Hatena::ブログ(Diary)

/ja あやつる YmrDhalmel このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-09-27

2016希望郷いわて国体 バレーボール(成年男子)に出場するチームまとめ(仮)

であるうえにまだまだgdgdです。開幕までに揃うかどうか不安でし。

開催日程は10/2(日)〜5(水)、会場は一関市東山体育館バレーボール | 希望郷いわて国体・希望郷いわて大会

ことしはいろいろあっておるすばんす。出場される方々のご武運を願う次第でありす

20160827|Fukushima-Akita

[ことし国体と名のつく大会で唯一見た東北ブロックから]

履歴

  • 2016/09/27 作成。はじまるまでに加筆できればする。

過去

2010-12はID:sputnik0829さんとこ(Stay Foolish)、2013-14はID:canaさんとこ(1000万人都市の片隅から)、2015は此処

わかる範囲で

北海道

北海道選抜。選手団名簿→(PDF・バレーは18ページから

長島貴大東海大学札幌校舎4年
厚海孝司北翔大学4年
星和希東海大学札幌校舎4年
大江航太札幌大学4年
藤村昇太東海大学札幌校舎4年
池田智晴北翔大学3年
早坂龍幸札幌大学3年
杉本弘貴北翔大学2年
柳町逸太東海大学札幌校舎2年
戸田拓也東海大学札幌校舎2年
杉山智樹東海大学札幌校舎2年
阿部誠樹東海大学札幌校舎1年
福島

福島選抜。選手団名簿どこーなので、ブロック国体の名簿から。

  • 監督:飯沼康太
信成健人
桑村拳也福島大学4年
佐藤俊介
羽染圭佑
酒井大祐サントリーサンバーズ
鈴木真伍中央大学1年
飯塚渉太
阿部友幸
飯塚剛史
阿部航平福島大学4年
渡邊真琴
神園時福島大学4年
秋田

秋田県。福島に同じ。

  • 監督:長里浩司
太田雄太
伊藤靖
佐々木貴
間杉将彦
眞田辰弥
細川卓弥
伊藤雄太
川村悠希
佐藤勇太
山田悠人
小松一哉
柿崎瑞貴
東京都

FC東京なのだがメンバーがわから…追って…

神奈川県

富士通なのだがメンバーがわから…追って…

埼玉県

選手団名簿→(PDF:バレーは6ページ

ことしは埼玉アザレアですよ。

池田大輔埼玉アザレア
茂木祐太埼玉アザレア
柴田昂毅埼玉アザレア
若月建吾埼玉アザレア
金丸真司埼玉アザレア
林佑樹埼玉アザレア
笠原啓太国士舘大学4年
中津芳文埼玉アザレア
大和田賢吾埼玉アザレア
石田祐司埼玉アザレア
高橋大東文化大学4年
小島大輝国士舘大学4年
長野県

VC長野。選手団名簿→(PDF:バレーは6ページ

長田南箕輪村役場
中谷光ジェルモ
小林之紘八十二銀行
小林哲也オリオン製工
片桐成基日本無線
峯村幸太小海高校教
栗木勇岡谷市役所
森崎健史伊那養護学校
池田浩基平和産業
村松俊輔南信精機製作
多田将希大鹿中学校
峰尾拓泉翔
静岡県

選手団名簿→(PDF:バレーは9ページ目あたり

東レアローズ。あれ、せんしゅきゅうにん?

伏見大和東レ三島工場
李博東レ三島工場
小宮雄一郎東レ三島工場
落合一貴東レ三島工場
佐野東レ三島工場
瀬戸口竜矢東レ三島工場
鈴木悠二東レ三島工場
井手智東レ三島工場
藤井直伸東レ三島工場
和歌山県

9/27時点でソースわからんのではじまるまでに調べるなりよ(つд・)

大阪府

クボタ。選手団名簿→PDF:バレーは16ページ

  • 監督:上田章二(スタジオ・ノア)
野口拓朗クボタエイトサービス
丸一達也クボタエイトサービス
奥野裕樹クボタエイトサービス
岡崎クボタクレジット
和田拳弥クボタクレジット
川田クボタ
籠樹クボタ
守山千仁クボタ
守山巧クボタ
蓑田蓮ケービーエスクボタ
鎌苅翔ケービーエスクボタ
早瀬川雄也クボタ空調
広島県

