Hatena::ブログ(Diary)

ヤスケン日記

2017-07-24

石割神社

変わった名前の神社。実は関東のパワースポット。
場所は山梨の山中湖周辺。
名前の通り割れた巨石を祀っている神社なのだが、古事記の「天の岩戸」伝説の地とも言われている、、、アレ?天の岩戸って全国津々浦々いろんな所ににあるのね、、。

まず、すごいのは石段、、、403段ある。下から見ても上から見ても果てしなく続く。踊り場がないので荷物を持って一気に上ると結構キツい。ナメてかかるとヤバい。さすがに高齢者は来ていなかった。

神社に到着するとドーンと圧倒的迫力存在感の巨石が待ち構えている。側面は石の字に割れているように見える。
なぜここに巨石があるんだろう?どうしてこういう不思議な割れ方をしてるんだろう、物理的にどういう力が働いてこうなったんだろう、、、と謎が深まる。

上から見ると(上からは見れないが)スイカを2つに切ったようにさらに真っ二つに割れていて、その割れた隙間が人1人通れるのだが時計回りに3周回るとご利益があるというので回って来た。

不思議なオーラのある空間だった。いつも思うのだがパワースポットと呼ばれる場所はなぜか空気が澄んでいてシーンとしている。

また来よう、、。

f:id:district57:20170717084626j:image

f:id:district57:20170717092518j:image

f:id:district57:20170717092556j:image

2017-05-05

連休は伊豆、下田へ

天城越えしてきた、、、
石川さゆりの「天城越え」のヒット曲がなかったら特に観光地にはなってなかったであろう僻地。
実は川端康成のあの「伊豆の踊子」にも出てくる天城トンネル。
車一台しか通れないトンネルで、ここを歩いて通ってみた。写真のトンネル内に光が5つ見えると思うが、一番下の光が出口、、、結構距離がある。中に裸電球の明かりがぽつぽつあるが懐中電灯は必要、、。
夜行くとヤバ怖そう、、と思ったが、ネットで検索するとやはりバリバリの心霊スポットでもあった、、、。

f:id:district57:20170504094410j:image

・旧天城トンネル
http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000161754/

■そして、ついでに車で行けない秘境の池があるというので、ちょいと行ってみるかと山道を軽くハイキング、、、と思いきや片道4時間のヘロヘロガッツリ登山になった。次男がダメダメモードで無理無理ついて来させたので普通より時間がかかった。帰り道は2時間、、、合計6時間、、。
どうって事ない池だったが、別ルートもあるが歩いて来ないと観れない池なので一見の価値はあり、、。紅葉の時期だとかなりきれいだと思う。

f:id:district57:20170504132613j:image

・八丁池
http://kanko.city.izu.shizuoka.jp/form1.html?c1=5&c2=4&pid=2400

■続いて、下田へ、、。
ここはペリーがやって来て函館と共に日本で最初に開港した街。ペリーロードを歩き、Mobsという黒船ミュージアムを見学。(ビデオ上映は必見。)街中で、坂本龍馬勝海舟吉田松陰、、、幕末のスターの足跡が感じ取れる跡地があり、幕末ファンは萌える。街角の散髪屋の親父さんに道を尋ねたら、、なんとその親父さん、、、、三島由紀夫の髪を切っていた、、というから驚きだ。(三島由紀夫は毎年夏の1ヶ月間は家族で下田東急ホテルに泊まっていた。)
PS.長男が母親の身長を抜いたのを今知った、、。

・Mobs
http://www.mobskurofune.com/

f:id:district57:20170505114735j:image

■で、ついでに紅の豚の秘密基地みたいなのがあるというので行ってみるかという事になり(子供にこう言うと絶対行く事になる)、、、ここは絶景だった。写真の通り、、。

f:id:district57:20170505143534j:image

・龍宮窟
https://matome.naver.jp/odai/2137855777273271801

2017-04-23

鍋割山登山

ハイキングのつもりで長男と犬を連れて散歩がてらちょこっと登ってみたら、、、標高1271M、、意外にガッツリ登山だった、、。ちょっとナメてた、、山はやはりキビしい。
場所は表丹沢、、人気のコースなので高齢者も山ガールも多いが、ワンコ連れは皆無だった。

頂上に鍋割山荘があり、ここで有名な鍋焼きうどんが食べられるのだが登るのが遅かったので残念ながら終了していた。着いたのが3時、、、午後2時までなら何とかなるらしい、、、残念!

f:id:district57:20170416152137j:image

f:id:district57:20170416152148j:image

2016-05-22

高尾山ナウ

三井アウトレットパーク並みの混雑、、、と聞いていたがその通りだった。
気候、天気共にバッチリで寒くも暑くもない日なので想定通りの混雑。
山頂まで数通りのルートがあるので登り道はさほど混まない。うまく考えられている。
年間250万人がやってくるらしいが、駅からすぐ登山口なのと数通りのルートに加え、ケーブルカーもあり、お寺もあり、都心から近いという事もあるが、標高600mという休み休み登っても1時間くらいで登れる手軽さと、山頂の眺望に良さ等いろいろマッチして上手くまとまっている。山登りのテーマパークみたいだった。
道中はそれなりに楽しい、、。

f:id:district57:20160522125757j:image

f:id:district57:20160522131412j:image

2016-01-02

清里で親子合宿

今年の正月はなぜか次男坊を連れて2人だけで清里に来ている。次男と2人だけ、母親抜きという旅行は初めて。旅行と言ってもお隣の山梨の甲府なんで近隣だが、、。
長男が受験生なので次男が自宅にいると気が散って勉強にならないのでどっか行ってくれとの御達しを受けてスノボしに来た。
私は5年ぶり、次男坊は初スノボ、、そう言えば息子にスノボを教えるのは私の夢リストの一つだったので夢が叶ったことになる。次の夢は家族4人でスノボする事。

次男はまだ小2だが数時間であっという間にコツをつかんで滑れるようになった。
意外にも子供にスノボを理屈で教えるって難しい、、「エッジとは、、」から説明したって聞いちゃいない。当たって砕けろ!式が一番早い。

f:id:district57:20160102100622j:image

D