Hatena::ブログ(Diary)

まっくんち

2017-01-22

dmx962842017-01-22

64GB外部メモリー

元々、ソニタブP用に使えるかと思い購入。

でも、64GBは認識できませんでした。後にズルトラ用に活用。

  

品名:microSDXC 64GB クラス10

メーカー:東芝

東芝 microSDXC 64GB Class10 UHS-I 防水 耐X線 TOSHIBA 海外向パッケージ品 [並行輸入品]

購入時期:2014年10月

 

2017-01-21

dmx962842017-01-21

2016年12月分発電量

まっくんシャープ太陽光や五十鈴の丘京セラ・ハンファ太陽光同様、GTIハンファ実験暦月での発電量を積算記録していきます。

太陽光発電診断 : ソーラークリニックへのデータ登録することで、日射量と比較することで、経年劣化の目安にもなります。

 

GTIによる発電量は、実験所ですので、すべてコンセント供給による自家消費となります。

 

2016年12月分

発電量(a)              59kWh(111.3%当月予想対比)

計画値              53kWh

ソーラークリニック予測量    60kWh

直近の1年間発電量     792kWh

 

f:id:dmx96284:20170114174759p:image

 

2015年 9月〜総発電量(積算予想比率)

1,007kWh82.9%)

 

f:id:dmx96284:20170114174823p:image

 

ソーラークリニックの発電月報で確認したら、*1

 

f:id:dmx96284:20170114171711p:image

予測発電量(kWh) = 斜面(パネル面)日射量(kWh/m2)×システム出力係数(0.8)×パネル容量(kW)÷標準日射強度1.0(kW/m2

 

コンセント供給型GTIの場合(系統連系パワコンに比較すると約2割大幅な効率低下です。

もともと発電量が少ないので、GTI自身での消費内部ロスが高いものと思われます。

さらに、春分の日秋分の日の期間は、太陽高度の関係で午前11時頃まで、屋根設置ではないため、日影ができて発電量大幅低下

基準換算 *2    223

前月比       95%

前年同月比    92%

過去同月比    92%

 

グラフでのソーラークリニック予測値について下記の通り、パネル面日射量×0.7で算出しています。

ソーラークリニック抜粋

気象地点のデータは、基準(予測)発電量からパネル面日射量に変更しました。

  従来の算定式: 基準(予測)発電量=パネル面日射量×0.7

  従来の発電指数が100の場合、比は0.7になります。

  比が0.7の場合、パネル温度の上昇やパワコンの変換ロスなどにより30%のロスが発生していることを意味します。

*1:リアルタイムランキング100件順位:85位

*2:kWh/4kW=a/1.06*4

2017-01-20

dmx962842017-01-20

2016年12月分発電量

まっくんシャープ太陽光同様に、五十鈴の丘発電所京セラ・ハンファ太陽光、毎月電力会社の検針とは別に暦月での発電量・買電量・売電量等も積算記録していきます。

太陽光発電診断 : ソーラークリニックへのデータ登録も兼ねて電力検針同様、エクセルにて記録管理。

 

2016年12月分

発電量(a)     1374kWh(122.9%当月予想対比)

[日最大発電量  73kWh]

買電量(b)        2kWh

売電量(c)     1373kWh

消費量(a+b-c)    3kWh

直近の1年間発電量 23,898kWh

 

f:id:dmx96284:20170114172436p:image

 

2013年 4月〜総発電量(積算予想比率)

66,484kWh118.0%)

 

f:id:dmx96284:20170114172503p:image

 

ソーラークリニックの発電月報で確認したら、*1

 

f:id:dmx96284:20170114171711p:image

予測発電量(kWh) = 斜面(パネル面)日射量(kWh/m2)×システム出力係数(0.8)×パネル容量(kW)÷標準日射強度1.0(kW/m2

 

五十鈴の丘の場合

基準換算 *2    274

前月比       95%

前年同月比   101%

過去同月比   101%

 

グラフでのソーラークリニック予測値について下記の通り、パネル面日射量×0.7で算出しています。

ソーラークリニック抜粋

気象地点のデータは、基準(予測)発電量からパネル面日射量に変更しました。

  従来の算定式: 基準(予測)発電量=パネル面日射量×0.7

  従来の発電指数が100の場合、比は0.7になります。

  比が0.7の場合、パネル温度の上昇やパワコンの変換ロスなどにより30%のロスが発生していることを意味します。

 

発電量が過去同月最高記録更新

f:id:dmx96284:20170114172542p:image

でも、パネル面日射量とは逆転。不思議な現象である。??

*1:リアルタイムランキング100件順位:66位

*2:kWh/4kW=a/20.09*4

2017-01-19

dmx962842017-01-19

2016年12月分発電量

毎月電力会社の検針とは別に暦月での発電量・買電量・売電量等も積算記録してます。

太陽光発電診断 : ソーラークリニックへのデータ登録も兼ねて電力検針同様、エクセルにて今までの記録管理。

 

2016年12月分 [ ] 内はエコガイドTVより

発電量(a)     418kWh[386](110.0%当月予想対比)

[日最大発電量  21kWh]

買電量(b)     412kWh[381]

売電量(c)     319kWh[303]

GTI(d)       59kWh*1

消費量(a+b-c+d) 570kWh[522]

直近の1年間発電量  6,366kWh

 

f:id:dmx96284:20170114171621p:image

 

2000年11月〜総発電量(積算予想比率)

97,710kWh100.6%)

 

f:id:dmx96284:20170114171646p:image

 

ソーラークリニックの発電月報で確認したら、*2

 

f:id:dmx96284:20170114171711p:image

予測発電量(kWh) = 斜面(パネル面)日射量(kWh/m2)×システム出力係数(0.8)×パネル容量(kW)÷標準日射強度1.0(kW/m2

 

