Transnational History このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

           Amazon.宇宙人ポール [DVD]マーシャル・ロー [DVD]グレート・ディベーター 栄光の教室 [DVD]オレンジと太陽 [DVD]

2009-02-20

[][] 破たんした小泉「構造改革」 社会と国民に何もたらした  破たんした小泉「構造改革」 社会と国民に何もたらしたを含むブックマーク  破たんした小泉「構造改革」 社会と国民に何もたらしたのブックマークコメント

以下の文章は「しんぶん赤旗」web版、2009年2月20日(金)の記事『破たんした小泉「構造改革」 社会と国民に何もたらした/貧困と格差 際限なし』から転載*1したものです。紙面では見開き2ページぶち抜きとなっています。

(原文は漢数字を使用していますが、読みづらいのでアラビア数字に変えてあります。)


貧困と格差 際限なし

「官から民へ」「改革なくして成長なし」。ワンフレーズ政治で「構造改革」路線をひた走った小泉政治。その「本丸」とされた郵政民営化問題で、麻生太郎首相が迷走発言を続けるなか、小泉純一郎元首相や竹中平蔵元経済財政担当相らがマスメディアに盛んに登場し、「構造改革」路線の“復権”をはかる動きもみられます。「痛みに耐えれば、明日はよくなる」どころか、「生きていけない」と悲鳴があがるほどの貧困と格差の惨たんたる状況に国民を追い込んだのが「小泉改革」でした。歴史の審判はすでに下っています。



雇用のルール破壊

派遣切り」・ネットカフェ難民

東京のど真ん中に、500人もの人たちが衣食住を求めて集まった「年越し派遣村」。大企業の理不尽な「非正規切り」で「人間としての誇りを奪われた」「自殺も考えた」との声が渦巻きました。貧困を目に見える形でつきつけ、政治を動かしました。

派遣村」に象徴される「使い捨て」労働の深刻な広がりは「構造改革」の名によるリストラの促進や労働法制の規制緩和がもたらしたものです。

この10年間で正規労働者が409万人も減り、その代わりに、非正規労働者が606万人も増えました。

自民公明、民主、社民などの各党が賛成した1999年の労働者派遣法改悪。派遣労働を原則自由化し、「派遣」という形での「使い捨て」労働の増加に拍車をかけました。

2001年に発足した小泉内閣は、「構造改革」を加速。まず「不良債権処理」の名で中小企業つぶしをすすめ、03年には、企業がリストラをすればするほど減税をするという「産業再生」法を延長・改悪し、大企業のリストラを後押ししました。

一方、派遣法を改悪し、04年3月からは製造業への派遣を解禁しました。この中で、もともと危ぐされていた派遣労働者労働災害が増加。07年の死傷者数(5885人)は、04年と比べると9倍という激増ぶりを示しました。

ネットカフェで寝泊まりしながら「日雇い派遣」で働く若者の姿が、底なしに広がる「働く貧困層」の象徴となりました。

ギリギリの生活を強いられている派遣労働の実態が大問題になり、日本共産党の論戦とあいまって政府でさえ派遣法の見直しを言い出さざるをえなくなりました。労働分野の規制緩和が破たんしたことは明確です。

しかし、米国の金融危機に端を発した景気悪化を口実に、08年後半、大企業は製造業を中心に大量の「派遣切り」「期間工切り」を始めました。被害は日増しに広がり、今日の日本社会を覆う最大の社会問題になっています。

景気のいいときには、正社員を派遣や期間工に置き換えて大もうけをし、景気が悪化したらモノのように使い捨てる、この大企業の横暴勝手を容易にする仕組みを作ったのが、労働の「構造改革」であり、今日の事態は、まさに政治災害そのものです。

f:id:dj19:20090220170917j:image



社会保障の連続改悪

医療崩壊国保証取り上げ

「わずかな年金は減らされたうえ、保険料の天引きは容赦ない」「病気になってもお金がなければ病院にもいけない」。「構造改革」による社会保障の連続改悪によって、こんな苦難が国民を襲いました。

その大もとにあるのが、小泉内閣が決めた社会保障費の抑制方針です。2002年度から毎年、社会保障費の自然増分から2200億円(初年度は3000億円)削減されてきました。

