Transnational History このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

           Amazon.宇宙人ポール [DVD]マーシャル・ロー [DVD]グレート・ディベーター 栄光の教室 [DVD]オレンジと太陽 [DVD]

2008-04-19

[]日本では戦前から「自存自衛」論に批判がありました。 16:32 日本では戦前から「自存自衛」論に批判がありました。を含むブックマーク 日本では戦前から「自存自衛」論に批判がありました。のブックマークコメント

靖国神社や自称保守・右派と呼ばれる人達の中には日本のやった戦争を正当化するために「自存自衛」という言葉をやたらと使いたがる人達がいます。この言葉を使えば「日本のやった戦争は正しい聖戦でした」という根拠付けができると思い込んでいるようですが、とんでもない錯覚です。なぜなら、日本が言ってきた「自存自衛」とは、元寇以来、中国から侵略されたこともないのに「満蒙は我国の生命線」だからとか、大東亜共栄圏という地域を勝手に決めて「自存自衛をまっとうし、大東亜の新秩序を建設するため対米英蘭戦争を決意し(帝国国策遂行要領より)」とかいう一方的な理屈だからです。こんな理屈がまかり通るなら、たとえば北朝鮮が日本の新潟をとつぜん侵略してきても「いや新潟は北朝鮮にとっては生命線だから自存自衛のためにやむを得ず占領しました。」なんてこともまかり通ってしまい、どんな侵略戦争でも「自存自衛」のための戦争ということになってしまいます。

で、今回は戦前、戦中に日本の「自存自衛」論を批判した人達のことを紹介しようと思います。たとえば「wikipedia:反軍演説」で有名なwikipedia:斎藤隆夫は次のように書いています。

「日本の大陸発展を以(もっ)て帝国生存に絶対必要なる条件なりと言はんも、自国の生存の為には他国を侵略することは可なりとする理屈は立たない。若(も)し之(これ)を正義とするならば切取(きりとり)強盗は悉(ことごと)く正義である。」

斉藤隆夫先生顕彰会刊「斎藤隆夫政治論集」233〜234頁)

「此(こ)の戦争の責任を塗抹(とまつ)せんが為に次から次と種々の理屈を考え出し、曰(いわ)く肇国(ちょうこく)の精神である。*1八紘為宇(はっこういう)の理想である。神武東征の継続である。自存自衛の為である。東洋民族の解放である。共栄圏の確立である。道義戦である。聖戦である。其(そ)の他ありとあらゆる理由を製造して国民を欺瞞(ぎまん)し、国民を駆って戦争の犠牲に供する。」(同前 236頁)


次に、今日では中国側が鉄道を爆破したという1931年の柳条湖事件関東軍の謀略であったことははっきりしていますが、それがわからない当時、中国兵の鉄道爆破を前提にしても、「自衛」論は成り立たないという批判がありました。当時、東京帝国大学教授で戦後、最高裁判所長官を務めたwikipedia:横田喜三郎は1931年10月5日付けの「帝国大学新聞」で次のように書いています。

軍部は最初から全く自衛のため止むを得ない行為であると主張した。しかし、厳正に公平に見て果して軍部一切の行動が自衛権として説明され得るであろうか。鉄道の爆破が事実であるとして、破壊しつつある軍隊に反撃を加えることは確かに自衛権の行使であろう。あるいは、その軍隊を追撃して*2北大営を占領したことも自衛権だといえばいえぬこともなかろう。しかし、北大営に対する攻撃とほとんど同時に秦天城内に対して攻撃を開始したことまで、自衛にために止むを得なかったといい得るであろうか。まして、鉄道の爆破に基く衝突(十八日午後十時半)から、僅(わず)かに六時間内外のうちに、四百キロも北方の*3寛城子を占領し(十九日午前四時四十分)、二百キロも南方の*4営口を占領した(同五時)ことまで果たして自衛のために止むを得ない行為であったといい得るであろうか。」

(日本の戦争はなんだったか 吉岡吉典 20頁)


だいたい


f:id:dj19:20080419135627j:image

出典「新詳日本史図説」 浜島書店 2000年:http://www.meigaku.ac.jp/kokusai/png/22.html


インドやオーストラリアにまで攻撃かけといて(どんだけぇ〜)

これで「自存自衛の戦争でした」ってありえねーだろ おかしーだろ

*1:八紘一宇ともいう。

*2:北大営=軍閥・張学良軍の宿舎。

*3:寛城子=長春北部あたり。

*4:営口(えいこう)=中国遼寧省の省轄市。

poppo-xpoppo-x 2008/04/19 18:20 こんにちは、毎度お世話になります。

そういえば、国家が侵略政策を行った場合は、国民は正義を実現するため国家を批判すべき、という内容の「国家の理想」と題する文章を日中戦争勃発の都市1937年に中央公論に書いたことが原因で攻撃され、東大教授の地位を追われた(戦後復帰して総長も勤めた)矢内原忠雄氏の例も有名ですね。

http://reads.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_448e.html
かくして我等が国家の理想として認識するところは、社会的且つ組織的なる原理、換言すれば社会に組織を附与するところの根本原理でなければならない。かかる性質を有する原理は「正義」である。正義とは人々が自己の尊厳を害せざる限度に於て自己の尊厳を主張することであり、この正義こそ人間が社会集団を成すに就いての根本原理である。かかる正義原則の確立維持は、社会成員中強者弱者間の関係の規律に於て特に重要である。更に具体的に言えば、弱者の権利をば強者の侵害圧迫より防衛する事が正義の内容である。「国家の理想」

osahuneosahune 2008/04/19 19:39 こんばんは
結局アジア太平洋戦争の原因は
「隣の芝生は青い」
なんですよねえ。
まず中国東北部の資源を狙って満州事変を起こしたはいいが大部分が「眠れる資源」であり資源開発がままならないので華北の資源を狙ったが、これも殆どが「眠れる資源」であり開発を考えておらず、思うように進まないので南印蘭印に眼をつけ…と見ていくと、自衛とは名ばかりでただ、計画性も何も無く食い散らしただけ、としか見えません。
おまけに南京では無計画の略奪殺のやりたい放題、シンガポールでは計画的に華僑の物資資材を収奪、大殺害を行い、重慶へは2年以上にわたる戦略爆撃…八路軍にはいいように弄ばれた挙句三光作戦…
これでよくもまあ自衛戦争と言えたものですよほんとに

dj19dj19 2008/04/19 20:29 poppo-xさん
矢内原忠雄は東京帝国大学経済学部の教授として植民地の研究をし、満州が日本の生命線であり満州を手中にすれば日本経済のさまざまな悩みは解決するというという当時の日本の政治家や軍部の考えを大いなる幻影であると見抜き、中国で今育ちつつあるのは「支那国民主義」であり昔のような軍閥勢力ではないとし、そのような中国の民族国家の歩みを見ないで、日本が「独断的政策を強行するとき、その災禍は遠く後代におよび、支那を苦しめ、日本国民を苦しめる、東洋の平和を苦しめるであろう」と主張したそうですね。その後、日本が歩んだ道はこの予測通りになってしまったわけですが……。こういう国益とは国民益のことだと理解し真剣に考えていた本物の愛国者はもっと評価されてもいいと思いますね。

矢内原の1937年10月1日、藤井武記念講演で皮肉たっぷりに語った「神の国」(「通信」に載った文章)はこちらで読めますね。
=====
『通信』1937年(昭和12)10月号:http://www.asahi-net.or.jp/~HW8M-MRKM/kate/00/yanaihara.life.html

「今日は、虚偽の世において、我々のかくも愛したる日本の国の理想、あるいは理想を失った日本の葬りの席であります。私は怒ることも怒れません。泣くことも泣けません。どうぞ皆さん、もし私の申したことがおわかりになったならば、日本の理想を生かすために、一先ずこの国を葬ってください。」
=====

dj19dj19 2008/04/19 22:39 osahuneさん
「隣の芝生は青く見えて」日本も欧米列強に遅れて中国にのりこんでいったわけですが、中国ナショナリズムの高揚で1920年代後半から中国での日本商品ボイコット運動は激しくなるわ、他から安い石炭が満州に入ってきたり世界恐慌があったりと、皮肉なことに満州事変がおこった1931年に満鉄は24年ぶりの赤字に転じてるんですよね。

満州事変を境に国民党政府(蒋介石)は中国共産党とも戦わなければいけないので当面は日本との全面対決を避ける方針をとり国際連盟に提訴などするわけですが、そこには安内攘外政策という、まず自らの力を強化し、しかる後に日本と戦うという戦略があったんですよね。それなのに日本軍は「中国兵って弱いじゃん。日本軍、強い!強い!やっぱ精神力の差だね。」と勘違いしちゃって……。
その後、戦線拡大→泥沼化→玉砕→敗戦と(ry

tukinohatukinoha 2008/04/21 21:57 はじめまして、大学で日本近代史を専攻しているtukinohaというものです。エントリの大要について異論はありませんが、斉藤隆夫を引き合いにだすことに若干の違和感を覚えたのでコメントさせていただきます。

斉藤隆夫はブログ主さんも仰っているとおり「反軍演説」で有名ですが、これは単純な軍批判ではなく、軍が国民に強いた負担(リスク)に見合う成果(リターン)が得られていない、という点を批判したものでした。すこし長くなりますが「反軍演説」から引用します。
「諸君もご承知のごとく、我国はかつて四十余年前に支那と戦った。三十余年前にロシアと戦った。これらの戦いはいずれも国運を賭したる戦いであったに相違はございませぬが、今回の戦いと比べまするならば、その規模の大なること、その犠牲の大なること、日を同じくして語るべきものではない。しかるにこれらの戦いは、如何なる条件をもって、和平克復を見るに至ったかということは、歴史がこれを明記しておりまするから、ここに述ぶる必要はない。それ故にこれを過去の歴史に鑑み、またこれを東亜における大日本帝国の将来に鑑み、これを基礎として、もって事変処理の内容を充実するにあらざれば、出征の将士は言うに及ばず、日本全国民は断じてこれを承知するものではない。(「ヒヤヒヤ」拍手)政府においてその用意があるかないか、私が問わんとするところはここにあるのであります」
この演説によって斉藤は衆議院から除名されますが、民衆の強い支持を受け、翼賛選挙の中再選を果たしたことはよく知られている通り。

