Hatena::ブログ(Diary)

/ja あやつる YmrDhalmel このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-03-19

「ソラドゥスター」制覇

f:id:dhalmel:20170319220028j:image:w200

[これは、今季いちばん乗ったような気がするスカイマーク]

そういえばV・チャレンジリーグ1が閉幕した翌日、大分から移動した福岡空港で、若干早く着いたので、展望台からしばらく飛行機を眺めていた。そしてそこで不意に「リーグって、飛行機に乗った記憶でもあったんだな」とアタマに閃いたのであった。それは自分にとってそうだったし、そういうシーズンを送ったチームもまた、あったんだろうなと。観戦の極意には夜行バスなどの活用もあるとはいうし、わたしも嘗ては随所でお世話になったものだが、もう、既に、それで行ける場所って、あんまりなくなっちゃったのかなという感はある(函館、どうかなあ。用事があれば函館はそうなるのかもしれないなぁ)。今シーズンにおける飛行機と空港の思い出は、いろいろ思い起こすところではある。フライト状況は、12月にこそ怪しい局面はあったが、年が明けてからはわりと安定していた。各社、各便、そして各空港に、ほんとうに感謝する次第。

リーグでどんな飛行機に乗ったっけと思い起こすと、割と航空会社は多岐にわたっていた。チケットをほぼ取り終わってからその企画を識ったのだが(でもポイントは足りなかった)、今、いつもお世話になっている北のエア・ドゥと、九州へ伸びるスターフライヤーソラシドエアが共同でキャンペーンを張っているのである。そして、実は、今季、初めて、この3社の便ぜんぶに乗れた。

ソラシドエアに乗ったのは12月の大分ホームゲームへ向かうおり。新千歳からの飛行機の到着が遅れ、当初乗る予定だったANAの便に乗れず、その後発がソラシドだった*1。アゴユズスープは旨く、ブランケットふわふわで、機内誌は恐ろしい勢いで宮崎愛に溢れていた(確かまるごと1冊宮崎だったと記憶している)。ソラシドは九州いろんなところへ飛んでいるのだが、本社は宮崎なのだそうだ。機内で音楽聴く装置は無かったと記憶している。スターフライヤーは、この前の大分へ向かうおり、北九州空港(初めて行った)への便で利用した。こちらは機内の設備が恐ろしく充実している。音楽・映像チャンネルはきめ細やかに多チャンネルで、久しぶりにKREVAを堪能したりした。また、機内で電源が取れる装置のみならず、USB端子までついていた。黒い内外装はシックで、やはりかっこよかった。

それぞれの会社にそれぞれの色があって、それぞれに美味しいスープが存在して、そこへ向かう気持ちを高ぶらせる(あ、AIR DO場合は、「そこから」のほうが正解かな)、たのしい共演が、このシーズンの中にあった感がある。あ、スープ投票は、アゴユズスープに一票入れた。なんか当たったらいいなぁ。

*1:確か、ソラシド自体は2度め。初めては、鹿児島行ったときだったかなぁ

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dhalmel/20170319/1489929659