抑制の対象は医療、介護、年金、生活保護社会保障のあらゆる分野に及び、庶民への痛みの押し付けの結果、「生きること」自体が脅かされる実態が広がっています。

医療分野では、国民の負担増に加え、医療費削減を目的に医師数の抑制政策を続けたため、救急患者が救われない医師不足が社会問題化し、「医療崩壊」と呼ばれる事態が出現しました。

高すぎる国民健康保険料が払えずに正規の国保証を取り上げられた世帯は約158万世帯にまで広がっています。受診を控え、手遅れで死亡する例は後を絶ちません。

そのうえ、国民生活の最後の命綱である生活保護さえ切り縮められました。老齢加算の廃止で、「朝はパン1枚、昼はうどん」「暖房費節約のため、ストーブをつけず布団に入る」「風呂の回数を減らす」など生活の根幹まで切り詰めざるをえない実態です。(08年1月、全日本民主医療機関連合会の調査報告)

こうしたなか、昨年4月に導入された後期高齢者医療制度に、国民の怒りが爆発しました。同制度に対する不服審査請求は全国で一万件超。「『高齢者はいずれ死を迎える、お金も手間もかけなくてよい』という、人間性を喪失した制度だ」などの怒りの声があふれています。

日本医師会など医療関係40団体は08年7月、「社会保障費の年2200億円削減撤廃」を決議。国民の批判は、小泉内閣がしいた2200億円の削減路線そのものに向けられはじめました。

自公政権社会保障費の削減路線の転換は明言しないものの、09年度予算案で一時的な手当てを行い、社会保障費の実質の削減幅は230億円に “圧縮”せざるをえなくなっています。第二次小泉改造内閣で厚労相だった自民党尾辻秀久議員でさえ、1月30日の参院本会議で「乾いたタオルを絞ってももう水はでない。潔く2200億円のシーリングはなしと言うべきだ」と述べるなど、社会保障費削減路線の破たんを認めざるをえなくなっているのです。

f:id:dj19:20090220170916j:image



庶民負担増 大企業は減税

7年間で国民に50兆円近くも

小泉政権以来の増税などで国民負担は、年間13兆円も増えました。2002年度から08年度まで7年間の国民負担増を累計すれば、50兆円近くになります。

その一方で、大企業・大資産家への減税は、1998年以降の10年間に行われたものだけでも、大企業に年間5兆円、大資産家に年間2兆円、あわせて年間7兆円以上になっています。10年間の累計では、40兆円もの税収が失われました。

f:id:dj19:20090220170915j:image

f:id:dj19:20090220170914j:image



地方の切り捨て

激減する交付税・農業破壊

交付税が4割減って半分も補てんされない」「このままでは吉野は死んでしまう」

昨年7月。奈良県吉野郡で開かれた日本共産党の演説会に先立ち、市田忠義書記局長と懇談した地元町村長らから、こんな嘆きの声が率直に寄せられました。

「地方ができることは地方へ」をうたい文句に自民公明政権が強力に推進した「三位一体改革」は、農山漁村自治体を存亡の危機にまで追い詰めています。

実際、「三位一体改革」が断行された2004年から3年間で、国庫補助負担金は4.7兆円、地方交付税は5.1兆円がそれぞれ削減されました。一方、国から地方への税源移譲はわずか3兆円しかありません。地方自治体にとっては差し引き6.8兆円のマイナスです。

全国知事会は昨年7月の知事会議で、このままでは11年度までに地方自治体の財政が破たんするという衝撃的な試算を発表しました。とりわけ地方交付税が財政に占める比重が高い町村の財政は深刻です。

地方交付税の削減など、国による兵糧攻めからの生き残り策」「周辺町村が財政破たん寸前だった」。全国町村会の「道州制と町村に関する研究会」が昨年10月にまとめた調査報告でも、市町村合併の理由の柱に「三位一体改革」による交付税削減を指摘する声が相次ぎました。

