Transnational History このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

           Amazon.宇宙人ポール [DVD]マーシャル・ロー [DVD]グレート・ディベーター 栄光の教室 [DVD]オレンジと太陽 [DVD]

2013-07-29

[][]フィリピン慰安婦(性奴隷)にされた被害者女性たちが抗議デモ フィリピンで慰安婦(性奴隷)にされた被害者女性たちが抗議デモを含むブックマーク フィリピンで慰安婦(性奴隷)にされた被害者女性たちが抗議デモのブックマークコメント

7月27日、安倍晋三首相はフィリピン大統領府でアキノ大統領と会談しましたが、外では戦時に慰安婦にされたフィリピン人被害者とその支援者による抗議活動が行われていました。


Philippine wartime sex slaves demand apology during Abe's visit

安倍氏の訪問中にフィリピンの戦時性奴隷(従軍慰安婦)への謝罪を要求

http://news.xinhuanet.com/english/world/2013-07/27/c_132579308.htm

f:id:dj19:20130729130257j:image:w600

f:id:dj19:20130729130300j:image:w600

f:id:dj19:20130729130259j:image:w600

f:id:dj19:20130729130258j:image:w600

プラカードの一部文字起こし

PM Shinzo Abe

We are victims of Japan's military sexual slavery

安倍晋三総理

私たちは日本軍性奴隷制度の犠牲者である


We are the proof the living witness of Japan's war crime

私たち生存者が日本の戦争犯罪の証拠だ


We want justice now!!

私たちはいま正義を望んでいる!!


We were forced

We were abused

We were violate

We were raped

by Japanese military during World War II

第二次世界大戦のあいだ日本の軍隊によって

私たちは強制された、虐待された、レイプされた、犯罪だ


他にも、「我々に起こったことが次の世代に起きてはならない」、「我々は、船(安倍氏ODAの名目でフィリピンに供与する巡視船)ではなく正義を望む」などのプラカードが掲げられたとのことです(他の報道による)。

安倍首相のフィリピン訪問への反発は、第一次安倍内閣の時から前科があるので自業自得としか言いようがないわけですが、それにしてもこうした被害者の声を認知できない国のトップが、ASEAN各国首脳らとの会談の場で憲法解釈で禁じられている集団的自衛権の行使について理解を求めたんだそうです。

その際、安倍首相は憲法改正に関し、「平和主義」や「基本的人権」などを「当然の前提」として説明しているんだとか。これ国の内と外で言動を使い分ける得意の二枚舌戦略なわけですが、「平成25年7月27日 内外記者会見 | 平成25年 | 総理の演説・記者会見など | 記者会見 | 首相官邸ホームページ」などでの外国人記者とのやり取りを読んでみると、どこまで理解を得られてるんだろね。


関連リンク


2013-07-27 Sex slavery victims rally in Manila - The Japan Times

性的奴隷制度の被害者がマニラで集会

http://www.japantimes.co.jp/news/2013/07/27/national/sex-slavery-victims-rally-in-manila/#at_pco=cfd-1.0&at_ord=7

MANILA – Six Filipino former sex slaves staged a rally Saturday near the entrance of the Philippine presidential palace as Benigno Aquino III held a meeting with Prime Minister Shinzo Abe.

“Justice for the grandmothers! Shinzo Abe, we are here, proof of the Japanese military’s sexual slavery,” Virginia Villarma, 84, shouted. “President Aquino, this is your chance. If you truly support us, convey our message to your friend, Shinzo Abe.”

Villarma was 14 when Japanese forces housed her and her sister in a garrison in Manila’s port area, forcing them to wash soldiers’ clothes, cook food and cater to their sexual needs, she said.

“The trauma is immeasurable, and that experience remains fresh in my memory,” Villarma, a member of Lila Pilipina (League for Filipino Grandmothers), said.

Villarma said she received financial help from the Asian Women’s Fund in 1996 and has heard apologies offered by Japanese officials and people. However, it’s not the same as redress from the Japanese government, she said.

Villarma and her five fellow sex slaves, known colloquially as “comfort women,” are backed by family members and a women’s rights group. They continue to demand an unequivocal apology and compensation from the Japanese government.

They also want official acknowledgment of Japanese military sexual slavery in Japan’s historical accounts and books about the war.

“Many of us have died, and many of those still alive like me are already weak and sickly. But we will not give up on our struggle to get justice,” Villarma said.