JT。選手団名簿→(PDF:バレーは5-6ページ

前回から、セッターだけが総とっかえなのだな。あっ監督も←

安永拓弥日本たばこ産業
安井勇誠日本たばこ産業
ベゼラダシルバ サムエルジュニオル日本たばこ産業
塚崎祐平日本たばこ産業
吉岡光大日本たばこ産業
中島健太日本たばこ産業
筧本翔昴日本たばこ産業
久原大輝日本たばこ産業
八子大輔日本たばこ産業
唐川大志日本たばこ産業
深津旭弘日本たばこ産業
金子聖輝日本たばこ産業
愛媛県

選手団確認中(つд・)

長崎県

選手団名簿どこーなので、ブロック国体の名簿から。

  • 監督:下釜信浩
冨永航一埼玉アザレア
中崎輝一
山口頌平早稲田大学4年
山下直樹
峯天誓
隈部晃太
今富稜介堺ブレイザーズ
浦公輔
松村龍之介
藤田尚
横山
本田佳祐
大分県

大分三好ヴァイセアドラーだとしか言いようがない。選手団名簿どこーなので、ブロック国体の名簿から。

  • 監督:小川貴史(大分三好ヴァイセアドラー)
細川優樹大分三好ヴァイセアドラー
田中挙章大分三好ヴァイセアドラー
藤田裕城大分三好ヴァイセアドラー
高山伸悟大分三好ヴァイセアドラー
細井規貴大分三好ヴァイセアドラー
辻口泰地大分三好ヴァイセアドラー
米田亘希大分三好ヴァイセアドラー
石垣公也大分三好ヴァイセアドラー
藤岡諒馬大分三好ヴァイセアドラー
浜崎勇矢大分三好ヴァイセアドラー
辻口智也大分三好ヴァイセアドラー
帖佐力弥大分三好ヴァイセアドラー
福岡県

福岡クラブ。ブロック国体の名簿から。11番12番(ぽぉ

森田貴秀
橋本有恒
大沢健太郎
満生大輝
池田幸太
谷口
楠見悠樹
森陽希
松田康河
橋本大樹
久保山
岩手県

開催地です。選手団名簿→(PDF:バレーは6-7ページ

  • 監督:岡崎希裕(岡崎建設
伊藤康宏紫波総合高(教)
花坂郁也盛岡市立見前南中学校(教)
川村卓花巻市立矢沢中(教)
外崎宏志郎岩手日報社
石川岡崎建設
浜館舜大東高等学校(教)
山本憲吾黒沢尻工業高(教)
橋本卓也東北銀行
西村優輝岡崎建設
三ヶ森紫波町役場
小田嶋大貴FC東京
森元貴哉岩手大学3年

2016-09-24

Bリーグの開幕戦をBSで見ていた

9月22日にBリーグが開幕した。

当地にもB1のチームがあり、JBLNBLの折には何度か観に行っていた(このブログにも何度か書いた)んだが、この「開幕戦」と、地元で初めて見られる時期とにかなり間があいてしまうので、なんというか遠目で見ている感覚にはなったのである

それにしても、こうかは ぜつだいだ!なんだろうなぁ。「地元開幕シリーズ」のチケットを取ろうとしたら、公式のチケットサイトが混み合ってしまっていたからなぁ…。

この件は、やっぱり、生で見てから改めて書こうかな、そういう気持ちにはなる。とにかく、始まったのだ(チケットは取れた)。

そして、始まるかどうかわからないものを、どこかで案じている。

2016-09-20

めも:桜島総合体育館

Flickrじわじわ追加中→Emp2016|天皇杯 | Flickr

もちろん初めての体育館である初日3コート、2日目は2コートという構成での大会

ホワイトバランスちょっとだけ悩んだが、標準よりは1段白熱灯対策をした方がよいのかも…くらいのところで調整しつつ。

暗くはなかった。ISO1600と3200の境目で。

ちょと思うところがあって、初日の後に鹿児島中央駅(でかかった)のビックカメラに駆け込んで、しゃしんを何枚か焼いてみたのだが、無修整だとフロアの色がかなり激しく出てきてしまうなぁと。そんな感じ。