重要な点は、当時から多くの国民が「自存自衛の戦争」というお題目に対して不信感を持ちつつも、既に支払ったリスクを回収することを要求したために、いわば戦争の泥沼化に一役噛んでしまったこと、言い換えるなら、「厭戦気分」は見せても「反戦」には繋がらなかったことにあると思われます。
政府の要人(近衛文麿とか)でさえ信じていなかった「大東亜共栄圏」や「自存自衛」なんて言葉を現代人が信じるのは滑稽だと思いますが、だからと言って「だました軍部」「だまされた国民」という二項対立で捉えるのも正しくありません。
近代の民衆はもはや「大東亜戦争」というお題目に踊らされたり、あるいは戦争の負担に対して抵抗したりするだけでなく、国家に対して進んで利益を要求する「権利者」としての意識を持っていた、と言えるでしょう。その「権利者」である民衆の協力なしには総力戦を遂行出来ない以上、政府は彼らが罪の意識を感じることなく協力できるようお題目をでっち上げる必要があった、と考えられます。
そういった民衆意識の問題を抜きにすると、ちょっとバランスが悪くなってしまうのではないかと。

tukinohatukinoha 2008/04/21 22:09 す、すいません!長すぎですね。
ついでにもう少しだけ書かせていただくと、当時の政府にとって「自存自衛の戦争」という言葉には、対外的な危機意識だけでなく、慢性的な不況によって国内に生まれた急進的国家主義(橘孝三郎みたいな)や社会主義運動の先鋭化による政党批判、テロに対処するための戦争、という意味もあったのではないかと思われます。例えば石原莞爾も
「戦争は必ず景気を好転せしむべく爾後戦争長期に亘り経済上の困難甚だしきに至らんとする時は戒厳令下に於いて各種の改革を行ふべく平時に於ける所謂内部改造に比し遙に自然的に之を実行するを得べし」(『満蒙問題私見』)と書いていますね。近代の対外戦争とは国内問題であると言えるのかもしれません。

また長くなりましたが、今度こそ失礼しました。

dj19dj19 2008/04/22 21:07 tukinohaさん
戦前、戦中の数少ない「自存自衛」論への批判を紹介するエントリであるため最低限の引用をしたために反軍演説について説明不足な部分がありましたが、けっして先の戦争を民衆意識の問題を抜きにして考えようとしたり、「だました軍部」「だまされた国民」という二項対立や善悪二元論などで単純化して捉える意図からではないことを理解していただきたいと思います。

「反軍演説」については自分も普通の反軍隊演説ではないと理解しています。ですからコメを読んでみて、なんかこちらの説明不足を広い視点で補足していただいたようで、感謝したいと思います。

満州事変については当時の新聞報道を見ると、銃後の国民の愛国熱はこれまでにない熱烈さを示したことが報じられていますが、4年後にはうってかわって深刻な事態も報じられたりしてるんですよね。その当時の教科書に「戦争は必ず景気を好転させる」なんてのが書かれていたのもtukinohaさんのご指摘の通り政府が国民に罪の意識を感じることなく協力できるようにした方針からなんでしょうかね。

満州事変以降の日本は、対中貿易の悪化などもあり日満のブロック経済を強化しようとするけど悪化するばかりで中国も入れた日満華ブロック経済を形成しようとすんだけどうまくいかず、まぁこんな調子でノモハン事件の失敗などもあり演説のあった1940年には日本の財政は膨大な軍事費、大陸投資やらで、どうにもならない不況状態に陥っていたようですね。

Stray-CatStray-Cat 2008/05/05 19:20 はじめまして。お邪魔します。☆1万個くらいあげたいです。
最近、漫画読んだくらいでにわか歴史家気取りの御仁なんかが、得意になってアジアを植民地主義から守る戦争だった、などと、いけしゃーしゃー大手をふるようになりました。それに対しあまり反論する人もいなくなったような気がします。
しかし反論するも何も、もともと、こっちが正論だろう!! 
 dj19さんよくぞ言ってくれました。

dj19dj19 2008/05/06 00:44 Stray-Catさん
こちらこそはじめまして。☆どもども。
>それに対しあまり反論する人もいなくなったような気がします。

ネット上に貧弱な愛国心に溺れた可哀相なブログやサイトの一方的な電波が溢れている状態は素人の歴史認識を誤らせるだけですからね。このエントリの続編は途中まで書いたんですが時間が無くてそのままにトホホ…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dj19/20080419

2008-04-17

ドキュメンタリー映画の肖像権について思ったこと 17:05 ドキュメンタリー映画の肖像権について思ったことを含むブックマーク ドキュメンタリー映画の肖像権について思ったことのブックマークコメント

今話題のドキュメンタリー映画「靖国」の話しだけど、出演者である刈谷直治さんが出演シーンと名前を削除してくれと「言った」「言わない」で情報が錯綜してますが


■言った

D

【内容】

チャンネル桜という右翼偏向番組制作会社が90歳というご高齢の刈谷直治さんに電話で取材のお願いをしたが「もう老夫婦でもあるし自分達の発言が自分達の範疇の及ばないとこで議論になっていて、どうのように影響を及ぼすかわからないのでマスコミには合いたくない」ということでハッキリと断られた、が、卑劣で非常識なチャンネル桜のキャスター・大高未貴が「どうしても取材させてくれ」と強引に老夫婦宅に乗り込んでいき刈谷直治さんに、奥さんが書いたとされる自分が紙に書いた文章を読ませるという手法で「裏切られた気持ちです」「出演シーンと名前を削除してください」と言わせています。

【5/5に上記の赤字部分と打ち消しを追記し訂正しました】

ソースはこちら:はてなダイアリー


■言わない

はてなダイアリー

有村治子議員(自民)が、映画『靖国』に対し、肖像権の侵害などを理由に助成金の返還を求めている問題です。有村議員は、出演者の刈谷直治さんと直接電話で話をし、削除希望を聞いたと主張しています。

結論から先に言えば、映画『靖国』の出演者で刀匠の刈谷直治さんは、出演を了承していらっしゃいます。そもそも有村議員は刈谷直治さん本人とは話さえしていません。ほとんどが作り話だったのです。

一昨日に発売された「AERA」4/21号から引用します。田村栄治記者による4月10日の取材です。

口数の少ない刈谷さんは次のように答えた。

靖国神社に関する映画への出演だと知っていましたか?

「知っていた」

−作品を見て問題があると思いましたか。

「思ってないね」

−監督に自身のシーンの削除を求めたことは?

「ない」

−今後削除を要求しますか。

「いや」


そもそも、この肖像権の問題って李纓監督と刈谷直治さんの問題なんじゃないの。なんでそこに国会議員有村治子自民)がしゃしゃり出てきて刈谷さん宅に直接電話とかしてんの? この人には自分が政府与党の議員であるという自覚はあるのでしょうか?

何日か前のTV報道で俳優の*1チャールトン・ヘストン氏(銃の所有権を守る団体NRA・全米ライフル協会の代表)が亡くなったことを知ったんだけど。そのときマイケル・ムーア氏が銃社会の問題を探るべくつくったドキュメンタリー映画「ボウリング・フォー・コロンバイン」の映像も紹介されていた。ムーア氏が事件の直後、現場に近いデンバーで銃の展示即売会を強行し「私から銃を取り上げるなら私を殺せ」と演説したヘストン氏の自宅を被害者の遺影を持って訪れ謝罪を要求するが、それに対しヘストン氏は黙り込んで逃げていくあのシーンである。

で、思ったんだけどムーア氏はこの映像を事前にヘストン氏に見せて許可を取ったのだろうか? ヘストン氏はこの都合の悪いシーンを削除しろと言ったのだろうか? このシーンの肖像権を問題にした米国の議員はいたのだろうか?

なんてことをふと思った。

Bowling for Columbine Charlton Heston

D

[]映画館に「靖国」の上映中止を迫ったのは誰なのか 18:47 映画館に「靖国」の上映中止を迫ったのは誰なのかを含むブックマーク 映画館に「靖国」の上映中止を迫ったのは誰なのかのブックマークコメント

映画『靖国』に関する緊急記者会見 オンデマンド配信中!:新着情報|OurPlanet-TV

http://www.ourplanet-tv.org/whats/2008/20080409_12.html

■出演

李纓監督 16分

田原総一朗さん/野中章弘さん/石坂啓さん 11分

是枝裕和さん/斎藤貴男さん/坂本衛さん 11分

篠田博之さん/鈴木邦男さん 9分

カーマンさん/豊田直巳さん/服部孝章さん/原寿雄さん/広河隆一さん 22分

安岡卓治さん/土井敏邦さん 12分

【追記】こちらは上記の記者会見を短くまとめた動画です。

D

1:30ぐらいから田原総一朗氏が「右翼の妨害に遭っていなかった映画館までが上映中止を決めざるを得なくなったのは上の会社の役員達が止めてくれと言ってきたから」という発言をしていますが、これについてid:yamaki622さんから、少し気になる情報をもらったので報告しておきます。

yamaki622 2008/04/15 12:56

田原さんが言う映画館に圧力をかけた「映画館の上の会社の更に上の会社」「みんな知ってる会社」は、『東映』かも知れません。まだ全部の映画館を調べきれてないので今の段階では推測ですが。ただ、はっきりわかっていることは、映画館「新宿バルト」の上の会社(経営する会社)は(株)ティ・ジョイで、社長は岡田裕介氏ですが、東映(株)の社長でもあります。そして岡田氏は、安倍前首相が立ち上げた「『美しい国づくり』企画会議」のメンバーだったということです(現在は解散している)。

稲田議員の動きと出演者の刈谷さんに直接電話した有村議員の動きですが、個別に行動しているようには思えず、すべて連動しているように感じます。ちなみに有村議員の後援会会長は「つくる会」賛同者の中條高徳氏(アサヒビール名誉顧問)です。なぜなら同じく文化庁からお金が出ている映画「パッチギ!LOVE & PEACE」と映画「あなたを忘れない」も両議員が見たら「政治的」と騒ぎそうなシーンがありますが、まったく問題視していません(ネット右翼は騒いでいた)。何が言いたいかというと、映画「靖国」に対する妨害活動は「仕掛け人」がいるのではないか?ということです。これもあくまで推測ですが。


こちらが現在は解散した「美しい国づくり」企画会議 有識者一覧です。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/utukusii/yuusikisya.html

>岡田裕介 東映株式会社 代表取締役社長

この中には他に中西輝政・元つくる会理事、日本教育再生機構メンバーなんてかなり香ばしい人もいます(笑)


ちなみに、稲田朋美*2有村治子(ありむらはるこ)は2人とも日本会議国会議員懇談会神道政治連盟国会議員懇談会に所属している議員で、国会の質疑で「不快極まりない映画」「反靖国の映画」とまで言った自民党・水落敏栄(みずおちとしえい)も

http://www.jimin.jp/e/giindata/mizuochi-to.html

>(財)日本遺族会常任顧問、遺家族議員協議会事務局長、みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会事務局長


と、みなさん靖国神社の境内にある「*3ゆんゆん館」なる施設からの電波を一身に受けられた、国のためというより靖国のための議員だったりします。

*1:4/6 朝日新聞デジタル:どんなコンテンツをお探しですか?十戒」や「ベン・ハー」など戦後のハリウッド映画の代表作で主演し、近年は銃所持を擁護する運動で知られた米国の俳優チャールトン・ヘストン氏が5日、米ビバリーヒルズの自宅で死去した。83歳。(以下略)