我が家の場合

基準換算 *3    299

前月比       97%

前年同月比   101%

過去同月比   121%

 

グラフでのソーラークリニック予測値について下記の通り、パネル面日射量×0.7で算出しています。

ソーラークリニック抜粋

気象地点のデータは、基準(予測)発電量からパネル面日射量に変更しました。

  従来の算定式: 基準(予測)発電量=パネル面日射量×0.7

  従来の発電指数が100の場合、比は0.7になります。

  比が0.7の場合、パネル温度の上昇やパワコンの変換ロスなどにより30%のロスが発生していることを意味します。

*1:GTI実験による発電は全量自家消費

*2:リアルタイムランキング100件順位:57位

*3:kWh/4kW=a/5.59*4

2017-01-18

dmx962842017-01-18

新料金メニュー

またまた、前回の改定から僅か1年で全料金メニューの見直しです。

四国電力が、家庭のお客様向けの新しい料金メニュー

おとくeプラン

を4/1から開始します。

f:id:dmx96284:20170116202320p:image

比較的ご使用量の多い方におススメです。

との宣伝文句ですが、1年以上継続すると実は

(少ない方も新たな{ありがとう割引}が適用されるのでお得になる)

ご使用量に応じて三段階に分かれている料金単価のうち、三段目単価を割安に設定したメニューです。

条件としてよんでんコンシェルジュへの登録が必要で、紙の検針票による電気使用量のお知らせがなくなります。

 

また、新たに、従量電灯A,B契約以外の一般的な家庭向けのメニューに{ありがとう割引}が適用されます。

具体的には、契約を継続することで、1年に1回電気料金が1,032円割引されます。

f:id:dmx96284:20170116202341p:image

指定する対象プランをご契約していれば、申込みは不要です。

 

文中にも記載しましたが、

従量電灯A契約の家は、使用量に多少に関わらず新しい「おとくeプラン」に変更した方がお得になると思われます。(毎月の使用量が極端に少ない場合(25kWh未満)を除く)

口座割引が適用されなくなりますのでその割引相当分が25kWhとなる。

なぜなら、{ありがとう割引}が適用されます。

2017-01-17

dmx962842017-01-17

ムーヴ燃費記録1/14

燃費記録はreCooにも登録する事で、他の登録者との燃費比較も可能となるので利用しています。

給油日 1/14

今回給油時の燃費 15.68km/L  

走行距離 418.7km

燃料   26.65L

購入単価  119円/L

  

通算燃費 16.5、最高 20.4、最低 13.1

(過去2年分の平均燃費は16.18Km/L)

カタログ値10・15モード 23.0km/L

 

先代ミラの燃費

通算燃費 16.7、最高 20.3、最低 12.2

排気量は同じだが、車両重量並びにトランスミッションの違いによりムーヴのほうが悪いようである。

車両重量 ムーヴ>ミラ

ミッション ムーヴ:CVT ミラ:マニュアル

ランキングは全体で、27,888人中 8,612位でした。

同じ型式車両では、45人中11位でした。

従来の全体・排気量別のほか、同じ型式・地域別によるランキング表示が可能となった。

グラフ表示は、ランキングのほか燃費・CO2総排出量・価格の4種類表示が可能です。

2017-01-16

dmx962842017-01-16

Glow Hockey

ホッケーゲームのフリー版

 

コンピューター対戦一人プレイと同じ画面での二人プレイを楽しめます。

2017-01-15

dmx962842017-01-15

エアコン導入

夏場の機器収納庫内温度上昇対策として換気扇だけではどうしても40℃超えとなる。

 

高温によりパワコンの寿命が短くなる恐れがあるので、空調設備を検討していたところ中古を手に入れることができたので、パネル増設時に設置した。

 

品名:ルームエアコン 霧ヶ峰

型式:MSZ-GM222

メーカー:三菱電機

購入時期:2015年5月

 

FL1307|ルームエアコン 三菱 MSZ-GM222-W 2.2kW 12年製 中古 6畳 壁掛け

 

運転するのは夏場の温度上昇の恐れの高い時期に稼働させています。

 

したがって、夏場は自家消費が発生し売電量が少し低下します。

2017-01-14

dmx962842017-01-14

逆流防止ダイオード

コンセント供給GTI実験所の太陽電池パネルは、物干し波板屋根に設置。

 

本来なら、自宅の屋根設置が理想ですが、2000年に系統連系屋根太陽光を設置しているので、スペースがない。

 

したがって、春分の日から秋分の日まで間は、2階屋根の影になる影響で、大きく発電量が低下します。

2枚並列を2セットのGTIに接続している関係で、影になるパネルが負荷となりGTIへの電流入力が大幅に減少される。

 

各パネルのプラス側のコネクタへ接続しました。

設置個数:4個

f:id:dmx96284:20160508115031j:image

MC4コネクタ一体型「逆流防止ダイオード」(10A)  

もちろん、影が発生しない場合は不要ですが、取り外し取付が煩わしいので、ダイオードは付けたままです。

2017-01-13

dmx962842017-01-13

石油ストーブ点火ヒータ交換

替え芯に続き、点火ヒータ交換しました。

 

ある朝、ストーブに火をつけようとしましたが、点きません。

電池を新品にするも変化なし、点火ヒータが明るくなりません。

 

永年の点火の繰り返しでヒータが断線していました。

品名:トヨストーブ純正点火ヒータ

商品コード:11027112

メーカ:トヨトミ

トヨトミ 純正点火ヒーター(11027112)【あす楽対応_関東】【宅急便コンパクト対応】*

 

交換修理時期:2017年1月