Hatena::ブログ(Diary)

デザインと広告 Dezapla.com RSSフィード

2011-05-18

広告資料館 12月

2011年12月 「Kanebo cosmillono」Dezpla.com広告資料館-見本

f:id:dezapla:20111223163414j:image

毎年クリスマスが過ぎると急に年も押し迫った感じが強くなり、今年も残すところ数日となりました。今年は大きな出来事が色々有りましたが、来年は明るい年でありますよう心からお祈り申し上げます。

季節柄なのか、今元気のある商品なのか通販化粧品とよばれるジャンルの折り込み広告が多く、元気を感じます。今月のチョイスもその通販化粧品ですが、その前に下に表示した3点の折り込み広告をご覧ください。今月の「Kanebo cosmillono」とカテゴリーは同じ物なのですが、3点のデザインレイアウトが裏表共にほとんど同じ事に驚きます。同じ代理店が制作しているのか?成功例にならい柳の下の何かを狙っているのか分かりませんが、製品に対しての特性を考慮した広告戦略を感じないのは確かでしょう。その中で一際個性を放っているのが今月の一品(作品)です。背景のイメージは何かよく分かりませんが、深い空間を出す事は成功しています。製品を中心に山形に置いてアイキャッチにして、左上から横書きでキャッチコピーを流しています。視線を左上から対角線上に右下隅へ誘導していますが、右下のゴール地点には右向きの矢印があり、広告の裏面へと強く誘導しています。この広告のデザインは裏面への誘導が第一義として捉えていることがこれで分かると思います。中央部の縦書きの明朝体文章は、製品の信頼性と安心感を読み手に与えています。また、左下隅に五角形の矢印状の形がありますが、右の矢印と目的が違うので形状を分けています。同じ形状を使う際は同じ目的物である事が重要です。この様に混同させずに上手く分けるのはデザインの上級テクニックです。

f:id:dezapla:20111224141230j:image

広告資料館「本館」ではより詳細な広告資料がご覧いただけます。こちら→ 


広告資料館「業種別」ページが更新しました広告のカテゴリーに分かれて見やすいと評判ですサイトはこちら→

.

広告資料館 11月

2011年11月 小田急「ODKYU VOICE」 Dezpla.com広告資料館-見本

f:id:dezapla:20111130150650j:image:left

今月の折り込み広告は質・量共に豊富で、優れたデザインも多くありました。その反面今まで良く見かけた企業や、業種の折り込みが少なくなっていることは心配でもあります。

今回チョイスしたのは小田急電鉄の広報誌です。駅構内にも置かれていますが、毎月定期的に新聞に折り込まれ、地域沿線情報にとどまらない内容は編集の方針とデザインの良さが光ります。当該の折り込みは紙質の選び方から、全体の基本基調を崩さないよう「トーン&マナー」を考慮している事が伺える一品です。トーン&マナーは良く使われる業界用語の一つですが、この言葉も曖昧です。言葉の意味としては「全体の統一感とそのルール(表現の基本基調)」なのですが、雰囲気として使われ、現場が混乱する言葉でもあります。今月の表紙のイメージは全体に黄色の光が支配して中心に黄色の補色になる紫色のワンピースが映えます。立っている女性に視線が自然に集中するこの部分がアイキャッチです。紙面の中心に細い明朝体で「ときどき自分をほめてあげたい。」と縦書きでコピーが入り、中心のケーキへ誘導しています。写真下部は黄色の明度の落としたオーク調の木の色が落ち着いていて、とても雰囲気のある綺麗な仕上がりです。この様な広報誌を折り込む事は企業としての真面目な姿勢に好感がもてます。

広告資料館はこちら→    スタートページへ↑

広告資料館「業種別」ページが更新しました広告のカテゴリーに分かれて見やすいと評判ですサイトはこちら→

.

広告資料館 10月

2011年10月 「IKEA」 Dezpla.com広告資料館-見本

f:id:dezapla:20111110100416j:image:w300:left

今月の折り込み広告はとても質量共に優れたものが多くありました。

その中で今月の広告は、今まで紹介しているタイプと少しテイストが違います。グリッドラインは見あたらず「自由で楽しい」「賑やか」などの主張に添ったテーマでの制作に向いています。無造作にカップとソーサーを積み上げて、シドニーのオペラハウスを思い出させるような造形がメインビジュアルです。その回りを抜き写真(写真の回りを切り抜いた)と角版写真2点で囲むようにレイアウトしています。バランスとアンバランスの関係で、とても慎重に作業を進めないとバラバラで訳の分からない広告になってしまいます。「IKEAには色々な商品があり、とても楽しい所ですよ。」と制作意図がストレートに伝わり優れたデザインです。楽しげなデザインは参考にしたい部分ではありますが、思い出すのはこの仕事に入ったばかりの頃、アートディレクターに「デザイナーは自分でルールを作るのだからこそ自分の決めたルールに例外規則を作ってはいけない、どんなに困っても自分の作ったルールに従ったデザインをするべきで、必ず解決策はある」と言われたことです。その事を考えると、商品名とキャプションのぶら下がり方にルールの規則性が弱く、違和感があります。。

広告資料館はこちら→ スタートページへ↑

広告資料館「業種別」ページが更新しました広告のカテゴリーに分かれて見やすいと評判ですサイトはこちら→

.

