Hatena::ブログ(Diary)

DUEL MASTERD RSSフィード

2012/11/25

デッキ

http://dmvault.ath.cx/deck678185.html

コンセプト?

覇、獰猛、ローゼス、ウエディングなど、たった1枚で戦況が変わるカードが多いE2環境において、相手に手札を与えるのはリスクと考えた結果のデッキ。

当初はローゼスやトリプルマウス対策でマッドネスを積む形があるのだろうと予想していたが、関東前の結果を見る限りでは上位にマッドネスを入れる傾向が無かったため、安心してハンデスを12枚積めた。

ビッグマナのデッキの他にビートダウンがE2環境の要であったが、それに対しても《ゴースト・タッチ》は強いカードであると自信を持っていたので、このデッキタイプを選ぶのには時間は掛からなかった。

(余談ではあるが、ビッグマナと速攻という環境は、過去のAG構築に似た感じだったというのもボルメテウスを選んだ理由のひとつ)

動き

バレル→マウスで手札を断ち、ボルメに繋げるのが基本。ボルメで1パン。次ターンに3体でパンチして勝つ!というのが基本。

ゼニスはウエディング出されたら(エレガンスが生き延びたら)、投了。速攻はS・トリガーが機能しなかったら投了。

思ったこと

  • ラゴンはSAでトドメさしにいったり、エレガンスへの除去カードとして活躍した。
  • リーフストームは、デュアルショックの為。トラップは重すぎた。あと、序盤にチャミリアとかメイ様とか除去るのに。
  • ミツルギブーストは強いんだろうけど、使わなかった。赤マナとして、序盤のチャミ(ryとしては重要なポジションには居た。

対戦

【予選】

1回戦 vs. 白緑アリバイマドンナ

  • 最も厳しいと思われるデッキタイプ。
  • ボルメをブロックするマドンナはキツいと思ったけど、ボルメの1stアタックで盾から2枚落ちてったのみてホッとした。もし、マドンナが出されても良いようにハンゾウを入れておいたのは正解だった(使ってないけど)。

2回戦 vs. 白青黒闇エンジェル

  • チャミリアをデーモン・ハンドで除去してくれたおかげもあって、ボルメ出しても生き延びた。ボルメを生き残らせるためのエサとして、ドローソースとしても使えるチャミリアはE2環境で非常に強い存在。
  • 黒エンジェルは盾がなくなるのが辛いと思っていたが、ヘブンズダブルテイルやベガのおかげで、そこそこ立ち回れる存在なのだろう。

3回戦 vs.白黒赤緑獰猛

  • ハンデス+マナチャージで獰猛が2枚見えていたので、比較的安泰だった。10溜まってたのでトップで引かれる恐れがあったのは怖かった。
  • ビートダウン対策でS・トリガー系が多かったみたいだが、それも見据えていた(?)、ボルメは良いカード。

【本戦】

1回戦 vs. 白黒緑ゼニス

  • ギフトチャミリアは強いと思った。後半のギフトローゼスにも使えるし、序盤から手札を使ってもチャミリアで回収すれば問題ないのだろう。
  • ちょいと選択ミスして、コチラのボルメに対してゼロカゲを握られたが、トップのハンデスカードで解決したあたりは運の良さ。

2回戦 vs. 赤緑ビート

  • 「ビートに対してはチャミリア」という考えが脳内から離れず、また、赤緑・黒緑の動きを把握していなかったのが敗因。序盤から徹底的にハンデスに徹していれば、相手のマナが延びることはなかっただろうに。少なくとも2〜3回は、あらゆるデッキを自分で回してみて「自分だったら〜」を覚えておこう。
  • 負け惜しみ:チャミリアを出せるであろうターンに「多色」引いて動けなかったんだよ!

終わりに

来年は、もう1段階ステップアップを目標に!

いるであろうデッキタイプを一通り構築、経験することが大切。・・・あと、2週間くらい前からvaultを観戦するだけでも効果あり!

