Hatena::ブログ(Diary)

/ja あやつる YmrDhalmel このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-11-18

2017/18V・チャレンジリーグ2開幕@鷹栖

創設緒戦がホームゲーム、というのは、正直すごい。ヴォレアス北海道が迎えたこの日は、まさに「ホームゲーム」がおこなわれた日だった。

とはいえ、ホームゲームといえど、完全なホーム&アウェーじゃないこのリーグの現況において、「遠方よりお越しいただいてありがとう」というように、各チームに敬意を現せたのだろうか。なんか、「ホーム」の勢いだけが先行していた節はないだろうか。という思いはどこかに残った。残りつつも、巧者きんでん真正から受け止め、きちんと力のほうで押し切ったというのは、上出来な幕開けではあったのかなという感はある。

きょうは奮発してS席に座っていたが、何故か向かいのB席よりも見えにくいところがあって(段差のない椅子席だったゆえ)、うんうん唸っていたら、さいごのさいごにありがたい特典がやってきた。記者会見を見せていただけるということだった。記者の方がどんなふうに質問して、選手監督がどう応えるか。その部分に非常に関心を惹かれた。貴重な体験をした。今後、何かの機会にきちんと役に立ちそうな気がした。具現化は先なのかもしれないが、このチームが(バレーボールチームとして)目指す方向は、ひとつひとつの試合にちゃんとメッセージとして込められているとは思った。

ヴォレアスというクラブ方向性については、いろいろ入り組んだ仕掛けがありそうで、ありすぎて、すでに追うだけで精一杯になりつつあるのだが、それはさておき、玄関に停められていた2台のチームカーのカッコよかったこと。いつの間に、ラーメン山頭火とかもコートサイドの広告として登場するようになったのだなあとかも。

却って、ホームゲームじゃないところでこのカテゴリを見る機会も、何処かでつくりたいなあという念をあらたにした。実は。

2017-11-14

たびのはて

f:id:dhalmel:20171112153832j:image:w360

日曜の昼に、カメラを壊した。明確な理由がある以上、「壊れた」ではない。いや、持っていた者の何かが壊れていた可能性は、否定出来ないが。

ゆえに、このしゃしんは、壊したカメラの断末魔、でもあるのだ。

それは、カラダが複数個ほしい週末であった。当初、別の地に行く予定を立てていった。金曜の夜に成田に着き、土曜の早朝宿をチェックアウトして、そのまま更に遠くへ向かう予定にしていた。1ヶ月くらい前に予定を変更し、ただ、金曜のフライトと、そこからの、やけに早いチェックアウトタイム宿泊予約が残った。

まりにもチェックアウトタイムが早い予約だった。1時間1000円で延長出来るというので、1時間だけ延長し、JR成田駅へ向かい、そこから成田山新勝寺へ向かった。向かう途中で土砂降りに遭った。雨宿りというものをした。紅葉祭りだと聞いていたのだが、紅葉ははじまっていないのか、もう終わってしまっているのか。

そこからゆるりと土浦へ向かう。1年前に何かを見た地であった。1年前に(ホームゲームなのに)見られなかったサンガイアを、今回はきちんと2日間堪能した。書けることと書けないこと、叫べることと叫べないこと、いろいろな襞はそこにありつつ、深く刻まれたこはいろいろありつつ。

驚いたこと、心に沁みたことは、応援団にお礼と挨拶をしにチームが整列し、ひとしきり場が終わりかけたときに、叫ぶように歌い始めたひとのことであった。何がどう積み重なって、何がどうはじけて、今に至っているのかを、じわりと感じようとしたが、わたしにはそれを総て全うすることは出来なかった。ただただいろいろなひとのかおを思い出していたし、あたまに浮かべていた。

はて。自分にとってはこのカテゴリ開幕戦だったのだが、はて、開幕したんだろうか。

道中、本を読んでいた。「インタビュー」という本だった。その本を読みながら頭に浮かべていたひとたちのことも、十重二十重に重なっていたのだ。おそらく、半分以上は同じ顔として。

2017-11-03

2017天皇杯北海道ブロックラウンド@千歳高校(下)

10/28試合。(前記事)すぐ続きを書こうという気持ちはあったのだが、たっぷり1週間近く経てしまったし、しゃしんも全然まとめられていない(というか、秋リーグ開幕からの分を滞留中って、どうよ)。ただ、時間が経ったということは、言い換えれば、余韻がじわじわと巡ってきてそのときの感覚がぐるぐる醸成されてきた時間を含んでいるということでもある。と、言い訳を盛大にした上で、準決勝から。