広告資料館 9月

2011年9月 住友不動産「エコな風の家”無料設計キャンペーン」 Dezpla.com広告資料館-見本

f:id:dezapla:20110930215701j:image

今月は夏の名残の暑さが厳しく、何時までも暑い日が続きましたが、大きな台風が残暑を持って行った様に後半はすっかり秋の気配が漂っています。折り込み広告の傾向は数も多く質も高い物が多く見受けられました。

その中で今回取り上げたのは住宅の広告です。販売広告はたくさん折り込まれますが、設計の分野は珍しいかも知れません。一見すると住宅販売と間違われないようにディメンションスケッチ風の手書きのラフ図で工夫をしていますし、「3人の建築士が」と何度も強調しています。今回のこの折り込み広告は今まで、紹介してきた物と少し違う部分があります。まず、視線誘導を第一として捉えていないことです。左端に縦書きのコピーを置くのは紙面の構成からあまり有効ではないことと、キャッチコピーが縦書きの「3人の・・・」と緑の図の上にある「風の流れを・・・」その下の「エコな風の家・・・」と同じボリュームで分散している事です。では、なぜこのレイアウトの方程式から外れた広告が効果が有るのかを検証すると、情報のブロック化が上手く出来ている点でしょう。必要な文章、金額、システム、など必要はイメージと近づけ綺麗にブロックとして集めていて、垂直、水平線で分断しない様な工夫もあります。縦書きのコピーは写真の中に入れた方がさらに効果があったと思いますが、広告制作の初心者にとってとても参考人なるレイアウトであることは確かです。

広告資料館はこちら→ スタートページへ↑

.

広告資料館 8月

2011年8月 健康家族「伝統にんにく卵黄」 Dezpla.com広告資料館-見本

f:id:dezapla:20110830170040j:image

今年の夏は暑い日が続き、節電の影響もありとても大変な夏になりました。折り込み広告の傾向は前半は夏の暑さ対策で、後半はすでに秋の商戦が中心です。今月の折り込み広告は抜きん出て優れた物は少ない物の、量と質はとても豊富でその中でも食品の折り込みの多い事に気が付きます。

今月の注目折り込みは健康家族「伝統にんにく卵黄」です。炭火で焼いたホイルの丸ごとニンニクの写真が大きく目を引き、その上にキャッチコピーが「にんにくで夏に勝つ!」と大きく太い明朝体で重なります。アルミホイルから見えるニンニクの焦げ目とテカリに十分な「シズル感」が出ています。写真や広告の世界で良く出て来る「シズル感」と言う言葉ですが、元々は食品の焼ける音や匂い、湯気などの五感を刺激する臨場感の意味で、広告写真のリアリティある表現の事です。最近では拡大解釈が進み、人物に「シズル感のある表情」を求めたり、デパ地下の実演販売をシズル販売などという事も有ります。

その意味でもこの折り込みはシズル感たっぷりで、この写真だけで効果抜群のイメージを与えています。裏面にはがきを掲載しているのは直接広告反応率をキャッチする目的で、ここがゴールの設定のはずですがイメージ写真の力に頼りすぎて、視線誘導や、裏面のはがきを投函させる工夫に乏しいのは残念です。イメージ写真があまりにインパクトの強い場合、商品とイメージを結び付けるためには商品パッケージを写真に重ねる手法が一般的で、空間表現が深まる効果があります。

広告資料館はこちら→ スタートページへ↑

広告資料館 7月

2011年7月 ファーストキッチン Dezpla.com広告資料館-見本

f:id:dezapla:20110726195556j:image:left

今月はお中元のデパート関連と食品関連の折り込みに良品が見受けられます。以前でしたら、ホテルの夏のイベント関連の華やかな広告が多くありましたが、今はとても寂しい状態です。

ファーストキッチンの折り込みはこのところ秀逸な物が多いのですが、今月はテレビ番組「お願いランキング」で、辛口評論を勝ち抜いて満点をった商品をアピールしするPR広告です。広告の中でも号外の様な扱いで、情報重視ですが、とても興味をそそられます。女性化粧品の通販広告のでは良く使用される手法で、客観的な数字や順位をアピールして消費者の価値基準を確立させる方法です。Webでは楽天のサイトに多く見受けられ、あまり強調しすぎると下品になりがちですが、今回の広告ギリギリで品位を保っています。しかし、デザイン的に見ると情報が上部と下部にはっきり分かれて分断されているのですが一つの広告としてのまとまりが弱く感じます。号外的に急に作った事が原因でしょうか?とにかく事実に基づいた数字は、消費者の興味を引くのにとても効果的な事が分かる広告です。