2012/05/24

週末サプライ。

ブシロードスリーブコレクションHG はつゆきさくら

キャラクタースリーブコレクション ToHeart2 ダンジョントラベラーズ

2012/05/18

[] クロスオーバーデッキ

f:id:dmd:20120519220029p:image:w460

捲りまくり、上がりまくりの《円堂 守》を使ったクロスオーバーデッキ。バーニングチャンスでは2〜3枚めくり、BP+1,000ぐらいは朝飯前!ありとあらゆる攻撃を突破フェイズで止めてくれるはず!?

デッキ

《円堂 守》

  • メインブロッカー。レベルを上げなくてもバーニングチャンスで勝手にパワーが上がる強力カード。ディフェンダーのくせに攻撃にも参加できるが、まず、使わない。

《バーン》《ガゼル》

  • メインアタッカー。互いにサポートしあう能力のおかげで、常にレベル4が維持できるカード。左右どちらからでも攻められるので、非常に使いやすい。

《ジ・イカロス / アイアンウォール》

  • 手札交換カード。サーチするカードが乏しいので、貴重な1枚。パワーを上げる効果はオマケ程度。

フィールド

MFにFWとDFを繋げるカードをチョイスした程度。化身を使わないので、キズナさえ繋がれば何でも良い感じ。

ゴールキーパー

《バーン》《ガゼル》をはじめとして【エイリア石】を持つカードがいくつかあるので、GKは《デザーム》。突破されてしまった場合は、デザームの能力で手札を調整したい。

メモ

サーチカードが無いので、どうしても展開できない場面が多く、思うように動けないのが欠点。また、相手の動きに合わせて《円堂 守》を設置しても、逆サイドを突かれるとどうしようもないのが辛いところ。

クロスオーバー】のカードが出るであろう今後に期待!

2012/05/17

2012/05/16

DMメモ。

先週あたりからか「ローラン、ローラン」という情報を目にすることがおおく、

        ____
        /     \
     /   ⌒  ⌒ \   何言ってんだこいつ
   /    (●)  (●) \
    |   、" ゙)(__人__)"  )    ___________
   \      。` ⌒゚:j´ ,/ j゙~~| | |             |
__/          \  |__| | |             |
| | /   ,              \n||  | |             |
| | /   /         r.  ( こ) | |             |
| | | ⌒ ーnnn        |\ (⊆ソ .|_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_

f:id:dmd:20120515235006p:image:medium:left

とか思ってスルーしてたんですけど、《ヒラメキ・プログラム》と一緒に使うんですね!

2ターン目から3ターン目にかけて綺麗に動くので、「こんなカードに目を付ける変わり者もいるんだな〜」と関心しちゃいましたよ。(^^;;


f:id:dmd:20120515235005p:image:medium:left

ホーガンをはじめとする8コストクリーチャーと合わせて、面白いことができそう。ただ、2種類のカードを3ターン目までに引ききる強運を常に身につける必要があるので、コンボデッキ止まりなのかな?というのが率直な感想ではあるね。

2012/05/04

[]爆熱!イナズマジェネレーション!!

強いカードだけをチョイス

円堂 守 IG-06-002

f:id:dmd:20120430142212j:image:medium:left

バーニングチャンスでクロスオーバーのカードを捲ればもう1枚!特に制限などが設けられていない為、デッキの中身をクロスオーバー持ちばかりにすれば、ムフフ♪な状況を作り出せるカード。

ただし、全てのカードをクロスオーバー持ちにするとデッキアウト負けするので、ほどほどに。「ドロー!モンスターカード!!」が楽しめる1枚。

ゴッドキャッチ IG-06-016

f:id:dmd:20120430142213j:image:medium:left

パワーの勝ち負け関係なしに、得点で劣っていれば「バーニングフェイズ」と「バーニングフェイズ+」を無効化する超優秀カード!

バーニングフェイズ+って?』と思い、調べてみると、化身技でバーニングフェイズを持つカードには、全て「バーニングフェイズ+」って書いてあった。つまり、どんなバーニングフェイズカードも防いでしまうってこと!

・・・「バーニングフェイズ」しか防げない《三国太一/プロモ》が不憫でならない。(´・ω・`)