体育館自体のつくりは、かなりクラシカルだった。

20160917|OitaMiyoshi-ShonanHS

スーパーリーグ構想と夢と願い

ひとが台風に追いかけられながら大移動してるときにその大ニュースはどうよ…と思いつつ、きょう公式発表*1と向き合い、とりあえず、Vリーグ公式に挙がっているPDF印刷してみた。あっシアンインクを切らしているんだった。

なんというかふわふわした感覚と、微妙既視感と、胸を熱くした記憶が蘇った、かもしれない。というか、愛するチームや選手バレーボールのある場所をぐるぐると思い出していたら、あのころつくばカピオと、そこで高まらせていた思いと、その他もろもろ、あたまを巡ってしまった。

10年おせぇよ、と叫んでいそうなひとの顔が浮かんだ。始まりは11年前に見た東西インカレだった。こういうところで心が集約されたりしていた→TUV講演概略 - 別館TUV改。誰が見たい、何が見たい、という以上に、あのとき、そこで何が生まれて、何が為されていくかを、ひとつひとつ目の当たりにしたくて、一生懸命あのチームとそのムーブメントを見つめていた。

それは過去形で書いてはいけないものであることは重々承知している。チームの中で、その頃の思いをカラダで顕していたひとたちが、おおく「卒業」っぽくなっていった今、そして、その「卒業」っぽくなっていたひとたちがコートの中で熱くそのことばを傾けていたのを見て、目頭が熱くなりすぎたわたしにも、改めて「ここからなんだなぁ」感は、溢れてくるけれど。

f:id:dhalmel:20160903171551j:image:w360

あのチームには、今言わないでよ、そのときやらせててよ、ということは、けっこうあったのかもしれない。その頃も、もちろん今も、かなり厳しいものと向き合っていかなければならないのだが、やっぱり、志は、かわらないところにあるんだな、ということを、先日聞いてしみじみ感じ入っていたのだな、というのを、2週間遅れで書いてみる。

翻って、スーパーリーグ構想について、思ったところを書き留める。ほぼ、ついったータイムラインなどを見たら既出ことなのだろうが、今気になっているのは、ざっと書き出すとこのあたり。

  • どのくらいのチームがそこに参入するのだろうか。参入した、あるいは、参入しなかったチームの選手は、どういう動きをするのだろうか。
  • チームにとってのメリットデメリット
  • チームを保有、あるいは大きく推進する企業にとってのメリットとデメリット
  • 地域にとってのメリットとデメリット。殊に国体との関連性(とメモしていたが、「構想」PDFによると、スーパーリーグ参入チームは国体には出られない方向とのこと。これは…果たして

そして、たとえば今のプレミア8チームの半数くらいと、それ以外のチームが数チーム…みたいな構成リーグが成立したとして(するのかどうかもよくわからないと思いつつ)、かなり力の差が発生する試合があるんだろうなという危惧はある。実際、バスケでJBLとかNBLとか見た時に、そういう試合にいくつか遭遇したものだった。ただ、困ったことに、バレー場合時間制ではないので、一方的な展開になった際、試合自体は1時間前後で終わってしまうのだ。そのあたりは、1試合興行となると、どう折り合いをつけるのだろうか。参入希望チームの締め切りがことしの11月で、(成立すれば)2018/19開幕ということなので、その間の1シーズンくらいを、人の動く期間と目しているということなのだろうか。果たして選手は動くのであろうか。どう動くのであろうか。そういうことも、ぼんやり考える。

ネガティブに考えすぎるのも良くないのだろうと思う。実際、10年ちょい前は、割と自分自身がネガティブなのキーと言いながら周囲を眺めていた。Vリーグ見たことないと言いつつ、参入前のチームを応援し始めていたくらいだから。たぶん、いろいろ「だいじょうぶかな…」と考えてしまうのは、自分に振り返りたいもののほうが増えてきたからなんだろうな。この前またひとつ年を重ねてしまったところだしな…などと。

だから、せめて、今や、その先を生きる人たちにとって、すこやかな状態になるようにと、それを思っているのである。

つーかこれをBリーグ開幕2日前にぶっ込むってどうよとか…

*1しまおかさんのしゃしんサイズでかすぎねーかい