広告資料館はこちら→ スタートページへ↑

広告資料館 6月

2011年6月 アコルデ代々木上原 Dezpla.com広告資料館-見本

f:id:dezapla:20110630183056j:image:left

今月はお中元商戦の前哨戦か、かなり多く秀逸な広告があり、絞り込むのに少し苦労しました。まだ、景気の動向は不安定ですし、原発を軸に政治の低迷具合からも明るく広告を打って、消費を呼び込むのは難しい状況下にも関わらず、努力している企業はきっとこれから良い方向に転じることを信じています。

今月は小田急と東京メトロ千代田線の交差駅「代々木上原」駅ビルの折り込みです広告。リニューアルオープンの告知チラシで、直接利益誘導型の広告ではないので、情報よりイメージが重要になります。広告には直接利益誘導と間接的利益誘導の二つのタイプがあります。それぞれ目的が違うので、デザインの手法も違うのですが、知識のないクライアントの要求などで、それぞれの目的が混在する様な結果は多々あります。今回の折り込みはその部分のブレを全く感じません。まず、アイキャッチにハートを意識した野菜の生花盛り?これで十分消費者にインパクトを与えています。リボンも左から右へ誘導して途中ハートの形の遊び心も見せてくれています。少しキャッチコピーが大きい様に感じますが、ここは仕方ない部分でしょう。アンカー部分として紙面中央下にロゴを置いて完結しています。ここから発信するイメージは、「ここは、普通とは少し違うよ。綺麗なだけじゃなくて実用に即しているよ。ここへ来たらあなたの何かが優しく広がるよ」と伝えているようです。見事にイメージが伝わる良い広告です。

広告資料館はこちら→ スタートページへ↑

広告資料館 5月

2011年5月SUNSTAR    Dezpla.com広告資料館-見本

f:id:dezapla:20110601210912j:image:left

今月も比較的折り込みは少なく、目立った傾向も見受けられません。企業は現在の状況で広告を打てないのか、広告に効果が無いと判断しているのかなのでしょうか。その中で通販健康飲料の折り込みです。黒地を背景にグラスに商品の野菜ジュースが勢いよくつがれてインパクト十分です。しかし、最初からこのデザインで作る予定でなかったことは、少しこの仕事を理解していれば直ぐに分かります。切り抜きの商品イメージと黒バックに合成してますが、始めから黒くする予定でしたら写真も黒が写り込むように撮るはずだからです。視線誘導はキャッチコピーからイメージと重ねた商品写真、フリーダイヤルへと誘導は出来ていますので構成力は十分ですが、キャッチコピーとショルダーのコピーの強弱が欲しかった所です。インパクトは十分ですが、商品イメージの健康からだいぶ遠くなっています。多分色々な人の意見を取り入れている内にこの様に落ち着いたのでしょうが、持っているデザインの魅力が十分に生かされてい無いのが残念です。


広告資料館では新聞に折り込まれるチラシを厳選して優れた広告をデータ保存する事を目的としています。その中からデザイン的に優れた折り込みをチョイスし、解説を加えて毎月更新しています。

広告資料館はこちら→



ブログトップへ↑

.

広告資料館 4月

2011年4月7HOUSE MEJIRO   Dezpla.com広告資料館-見本

f:id:dezapla:20110520211237j:image

まだまだ、不安定な世相ですが、地震の影響の自粛はだいぶ落ち着き、折り込み広告も増えてきています。今月の折り込みは不動産広告です。打ちっ放しのコンクリート建築物はモノトーンの写真でさらに重厚感を増しています。空に向かって消失点があり、安定感とスケール感も十分です。これだけでこの折り込みの商品の内容が良く伝わっています。物がデザイナーズマンションですので、商品が良くて写真が良ければ広告の目的はほとんど達しているような物です。しかし、デザインも負けてはいません。桜の花びらを右上から左下対角線上に移動させ、一度タイトルに視線を止め、ボディコピーへ誘導している点と、7HOUSE MEJIROのロゴをセンターに置かなかったのは視認性の関係か二つ折りを避けたのか不明ですが、デザイナーの仕事に深い才能を感じます。グリッドに頼らないワンランク上の優れたレイアウトの見本です


広告資料館では新聞に折り込まれるチラシを厳選して優れた広告をデータ保存する事を目的としています。その中からデザイン的に優れた折り込みをチョイスし、解説を加えて毎月更新しています。

広告資料館はこちら→


ブログトップへ↑

.

広告資料館3月

2011年3月リビングセンター オゾン   広告資料館はこちら→


ブログトップへ↑

.