Hatena::ブログ(Diary)

まっくんち

2017-02-25

dmx962842017-02-25

デジタルハイビジョン液晶テレビ修理

妻の実家へHELP GO

 

勝手口外灯交換に続き、テレビ修理。

2006年製 Panaspnic TH32LX60

パナソニック 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-32LX60

 

修理時期:2017年2月

 

リモコン・並びに本体電源スイッチのどちらで電源ONにしても、テレビ画面が点きません。

 

本体電源スイッチを押したままだと画面点灯して、リモコンでもON-OFFできるようになります。

f:id:dmx96284:20170206113500j:image

本体電源スイッチの不良が原因と推定されるため、スイッチ交換しました。

f:id:dmx96284:20170206133400j:image

同じものはさすがに容易に手に入らないので、代用スイッチにて修理実施。

 

交換後、スイッチ操作で正常に機能するようになりました。

 

現在ではリモコン操作のほとんどの機種がコンセントに電源コードプラグを挿したまま使用しています。

したがって、本体電源は常時ONのまま通電していますので、スイッチ内部接点不良に陥ったものと推察されます。

2017-02-24

dmx962842017-02-24

糖代謝検査6.3%↓

前回検査から約4ヵ月経過し、HbA1c(ヘモグロビンA1c)ほか血液検査と尿検査してもらった。

昨年末12/26の予定でしたが、クリニックの都合により予約を伸ばしました。

前回よりさらに0.2ポイントダウン

 

この調子でコントロールしていかないと、将来膵臓の機能が低下して分泌されるインシュリンがなくなると薬や注射のお世話にならなければならないそうです。

 

今回も、中性脂肪も基準値オーバーとなり、悪い傾向。

 

基準判定(ものさし)が世界標準値になったようです。

 

基準値4.6〜6.2%(NGSP)世界標準

代謝検査 (H29. 2.22) 6.3%

代謝検査 (H28.10.24) 6.5%

代謝検査 (H28. 6.20) 6.6%

定期健診  (H28. 5.25) 6.3%

代謝検査 (H28. 2.29) 6.3%

代謝検査 (H27.12.17) 6.1%

代謝検査 (H27.10. 8) 6.6%

代謝検査 (H27. 7. 2) 6.4%

定期健診  (H27. 5.25) 6.1%

代謝検査 (H27. 3. 9) 6.4%

代謝検査 (H26.12.22) 6.5%

代謝検査 (H26. 9.26) 6.2%

代謝検査 (H26. 7.25) 6.4%

代謝検査 (H26. 5.26) 6.4%

定期健診  (H26. 5.20) 6.0%

代謝検査 (H26. 2.21) 6.6%

代謝検査 (H25.11.25) 6.5%

代謝検査 (H25. 9. 2) 6.3%

代謝検査 (H25. 6.24) 6.4%

定期健診  (H25. 4.23) 6.2%

代謝検査 (H25. 2.27) 6.2%

代謝検査 (H24.12. 5) 6.4%

代謝検査 (H24. 9.12) 6.3%

代謝検査 (H24. 6.25) 6.4%

定期健診  (H24. 4.27) 6.5%

 

NGSP基準を6%以内に維持できるようしっかり運動して筋肉をつけて、基礎代謝を上げることが重要だそうです。

薬に頼らないで何とか基準値内を維持したいものです。

 

今後の自分なりの反省注意点

肉類は、毎食で連続して取らないよう心がける。

うどんラーメンのスープは残す。

この程度なら今後改善・期待できそうである。

 

次回は3ヵ月後の5/17、来院して継続検査してもらいます。

 