国会でも、鳩山邦夫総務相が「急激にやりすぎた。失敗の部分がある」(12日、衆院本会議)と答弁。「三位一体改革」の破たんを認めました。

また、輸入自由化の促進による農業破壊、大型店の進出による商店街の「シャッター通り」化など、地方経済の冷え込みも深刻です。

しかし、自民党は、こうした“地方切り捨て”を反省するどころか、10年3月末の合併特例新法の期限切れを前に「おおむね700から1000程度の基礎自治体に再編」すると、いっそう合併を推進することを主張。さらに、政府は「時代に適応した『新しい国のかたち』をつくる」として道州制の導入を掲げています。

こうした動きには全国町村会が「強制合併につながる道州制には断固反対していく」と明記した特別決議を採択するなど、痛烈な反撃が巻き起こっています。



経済ゆがみ、ぜい弱に

 「戦後最悪の経済危機」(与謝野馨経済財政担当相)。内閣府が十六日発表した2008年11、12月期の国内総生産(GDP)が実質で前期比3.3%減(年率換算12.7%減)となったニュースは、衝撃を与えました。金融危機の震源地である米国よりも急激な落ち込みだったからです。なぜこんなことになったのか。ここにも、背景に小泉内閣いらいの「構造改革」があります。



極端な輸出依存

「衝撃 石油危機以上 輸出依存体質響き」(「毎日」17日付)、「外需依存の成長 岐路」(「日経」同)、「外需頼み 転換カギ」(「読売」同)といった見出しが商業メディアに目立ちました。極端なまでに輸出に依存した「経済成長」の破たんです。

構造改革」を掲げた小泉内閣が発足(01年4月)して以来の変化をみてみましょう。内閣府のGDP統計によると、所得や個人消費は低迷しているのに、輸出が極端に伸び、08年に失速します。財務省法人企業統計をもとに、製造業大企業(資本金10億円以上)の01年度と07年度を比較すると、経常利益は2.25倍に増えています。ところが、従業員給与は0.98倍と減っています。大幅に増えたのは株主への配当と社内留保です。一方、民間信用調査会社の調査では、法的整理による企業倒産が増えています。ほとんどが中小企業です。

自動車、電機など輸出大企業を中心に従業員や中小企業・業者にしわ寄せする形で、大もうけし、もっぱら株主に還元するという構図です。

f:id:dj19:20090220170913j:image



財界全面後押し

こうした企業体質をつくり出したのが、「構造改革」だったと、日本経団連会長の御手洗冨士夫キャノン会長が述べています。

「これは、何といっても構造改革の進展がもたらしたもの」「多くの企業でも、筋肉質の企業体質が形成されている。過剰設備や過剰債務、過剰雇用という、いわゆる『三つの過剰』は完全に解消している」(08年6月19日の講演)

文字通り、財界の全面的な後押しで推進されたのが小泉流「構造改革」でした。

財界が求める雇用など「三つの過剰」の解消を推進するテコと位置づけられたのが不良債権の強引な早期最終処理です。

小泉内閣が最初につくった「骨太の方針」(01年6月)は、不良債権処理の加速を通じて「効率性の低い部門から効率性や社会的ニーズの高い成長部門へとヒトと資本を移動することにより、経済成長を生み出す」とうたいました。小泉内閣は、リストラすればするほど減税する「産業再生」法を拡充、製造現場への労働者派遣を解禁しました。

f:id:dj19:20090220171213j:image



懸念したことが

この結果、「成長」したのは、「筋肉質」になった輸出大企業や大銀行だけでした。「不良債権」扱いされた中小企業は倒産に追い込まれ、大量の失業者が生まれ、正社員から賃金の安い非正規社員への置き換えが進みました。

あまりにも、国内経済を脆弱(ぜいじゃく)にしてしまった「構造改革」。政府の「ミニ経済白書」(07年12月)でさえ、輸出は増加しているが、家計部門が伸び悩むなか、米国経済など海外リスクが顕在化した場合、景気は「厳しい局面も予想される」と懸念していたことが現実のものとなりました。

f:id:dj19:20090220171212j:image

(写真)高層ビル群と職場へ急ぐ人たち=いずれも東京都内



推進者がいま「懺悔の書」

小泉流「構造改革」をめぐり居直る竹中平蔵元経済財政・金融担当相と対象的に「懺悔(ざんげ)の書」を書いたのは、中谷巌(なかたに いわお)氏。小渕内閣の経済戦略会議の議長代理として「構造改革」の提言をまとめた中心人物です。竹中氏も同会議のメンバーの1人でした。