*2 ページが見つかりませんでした « 日本会議:信じられる国家社会を目指して 有村治子氏に聞く 靖國神社に勇気をいただく

*3遊就館のこと。変換をミスって「優秀韓」と書いてしまうと嫌韓ネトウヨ厨が発狂するので気をつけて。

maangiemaangie 2008/04/19 18:38 こんにちは。
件の「ボーリング・フォー・コロンバイン」のヘストン氏の映像についてですが、当時も話題になって、結局ムーア氏が「撮影許可は貰った」といって終わったように記憶するのですが、そういえば映像をみせたかどうかは問題になりませんでしたね。
ヘストン氏も映画人であり、言論の自由を重んじる人なんだと思います。
まあ、「アホでマヌケなアメリカ白人」を観ると、「明らかに撮影許可も貰ってないだろ」という映像も散見されますが。
あと、たとえムーア氏が映像の削除要求をしたところで、既に業界内で力のあったムーア氏が、そのこと自体を面白おかしく取り上げることは確実だったでしょう。
しかし、李氏はムーア氏のようなタイプの作家では(多分)ありませんし、さらに重要なことには、業界内の力もない。つまりパワー・ゲームなんですね。
当たり前の話ですが。
(だから李氏は業界内で力をつけてからああいう政治的ドキュメンタリーを作るべきだった、という論を立てることも可能かと思います。)

natunohi69natunohi69 2008/04/22 06:50 卑劣なのは、お前だろ。チャンネル桜。

yamaki622yamaki622 2008/04/22 14:10 >そもそも、この肖像権の問題って李纓監督と刈谷直治さんの問題なんじゃないの。
>なんでそこに国会議員の有村治子(自民)がしゃしゃり出てきて刈谷さん宅に直接電話とかしてんの?

稲田議員に負けず劣らず悪質です。有村議員は文化庁の助成金を問題にしてると言ってますが、刈谷さんの承諾の有無は助成要件とは全くの無関係です。それから有村議員は出演者だけでなく、文化振興会の審査員にまで圧力をかけようとしていました。一つの映画に政治家がここまで介入してくるのは驚きです。

映画「靖国」について有村治子(自由民主党・無所属の会)質疑2008年3月27日(木) 参議院 内閣委員会 其の弐
http://youtube.com/watch?v=1XsbLWznmrI&feature=related(YouTube)
7分55秒ぐらいから
-----------------------
有村議員:それを仰ると専門委員会(=助成金の審査員)のメンバーの中に入っていらっしゃる方の思想信条を聞かざるを得なくなります。そのようなリスクを取られたのは、尾山部長の答弁からだということをご承知おきください。
-----------------------

映画「靖国」について有村治子(自由民主党・無所属の会)質疑2008年3月27日(木) 参議院 内閣委員会 其の参
http://youtube.com/watch?v=JF9IwrLBaE0&feature=related(YouTube)
8分05秒ぐらいから
-----------------------
有村議員:通告してからでも、昨日の夜でも電話で(専門委員の)みなさまに確認されればいいんじゃないですか。私たちは正式な(国政)調査権を行使しているんですよ。
-----------------------

この発言の趣旨から考えると刈谷さんに電話したことも(国政)調査権の行使のつもりかも知れないです。しかし議員個人にそんな権限はありません。衆参両院のいずれかの議決がなければ発動できないルールになっています。これは稲田議員が「国政調査権」と称して文化庁に試写を求めた時に渡海文科相も指摘していることです。

参考までに・・・
「靖国」上映中止:自民議員の内容確認「国政調査権で依頼」渡海文科相が疑問視
http://s02.megalodon.jp/2008-0421-1756-15/mainichi.jp/select/wadai/news/20080404dde007040044000c.html

dj19dj19 2008/04/22 22:19 maangieさん
返事大変遅くなりました。
>結局ムーア氏が「撮影許可は貰った」といって終わったように記憶するのですが、

自分もちと記憶が不確かだったもので字幕付きの動画を探してみたんですが、やっぱなかった(^^;
「パワー・ゲーム」「李氏は業界内で力をつけてからああいう政治的ドキュメンタリーを作るべきだった」というご指摘にはなるほどと思いました。この「靖国」はベルリン国際映画祭で2月に上映された際には地元ドイツでそれなりの反響があったようですし、国内でもこれだけ問題(話題)になりプレミアが付けば右翼も肖像権の問題を騒ぎ立てづらいだろうし、いろんな(宣伝効果など)意味で成功しているように見えますよね。今のところ。ただ、この映画、内容の方は果たしてどうなんでしょうか(笑)

毎日新聞によると
http://mainichi.jp/enta/cinema/news/20080422ddm041040152000c.html
「靖国 YASUKUNI」上映日程
場所                  日時
東京都渋谷区  渋谷シネ・アミューズ  5月3〜9日
千代田区    シネカノン有楽町1丁目 5月10日〜
大阪市淀川区  第七芸術劇場      5月10日〜
広島市中区   広島シネツイン新天地  5月24日〜
京都市下京区  京都シネマ       6月7日〜
新潟市中央区  シネ・ウインド     6月7日〜
群馬県高崎市  シネマテークたかさき  7月12日〜
那覇市     桜坂劇場        7月12日〜
【調整中】
北海道帯広市=CINEとかちプリンス劇場、同苫小牧市=シネマ・トーラス、同函館市=シネマアイリス、青森県八戸市=八戸フォーラム、盛岡市=盛岡フォーラム、岩手県一関市=一関シネプラザ、山形市=山形フォーラム、福島市=福島フォーラム、東京都渋谷区=シネマ・アンジェリカ、新潟県十日町市=十日町シネマパラダイス、福井市=メトロ劇場、山口県周南市=テアトル徳山、高知市=あたご劇場、福岡市=シネテリエ天神、宮崎市=宮崎キネマ館

とのことのようですね。自分は一番近い渋谷で見ようかと思ってます。

natunohi69さん
できれば私にも気軽にコメントください(笑)

yamaki622さん
いろいろと参考URLどうもです。
稲田議員の存在は今までも相当アレな存在でしたが、ここにきて有村議員のトンデモぶりが急浮上してますね。要チェックですな。

maangiemaangie 2008/04/23 06:50 お返事ありがとうございます。

> >結局ムーア氏が「撮影許可は貰った」といって終わったように記憶するのですが、
>
> 自分もちと記憶が不確かだったもので字幕付きの動画を探してみたんですが、
> やっぱなかった(^^;

ああ、言葉が足りませんでした。すいません。
ムーア氏が映画中で「撮影許可は貰った」と言ったのではなく、映画公開後に、雑誌のインタビューとかそういった場で、言ったという話です。

> ただ、この映画、内容の方は果たしてどうなんでしょうか(笑)

話題になったのは良しとしても、聞くだにかなり退屈な感じだと思います。(僕は普段「ダイ・ハード」みたいな映画ばっかり見てますから(^_^;))
話題性だけで見に行った人は、きっとがっかりするんじゃないでしょうか…。
まあ、そんな人はごく少数でしょうけど。

それから、最初のコメントの「たとえムーア氏が映像の削除要求をしたところで」の部分は、勿論「たとえヘストン氏が映像の削除要求をしたところで」の誤りです。かさねがさねすいません。

yamaki622yamaki622 2008/04/23 09:13 >李氏は業界内で力をつけてからああいう政治的ドキュメンタリーを作るべきだった

それこそ稲田議員らの狙いだったかも知れませんね。

dj19dj19 2008/04/23 12:26 maangieさん
おーダイハード好きでしたか。自分も好きでDVDで全てのシリーズ持ってますよ。
ワンなんて3千円以上のころに買っちゃいました(^^;
「靖国」はまだ見てないけど日本人には少し退屈な内容なのかな? といった感じもしますね。
もっとも、外国ではそれなりに高く評価されるんじゃないかなぁと思いますが。

yamaki622さん
ここまでこの映画を潰しにかかる勢力の執念には驚かされますね。この攻撃的な姿勢はまさにネオナチと同じです。
今日の産経・正論などでもそうですが
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/139840/
最近は刈谷さんの承諾の有無と靖国神社内の無断撮影へと問題をすり替えてきてますね。

maangiemaangie 2008/04/23 22:02 > おーダイハード好きでしたか。自分も好きでDVDで全てのシリーズ持ってますよ。

うらやましい。僕はまだ揃えていません。ダイ・ハードは男のロマンっすよね!?。

> 「靖国」はまだ見てないけど日本人には少し退屈な内容なのかな?といった
> 感じもしますね。もっとも、外国ではそれなりに高く評価されるんじゃない
> かなぁと思いますが。

そうですね。
香港国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞を受賞してますし、ベルリン国際映画祭でも(伝えるところによれば)好評を博してるようですし。
観て損は無いかな……。
今月号の「映画秘宝」でこの作品を取り上げてるそうなんで、それを読んでからにしたいな…とか思っちゃったりなんかして(広川太一郎)

pipisanpipisan 2008/04/25 16:32 ボーリング・フォーのあのシーンですが、
ちょっと変なんですよね。
つまり、ムーアが遺影を胸に抱いているシーンは、
ヘストンが居なくなってからリテイクしてるんじゃないかという。
カメラ1台しかないのに、ムーアの後ろ姿と正面の姿を
同時に撮れるわけないんだから。

2008-04-15

[]俺は、君のためにこそ死ににいく……7億円以上の赤字 19:41 俺は、君のためにこそ死ににいく……7億円以上の赤字を含むブックマーク 俺は、君のためにこそ死ににいく……7億円以上の赤字のブックマークコメント

映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」は、2007年5月12日に公開された作品で石原慎太郎が制作総指揮・脚本を手がけた映画である。総制作費には18億円かかった。しかし興行収入は10.8億円に留まり7億円以上もの赤字となった…。(こちらを参照:俺は、君のためにこそ死ににいく - Wikipedia


■受賞した賞

美しい国日本映画大賞グランプリ

自民党芸術大賞映画部門及び総合部門

・新しい歴史教科書を作る会芸術大賞映画部門

靖国神社賞グランプリ

産経新聞大賞

日本文化チャンネル桜芸術映画大賞

大東亜共栄圏新文化芸術大賞

日本青年会議所『今年の映画はこれ!』賞グランプリ

・日本ウヨクデミー賞準グランプリ(グランプリ作品は、日本青年会議所作成のあの映画)


ちなみに石原慎太郎といえば、みずからの肝いりで始めた新銀行東京ですが2008年3月決算の累積赤字が1016億円(すべて都民の血税です)に達しています。そしてこの映画の赤字については「わたしの弟子(新城卓監督)がお金を使いすぎて……」と言い訳しているそうです。(こちらを参照)))



※上記の受賞歴だけは「ネタ」ですから間違えないでくださいw

ネタ元:俺は君のためにこそ死にに行く - アンサイクロペディア

嫌韓ネトウヨ厨の香ばしいコメントを保存する(2) 22:14 嫌韓・ネトウヨ厨の香ばしいコメントを保存する(2)を含むブックマーク 嫌韓・ネトウヨ厨の香ばしいコメントを保存する(2)のブックマークコメント

地球のゴミ・ネトウヨに迷惑している方に朗報です。以前に本ブログにて◆ 美しい壺日記 ◆ 嫌韓・ネトウヨ厨の香ばしいコメントを保存するというエントリをあげてからの2日に1回はあったヘイトスピーチが激減しました。IPとホストを晒すのが一番、効果あるようです。今回は削除し忘れたコメントを嘲笑ネタとして晒しておきます。

08/03/15 池田小作

ネット左翼も問題だな

よくネトウヨという言葉を聞くが正しくは「保守」といったほうがいいのじゃないか?

