DESIGN HOUSE

2017-01-23

駅伝

07:46

f:id:dhiitoh:20170122125523j:image

毎年冬のこの時期の恒例行事になった都道府県対抗男子駅伝が日曜日宮島街道にて開催されたので地元を応援に行った。一区で毎年高校生が足をひっぱるのであるが今年はスムースな立ち上がりだったので期待したが不幸にも二区の中学生がまた足を引っ張ってしまい期待はずれであった。残念である。来年こそは期待に堪えてもらいたいが各都道府県のレベルが向上しているので難しいかもしれない。でも駅伝を観戦するのはとても楽しい。

2017-01-20

木蓮

08:24

f:id:dhiitoh:20170111160140j:image

近くの家の庭で木蓮の花芽が大きくなっている。今にも白く咲きそうである。でも今日は確か大寒 まだまだ春までには長い道程がある。奥は雪だ。

「春近し 灯明に似たる 木蓮の芽」 忠行

2017-01-19

金柑

06:14

f:id:dhiitoh:20170111093600j:image

柑橘類のなかで一番小さいのが鉗子である。実でなくて皮を食すのが常道らしい。少し苦みがあるが香りよく風雅である。小さくてもあまり沢山は食せない。親戚から大量にもらうと家人はジャムにする。独特の風味は捨てがたい。が今年はまだ誰もくれないので造っていない。

「仏壇の 鉗子を落とす 鼠かな」 子規

「金柑の 一粒毎の 香りかな」  忠行

2017-01-18

蝋梅

08:42

f:id:dhiitoh:20170111093625j:image

住み慣れた街のあちらこちらでロウバイが花を咲かせている。日も一時期よりは長くなってきた。冬の青空に映ゆるシャンパンゴールドの暖かな色は春がもうすぐやってくる事を示しているようだ。

「蝋梅の 香の一歩ずつ ありそめし」  稲畑 汀子

「黄金に 視界を染めし 蝋梅が」  忠行

2017-01-17

侘助

07:46

f:id:dhiitoh:20170116075220j:image

我が家の庭で侘助が沢山の蕾をつけ 少しずつ咲いている。美しい事を表現する日本の言葉に「雪月花」があるが 昨日の雪でまさにその美しい光景が見られた。あと夜の月だな。

一夜城 築きし心 侘助に」 稲畑 汀子

「庭先で 今年も美し 侘助が」 忠行