思考錯誤 RSSフィード

07-01-31 Wed

[] 卒論の外注はやめたまえ  卒論の外注はやめたまえを含むブックマーク

ひさしぶりにモヒカン族(死語)的に絡んでみる。

茉奈 佳奈が大学の卒業論文のテーマを大募集!

現在大学3回生の茉奈 佳奈が、来年度に取り組む卒業論文のテーマを募集します。

http://livetalk.yahoo.co.jp/performer/228/


一般にはネタとして笑ってすませられる話だろう(し、プロダクション側もそれを狙ってのことだろう)が、大学教員という職にある者としては、笑ってばかりもいられない。

論文というのはテーマ設定が生命線である。

特に、卒論の場合、テーマ設定によって良し悪しの大半が決まると言ってもいい。

研究対象にありふれた視線しか注げない場合=ありふれた問いしか投げかけられない場合、それはつまらない論文になる。

ごくありふれた対象を研究する場合であっても、一般にはそこに何ら投げかけるべき問いを見出されない場合であっても、投げかけるべき問いを見出せたなら、見出しうる視点に立てたなら、それはおもしろい論文になる。

「レポート」ならば、これまでにわかっていること(先行研究)をまとめて、妥当な「答え」を見出すことに傾注すればよい。

しかし、「論文」は「問い」こそを見出すことが重要であって、ある意味では「答え」などどうでもいい。

むろん、論文なるもの、卒論なるものの意義については、他の考え方もいろいろあるだろうが、私自身は、問いを見出す能力を身につけることに、(専門学校ならぬ)大学の存在意義があると思う。


寄せられてきたテーマをそのままそっくり卒論テーマとするのではないかもしれない。

寄せられてきた幾多のテーマから、一つを選び出すことに、本人の能力・センスが問われる部分もあろう。

しかし、程度はどうであれ、(少なくとも私の卒業「論文」なるものの考え方からすれば)これは本質的に卒論の「外注」である。

仮にこれが私のゼミ生であれば、ネットのコピペ、盗作によるレポートに準じた成績評価をくだすだろう。

大学で何を学んだのか、何を学びたかったのか、小一時間問いつめたい。


ただし、今回の募集の過程や反響そのものを研究対象にして、応募されてきたテーマなどを分析して、卒論にしようということであるのなら、それだけで「優」をあげてもいいけどね(笑)

【平身】揚げ足取りの報い【低頭】  【平身】揚げ足取りの報い【低頭】を含むブックマーク

え〜、下のpeacekgさんのコメントにありますとおり、難波さんは「助教授」ではなく「教授」でした。

tbsラジオ「life」のみなさま、難波さん、チョーごめんなさい。

他人の揚げ足取るとこうなるというよい見本......

(以後、自粛します)

○| ̄|_

peacekgpeacekg 2007/01/31 19:11 辻先生ファンの関学社学生です。
彼女たちの指導担当である難波先生はこの件についてどう思っていらっしゃるんですかね。本当に募集の反響を研究対象にしてしまいそうですけどね(笑)
あと、下記で揚げ足取りされてますが難波先生は2006年4月をもって助教授から教授になられたような・・・
詳しくは難波先生のブログを。

dice-xdice-x 2007/01/31 19:19 peacekgさん、どうもです。やっぱり揚げ足は取るもんじゃない...○| ̄|_

sidnanbasidnanba 2007/02/06 09:23 あの、以下の内容を読んでもらえればわかってもらえると思いますが、正真正銘の難波本人です。

「難波先生はこの件についてどう思っていらっしゃるんですかね」とかある以上、何か書かねばと思っていたのですが、
まず本人たちに事実確認すべきことがあった点と、
番組の内容をチェックしない限り何もいえない
と思っておりました。本人たちとも連絡取れましたし
昨日より本文中のアドレスで番組の再放送が視聴可能となっており
今ざっと見てみました。20分過ぎに卒論に関する言及が数分間あり、
よせられたテーマ案3本に関しての彼女たちのコメントがありましたが、わたし的には、格段問題を感じませんでした。
この問題に関心をもたれた方は、ぜひご視聴ください。