#それにしてもそれにしてもだ。メイン会場のしゃしんを見る限り…やっぱり、これ、男女、会場逆だったよなあ…

f:id:dhalmel:20171028173130j:image:w360

準決勝

[A4]東海大学札幌校舎 2-0 東海大学札幌高校

25-16 25-19

春高北海道予選を翌月(当時)に控えたこの時期。高校生の試合はなかなか見られないうえに、ことしは高校選抜留萌で見るということもかなわなかった(留萌合宿、例年より1週早くて、高校生はちょうどインターハイだった)。それでも、東海札幌は割と見る機会があった。最近だと、10/14に大学バレーを観戦したあと、そこで練習していたのをちょっとだけ見た。

お隣同士というか同系列というか半端なく接点があって名前もよく似ている2チームの対戦になった。公式戦で直接対決を見るのは案外レアである。前に見たのも天皇杯ブロックラウンドだった。ユニフォームは、大学が白、高校が青。

思いの外、大学が圧した試合になった。戸田先輩をはじめとしてサーブでぐいぐい高校生を揺さぶってきた。高校はちょうど2年生が修学旅行だったようで、プログラム記載にもあったとおり3年生と1年生だけ(コートにはほぼ3年生)で試合に臨んでいた。

f:id:dhalmel:20171028144202j:image:w360

[A5]ヴォレアス北海道 2-0 Safilva北海道

25-19 25-23

Safilvaよくぞこの地へ、である。この対戦が見たいと思っていた。そして、非常に手に汗握る熱い試合になった。もう1セット見たかったという思いは、実はたっぷりあった。

2戦目のヴォレアスは黒ユニフォーム(リベロは白)で登場。どちらのセットもSafilvaが序盤リードする展開になった。第1セットは中盤で追いつき引き離したヴォレアスが先制したが、第2セットはしばらく競り合いが続いた。

国体予選の決勝を見た時にも思ったのだが、こういう試合が見られるようになったそのこと自体、ヴォレアスとSafilvaがそれぞれのやりかたでこの地での活動を始め、それぞれの毛穴をちゃんと開けてきたことに因るのだと、ものすごく嬉しくありがたい気持ちになる。「こうなったらいいのに」と見ていてずっと思っていたことが、徐々に形になりつつあるように思える(まだまだ道半ばではある)。

f:id:dhalmel:20171028152128j:image:w360

代表決定戦

[A6]ヴォレアス北海道 2-0 東海大学札幌校舎

25-22 25-22

f:id:dhalmel:20171028165626j:image:w360

第1セットはヴォレアスがリードを拡げるも、終盤東海札幌(大学だけ勝ち上がったのでほっとして表記を戻す←)が稲毛主将のサーブから盛り返して迫る。その勢いをそのままに、第2セットは序盤東海札幌がリードする。ヴォレアスは第1セットの終盤にイエローカードを受け、第2セット立ち上がりでレッドカードがあった(レッドカードって見たことあったっけと思ったのだが、記憶にない。レッドカードが出ると相手に1点入る。また、同様の警告が続くとレッドカードが出続けるのだそうだ)。バタバタする局面があったが、結局ヴォレアスが力で圧した感。

3試合を通じて古田のサーブがおそろしい勢いで決まった、その波が終盤に出たなというのとか、主張しすぎないしチームに調和した上で渋いところを締めてきてるなと感じた陳とか、ずっと田城が良かったなあとか、やっぱりリベロ白石あくまでも白石っぽい*1存在感だよなあとか、あとからじわりじわりと迫ってくるものがあった。ヴォレアスはほぼ固定したメンバーで3試合に臨み、出場しなかった選手もいた。いろいろやろうぜの余力を出させないほど、相手チームがちゃんと相手チームたり得ていたとも言えるのかもしれない。ああ、フルセット見たかったなあというのは、この試合にもあった。

f:id:dhalmel:20171028170634j:image:w240

ヴォレアスに対峙する東海札幌ってのが、えらくかっこいいなあとも思った。ことしはこれが見納めになってしまいそうだが、それぞれのこれからをたのしみにしていたい。

…ということで、天皇杯ファイナルラウンドに北海道から出場するのは、ヴォレアス北海道ということに決まった。女子皇后杯については、旭川大学が2年連続進出を決めた。

*1:語彙がない