Of the original 174 members in Lila Pilipina, 73 have died, the most recent on July 12. From the Malaya Lolas (Free Grandmothers) group, 55 women have died out of 92 original members.

“I am begging for the mercy of both the Philippine and Japanese governments. We suffered so much during the Japanese occupation because aside from raping women in my home place in Pampanga, the soldiers also separated the men and killed them and burned our houses,” Isabelita Vinuya, president of Malaya Lolas and a former sex slave, said in an interview.

Joms Salvador of the women’s rights group Gabriela, which joined the protest, expressed fear that a new generation of sex slaves may evolve even before the original ones get justice with the planned granting of access to Philippine military facilities for the U.S. military and Japanese Self-Defense Forces.

“We demand justice for the comfort women and we also denounce any expansion of Philippine-Japan-U.S. military cooperation, which will breed the next generation of comfort women,” Salvador said.


Philippine wartime sex slaves demand apology during Abe's visit

http://news.xinhuanet.com/english/world/2013-07/27/c_132579308.htm

COMFORT WOMEN: 'HUSTISYA PARA SA MGA LOLA'

http://www.rappler.com/nation/34961-comfort-women-justice http://labanforthelolas.blogspot.jp/2013/07/the-lolas-are-at-palace-again-voltaire.html

フィリピンで元慰安婦らがデモ 安倍首相訪問に合わせ

http://www.asahi.com/international/update/0727/TKY201307270242.html

河野談話の堅持求める=慰安婦問題で比(フィリピン外務省

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201305/2013051501102&g=pol


●8月11日(日)東京で、フィリピンから性的奴隷従軍慰安婦)にさせられた被害者女性たちが来日し国際シンポジウムが開催されます。詳しい情報は以下リンク先をお読み下さい。


歴史のねつ造は許さない!  日本軍慰安婦」メモリアル・デーを国連記念日に!! - 河野談話を守る会のブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/kounodanwawomamoru/64031179.html

 とき:2013年8月11日(日)

10:30 開 場

11:00〜フィリンピンから日本軍慰安婦」被害者証言

12:00〜休憩

13:00〜国際シンポジウム

16:30 閉 会

 場所:東京ウィメンズプラザ・ホール

    http://www.pbls.or.jp/event/map_tokyo-womens-plaza.html

    東京都渋谷区神宮前5-53-67「渋谷駅」下車徒歩12分、

    「表参道駅」下車徒歩7分(地下鉄銀座線半蔵門線千代田線

参加費: 1,000円

 主催:日本軍慰安婦」問題解決全国行動

    8・14を国連記念日にしよう! キャンペーン


【国際シンポジウム 戦時性暴力被害者から変革の主体へ】

基調講演:

  ■女性の参加が平和を持続可能なものにする

   〜安保理決議1325号のコアメッセージ〜

   アンワラル・チャウドリー(元国連安保理議長)


  ■日本軍慰安婦」被害者が変革の主体になるとき

   尹美香(韓国挺身隊問題対策協議会常任代表)

  ■記憶を普遍化し、未来に引き継ぐことの意義

   岡真理京都大学教員)

  ■特別参加フィリピンから 日本軍慰安婦」被害者証言

  ■ファシリテーター 渡辺美奈(日本軍慰安婦」問題解決全国行動)

(中略)

●特別参加(フィリピンから)

・レチルダ・エクストレマドゥラさん

リラ・ピリピーナ(被害者と支援者の組織 LILA Pilipina)のコーディネーター。被害者の正義の回復とともに、性暴力を生みだす軍隊のありようそのものを問う運動を展開。「パマナ」(継承者)を組織したり、フィリピン国内の各大学と連携するなど、継承と教育も常に視野に入れて活動している。

・ピラール・フリアスさん

ルソン島南カマリネス州生。16歳の時、洗濯をしているところに現れた2人の日本兵にナイフで顔を刺されるなどの後、輪かんされる。村が焼かれ学校に避難。日本軍部隊により、3人の女性と一緒に昼夜腰縄で繋がれたまま、山中をゲリラ討伐に連行され、輪かんされる日々が続いた。

・エステリータ・デイさん

1930.4.28、ネグロス島タリサイ市生。83歳。1944年14歳のとき、市場に物売りに出かけ、ゲリラ討伐に巻き込まれ、女性たちと一緒に、日本軍駐屯地に連行され、輪姦される。昼は日本兵の服の洗濯と掃除、夜は輪姦という日々がアメリカ軍がタリサイ市に来るまで続いた。

(以下略)