Hatena::ブログ(Diary)

思索の海 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

歯切れが悪いのは仕様です。


2006-08-07

[]crazy trickその2

あまり暗〜いエントリが一番上にあり続けるのもどうかと思うので、久しぶりにフリスタの記事を。

といっても、HPやmixiでは大分前に上げてしまった"Rip Walk"の話題です。ちなみに、以前Mirageからの技特集の時にも"Mirage->Rip Walk"の動画は公開してるので、そのちょっとした違いなんかを。

んで、こっちがMirageからのやつです。

あくまで僕の場合ですが、動画を見てみるとアラクロからの場合が高くて大きいリップ、ミラからの場合がコンパクトな感じになってると思います。

これは、アラクロとミラの特徴の違いによると思います。

アラクロはジャンプの力があるので、比較的ボールを高く上げやすい。でも、着地までの時間+リップに跳ぶための"溜め"の時間がいるので、「比較的余裕のある高さに上げて頑張ってまたぐ」というような感じでやってます。まあもちろんアラクロからでもコンパクトにやる人はたくさんいるので、好みなのかもしれませんが。

一方、ミラの場合はかなり頑張らないと高さが出ません。また、高さだけを求めるとバランスが崩れて次のリップが飛べなくなってしまいますし…というわけで、そこそこの高さに上げたら"跳ぶ"というよりその場で足を入れ替えるぐらいの感覚でリップにいきます。ちなみにミラだとずっと足が地面に着いてるので次の動作に移るのは比較的楽な感じです。

僕はどちらかというと大きく足が回る方が好きなんですが、いかんせんクロオバ&アラクロのコントロールが悪すぎでなかなかリップまで行けないんですよね…結局、ちゃんと基本頑張れよ!ということです。