額になるケースがほとんどなので、第150条第2項に追加されるでしょうが、規程第150条第2項で手当せずに、規則86条ただし書きの「単駅指定」で逃げる方法もありかも。

みかげみかげ 2019/01/04 20:30 「仙台市内着発と中野栄発着(高城町以遠手樽方面)の乗車券の併用で、岩切・高城町間の他経路乗車」を第1号及び第2号とし、以下2号ずつ繰り下げられています。

2018-12-15

[][][]JR2019年春ダイヤ改正 10:27

昨日JR各社から2019年春のダイヤ改正が発表された。共同リリース旅客列車関係の目玉とされているのは、次の8件。

  1. 東海道・山陽新幹線のぞみ」の所要時間を短縮します
  2. 北海道新幹線青函トンネル内)の速度向上により所要時間を短縮します
  3. 上越新幹線E7系を投入します
  4. 山陽九州新幹線みずほ」を増発します
  5. 中央線特急利便性を向上します
  6. 北陸線の特急を増発します
  7. 東海道山陽線に特急を新設します
  8. 7つの新駅を開業します

3の上越新幹線のE7系投入により、グランクラスが新設される。「なすの」などのグランクラスと同様、アテンダントによる軽食・ドリンク等のサービスはない。「E7系の投入により、新潟駅では「とき」と特急「いなほ」のすべての定期列車が同じ ホームでお乗り換えいただけます」というのは、新潟駅新幹線の11番ホームには今まで2階建てのE4系が入線できなかったということ?

5は、「あずさ」「かいじ」をE355系に統一し、自由席を廃止するという既報に加え、富士急行線直通の特急「富士回遊」と「中央ライナー」「青梅ライナー」に代わる特急「はちおうじ」「おうめ」の新設が発表された。すべてに座席未指定券が適用され、新宿八王子間はライナー料金510円から特急料金の750円(事前購入)に値上げとなる。

7は、大阪姫路間の通勤特急「らくラクはりま」。普通車指定席特急料金は次のとおり「J-WESTチケットレス」サービスを利用すると大幅に割引となる(11月30日リリース)。

区間J-WESTカードありJ-WESTカードなし通常購入自由席特急券自由席回数特急券
大阪〜姫路間720円1290円1490円970円780円
大阪〜明石620円1290円1490円970円780円
大阪〜三ノ宮神戸490円 970円1170円650円560円

ダイヤ改正に合わせて新設される駅は、JR西日本おおさか東線の南吹田、JR淡路城北公園通、JR野江のほか、梅小路京都西(JR西日本・山陰本線)、糸島高校前(JR九州筑肥線)。また4月のJヴィレッジのグランドオープンに合わせて、Jヴィレッジ(JR東日本常磐線)が臨時駅として開業する。一方JR北海道根室本線の直別、尺別、初田牛が廃止される。

目玉に取り上げられていない各社の発表では、JR四国の「高速バス(室戸・生見・阿南大阪線)との乗換により、阿南〜海部間の移動が便利になります!」が興味深い。牟岐線の一部列車を阿南駅どまりとし、徳島バスの阿南〜海部間のバスに接続したダイヤが示されているが、JR運賃は適用しない。徳島県が進めている牟岐線・阿佐海岸鉄道DMV化の布石だろうか。

やまやまやまやま 2018/12/15 14:57 東急の旅規改定は早速チェックしましたが、大井町線座席指定券は第248条で乗変対象から除外されていますね。
いくら当日発売限定とはいえ、当日の異なる列車相互間の変更が認められないというのは、腑に落ちません。
実際の運用はどうなっているのか、気になります。

maraiguemaraigue 2018/12/17 23:23 共同リリースではなくJR北海道個別のリリースになりますが http://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20181214_KO_H31Kaisei.pdf 乗車券のルールに影響するかもしれない改正点として「南千歳通過・千歳停車の札幌行きスーパー北斗を設定」があります。「分岐駅を通過する列車に乗車する場合の特例」が、千歳〜南千歳に設定されるのだろうか?というのが気になったところです。
※乗り継げる新千歳空港行き列車や石勝線列車は当日には存在しないので、設定されない可能性もありますが
※ただ、継続乗車の制度の存在を考えると設定される可能性もある?継続乗車が区間外乗車の経路上で認められるかは不明ですが