南京市って、1930年代当時の人口をはっきり言えるか?

推定でも20万人ほどと言われているが、もしほんとうなら南京市民全滅なんじゃないかな?

隠しようのない数字としかいいようがないが、知り合いのおじさん(亡くなったが)は南京まで進駐していったらしいがそのような形跡はなかったと言っているが、

当時の日本軍関係者の証言はどのくらい調査しているのだ?

2,3人の証言で、「歴史」を作りあげようとしたらとんでもない暴挙だぞ。

ネット左翼はいつから中共、在日のパシリに成り下がったのか、最近のマスコミを見ていても吐き気がする。

このブログも同様だがな。

治安維持法を再発して、反日左翼を抹殺するしかないかな。

ま、お愛顧いうことで。

リモートホスト:softbank220033250045.bbtec.net

もうマトモに相手するのも馬鹿らしいコメントなんだけど、2つだけ。

・20万人という数字は安全区内の推定の数字にすぎません。

・「ま、お愛顧いうことで。」とはどこの言葉でしょうか。日本語ぐらい正しく書きましょうよ。

ネトウヨって ほんとアホだね

f:id:dj19:20080415203251j:image


こちらはNNNドキュメント「兵士たちが記録した 南京大虐殺」の動画です。

兵士たちが記録した南京大虐殺(1/2) by 渡良瀬準 歴史/動画 -ニコニコ動画

兵士たちが記録した南京大虐殺(2/2) by 渡良瀬準 歴史/動画 -ニコニコ動画

こうやって紹介すると削除されやすくなるのでヤメた方がいいと思われる方はコメ欄にて教えてください。その場合は動画のリンクを即削除しようと思います。

pr3pr3 2008/04/15 20:33 受賞歴はさすがにネタじゃないですか? アンサイクロペディアだし。

dj19dj19 2008/04/15 21:36 pr3さんすいません。ネタというカテゴリーにしたんですが……それはマジなツッコミと受け取り誤解のないように追記したほうがいいのでしょうか、と、悩んでみたんですが、ん〜なんかそのほうがよさそうですね。追記訂正しておきます。

uchya_xuchya_x 2008/04/16 06:22 >2,3人の証言で、「歴史」を作りあげようとしたらとんでもない暴挙だぞ。
ぷぷっ。確かにそんなことしたら暴挙だねぇ。そんなことしたらだけど。
こういうことを、えらそうに言うから馬鹿にされるんだが。

dj19dj19 2008/04/17 07:43 uchya_xさん
うちゃさん自分の場合はボランティアでネトウヨ(ネット右翼とも呼べない厨レベルの人)の赤ペン先生になることに時間の無駄と疲労感を感じたのでFC2のコメ欄は承認制にしましたが、経験上、10人に1人ぐらいは意見に違いはあれどわかり合える人もいたりするんでよね。まぁ今回、晒した人は重度の末期のようですが。なんで彼らは知識がほぼゼロなのにここまで虚勢を張ることができるのでしょうかね。可哀想にしか見えないのに……。

osahuneosahune 2008/04/17 08:05 こんにちは
どうやらあれらは自身の脳内で「大陸では無敗」という歴史を捏造、妄想しているようです。で、負けた理由をただ「資源止められて英米の物量で押し切られた」としか認識して無いようで…もう思考が飛行機好き、船好きの幼稚園児と一緒なのでしょう。なんせ戦争論と聞いてクラウゼヴィッツではなく小林よしのりが出てくる程度ですから

dj19dj19 2008/04/17 08:47 彼らの脳内は、漫画家のインチキ本を数冊読んだだけで「歴史の真実がわかった!左翼の洗脳から(ry」……ですからねぇ。

OINKOINK 2009/07/10 04:49 >彼らの脳内は、漫画家のインチキ本を数冊読んだだけで「歴史の真実がわかった!左翼の洗脳から(ry」……ですからねぇ。
逆もまたしかり。貴方は?右翼の言っている事は間違いだらけで左翼(中立派)の言っていることは真実ですか?
どちらにもツッコミ所はありますが、私は全体的に見れば左翼と呼ばれる側の人の方が信用できません。
「そういう貴方は自分の立場を偽らず物言いを行っていますか」と。
右翼、左翼というとどうしても避けられない話題に日中、日韓問題がありますが
以下の内容に対し、別の話題や責任転嫁等をせず、正は正、誤は誤と
キッチリ斬って頂けませんか。勿論そこには自分の立場や感情を含めず。
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/61.html
http://kumakichi2008.web.fc2.com/korea.html
よくご存知でしょう?今度は削除されない事を祈ります。

IlovenoelIlovenoel 2009/07/13 19:18 やっしゃんさん、お久でございます♪

暫くご無沙汰してる間に、また妙なデムパゆんゆんなのが沸いていますね。

>OINKとか言うアホへ


>http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/61.html
>http://kumakichi2008.web.fc2.com/korea.html

そもそも「韓国は官民一体の反日国家」って前提からして大間違いだろう。

以下のエントリを読め。

そうすりゃお前の挙げたエントリ自体、「デムパ」の領域にある事が判ろうよ。
                 ↓
>http://yukinyan.sakura.ne.jp/archive/20090616003635.php#more

味噌汁で顔を洗って出直して来い。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dj19/20080415

2008-04-09

嘘と偽りに満ちた稲田朋美の主張 21:32 嘘と偽りに満ちた稲田朋美の主張を含むブックマーク 嘘と偽りに満ちた稲田朋美の主張のブックマークコメント

産経「正論」に載った*1稲田朋美議員のひどいコラムを見つけたんでツッコミ入れてみました。

4/9 no title

ページが見つかりません:イザ!

稲田議員は

■助成の妥当性だけを問うた

表現・言論の自由が保障されたわが国において、たとえ政治的、宗教的な宣伝意図のある映画を製作しようと公開しようと自由である。今回、映画『靖国 YASUKUNI』(李纓監督)の一部映画館での上映中止をめぐって私が批判の矢面に立たされている。私たちが問題にしたのは、この映画自体ではない。そこに文化庁所管の日本芸術文化振興会が750万円の公的助成をしたこと、その一点についてである。

と言いながらこの後

≪歪曲された私の意図≫

私も弁護士の立場から靖国神社の応援団として裁判にかかわったが、原告らは一貫して「靖国神社は、死ねば神になると国民をだまして侵略戦争に赴かせ、天皇のために死ぬ国民をつくるための装置であった」と主張していた。映画からは同様のメッセージが強く感じられる。

映画の最後で、いわゆる南京大虐殺にまつわるとされる真偽不明の写真が多数映し出され、その合間に靖国神社に参拝される若かりし日の昭和天皇のお姿や当時の国民の様子などを織り交ぜ、巧みにそのメッセージを伝えている。

私は、大虐殺の象徴とされる百人斬り競争で戦犯として処刑された少尉の遺族が、百人斬りは創作であり虚偽であることを理由に提起した裁判の代理人もつとめた。遺族らに対する人格権侵害は認められなかったが、判決理由の中で「*2百人斬りの記事の内容を信用することができず…甚だ疑わしい」とされた。ところが映画では百人斬りの新聞記事を紹介し、「靖国刀」をクローズアップし、日本軍人が日本刀で残虐行為をしたとのメッセージを伝えている。

と、みずからのイデオロギーを絡め映画の内容を問題視する発言をこれでもか、というぐらいしています。しかも、これらの発言をアリバイ的な「助成の妥当性」という言葉で正当化しながら、映画「靖国」(以下「靖国」)は“政治的宣伝意図”があるから助成金は問題だ、と決め付けているんですが、「靖国」について毎日新聞の記事には、


表示できません - Yahoo!ニュース

カメラは日本在住19年に及ぶ李纓監督が10年にわたり見つめた神社境内の現実を映し出す。「イデオロギー的見方を打ち消すためにナレーションを一切排除」(李監督)する手法が全編を貫いている


と説明がされています。もしかしたら稲田議員には

靖国」には政治的宣伝意図がないのに、靖国神社自体が追悼のための宗教施設という領域を越えた「先の大戦は正しい聖戦でした」とする政治的な宣伝(プロパガンダ)施設であるために政治的宣伝意図があると映ってしまっているのかもしれませんね。まぁそこらへんを意図的に混同させることでミスリードを狙い読者を騙そうとしているんだろうけど、今どきそんな手法に騙されるのは愛国オナニーiza!ブロガーぐらいじゃないのかね。

発端は一部週刊誌が「反日映画『靖国』は日本の助成金750万円で作られた」と報じたことだった。試写会を見た複数の友人からは、この映画に弁護士時代の私が映っているとも伝えられた。もちろん私は、この映画で観客の目にさらされることを同意したことはなかった。

ちょっ この大和撫子セコすぎる(笑)

右翼の稲田議員まで映ってるなら「靖国」ってスゲー中立的でバランスのとれた映画なんじゃね、と思ったぞ。

そこで2月に、私もメンバーである自民党若手議員の「伝統と創造の会」(「伝創会」)で助成金支出の妥当性を検討することになり、文化庁に上映を希望した。当初、文化庁から映画フィルムを借りて上映するとして、日時場所も決めたが、その後製作会社が貸し出しを拒否する。そして文化庁協力と書かれた国会議員向け試写会(主催者不明)の案内が配布され、伝創会の上映会は中止に追い込まれた。

朝日新聞が報じたような「(私が)事前の(公開前)試写を求めた」という事実は断じてない。助成金を問題にする前提として対象となる映画を見たいと思うのは当然であり、映画の「公開」について問題にする意思は全くなかったし、今もない。「事前の試写を求めた」という歪曲(わいきょく)について朝日に訂正を求めているが、いまだ訂正はない。

え……と、え??

