Transnational History このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

           Amazon.宇宙人ポール [DVD]マーシャル・ロー [DVD]グレート・ディベーター 栄光の教室 [DVD]オレンジと太陽 [DVD]

2009-01-05

[][] 産経の坂本鉄男記者の外信コラムがひどい  産経の坂本鉄男記者の外信コラムがひどいを含むブックマーク  産経の坂本鉄男記者の外信コラムがひどいのブックマークコメント

みなさん明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。さて、本年一発目のエントリーは産経新聞ローマ 特派員・坂本鉄男記者の記事についてです。なんでもイタリアに比べ日本は祝日が多いから日本人は働かない「怠け者」だ、なんだって。んなアホな。

1/4 【外信コラム】イタリア便り 怠け者の国?日本 - MSN産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/world/europe/090104/erp0901040235000-n1.htm

 私の年末行事の一つは、日本から送られてくるカレンダーにイタリアの祝日の印をつけることである。先日も日本とイタリアのカレンダーを並べ比較して、毎年のことながら日本の祝日のあまりの多さに驚いた。

 両国ともに土曜日は会社や学校は休みが多いから、土、日曜に祝日がぶつかるものを除くと、2009年の1年間に限っていえばイタリアの祝日は7日。これに対し日本は倍以上の15日もある。イタリアは祝日がない月が7カ月もあるのに、日本で祝日がないのは6月と8月だけだ。

 それだけではない。土曜日を含めた3連休を比べると、イタリアは年間3回しかないのに、日本では3連休が5回、5連休が2回もある。これに加えて、日本の官公庁や会社では年末と新年の三が日の休日も慣例になっているが、イタリアにはこんな習慣はない。もちろん、イタリア人は自分の有給休暇はフルに取る。しかし、これは自分の権利で、祝日とは関係ない。

 昔のイタリアでは、カトリック教の祭日を含め祝日・連休が多かったが、1977年に当時の経済危機を打開するため、政府が祝日の大削減を行い今日のようになったのである。

 日本人は、かつては「勤勉な国民」として世界に知られた。ところが、国が率先して祝日を乱造し「ハッピーマンデー制度」などという、他国民が知ったらあっけにとられる制度まで作り上げ、国民を「怠け者」にしたのである。(坂本鉄男)

いくらなんでもこんなおかしな比較はないでしょう。イタリアでは祝日以外にも、復活祭前後、クリスマス前後、そして、夏期のバカンス(夏期は1ヶ月近くで、しかも有給)と長期休暇があり、休暇 (週休と年休) は、憲法において放棄できない権利として保障されていて、民法典では、年休は連続で取得することが原則とされているんだそうですよ。

参考:イタリアから バカンスとストライキ 法制度と文化 神戸大学教授 大内伸哉

PDFhttp://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2005/10/pdf/091-092.pdf


どうみたって年間の休日で比べればイタリアの方が多いし、労働時間にしてもブログのサイドバーにもリンクしてある『社会実情データ図録』のデータ(ただしイタリアの年間実労働時間の統計はありませんが)をみると、日本人の方が働きまくりだろこれ。


■年間実労働時間の国際比較

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3100.html

f:id:dj19:20090105042349g:image:w590


長時間労働者比率の国際比較

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3130.html

f:id:dj19:20090105042154g:image:w590


上の表をみて、韓国の労働時間の長さが突出していることや、90年代までの日本がかなり長い労働時間であったことに驚いたりもするんですが、自分がこの坂本記者の記事で一番驚いたのは、いま日本では仕事や住居を失った派遣労働者のことが社会問題となっていて、「派遣村」のことなど大きく報道されているわけです。そんな時にこの記事ですよ。産経はよく掲載したなぁと呆れるばかりです。

dj19dj19 2009/01/05 19:16 ( ノ゜Д゜)イタリア在住のid:kmiuraさんご教示お願いしまーす

nsoderlandnsoderland 2009/01/06 03:53 産経記者が調査なしで気分で記事を書くとはひどい。

hummer_and_anvilhummer_and_anvil 2009/01/06 07:59 日本は週休二日を導入してやっとまともになった感じですね。

kmiurakmiura 2009/01/06 11:20 お呼び出しありがとうございます。遅ればせながら。
とはいえイタリアではなくドイツ在住なのでもうしわけないのですが、実は昨年に関連する記事を書いたことがあります。日本は祝日が多いんで一斉に休んでいることが多いという話で、総労働時間の話ではないですが。
http://d.hatena.ne.jp/kmiura/20071010#p1
で、ブックマークのコメントの方で社労士の李怜香さんが祝日と法定休日をごっちゃにしている、とのコメントがあってこのあたり詳しい話をきけたらな、とおもっていたのですが、そのままになっていました。次のリンクとかを参考にして、うえの記事の休日の数え方を再考する必要があります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011754225

dj19dj19 2009/01/06 20:51 nsoderlandさんへ
いくらなんでもこの評論はひどいですよね。国の休みが多いとその国民は「怠け者」という考え方そもそもに問題がある気がしますね(^^

hummer_and_anvilさんへ
一方でNHK国民生活時間調査では
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3125.html
「(日本での)長時間労働者比率は1995年の17%から2000年、2005年にはそれぞれ21%、22%へと増加している。」なんて調査結果もありますね(^^;

dj19dj19 2009/01/07 07:48 kmiuraさんへ
(昨日はビールを飲んだら急に頭がぼぉ〜としてきてそのまま寝てしまいました。すみません・・・)
それとイタリア在住と間違えてidコール(そっちでの休日数の話しなんかをちょっと教えてほしくて)を飛ばしてしまいました(^^;)お越しいただいて恐縮です。。。
エントリを読ませてもらいました。祝日と法定休日をごっちゃにしていたので再考が必要ということなんでしょうか?
休日数の国際比較が知りたくて「休日 世界 比較」でググってみたんだけど以下のような統計データがありましたよ。

未来経済研究室−日本の休日
(出典:独立法人労働政策研究・研修機構「データブック国際労働比較2005」)
http://www.study-mirai.org/works/ojo0505.htm
年間休日数の国際比較
(出典:厚生労働省の調査)
http://www.gender.go.jp/whitepaper/h19/zentai/danjyo/html/zuhyo/fig01_00_23.html
有給休暇の所得率の推移と年間休日 の国際比較
(出典:労働政策研究・研修機構「海外活動情報 2005年4月」より、国土交通省国土計画局作成)
PDFファイル:http://www.kokudokeikaku.go.jp/share/doc_pdf/2368.pdf