yasudaya.com -ヤスケン日記-

2018-02-22

ショックだ、、。

大杉漣さんの突然の死にちょっとショックを受けた。

どんな役もこなす名わき役で、テキやのおっさん、ヤクザの親分から新興住宅地に住むサラリーマン、大企業の重役、シンゴジラでは総理大臣まで見事に演じていた。

インチキおじさんから総理まで自然体で演じられる人はそういないと思う。

最近、漣さんの散歩番組を楽しみにしていたのでもう観れないと思うととても残念。

ご冥福をお祈りいたします。

2018-02-14

オスプレイ

ウチのワンコの散歩中、、、上空にオスプレイを発見。
沖縄であれだけワーワー言ってたのに、今や日本国中普通に飛行しているようだ。
2つのローターが回っているので思っていたより音が高い。

鎌倉上空から方向的に厚木基地に向かっているのは明らかなのでネットで調べてみると、、、
ちゃんと投稿されていた。

5時台に着陸したやつを見たということか、、、。
神奈川県のサイトに基地対策ってのがあったの知らなかったな、、

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f531088/

2018-02-04

ウォーこれはたまらん、、、。

昭和40年男という言葉がある事自体が凄い。
ネタが尽きるのがわかっているのにシリーズ化したのも凄い。
9年も経っているのにまだ続いているのも凄い、、。
結局売れてるっていうことか、、、それも凄い。

表紙の写真だけで1人盛り上がってしまった、、表紙の写真すべてに記憶があります、、表紙の写真1枚で1時間語れます。まぎれもなく、わたくし正真正銘の昭和40年男でございます。

映画「三丁目の夕日」系が昔を懐かしんで流行ったがあそこまで昔だと自分の親の代の話でイマ一つピンと来なかったが、この80年代あたりの話となると自分の幼少から青春時代の話、、ついこの前って感じでしかもバブルだったので面白かった!

今のようなネット社会ではないので、情報や流行は上から流れてきた。上から流れてくる情報はすべて正しい、イケてる、、と思い込んでいた。それを仕掛けるやつがいて右へならえでみんなまんまと乗せられたんがこの時代、、。

https://www.crete.co.jp/s40otoko/backnumber/

このシリーズのCDがあったのも凄い
足ながっ、、。

f:id:district57:20130225104855j:image

2018-01-06

キャベツ高けぇ、、、。

昨年の年末からうちの一家では食材の買い物は私の担当になった。
驚くのは、葉物系野菜がべらぼうに高い、、、ということがわかった。
キャベツは普段のイメージよりちっちゃいので1玉400円。今までだと120円って感覚を記憶している、、。
白菜も、レタスも、ほうれん草も、、とにかく高い。

昔は、鍋系野菜はアホみたいに安かったが、今はダメ。
鍋物屋さんやお好み焼き屋さんこれじゃ商売成り立たんだろ、、と思ったりする。

近所の八百屋のおっちゃんはキャベツがひと玉400円だなんて40年八百屋をやってるが今まで一度もなかった、、、って嘆いていた。

もやしは相変わらず安いが、栄養価がなさそうなののでイマイチ購買欲が失せる。
やはりあのでっかい重量感のあるキャベツや白菜がしこたま欲しい、、、。

腹がたつので、こうなったら今年は家庭菜園に励みまする、、、。

2017-09-24

ミョウガ

私の嫌いな食べ物ベスト3に入る謎の食物、、ミョウガであるが、普段はみじん切りにしたやつが薬味にちょこっとついてるくらいで、私はいつも除けていたので大して気にもしていなかった。

今日、鎌倉の山の中にある飯屋さんで昼に缶ビールを注文したら、そこのおばさんがサービスでミョウガを一皿付けてくれた。
新鮮なミョウガをザクザク切ったものに鰹節と醤油をぶっかけただけの一皿だ。薬味に使うミョウガのみじん切りとは違う。

わたしゃミョウガのあの独特な風味が嫌いで一瞬ためらったが、せっかく付けてくれた物だし恐る恐る食べてみたら、、、、これが抜群に美味しい。シャキシャキしてクセもなく美味い。しかも、ビールに合う、、、正直目が点になった。

聞くと朝摘みのミョウガで自家製だという、、、薬味のネギの仲間くらいにしか思っていなかったが、十分一品として成り立つ、、、。ネギをザクザク切っても酒のアテにはならず、やはり所詮薬味の域を超えることはない、、、という事を考えるとミョウガは別格であることが分かる。

いやいや、、、喰わず嫌いというのは人生損しますな、、、、。

ちなみにミョウガは世界で日本でしか食べられない食物の一つだそうな、、、。
しかも高知県がほとんどのシェアをとっている。
そんな事も今まで知らずに食べずに全部捨てていた、、、。

f:id:district57:20170924142903j:image