Hatena::ブログ(Diary)

盆栽日記

2016-09-14

Shiny-serverでflexdashboardを動かす

Shiny-serverでflexdashboardをデプローイする方法がわからなかったのでメモ。

通常は以下のサイトでも解説されているようにui.Rとserver.Rを所定の場所に設置しておけば、

http://IPアドレス:3838/ディレクトリ名

という形でアクセスできる。

http://estrellita.hatenablog.com/entry/2014/02/28/050500

で、RmarkdownでShinyをインタラクティブなドキュメントを生成する時はどうするか。

公式ドキュメントを読む限り、server.Rの代わりにRmarkdown(Rmd)ファイルを置いておけば認識してくれるらしい。

http://docs.rstudio.com/shiny-server/#r-markdown

ということでflexdashboardも同じやり方でデプローイできる。

まず、必要なパッケージをインストールしておく。

sudo su - -c "R -e \"install.packages(c('rmarkdown','flexdashboard'), repos='http://cran.rstudio.com')\""

あとはflexdashboardのテンプレートで書かれたRmdファイルを用意する。

File→New File→ R Markdownでflexdashboardを選ぶ。

今回は動作確認のため、テンプレートを初期設定のままいじらずそのまま利用することにする。

最後に上記ファイルを所定の場所(server.Rを置く場所)に設置して、通常通り

http://IPアドレス:3838/ディレクトリ名

という形でアクセスすればflexdashboardのアプリが立ち上がる。

繰り返すが、server.Rが同じ場所にあればそちらが優先されるので注意。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dichika/20160914/p1