静岡のタイヤ持込交換とメンテナンスのプロ<ダイレクトレーシング富士> メカニックブログ

2014-08-07

BENZ G463ゲレンデ DIRECT RACINGに仲間入りです。

20:01

f:id:directracing:20140809172550j:image:w360

これから、私達がフルメンテナンスするW463です。
とにかく私達がメンテしている間は故障させない。
W463のウィークポイントを把握する。走行安定性(ボディ形状による。設計時年の古さ)、ハンドルの重さ、風きり音の3点です。
ロードテストから始めます。(一般道はもちろん、東名高速でも)そして、3点が100点満点の何点かを判断します。身体全体で微妙な車の動き、音、振動をキャッチします。感じた点をクリアーすべきいじります。走行安定性、ハンドルの重さはかなり改善されました。

そして、ベンツ専用テスターを使って電気系をチェックします。(過去とingが表示されます) 車は大きく分類すると機械系と電気系にわけられます。電気系の点検にはベンツ専用テスターが必需品です。

そして、快適にドライブするには、足廻り、ステアリング等の機械的部分のセッティングが不可欠です。
トータルでメンテすることによって、最良のW463が完成します。
ATも洗浄し、ATFと新フィルターをセットしてあげます。写真を見ると分かるようにマグネットにスラッジがこびりついています。フロントアクスル、リヤアクスル、トランスファーのギヤオイルも交換します。写真はトランスファーのマグネットに付いていたスラッジです。過去に交換した記録は見つかりません。当然、油脂類はベンツ指定オイルを注入します。フュエルフィルターも交換します。(定期交換部品ですが交換していない車が多いいです。これが原因でポンプがイカレることが多いい)アライメント調整も。
そして、ロードテスト、そして、又、ロードテストの繰り返しです。DIRECT RACINGのロードテストは最低でも約250kmもおこないます。ここまでしないと最良のW463は完成しません。

オーナーのご依頼でフォグランプのHID化、そしてポジション球、バックランプ、ライセンス球、ウィンカー球をLEDでONE-OFFしました。非常にお洒落なゲレンデの完成です。

昨夜、横浜でお渡ししました。今回、お預りして横浜から富士までのテストで感じた一番の不満はゲレンデらしくない走行安定性でした。富士から横浜までのドライブは非常に楽しいものになっていました。パワートレイの変化にも喜んでいただけると思います。ゲレンデはステイタスだけではないんです。ちゃんと、いじってあげるとゲレンデ本来の性能が戻ってきます。

f:id:directracing:20140808142811j:image:medium f:id:directracing:20140808142736j:image:medium

f:id:directracing:20140809125626j:image:medium f:id:directracing:20140809125547j:image:medium

f:id:directracing:20140808110610j:image:medium

f:id:directracing:20140807181120j:image:medium f:id:directracing:20140807184151j:image:medium

ベンツ ゲレンデのトータルメンテナンス、トータルコーディネイトはダイレクトレーシング富士にお任せください。

f:id:directracing:20150308005018p:image:w360

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/directracing/20140807/1407409300