何度も読み返してみたんですが、間違いなく試写を要求してますよね。しかも公開後ではなく公開前に要求するという検閲まがいの行為で……。

それに、「事前の試写を求めた」と、ほぼすべての新聞が書いていたと思うんですがなぜ朝日だけなんでしょう。ちなみにこの試写についてアルゴピクチャーズの岡田社長は


no title

『去年の10月、文化庁(の職員)が来て、「試写会をやってほしい。(フィルムの)プリントを貸して欲しい」と言われた。「特定の試写がしたい」と言うので、「どんな試写か?」と聞くと、「国会議員」との答えだった。それは誰なのか聞いたら、「稲田朋美さんら」ということだった。』

と証言しています。岡田社長の証言は、稲田議員の「していない」発言と真っ向から対立するものだ。岡田証言は、試写の要求が、稲田議員→文化庁→岡田社長というルートで行われたことを事実関係で裏付けている。


これらを総合的に判断すると、「靖国」が「日本映画」であり「政治的宣伝意図がない」とし、助成金を支出したことに妥当性はない。

5月号の「世界」の中で監督・李纓(リ・イン)氏はこのように語っています。

彼女(稲田議員)がこの映画への助成金を問題視しているのは非常に不思議なことです。それは一種の政治的な審査以外のなにものでもないでしょう。(中略)芸術文化振興基金として申請を受け付け、審議を行ない、助成金の支給を決定するプロセスはすべて終了しています。そのうえに彼女が重ねて審査を加える必要はありません。この作品に対する不快感は別の形で表現すればいいことです。(中略)彼女がやっていることは、日本の多様な表現を支えるシステム、芸術文化の振興事業に対する挑戦だと言えるでしょう。試写会で実際にこの作品を見終えても、彼女はまだ助成金について問題にしているようですが、そうであれば、もう彼女が芸術文化振興基金の審査員になって、すべての映画を「反日的」ではないか審査するしかないでしょうね。それがすなわち検閲ということなのですが。(p224.225より)

もうどっちが共産主義国出身なのか間違えちゃうよね(笑)

私は弁護士出身の政治家として、民主政治の根幹である表現の自由を誰よりも大切に考えている。だからこそ人権擁護法案にも反対の論陣を張っている。表現や言論の自由が最大限尊重されなければならないのは民主政治の過程に奉仕するからであり、表現の自由の名のもとに政治家の言論を封殺しようとすることは背理である。(いなだ ともみ=衆議院議員、弁護士)

( ゚Д゚)ハァ!?

なんか最後の悪あがきといった感じで白を黒と言いくるめていますが、そもそも、稲田議員(政治家)の言論を封殺しようとしている人なんてどこにもいないのでその主張、間違ってますよ。道理に背く自分勝手な妄想はやめましょうね。どんなに誤魔化しても国会議員の名前を利用して事前試写会を強要し問題化させたことが右翼を喜ばせただけで上映中止に至る圧力を助長しただけという経緯は消えませんよ。

関連リンク

稲田朋美サンプロへの出演を拒否

http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20080406/1207448638

映画 『靖国YASUKUNI』上映中止を巡って、田原総一朗サンプロ)も稲田朋美を批判(YouTube動画あり)

http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-859.html

【追記】

稲田朋美氏メディア界を占拠し反論(ただし新聞は産経、TVはチャンネル桜ですが。)

コメ欄にてJodorowskyさんに教えてもらったんですが、4/6のサンプロ、4/7のNEWS23と出演をかたくなに拒否した稲田朋美氏ですが4/7のチャンネル桜(公然と嘘をつくDQN右翼偏向番組)には水島社長と仲良く出演してました(笑)

http://www.ch-sakura.jp/hodo/election.html?id=521

ニコニコ動画http://www.nicovideo.jp/watch/sm2937013

*1日本会議国会議員懇談会事務局次長。国会議員懇談会「伝統と創造の会」会長。正しい日本を創る会会員。みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会神道政治連盟国会議員懇談会に所属。(ウィキより)

*2:都合の良い判決文の前半部分だけを切り抜いて紹介していますが、後半部分には「しかしながら,その競争の内実が本件日日記事の内容とは異なるものであったとしても,次の諸点に照らせば,両少尉が,南京攻略戦において軍務に服する過程で,当時としては,「百人斬り貌争」として新聞報道されることに違和感を持たない競争をした事実自体を否定することはできず,本件日日記事の「百人斬り競争」を新聞記者の創作記事であり,全くの虚偽であると認めることはできない」と書いてあります。(参照)

osahuneosahune 2008/04/09 23:31 こんばんは
もーほんとにこの屑糞尿議員に腐った生卵ぶつけてやりたいですよほんとに。
奥崎謙三みたいにパチンコで狙うというのもありかと思うんですが。
トラックバック送っておきますね。

JodorowskyJodorowsky 2008/04/10 01:52 ひょっとしたら録画でなのかも知れませんが、
4/6のサンプロ、4/7のNEWS23に出演を拒否しつつ、
4/7のチャンネル桜には出演してるんですよね。稲田さん。
http://www.ch-sakura.jp/hodo/election.html?id=521

dj19dj19 2008/04/10 10:47 osahuneさん
「ゆきゆきて神軍」は去年DVDを買って初めて見たんですがあの衝撃的な内容はいろいろと勉強になりました。奥崎謙三が生きていたら「知らぬ存ぜぬは許しません!」と殴りかかっているでしょうね(笑)

Jodorowskyさん
情報どうもです。追記させてもらいました。いやぁ頭クラクラしながら途中までみたんですが、予想通り朝日批判(お約束の論点のすり替え)してますね。それにしても国会議員がチャンネル桜に出演って……、恥ずかしくないんでしょうか(笑)

maangiemaangie 2008/04/10 11:55 こんにちは。
ほぼ同意なのですが、一点だけ。

「稲田議員(政治家)の言論を封殺しようとしている人なんてどこにもいない」とdj19さんはご主張されています。
しかるに、上のosahuneさんは「もーほんとにこの屑糞尿議員に腐った生卵ぶつけてやりたいですよほんとに」と感想を述べられています。

稲田氏は国会議員でありosahuneさんは恐らく一市民であって、その権力に大きな差があるのを勘案した上、贔屓目に見てもosahuneさんの発言は「政治家の言論を封殺したい」という欲求の表明だと感じます。

無論、osahuneさんは実際に誰かに腐った生卵をぶつけるようなことはしないでしょうし、稲田氏は実際に行動を起こしたわけで、その点でも大きく差はあります。

ただ、言論の自由を取り上げた本エントリに、このようなコメントが付くこと、またdj19さんがその点をスルーされていることを憂慮いたします。

osahuneosahune 2008/04/10 13:12 こんにちは
maangieさん
言われてみればその通りですね。少し頭に血が上りすぎていたようです。
反省します。

skyway66skyway66 2008/04/10 19:20 稲田氏の文章を読んでいると、余りの論理のすり替えや「表現の自由の名のもとに政治家の言論を封殺しようとする?」と言う言葉はそっくりそのままお返ししたくなります。私も頭にきました^^;
osahuneさんの表現は頭に来られた事も有って感情的な発言をされたとは思いますが、これを「政治家の言論を封殺したい」という欲求の表明と言われると、稲田氏を批判する論評はすべて「政治家の言論を封殺したい」という欲求の表明になってしまうのでは無いでしょうか?それこそ彼女が狙っている事では有りませんか?

osahuneosahune 2008/04/10 22:47 こんばんは
skyway66様 maange様
実行したくてしたくてたまらないんですが、罵詈雑言だけに留めておきます(笑)
罵詈雑言を投げつける権利は放棄してませんので(笑)

maangiemaangie 2008/04/11 00:11 skyway66さんへ

> 稲田氏の文章を読んでいると、余りの論理のすり替えや「表現の自由の名の
> もとに政治家の言論を封殺しようとする?」と言う言葉はそっくりそのまま
> お返ししたくなります。私も頭にきました^^;

同感です。

> osahuneさんの表現は頭に来られた事も有って感情的な発言をされたとは思い
> ますが、これを「政治家の言論を封殺したい」という欲求の表明と言われる
> と、稲田氏を批判する論評はすべて「政治家の言論を封殺したい」という欲
> 求の表明になってしまうのでは無いでしょうか?

論理の飛躍があるように思います。
osahuneさんは既に撤回の意を表明されていますので、これ以上突っ込みませんが。

> それこそ彼女が狙っている事では有りませんか?

なんとも言いかねます。そうかもしれませんし、そうでないかもしれません。
個人的意見を申せば、稲田氏はそこまで考えていないと考えます。

osahuneさんへ
> 罵詈雑言を投げつける権利は放棄してませんので(笑)

前コメントを書き込んだあとで考えたのですが、表現の自由を否定する言論を封殺する行為は、正当であるような気がしてきました。
「罵詈雑言を投げつける権利」は多分あると思います。それによって生じる責任(裁判とか)も含めて。

なんだかdj19さんには関係ない話みたいで、すいません。

dj19dj19 2008/04/11 09:09 返事遅くなりました。
maangieさん、skyway66さん
「言論の封殺」について「封殺」を広辞苑で調べてみたんですが
「相手を自由に活動できないようにすること」と書いてあるので例えば、自分たちの意に沿わない表現・言論を権力を使い(報道など)規制したり、恫喝、暴力、テロ、不当な逮捕などが封殺にあたるのではないかと思います。そうすると単なる批判は封殺にはあたらないことになり稲田議員の言うような言論封殺は実際にはおきていないことになります。skyway66さんが書いているように権力を使い言論・表現を封殺しているのは稲田議員の側では、というのもあながち間違ってない気もします。このような解釈は間違っているのでしょうか?

maangieさん
osahuneさんの発言については、本人も「罵詈雑言だけに留めておきます」と反省 (^^;しているようですし今更書くのもあれなんですが、skyway66 さんが指摘されてるように凄く腹が立ちつい暴力的なことを書いてしまったんだと思います。自分はまぁ冗談だろうと理解したのでそのことに触れませんでしたが、確かに読み返してみるとまずい対応でした。今後は気をつけたいと思います。

osahuneさん
TBどうもです。こちらからもTBしたんですがなぜか通らないようです。今後はお互い気をつけましょう(笑)

yamaki622yamaki622 2008/04/11 16:08 >何度も読み返してみたんですが、間違いなく試写を要求してますよね。

稲田議員が言いたかったのは、こういうこと↓だと思います。
----------------------
「文化庁に上映を希望した」が、たまたま上映会のタイミングが一般公開の前になってしまっただけで、「公開の前に見せろ」とは言ってない=だから事前検閲ではない。
----------------------
もちろん詭弁です。

検閲まがい=事実上の検閲と言ってもいいと思います。
【理由】映画の「表現」「思想」をチェックする目的で事前に見ているので実質的に戦前の「検閲」と変わらない。戦前と違うのは現憲法で禁じられているため「助成金の妥当性」などというお題目を必要としただけ。

もしもこれを「検閲でない」という人がいたら、じゃあ(現代で)どんなケースだったら検閲になるのか聞きたいぐらいです。

dj19dj19 2008/04/13 16:55 yamaki622さん
虚偽以外のなにものでもないでしょう。詭弁なんてなまやさしいものではないと思いますよ(笑)