desktoptetsudesktoptetsu 2018/12/19 19:24 やまやまさん、列車の変更が認められないのは、確かにおかしいですね。249条(区間変更)が該当しないのは、自社線内均一料金なのでわかりますが。Qシートのホームページにはリリース文と同様「指定券を車内で購入することはできません」と書かれていて旅規の規定と矛盾します。248条も間違いかもしれません。

desktoptetsudesktoptetsu 2018/12/19 19:41 maraigueさん、区間外乗車は基準規程の規定ですから、時刻表3月号のピンクのページを待つしかないですね。

2018-11-01

[][]中央本線特急の自由席廃止 19:29

JR東日本は、10月30日付リリースで、2019年春から中央線の特急の自由席を廃止すると発表した。新型車両(E353系)への統一を機に、千葉・東京・新宿〜甲府・松本・南小谷間を運転する特急「あずさ」・「かいじ」などの普通車全車両に、「座席未指定券」*1を導入する。特急料金は、通常期、繁忙期、閑散期の区分を廃止、事前料金と車内料金に格差をつける。いずれも常磐線の「ひたち」・「ときわ」で実施しているものと同じ。

新体系の特急料金は常磐線の特急料金と同額で、現行料金と比較すると次のとおり。

営業キロ-50-100-150-200-300-400
新料金事前料金7501,0001,5502,2002,5002,850
車内料金1,0101,2601,8102,4602,7603,110
現行料金通常期指定席A料金1,2701,7002,3502,6802,9003,110
通常期指定席B料金1,0301,4501,8602,250
自由席A料金7501,1801,8302,1602,3802,590
自由席B料金5109301,3401,730

B料金は竜王まで。中長距離区間では値下げだが、近距離区間で自由席を利用していたユーザーにとっては値上げとなる。とくに同時に発表された「あずさ回数券」の発売終了*2の影響が大きい。新宿・松本間の「あずさ回数券」の1回あたりの運賃・料金は4,630円だが、新料金体系では運賃込みで6,500円、40%の大幅な値上げとなる。「えきねっとチケットレスサービス」が利用できるというが、100円の割引にとどまり、焼け石に水。

  • 中央線特急の「えきねっとトクだ値(乗車券つき)」については、新たな料金設定にあわせて、新価格で発売します。
  • 早めのお申込みでさらにおトクになる「お先にトクだ値(乗車券つき)」を新たに発売します。

とのことだが、価格は発表されていない。毎日新聞は、

来春からはインターネットによる新たな割引サービスも始める。乗車13日前までに予約をすれば料金は3割安となり、あずさ回数券よりも安くなる。

と書いているが、本当だろうか。他紙*3には出ていない。

2014年11月3日の記事で「ひたち」・「ときわ」の新特急料金体系について書いたが、コメント欄に常磐線ユーザーからのクレーム投稿が相次いだ。中央本線ユーザーの反応はどうだろうか。

*1:旅規の用語では、第3条第9号の2で定義する「未指定特急券

*2:これも常磐線の「座席未指定券」導入時に各種とくとくきっぷが廃止されたのと同じ措置

*3日経信濃毎日新聞など

都下民都下民 2018/11/02 01:42 新宿―立川などの短距離では使いにくくなりますね。

desktoptetsudesktoptetsu 2018/11/02 08:38 夕刻以降八王子や立川から上りの自由席に乗る逆ライナー的需要はけっこうあります。八王子や立川で降車する旅客があるので、JRにとっては増収になっていたはずですが、指定席車内料金は従来の2倍になり、このような需要を取り逃がすことになると思います。

ちゃーるずちゃーるず 2018/11/02 17:34 JR東日本のHPのプレスリリースのPDFの7ページ目(別紙 4)にお先にトクだ値(乗車券つき)の一部が載っています。
都区内〜松本が4,550円ですね。

desktoptetsudesktoptetsu 2018/11/02 21:47 このページに気がつきませんでした。たしかに3割引きで、現行のあずさ回数券よりも安いですね。