ただし、HP上に「茉奈 佳奈が卒論のテーマ大募集!」とだけあれば
卒論テーマを公募しているようにとられても仕方ないし、
周囲のスタッフがお膳立てしたことでも
そのことへの反響はすべて、もう成人している以上、
自分たちでうけとめざるをえないので
今後行動は慎重に、みたいなことは本人たちに伝わっており
本人たちも了解もしてるし、今後注意するとのことです。
(大学としても、この件、把握してなかったわけではないですし
放置してたわけでもありません。事実確認に時間が必要だった、
特に再放送を待っていた、というだけの話です)

いろいろ見方はあるでしょうが、再放送を見て正直ほっとしました。
短い間ですが彼女たちに接してきて
また昨年来彼女たちが研究テーマを探っている過程を見てきて
(彼女たちのブログの11月あたりでその痕跡は確認可能です)
また仮テーマ案に関して4000字ほどの文章を書き起こしているのを知っていて(というか私が書かせていて)
まずは不用意な発言はしてないだろうと思ってましたが、ええ。

あと、なんか不用意なこと言ってたら、その部分の動画がどっかに貼られて
いわゆる「祭り」になっててもいいはずだから、まぁ、どっかだけつまんだとしても
誤解を生むようなことはしてないだろうとは、予測はしてました。

辻君にしかわからないネタですけど、自民党の代議士ではいちばんそういったこと言わなさそうな人が
「産む機械」とか言っちゃう例もあるしなぁ‥
カーニバル化する社会とは、こういうことかと最近妙に納得しています。

あと、こういうこと言うと、油を注ぐ行為なのかもしれないですが
検索かけてこの件に関連・言及してそうなサイトやブログはざっと見たのですが
世の中には、芸能活動やってるような女の子がまともな卒論など書けるはずがない
という暗黙の前提がやはりあるような印象を受けました(もちろん辻君にそういう偏見ないのは、じゅうぶん承知だし
本文の内容にも基本的に異論ないです)。
その暗黙の前提を、世の中が共有してるということなのか、ネット社会に限ってということなのか
それともこうした問題に反応する人々の間でってことなのか‥。
そのへん、辻君の専門なので、また思うところでもupしてください。
まぁ、いろいろ忙しい時期でしょうが、再放送見てくださいな。
許乞長文。難波

dice-xdice-x 2007/02/06 14:57 難波さん、コメントどうもありがとうございました。
考えるところあってあえてエントリ上げたものの、「祭り」の火種に導火線をひくような真似をして、内心忸怩たるものは正直あったのですが。
番組アップ分の当該箇所、見ましたが、あくまで「アドバイス」扱いで、私も良識の範囲内かと思います。「卒論テーマはこれに決定!当選者(?)には金一封さしあげます」みたいなのだったら、問題大ありですが、「アドバイス」なら一般に先輩や友人からももらって書くことはあるわけですし。それでも、やはり望ましいこととは私自身は思いませんが、許容できる範囲内かと。

> 世の中には、芸能活動やってるような女の子がまともな卒論など書けるはずがない

というステレオタイプがあるのは私も重々感じるところです。
数は少ないですが、芸能活動を兼業している学生と接した経験からすると、必ずしもそんなことはないんですけどね。むしろ、問題意識はかなりしっかりしている場合も多いし。

入試等々で忙しい時期に、いろいろお手数おかけしました。
後ほど、「卒論外注問題その後」としてエントリを上げておきます。

peacekgpeacekg 2007/02/07 11:04 揚げ足取りの分は別として、
難波先生の名前を出してまで、この件に油を注ぐような書き込みをしてスイマセンでした。
私個人としては純粋に彼女たちの卒論が楽しみで期待しています。誰に対してでも言えることですが、彼女たちにしか書けない論文を書いて欲しいです。