>事実上の検閲と言ってもいいと思います。
>「助成金の妥当性」などというお題目を必要としただけ。

稲田議員は「助成金の妥当性」が問題だと言いつつ、そのように見られてもしょうがない行為を公然と行なっていますよね。記事にも引用してある「私は、この映画で観客の目にさらされることを同意したことはなかった。」には驚きました。そこまでして阻止しようとするかと。ただまぁ正確には検閲とはやはり少し違うんで「検閲まがい」という表現を使っておきました。

yamaki622yamaki622 2008/04/13 19:59 稲田議員の言ってることを、ものすごく単純化するとこう↓なります。
---------------------
「見せろ」とは言ったけれど、「事前に見せろ」とは言っていない。
---------------------

言外にそういう意味があると解釈しなければ一つのインタビューの中で

>文化庁に上映を希望した。
>「(私が)事前の(公開前)試写を求めた」という事実は断じてない。

こんなつじつまの合わないことをいう理由が見つかりません。おそらく稲田議員は文化庁に「事前」とか「試写会」という言葉はあえて使わなかったのかも知れません。しかしそれは言質を取られないようにするためで、自分が文化庁に依頼すれば上映会までに何日ぐらいかかるのか、その上映会が一般公開の前になるのか後になるのか、稲田議員には当然わかっていたはずです。だから詭弁だと言ってるのです。詭弁はなまやさしくなんかないですよ(笑)

>ただまぁ正確には検閲とはやはり少し違うんで「検閲まがい」という表現を使っておきました。

やっしゃんさんが一番しっくりくる表現でいいと思います。ただ、現代で正式な検閲なんて行なえるわけがないので形式や名目が違うのは当たり前のことだと思いました。だから「事実上の検閲」と表現させていただきました。

dj19dj19 2008/04/14 18:37 yamaki622さん
なるほど、事前に「見せろ」とは言ったけど「事前に見せろ」とは言ってないってことですね。
ハハハこれじゃあサンプロから逃避するわけだ(笑)

ちなみにこちら見ましたか、田原氏によると右翼の妨害に遭っていない映画館が中止を決めざるを得なかったのは上の会社の役員達が止めてくれと言ってきたからのようですね。
映画『靖国』に関する緊急記者会見 オンデマンド配信中!:新着情報|OurPlanet-TV
http://www.ourplanet-tv.org/whats/2008/20080409_12.html

yamaki622yamaki622 2008/04/15 12:56 すでに見ていましたが、ありがとうござます。田原総一朗さんの発言が気になって調べていたところです。

田原さん言う映画館に圧力をかけた「映画館の上の会社の更に上の会社」「みんな知ってる会社」は、『東映』かも知れません。まだ全部の映画館を調べきれてないので今の段階では推測ですが。ただ、はっきりわかっていることは、映画館「新宿バルト」の上の会社(経営する会社)は(株)ティ・ジョイで、社長は岡田裕介氏ですが、東映(株)の社長でもあります。そして岡田氏は、安倍前首相が立ち上げた「『美しい国づくり』企画会議」のメンバーだったということです(現在は解散している)。

稲田議員の動きと出演者の刈谷さんに直接電話した有村議員の動きですが、個別に行動しているようには思えず、すべて連動しているように感じます。ちなみに有村議員の後援会会長は「つくる会」賛同者の中條高徳氏(アサヒビール名誉顧問)です。なぜなら同じく文化庁からお金が出ている映画「パッチギ!LOVE & PEACE」と映画「あなたを忘れない」も両議員が見たら「政治的」と騒ぎそうなシーンがありますが、まったく問題視していません(ネット右翼は騒いでいた)。何が言いたいかというと、映画「靖国」に対する妨害活動は「仕掛け人」がいるのではないか?ということです。これもあくまで推測ですが。

dj19dj19 2008/04/15 17:14 yamaki622さん
なるほど。「美しい国づくり」企画会議 有識者一覧にいますね。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/utukusii/yuusikisya.html
>岡田 裕介 東映株式会社 代表取締役社長
他に、中西輝政・元つくる会理事、日本教育再生機構メンバーなんて香ばしい人も(笑)

稲田朋美と有村治子は2人とも日本会議国会議員懇談会、神道政治連盟国会議員懇談会に所属している議員なんで連動しているというのは自分も感じますね。
国会の質疑で「不快極まりない映画」「反靖国の映画」とまで言った水落敏栄(みずおちとしえい)自民党も
http://www.jimin.jp/e/giindata/mizuochi-to.html
>(財)日本遺族会常任顧問、遺家族議員協議会事務局長、みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会事務局長

だったりと・・・

2008-04-02

読売の社説がひどい なんで櫻井よしこ09:48 読売の社説がひどい なんで櫻井よしこ?を含むブックマーク 読売の社説がひどい なんで櫻井よしこ?のブックマークコメント

右翼の妨害を恐れた映画館すべてが*1映画「靖国」の上映中止を決めるという異常事態となり各新聞社が社説でこの問題を取り上げました。

読む前から酷い内容だとわかってはいてもついつい読んでしまうのが読売と産経の社説なんですが、産経にいたっては「信じていいのは日付けだけ」といった状態で古森うぉっちゃーのpr3さんが書いているように読んだ直後は「虚脱感」におそわれてしまいました。産経新聞の社説についてはすでにProdigal_Sonさんも見事なツッコミを入れてくださっているので紹介だけしておきます。

・Prodigal_Sonさん:土曜の夜、牛と吼える。青瓢箪。

・pr3さん:「靖国」上映中止、各紙の社説。 - 黙然日記

こちらには各新聞(朝日、毎日、東京、読売、産経)の社説がまとめて紹介されています。

・oono_nさん:映画「靖国」をめぐって - 大野の日常

で、タイトルに書いたように問題の読売新聞社説なんですが、こんなことを書いています。

4/2 読売社説靖国」上映中止 「表現の自由」を守らねば

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20080401-OYT1T00816.htm

かつて、ジャーナリスト櫻井よしこさんの講演が、「慰安婦」についての発言を問題視する団体の要求で中止になった。こうした言論や表現の自由への封殺を繰り返してはならない。

( ゚Д゚)ハァ!? 出す例を間違ってない??

読売はこの話しをグランドプリンスホテル新高輪が右翼による妨害を恐れ日教組の会場使用を拒否したときの社説にも書いています。

2/3 読売社説 ホテル使用拒否 司法をないがしろにする行為だ

http://blog.goo.ne.jp/ngc2497/e/8187689871b410762abfff4e210d7535

ホテルが今回、恐れたのは右翼だったが、左翼側の“威圧”で講演会の主催者が講演を中止した例も少なくない。1992年に、評論家の上坂冬子さんが月刊誌憲法改正に言及したとする社会党(当時)などの抗議で、新潟市主催の憲法記念集会での講演が中止となった。97年には、ジャーナリスト櫻井よしこさんも、「従軍慰安婦」問題での発言を巡り、「人権」を掲げる団体の抗議で主催団体が講演を取りやめた。

なんで11年も前の櫻井よしこの話しをわざわざ出してくるの??

右翼による妨害の例なら最近だけでも「平和のための戦争展」を毎年、妨害したり、つくばみらい市が計画した講演会を妨害したり、東京の「従軍慰安婦展示館」を襲撃したりといくらでもあるのに、なんで11年も前の櫻井よしこの講演の話しを出してきて「右翼だけじゃなく左翼も同じことやってるよ」と、この問題を直視せずに論点を逸らそうとするのでしょうか。

だいたいこの櫻井よしこって人は元従軍慰安婦の人達を*2嘘つき呼ばわりしたり、ワシントンポストに*3広告(The Fact)を載せた歴史事実委員会の委員の1人だったりするトンデモ女史で、「言論の自由」以前に名誉毀損罪や侮辱罪で訴えられてもおかしくないようなおばさんなわけで抗議されてあたりまえだと思うんですが、それを*4反社会的団体による妨害活動と同列に扱う読売新聞の論説委員には呆れて開いた口が塞がりません。

話しは変わりますが小泉元首相*5靖国参拝が問題になっていたときに櫻井よしこは当初「昭和天皇靖国神社へ参拝しなくなったのは中韓による外圧のせい。天皇陛下が安心して参拝できるよう外圧には屈してはならない。」と陛下を利用した運動をしていました。そのころ自分は何も知らなかったので騙されそうになりましたが、調べてみたら「独白録」や参拝をやめたタイミングからみてA級戦犯の合祀が原因だとわかりました。ちょうどそのころ富田メモが出てきたわけですが、その後も櫻井よしこはメモの信憑性を疑い陛下の不参拝と合祀は無関係と言い続け、こんどは一転「天皇陛下を政治に利用してはならない。」と主張するような人間です。

なんか話しが逸れてしまいましたが読売社説に1つだけ朗報が載っていました。5月以降は北海道から沖縄まで全国13の映画館でこの映画の上映が予定されているそうです。右翼の妨害に負けないで上映してほしいと思います。では今回はこのへんで。

■こちらは櫻井よしこがどれほど嘘吐きかわかるリンクです。

櫻井よしこのウソを語り継ぎましょう: 不条理日記

no title

*1世界ノバルティス案内 | 世界中に拠点を持っているノバルティス。このブログでは、それぞれの拠点でどのような研究や開発をしているのか? グローバルな視点から見たノバルティスの案内ブログになっています。

*2:最近は西岡力の著書を根拠にしてるそうです(笑)

*3従軍慰安婦の強制連行どころか強制性そのものを否定したデマ広告のこと。

*4街宣右翼には稲川会系の大行社、 住吉会系の大日本朱光会、稲川会系の日本皇民党山口組系の司政会議、住吉会系の日本青年社暴力団員で構成されている団体が多くあります。【追記】誤解のないように書いておきますが抗議者が反社会的団体だから問題だ、と言いたいのではなくこのような反社会的団体の多くが抗議と称して恫喝や脅迫を行なったり、街宣と称して無許可で騒音をまき散らし条例違反などを犯したりと、違法な妨害活動を行なっていることを問題にしています。

*5:自分が政治に興味を持つきっかけとなった問題だったりします。

yamaki622yamaki622 2008/04/03 19:56 上映を断念せざるを得ないほどの右翼の妨害があったわけでもないようですし、何だか映画館側(というより世の中全体)が過剰に権力や暴力に屈してるように見えます。私の憶測ですが、右翼からの抗議は本当にあったとしても単なる口実で、稲田朋美議員らに問題視されたから自主規制したんじゃないかと疑ってしまうんですよね。だとすれば映画館側は被害者ではないですね。