2018-10-28

[][]東急も有料座席指定サービス 21:24

東急は、10月23日付リリースで、12月14日から、大井町線・田園都市線に有料座席指定サービス「Q SEAT」を開始すると発表した。大井町線6020系7両編成のうち1両を、ロングシート・クロスシート転換車両に置き換え、大井町・長津田間の急行として、平日夜下りのみ5本運行する。「列車指定券」は400円(たまプラーザ・長津田間の乗車は料金不要)。発売はインターネット(要会員登録)と駅窓口で、車内では発売しない。

東急は、S-TRAIN運行開始時に、旅規に「座席指定券」を規定した。S-TRAINの東急線内の座席指定料金は、350円である。いずれ旅規が改定されれば判明するだろうが、「列車指定券」の意味と、料金の差別化が気になる。

2018-10-26

[][]JR西日本新快速の有料座席サービス 12:21

JR西日本は、10月24日の社長定例会見で、2019年春から新快速に有料座席サービス、『新快速「Aシート」』を導入すると発表した。概要は次のとおり。

  • 「各座席へのコンセント」設置、「無料Wi-Fi」提供、「荷物スペース」設置
  • 料金は1回500円、交通系ICカードまたは現金で乗務員が車内で発売、座席は指定しない
  • JR神戸線・JR京都線・琵琶湖線に1日上下4本運転(12両化された新快速の9号車に組み込む)

約款上の位置づけは不明だが、旅規の規定による特別車両券(グリーン券)ではないだろう。JR北海道の「uシート」と異なり、事前発売せず、座席も指定しないので、座席指定券でもない。旅規規定外のサービスとして単行規程が制定されるのだろう。普通列車のグリーン車は、特急列車の末端が普通列車となるものを除くと、首都圏以外では岡山・高松間のマリンライナーだけ。一方、旅規には「コンパートメント券」のような、実体のない規定が残っている。

車内だけで発売するのは、JR東日本が進めている事前購入料金と車内購入料金の差別化と逆。乗車後空席がある場合に利用できるのは、ありがたい。米原・姫路間(198.4km)で500円は、東日本の事前購入平日グリーン料金980円の半額。青春18きっぷと併用できれば、シーズン中は満席になるだろう。

やまやまやまやま 2018/10/28 18:39 >首都圏以外では岡山・高松間のマリンライナーだけ。

松本・長野間には、E257系使用のグリーン車付き快速が1往復あります。
そのうち下りは、あずさ25号から化けるもので、実態は末端快速と同じ(実際に通し乗車も可能)ですが、あくまでも別列車扱いのため、グリーン券は別々に必要です。
上りは松本で旅客降車後一旦引き上げるので、完全に単独列車です。

また、2018年3月改正から、日豊本線佐伯・延岡間の通し普通列車が全列車787系となり、先頭車のみ客扱いという特殊事情ゆえ、1号車(半室グリーン)が先頭となる下り(1本)に限り、グリーン室部分もグリーン車として客扱いしています。
こちらも、延岡で旅客降車後ドア閉鎖となるので、単独列車と言えます。

desktoptetsudesktoptetsu 2018/10/28 21:40 時刻表(3月号)で確認しました。佐伯・延岡間ですが下りの2761Mには、グリーン車のマークがついていますが、上りの2760Mと2762Mにはついていません。間違いでしょうか。

desktoptetsudesktoptetsu 2018/11/01 07:12 「1号車(半室グリーン)が先頭となる下り(1本)に限り」と書いてありましたね。失礼しました。運用は、
-宮崎空港(ひゅうが2)延岡(2762M)佐伯/(2761M)延岡(ひゅうが9)宮崎空港
-大分(にちりん23?)南宮崎(ひゅうが12?)延岡/南延岡(2760M)佐伯(にちりん102)大分
だそうです。

淀川コナン淀川コナン 2018/12/25 16:52 西日本新快速のAシート、フタを開けてみれば、運用列車は全て野洲発着のため、18きっぷ利用者の機体はやや外れたのかもしれませんね。

desktoptetsudesktoptetsu 2018/12/27 07:50 野洲発着だと18きっぷユーザーには使い勝手がよくないですね。普通席が満席のとき、座りたい通勤旅客が利用するというパターンでしょうか。