中谷氏は自著『資本主義はなぜ自壊したのか』のなかで、「一時、日本を風靡(ふうび)した『改革なくして成長なし』というスローガン」にふれ、「新自由主義の行き過ぎから来る日本社会の劣化をもたらしたように思われる」として、「『貧困率』の急激な上昇は日本社会にさまざまな歪(ゆが)みをもたらした」と指摘。「かつては筆者もその『改革』の一翼を担った経歴を持つ。その意味で本書は自戒の念を込めて書かれた『懺悔の書』でもある」と書いています。



郵政民営化矛盾が噴出

小泉内閣が「構造改革」の本丸と位置付けた郵政民営化。その矛盾が噴出しています。

「私は郵政民営化を担当した大臣」(2008年9月12日、自民党総裁選の討論会)と自認する麻生太郎首相。その麻生首相が「(郵政事業の四分社化を)もう一回見直すべき時にきているのではないか。小泉首相のもとで(郵政民営化には)賛成ではなかった」(2月5日の衆院予算委員会)と言い出したのは、郵政民営化の破たんを象徴しています。

当時の小泉首相が「郵政選挙」までやって強行した郵政民営化のかけ声は「官から民へ」「民間でできることは民間で」「貯蓄から投資へ」でした。

「民間」といっても日米の大手金融機関のことです。もうけのじゃまになる郵便貯金簡易保険などの郵政事業をバラバラにするのが四分社化でした。

「貯蓄から投資へ」といっても、庶民の預貯金を呼び込もうとしている証券市場の売買の6割以上は外国人投資家。その大半はヘッジファンドとよばれる投機基金です。庶民の虎の子の財産が食い物にされかねません。

安心、安全、便利を願う国民にとっては「百害あって一利なし」の郵政民営化。その矛盾のあらわれは小泉流「構造改革」路線そのものの破たんを物語っています。 



“改革が足りないから”と居直る竹中氏だが…

小泉流「構造改革」がモデルにした本家の米国で、市場まかせの「新自由主義」路線が破たんしました。にもかかわらず、小泉流「改革」にしがみつこうとする勢力がいます。

1月1日放送のNHK番組で、小泉「改革」を推進した元経済財政・金融担当相の竹中平蔵氏は、大企業の「非正規社員切り」横行が社会問題になり、小泉「改革」に批判が強まっていることに、こう居直りました。

「大企業が非正規を増やすのは原因がある。正規雇用が日本では恵まれすぎている。正規雇用を抱えると企業が高いコストをもつ」

同一労働同一賃金」をやろうとしたが、反対されたとし、「(年越し派遣村などは)改革を中途半端に止めてしまっているから、こういう事態が起きている」。

竹中氏が“止まっている”という「改革」の中身は、正社員の賃金水準を賃金が安い非正規社員の水準に引き下げるという意味での「同一労働同一賃金」です。大企業の総人件費を抑えるのが狙いです。これでは、働いても働いても貧困から抜け出せない「ワーキングプア」を労働者全体に広げることにしかなりません。

しかも、竹中氏は「問題は、いまの正規雇用に関して、経営側に厳しすぎる解雇制約があることだ」(「竹中平蔵のポリシー・スクール」2月1日付)として、企業業績が悪化したら従業員を抱え込まなくていいような「新たな法律を制定することが必要だ」と主張しています。正社員を含めた“解雇自由法”をつくれといっているようなものです。

一方で、「日本を元気にしないといけない」として、最優先課題にあげたのが法人税率をもっと引き下げることでした(1月1日のNHK番組)。竹中氏がかかげる「改革」はあくまで、大企業のための「改革」を徹底しろということにすぎません。

f:id:dj19:20090220171209j:image:w480

*1:1人でも多くの人に読んでもらいたいと思い赤旗web版の中段ぐらいに掲載、紙面では左隅に掲載してある日本共産党の主張『痛み押しつけ 当初から批判/ルールある経済社会へ』という小見出しの文章は転載していません。(政党色が出ていると読むのを嫌がる人達がいそうなんで。)読みたい方はリンク先にてご確認ください。