yasudaya.com -ヤスケン日記-

2018-06-11

北の大将

北の大将の動きが読めない、、。
前出の事大主義の考え方から紐解くと、大なるアメリカを敵に回すのではなく媚びを売る側に徹すると思う。
例えば核廃絶を段階的に約束し、アメリカには国内にレーダー基地を許すとか、、アメリカが喜ぶことで譲歩する。
これをやられると当然慌てるのは中国とロシア。北の大将はいろいろ天秤に乗っけて顔色を伺いながら手を打ってくる。
中国の飛行機でやって来たのも作戦。とにかくアメリカと対等になるように演出している。タヌキの化かし合いだな。

トランプは、もう交渉スタイルがパターン化してきたのでもう動きが見え見えになってきた。強く出る、優しく出る、、この繰り返しなので、前回会談中止で脅したら北の大将が慌てたので今回会談までは優しく出る。会ったら強く脅すかも、、。安倍首相もわかってるので、先手を打って拉致問題をテーマに入れるよう布石した。アメリカからしてみれば日本の拉致問題なんか関係ない。核ミサイルが本土に飛んで来なければそれでいい。それ以上の事をさせるメリットがアメリカにない訳だから、そうなると日本には金を出せ、、というお決まりのパターンで話はついているだろう。

一番ダメなパターンはとりあえず2人が会って握手してまた今度会おうで何の話も決まらずチャンチャンになるやつ。
気になるのは2日も前にシンガポールに入った事。会談までに決めなければならないテーマがまだ閣僚間で片付いていないのだろう。通常国家間の会談ってすでに話は付いていて署名するだけの会合だからまだ準備不足なのだと思う。
下手したらどちらかがちゃぶ台返して御破算になることもありえる。

韓国はここに来て存在感が全くなくなった。噂ではシリアのアサドも動いているとか、、、。
さあ、このタヌキ合戦、、面白くなってきた。