Hatena::ブログ(Diary)

月を掬すれば

2009-04-06

[] 17:45

また好きな曲を見つけたので和訳してみました。

今回はちょっと難しかったですね。


Broken Glass Syndrome/Halifax


I did everything you did to me to you

But I'm out of ammunition

So I'll take these words and fire them into your chest

Find a new place for them to rest

Seize up your insides, tearing your flesh

Open up and let them in


I'll write your name across the wall

With all the blood that spills from my heart

Break my limbs and stretch my skin

Until my hands can

reach across the floor

Feel for this pile of broken glass

I'll hand you the sharpest one

To place it right in my back


You did everything to me I did to you

This is the last song that your getting

Cause we're through

The only thing left perfect

Was states we put between us

cause you know I'm always writing you postcards

telling you how good it feels not to have you here


I'll write your name across the wall

With all the blood that spills from my heart

Break my limbs and stretch my skin

Until my hands can

reach across the floor

Feel for this pile of broken glass

I'll hand you the sharpest one

To place it right in my back


So far so good

It takes a miracle

You're only half as good as you seem [For someone]

To hear me in this world

Your halfway descent


I'll write your name across the wall

With all the blood that spills from my heart

reach across the floor

Feel for this pile of broken glass


I'll write your name across the wall

With all the blood that spills from my heart

Break my limbs and stretch my skin

Until my hands can

reach across the floor

Feel for this pile of broken glass

I'll hand you the sharpest one

To place it right in my back




あんたが俺にしてくれたことの全てを、俺もあんたにしてやった

だが俺はもうガス欠状態なんだ

だから俺はその言葉を受け取ってあんたの胸に焼き付けてやる

新しい場所を見つけるんだ

あんたの想いを断ち切って、その身体を切り裂く

そこにこんな言葉を植えつけるんだ


壁にあんたの名前を書くんだ

俺の心から流れ出す血でな

骨を砕き、皮膚を伸ばす

俺のこの手が

底に届くまで

砕けた硝子の山を探し回って

一番尖った破片をあんたに渡そう

俺の背中を刺すために


俺があんたにしてやったことの全てを、あんたも俺にしてくれたな

これがラストソングだぜ

だって俺たちは終わろうとしてるんだからさ

ただ一つ完璧だったのは

俺たちの間にあった距離だな

だってあんたは俺がいつも

ここに俺がいないことがとても清々しいって

伝える手紙を書いているのを知っていたから


壁にあんたの名前を書くんだ

俺の心から流れ出す血でな

骨を砕き、皮膚を伸ばす

俺のこの手が

底に届くまで

砕けた硝子の山を探し回って

一番尖った破片をあんたに渡そう

俺の背中を刺すために


今のところ調子はいいぜ

全くの奇跡だ

あんたはあんたが言うほどいい子じゃなかったな

これを聞いているどっかの誰かの為にも

あんたは言うほどまともじゃなかった


壁にあんたの名前を書くんだ

俺の心から流れ出す血でな

底に届くまで

砕けた硝子の山を探し回って


壁にあんたの名前を書くんだ

俺の心から流れ出す血でな

骨を砕き、皮膚を伸ばす

俺のこの手が

底に届くまで

砕けた硝子の山を探し回って

一番尖った破片をあんたに渡そう

俺の背中を刺すために

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/djhbb/20090406/1239007528