それから私からも朗報です。先ほどNHKのニュースで大阪の第七藝術劇場の支配人が出ていて、この映画に関する問い合わせが殺到しているそうですが、ほとんどが上映を望む声だということです。もちろん七藝では予定通り上映されます。

abesinzouabesinzou 2008/04/03 20:31 そんなにたいした圧力もないのになぜ上映中止にするのか?同じように感じますね。ただそれほど映画館の状況は厳しいのかとも思います。例えば今回上映中止をやめた銀座シネパトスは昨年「純愛」という中国残留婦人と中国人との恋愛を描いた、おそらく全国でただ1館の映画館でこういう映画に関する意識も高いはず。一方シネパトスの場所(橋の下)を見れば、これでやっていけるのか?とも思いますね。結局、稲田&右翼は弱いものいじめをしたのではないでしょうか。

dj19dj19 2008/04/03 22:36 実際に小規模な害宣をかけた右翼団体はあったようですが
http://d.hatena.ne.jp/nessko/20080403/p1

どうやら表向き害宣右翼はあまり動いてなかったように見えますね。裏ではきっちり宗教右翼の「日本会議」が恫喝するといった構図で上映中止に追い込んでるようです。愛知県本部西三河支部幹事長・杉田謙一が名古屋での上映を中止させ「日本の正義を守る」とトンチンカンなこと書いてます。
http://plaza.rakuten.co.jp/seimeisugita/diary/200804020001/

dj19dj19 2008/04/04 00:58
いま第七藝術劇場のHPを確認したら上映予定になっていますね。
遠過ぎて行けませんが(^^;

上映館による説明では「特定個人や団体からの圧力で取りやめたわけではなく近隣施設に迷惑がかかるため」だと、なんとも情けない回答が多いようですが、この映画を神社新報が「反靖國プロパガンダ映画」だと批判してるところをみると
http://www.jinja.co.jp/article/001-002647.html

圧力は表にあまり出てこないだけで裏ではかなりあったのではないかと勘ぐってしまうんですよね。
以下のような日本会議を中心とした靖国系右翼団体などもおそらく何かしらの抗議を行ない
実際に圧力をかけたのではないかと。

「靖国神社に参拝する全国地方議員の会」
http://d.hatena.ne.jp/tadanorih/20080402#1207063806
「伝統と創造の会」(会長・稲田朋美)
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/529591/
「靖國会」HPより
http://yasukuni.jugem.jp/?page=1
稲田朋美衆議院議員、花田紀凱月刊WiLL編集長、古賀俊昭都議会議員
高澤一基板橋区区議、街宣車・稲川会系の大行社、戸井田徹議員
西村真悟議員、土屋敬之東京都議などなど

fuldagapfuldagap 2008/04/05 02:14 dj19さん、こちらのブックマークコメントに応答いただきありがとうございました。その中で「誤読では」というご指摘があったので一言コメントをさせていただきます。

「社会的に正しい団体ならば言論を封殺していいというものでもないだろうに」と書いたのは、今回の『靖国』上映問題に関してです。これが例えば街宣右翼による妨害ではなく、文部科学省が、あるいはPTAが、あるいは日教組が、抗議したものだとしても、それが「上映中止」を求める抗議であればやはり言論の封殺だろうと思ったからです。どれだけ愚劣な言論であれ、どれだけ不快な言論であれ、それが最低限の公共の福祉を満たすものであれば、それに対抗するには言論をもってするしかないでしょう。言論の公開を抑圧するのは、それが正しさに基づいていても、表現の自由に対する悪しき挑戦です。というわけで、「右翼だけじゃなく左翼も同じことやってるよ」というのは、エクスキューズとして使われてしまいうるレンジの広すぎる謂いではありますが、どんな正しさでも言論を抑圧してはいけないのだという意味においては本質を外していないと思います。

言論だけで四つに組むというのがなかなか難しい浮き世ですし、なにが最低限の公共の福祉かという点では様々な意見があるかと思います。とはいえ一つの理想論としてこのエントリを読んで思ったこと、ブクマコメントに書ききれなかったことを書かせていただきました。長々と申し訳ありません。

yamaki622yamaki622 2008/04/05 11:16 >abesinzouさん
>やっしゃんさん

う〜ん…そうですね〜〜〜。本当は裏で何があったかわからないので映画館を責めるのは酷かも知れませんが、こんな前例を作られたのがショックだったんですよ。心配し過ぎかも知れませんが、今後、戦争関係のドキュメンタリーを映画館が自主規制して上映されなくなったらどうしようかと。それから何のなぐさめにもならないと思いますが、やっしゃんさんの分までしっかり映画を観て報告させていただきます。

dj19dj19 2008/04/06 00:49 fuldagapさん
こちらこそ言葉足らずのブログ、ブクマコメへのレスありがとうございます。「公共の福祉」についての明確な規定については恥ずかしながらよくわかりませんが、どんな言論でも(他人の権利を侵害しない範囲で?)抑圧してはならないという部分で共通の認識を確認できたことを嬉しく思います。

yamaki622さん
>こんな前例を作られたのがショックだったんですよ。

そうですね。自分も最初、こんなことで上映中止?と、驚きとなんともいえない怒りでいっぱいになりました。戦前戦中の歴史を少しでも学べば言論、表現の自由が規制された場合にどのような結果をまねくかと……。
ですから映画館側のダメぶりを単に責めるより、もっと広い視点で今回の問題をとらえることが大切ではないかと思うんですよね。それと、「やっしゃんさんの分まで」は大変うれしいんですが言い過ぎです(^^;

yamaki622yamaki622 2008/04/06 11:37 私が映画館側を過剰反応だと感じたのは、江川紹子さんのサイト(すでにご覧になってるかも知れませんが)で映画館に取材した内容を見たからです。

この萎縮現象は、表現の自由の自殺行為だ
http://www.egawashoko.com/c006/000255.html

その中の一文にあるのですが…
-----
かつて、戦時中に新聞記者だった人から、当局の規制以上に新聞社や記者たちの自己規制が言論・表現・報道の自由を後退させたという話を聞いたことがある。
-----
ですので、国家が言論・表現の自由を規制するのも大きな問題ですが、圧力を受ける側の過剰な自主規制もまた大きな問題だと思います。

稲田議員や右翼の行動は当然批判されるべきですが、この映画は右翼にとって都合の悪い内容なのでしょう。ならば私が右翼でも抗議ぐらいしますよ(違法行為にならない程度に)。ならば、今回の件は、映画館側にもっと毅然とした対応を取ってらうしか解決方法はなかったのではないでしょうか。

dj19dj19 2008/04/07 03:11 yamaki622さん
映画を見ていない偽ウヨクが勝手に騒いで反対しているだけで右翼にとって別に都合が悪い映画ではないようですよ。靖国右翼の島村宜伸氏は「一貫したストーリーを見せるというよりは、様々な場面をつなげた映画。自虐的な歴史観に観客を無理やり引っ張り込むものではなかった」新右翼の鈴木邦男氏は「日本に対して批判的でもないし反対は余りない」「上映したらいい」と語っているし。
http://kunyon.com/shucho/080331.html

で、リンク先を読みましたが今回なぜ上映中止という判断を映画館側が下すことになったのか、そこに至るまでの経緯ほうに大きな問題を感じているのでこのタイミングで映画館側を責めることには正直、違和感(もちろん責任がないとは思いません)があります。問題の本質はそこじゃないだろうと。

中止を決めた映画館(銀座シネパトス、渋谷Q−AXシネマ、新宿バルト9、シネマート六本木)にしても、経営陣が文化的なものを担っているという使命感を持てない倫理観のない人達であることは十分考えられるわけで、仮にそのような儲け主義の民間企業に右翼に対する毅然とした対応を求めるにしても期待できないのではないかと思うんです。

それよりも、いま大切なことは自主規制した映画館を責めることではなく、問題となった週刊新潮や一部政治家、右翼団体を批判し、5月から上映を決めた映画館を声をあげて支えていくことではないかと思うんです。この問題が大きくなったことで映画「靖国」が話題になり5月以降の公開予定が14館から21館に増えたこともそういった声の押された映画館側の判断があると思うんですが、いかがでしょう。

yamaki622yamaki622 2008/04/07 11:57 やっしゃんさんは主たる責任が右翼側(稲田議員・週刊新潮含む)にあると感じ、私は主たる責任が映画館側にあると感じたということになりますが、私はやっしゃんさんの意見に「反対意見」を言ったわけではなく「違う意見」を述べただけです。ですから、やっしゃんさんに映画館側を責めろとは言っていません。あくまで私の意見として捉えていただきたかったのですが。それに私も映画館を責めているのではなく、今回どうするべきだったか、今後どうするべきかを価値判断しているだけです。

しかし、私がこれ以上自分の意見を言いたければ、自分のブログで主張すればいいことなので、矛を収めたつもりでいたのですが、やっしゃんさんは私宛のレスの中で

>映画館側のダメぶりを単に責めるより、もっと広い視点で今回の問題をとらえることが大切

と仰ったのでスルーできませんでした。これは逆に言えば映画館側を批判する意見は「狭い視点」だという意味になってしまいますが、非常に断定的です。やっしゃんさんはまったく意図していないでしょうが、違う意見を排除することにも繋がりかねないと危惧しました。ですので、私が映画館側を批判した真意を理解していただきたくて再びコメントしたわけです。再び江川さんの言葉を借りるとしたら、日頃表現の自由の恩恵を受けている映画館は、表現の自由を守る義務があります。「表現の自由」が保障されていなければ、映画産業がこれほど発展することもなかったわけですから、映画館は表現の自由の恩恵を受けているということです。今後このような上映中止をなくそうとすれば映画館側の勇気と責任感は不可欠です。勇気と責任感を持ってもらうには、今回の上映中止は間違った判断だったと誰かが伝えていくしか方法はありません。100歩譲って、街宣車が来たヒューマックシシネマだけならまだわかるのですが、それ以外の映画館まで中止する必要はなかったと思います。

>それよりも、いま大切なことは自主規制した映画館を責めることではなく、問題となった週刊新潮や一部政治家、右翼団体を批判し、5月から上映を決めた映画館を声をあげて支えていくことではないかと思うんです。

それは私もほとんど同じ考えですが、やっしゃんさんとの違いは批判する中に「映画館側」が入ってるか入ってないかです。

poppo-xpoppo-x 2008/04/07 12:22 やっしゃんさま、こちらでは初めまして(もう一つのBLOGでは以前にお世話になりました)。

やっしゃんさまが上で言及されている日本会議系の言論封殺者について下記のような続報があります。

http://d.hatena.ne.jp/osahune/20080406/1207495900
2008-04-06
日々雑論 名古屋シネマテークへいちゃもんつけた頭の弱い方のその後

