DESIGN HOUSE

2017-05-26

絹莢

08:44

f:id:dhiitoh:20170331064936j:image

旬の絹莢を我が家で食すには大きく二通りあって一つは牛肉との煮物 もう一つは卵綴じである。どちらも大好物であるが先日の夕餉は絹莢の玉子綴じであった。絹莢のシャキシャキした食感と卵の甘さがからまって絶品の一品である。緑と黄の対比も美しい。此れ以外のおかずは必要ない。酒も御飯も進む。

「絹莢を 卵で綴じて 夕の皿」 忠行

2017-05-25

トマト

08:51

f:id:dhiitoh:20170327071511j:image

近所の人が倉橋島に所用があって行くとの事で たのんでフレッシュトマトを一箱買って来てもらった。倉橋のとまとはその土地のせいかはたまた潮風に当たっているせいたとても甘くて美味しい。そのまま生で食しても良いが今回はフレッシュトマトパスタとした。ソースがトマトとは思えないコクを生み濃厚で豊かな味のスパゲッテイと化した。トマト以外は調味料とオーリーブオイルのみなのに摩訶不思議である。十分に満足した夕餉となった。サラダは我が家定番のブロッコリーとゆで卵で さらっとしたパスタに好相性だ。

トマトのみの スパゲッテイも 豊かなり」 忠行

2017-05-24

八宝菜

07:14

f:id:dhiitoh:20170415064704j:image

八宝菜が好きだ。春が終りにちかずき夏がやってくるこの時期食卓にのぼる。具材は山の物では白菜絹莢淡竹の野菜に加えて豚肉とウズラの卵 海の物では烏賊と海老が参加して絶妙な味のハーモニーを奏でる。御飯にかけて中華丼としても良いしそのまま食しても美味しい。一味唐辛子を振ってすこしだけピリ辛にするのが僕の好みだ。

「初夏の 食材豊か 八宝菜」 忠行

2017-05-23

夕餉

08:59

f:id:dhiitoh:20170421063338j:image

シューマイの グリーンピースは 楽しかり」 忠行

f:id:dhiitoh:20170421002346j:image

山里の 淡竹と絹莢 時来る」 忠行

2017-05-22

廿日市

11:22

f:id:dhiitoh:20170419213549j:image

ここのところ毎月二十日には市役所の中庭で市が開かれている。二十日なので「廿日の市」と称され近隣の商家や農家が出店をだしている。いつも何か良いものもしくは変わったものがあるかな?と期待していってみるが大した物はまったく無く常に期待はずれに終わる。なのでもう行かなければ良いのだが二十日になるとまた足が向いてしまう。だから出店者の努力あって

「風薫る 大地の恵み 廿日の市」 忠行 となることを願っている。