「上映を止めたのは映画館の自己判断で、自分はただ意見を述べに言っただけだ」との言い訳に終始してます。同じ三河岡崎の出身者として、三河武士の風上にも置けない卑怯者にしか見えません。

osahuneosahune 2008/04/08 00:56 poppo-X様、ご紹介有難うございます。
トラックバックを送っておきますね。

dj19dj19 2008/04/08 13:03 返事遅くなりました。

yamaki622さん
>違いは批判する中に「映画館側」が入ってるか入ってないかです。

「表現の自由」を補償しなければならないという立場にある映画館側(たとえ経営陣が文化的なものを担っているという使命感を持てない人達であったとしても)に社会的役割を問うことは大事なことだと思います。ですから批判の中に映画館が入らないと考えているわけではないんです。「映画館側のダメぶりを単に責めるより」は誤解を与える書き方でした、訂正したいと思います(汗

ただ、右翼の街宣や脅しの電話に怖くなり上映を中止した映画館があったことは事実で、そのような映画館に対し同情を寄せる気持ちがあることも確かです。そして、映画館に社会的な責任や自覚を問うことは確かに大事なことですが中止に追い込んだのはどこなのか、だれなのか、というところを見誤ってほしくないと思うんです。(山木さんに「そんなことわかってるから」と突っ込まれそうだなぁ)

poppo-xさん
続報の紹介どうもです。この日本には未だに「靖国のために国民がある」と考える時代遅れな人がいるようですね。それにしても、靖国右翼のみなさんはほんと真実をねじ曲げるのがお好きなようで……。ヤレヤレ

ikeniken 2009/01/01 17:29 こんにちは、暴力団と右翼の関係を書かれておりますが、その暴力団の6割が在日朝鮮(韓国)人と呼ばれる方々のようですが、私はその点をどのように考えたらよろしいのでしょうか?あるいはそういった右翼の方が、朝鮮総連などに抗議する行動に矛盾を感じることがあります。

朝鮮政府や中国政府が日本人にクレームをつけるためにウラで操っているような気がしますが、それに関しては、いかなるご意見をおもちでしょうか。

dj19dj19 2009/01/02 01:05 ikenさんへ
はじめまして、そしてこんばんは。
>その暴力団の6割が在日朝鮮(韓国)人と呼ばれる方々のようです

その情報は、“元”公安の菅沼光弘氏が外国人記者クラブで日本の裏社会について語ったものが元ネタになっていると思いますが、かなり改変されたコピペがネット上には出回っているようです。正確には、
動画:http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=240539
の04:40ぐらいから
「ヤクザのうち、60%が同和、30%が在日(韓国、北朝鮮の)、残りの10%が中国人と同和ではない日本人」
と言っています。そして注意しなければいけないのは、この発言を裏付けるデータがなにも示されていないことです。このような根拠のない話は3分の1ぐらいに聞いておけばいいのではないでしょうか、と思いますが。

dj19dj19 2009/01/02 01:26 ikenさんへ
>朝鮮政府や中国政府が日本人にクレームをつけるためにウラで操っているような気がします

歴史問題が浮上するたびに、右派言論人がこういった陰謀論めいたことをよく主張しますが、実際には中国にしてみても歴史問題より経済協力を得る方を優先しているように思います。
↓こちらを一度、読んでみてください。
「南京大虐殺は外交カード?」
http://d.hatena.ne.jp/gurugurian/20081204/1228324285

中韓の“政府”が発表する内容と、“民間”の団体の抗議や声明を混同しないで冷静に対応するべきではないかと思いますがいかがでしょう。

2008-04-01

稲田朋美議員が問題化した映画「靖国」がすべて上映中止に 02:03 稲田朋美議員が問題化した映画「靖国」がすべて上映中止にを含むブックマーク 稲田朋美議員が問題化した映画「靖国」がすべて上映中止にのブックマークコメント

見たかった映画が見れなくなりました。この国は中国じゃありませんよね?

3/31 404 - gooニュース

 靖国神社をテーマにした日中合作のドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」が、東京と大阪の映画館5館で上映中止となったと、映画を配給するナインエンタテインメント社が31日発表した。

 中止を決めたのは東京都内の銀座シネパトス、渋谷Q−AXシネマ、新宿バルト9、シネマート六本木の4館と大阪府内のシネマート心斎橋。いずれも今月12日から公開を予定していた。「公開によって、近隣の劇場や商業施設などに迷惑が及ぶ可能性がある」(銀座シネパトス)などと理由を説明している。(中略)

 19日に新宿バルト9が公開中止を決定。その後、他の映画館や配給会社に上映中止を求める電話などがあったという。(中略)

 配給会社では「国際的な評価も高い作品が、こうした事態に陥ったのは大変遺憾。日本社会における言論の自由表現の自由への危機を感じる」とコメントを発表。文化庁芸術文化課では「一般論として、芸術文化の発展の機会が外部からの嫌がらせで妨げられてはならない」と話している。

 最初に助成を問題視し、試写会に参加した自民党稲田朋美衆院議員は「我々が問題にしたのは助成の妥当性であり、映画の上映の是非を問題にしたことは一度もない。いかなる内容の映画であれ、それを政治家が批判し、上映をやめさせるようなことが許されてはならない」などとする談話を出した。

>稲田朋美「いかなる内容の映画であれ、それを政治家が批判し、上映をやめさせるようなことが許されてはならない」

おまえが言うな

*1「偏ったメッセージがある」「イデオロギー的メッセージを感じた」と、勝手に問題化させ右翼を煽ったり検閲まがいの試写を要求してたのお前じゃんか。

普段から「表現の自由言論の自由が脅威にさらされる危ない人権擁護法案!」と、声高に叫んでいる稲田朋美議員や自称保守議員のみなさんは

平沼赳夫島村宜伸中川昭一古屋圭司西川京子、戸井田とおる

西田昌司、馬渡龍治城内実、高鳥修一、衛藤晟一萩生田光一など

こんな時に、まさか沈黙することありませんよね。

とりあえず気づいた関連ブログと関連ニュース

土曜の夜、牛と吼える。青瓢箪。

日本最強の存在は街宣右翼である。 - 黙然日記

日々雑論 屑議員稲田とか屑ウヨとかがこんな馬鹿な事やってるから日本はいつまでたっても4等国なんだよ - 日々つれづれ

3/31 朝日新聞デジタル:どんなコンテンツをお探しですか?

【追記】

ブクマコメより

DocSeri 国からの助成の有無にイデオロギが問題視されるのは妥当じゃないかね。中止に至った圧力には問題あるが、それは当該議員の仕業ではない。……まあ、そもそもの「偏向」とやらが妥当かどうかはまた別の話。

と、稲田議員は関係ないというコメをもらったんだけど、今回の件は最初に週刊新潮などの保守系雑誌が記事を書き、それを稲田議員などの保守系議員が自身の活動とからめ「反日映画だ」と国会議員の名前を利用して宣伝し「右翼はもっと騒げ」「街宣をかけて中止させろ」と旗振り役を演じたというのは隠しようのない事実ではないでしょうか。

稲田議員は「我々が問題にしたのは助成の妥当性」「上映をやめさせるようなことが許されてはならない」と、朋美はそんなつもりなかったんだもん発言をしていますが、仮に本当にそう考えていたのなら今回の事態を招いた当事者として以下のような抗議ぐらいしないと不自然ではないかと思うんだけど。

それにしても、日本はいつの間に右翼の街宣やテロにおびえる「言論の自由」「表現の自由」のない国になってしまったのでしょうか……。

上映中止に対するマスコミ会議と日本映画監督協会の抗議声明

4/1 ページが見つかりません - 毎日新聞

 ドキュメンタリー映画「靖国」の上映を取りやめる映画館が相次いでいる問題で、新聞労連や映演労連などで組織する「日本マスコミ文化情報労組会議」(嵯峨仁朗議長)は1日、「表現の自由が侵された重大事態。政治圧力や一部勢力による妨害によってつぶされる事態を看過できず、憤りをもって強く抗議する」などとする声明を出した。

3/31 監督協会「強く抗議」 映画「靖国」めぐり議員に(中国新聞)

靖国神社を題材にしたドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」をめぐり、日本映画監督協会(崔洋一理事長)は31日、一部国会議員が配給元に試写会を要求したことなどに「強く抗議する」とした声明を発表した。(中略)「今後行われる上映活動を委縮させるとともに、表現者たる映画監督の自由な創作活動を精神的に圧迫していることは明らか」(中略)「大きな危惧を抱かざるを得ない」とした上で「あらゆる映画は自由な発想と意志のもとに作られ、自由に上映されるべきだ」と訴えている。

こちらは文科相と配給元・アルゴ・ピクチャーズの発言です。

4/1 ページが見つかりません - 毎日新聞

 ドキュメンタリー映画「靖国」の上映を取りやめる映画館が相次いでいることについて、渡海紀三朗文部科学相は1日の閣議後会見で「嫌がらせや何らかの圧力により、結果的に作品発表の機会が失われたことは大変残念。表現の自由や制作者の活動に、何らかの制約が加わらないか危惧(きぐ)している」と述べた。

4/1 異例!ドキュメンタリー「靖国」が、公開直前に上映中止決定! : 映画ニュース - 映画.com

配給元(アルゴ・ピクチャーズ)では、「日本社会における言論の自由表現の自由への危機を感じております」とし、近日中に緊急記者会見を開き、詳しい経緯や事情を説明する予定。

osahuneosahune 2008/04/01 02:28 こんばんは
大変憤りを感じてます。
稲田には頭山満翁の爪の垢でも煎じて飲んでもらいたいですね。
こんなことばっかやってるから日本はいつまでたっても4等国なんだと改めて感じた次第です

dj19dj19 2008/04/01 04:20 osahuneさん
さっそくコメどうもです。まさか全館で上映中止に追い込まれるとは思ってもいませんでした。ほんといい加減にしてほしいです。そして稲田議員や映画館に嫌がらせの電話をかけた右翼には恥を知れと言いたいですね。

gonsuke04gonsuke04 2008/04/01 07:55 稲田朋美を訴えましょう。とりあえず、映画鑑賞の機会を奪われた市民という立場からの損害賠償は誰でも可能でしょう。

nicksnicks 2008/04/01 10:38 チベット問題に関しては声高に人権を叫んだり、沖縄自決訴訟では司法に言いがかり付けたり…まあダブスタ甚だしい人達ですこと(笑)

skyway66skyway66 2008/04/01 20:56 それにしても圧力を掛けた右翼の街宣車が威力業務妨害にならないのが不思議ですね?ビラ配りを逮捕する位警察には人が余ってるのに(笑)

dj19dj19 2008/04/01 22:36 gonsuke04さん
自分は「稲田朋美に損害賠償を請求しよう!」とブログで訴えるだけにしときます(笑)

nicksさん
お互いウヨクの都合のいいダブスタには気をつけましょう(笑)

skyway66さん
そうですね。公安の有り余る予算と暇な人材も右翼の監視、逮捕にまわせるはずなのに(笑)

ni0615ni0615 2008/04/03 09:27 産経izaはやっぱり他サイトとのトラックバックに規制をかけて、私のエントリーを護って?くれてるようです。かな??
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/530385/

Connection: close