基準値4.3〜5.8%(JDS)日本標準

定期健診  (H22. 4.26) 6.1%

定期健診  (H23. 4.22) 6.4%

代謝検査 (H23. 6.13) 5.7%

代謝検査 (H23. 9. 5) 6.0%

代謝検査 (H23.11. 7) 6.1%

代謝検査 (H24. 1.27) 6.5%

代謝検査 (H24. 2.24) 5.5%

定期健診  (H24. 4.27) 6.1%

代謝検査 (H24. 6.25) 6.0%

代謝検査 (H24. 9.12) 5.9%

代謝検査 (H24.12. 5) 6.0%

代謝検査 (H25. 2.27) 5.8%

定期健診  (H25. 4.23) 5.8%

6月以降は新基準のみ

2017-02-23

dmx962842017-02-23

タンブラー

ゆうちょ銀行の「ずっとゆうちょキャンペーン」

 

選べるグッズをもれなく1点プレゼントで手に入れました。

 

入手時期:2017年2月

2017-02-22

dmx962842017-02-22

かまいたちの夜2

PS2用サウンドノベルゲーム

タイトル:かまいたちの夜2 監獄島のわらべ唄

発売元:チュンソフト

購入時期:2002年7月

かまいたちの夜2 監獄島のわらべ唄

2017-02-21

dmx962842017-02-21

常用蓄電システム構想

我が家の屋根太陽光の倍額買取は、2019年11月で終了予定。

 

その後の売電単価は不明。

 

再エネ法による買取価格の推移を見る限り、現行の倍額買取前のレベル(以前は買電単価の第二段階と同じ)には戻りそうにない。

 

そこで、2020年までに家庭用蓄電池の導入を検討していたが、あまりにも高額なので、コンセント供給実験で採用したGTIを活用した常時連系タイプの蓄電実験を思いつきました。

最新のグリッドタイインバータは、太陽電池だけでなく蓄電池にも対応している模様。

 

GTI蓄電実験概略図(最小構成2kWh程度)

f:id:dmx96284:20170120053504p:image

図中の機器はイメージです。

 

UPSなど非常用蓄電池はいろいろ発売されているが、常用蓄電システムは非常に高価なので、低価格GTIによる充放電実験構想です。

GTI・蓄電池インバータなど主要機器は中華より輸入することで低価格システムを構築する。

もちろん、DC-ACインバータを利用することで、非常用蓄電池システムにも併用できます。

 

最大の課題は、充電&インバータにおけるAC-DC-AC変換における実効率が、どの程度になるか興味もあり重要ポイントである。

蓄電池について大和製罐株式会社お役立ち情報ページに公開されています。

 

こればかりは実際にやらないと解らないということで、まずは最小構成からチャレンジ!

2017-02-20

dmx962842017-02-20

町一斉清掃&消化訓練

当初、2/5の予定でしたが、雨天のため1週間延期となり、町内一斉清掃(2/12朝7時開始〜9時)でした。主に草刈・空き缶拾いを中心に各戸より1人参加が義務です。全戸60名弱程度で実施。

両親も高齢となり、私が参加。

年に2回定期的に実施していますが、夏の一斉清掃に比べて雑草が少ないです。

 

その後、消化訓練ということで、消火栓の取扱い・放水訓練が30分程度あった。

ホースのジョイント手順、消火栓の開閉方法、放水ノズルの取扱いなどを実習を交えて体験しました。

2017-02-19

dmx962842017-02-19

Handrite Pro

紙のスタイルで、手書き並びに画像添付できるメモアプリ有料版

 

無料のliteもあります。

 

ソニタブPを保有していた時に便利そうなので有料版を手に入れたのだが、ズルトラに移行してから、全く利用していない。

 

ズルトラ標準搭載のノートが同様な便利アプリでした。

2017-02-18

dmx962842017-02-18

2017年1月分発電量

まっくんシャープ太陽光や五十鈴の丘京セラ・ハンファ太陽光同様、GTIハンファ実験暦月での発電量を積算記録していきます。

太陽光発電診断 : ソーラークリニックへのデータ登録することで、日射量と比較することで、経年劣化の目安にもなります。

 

GTIによる発電量は、実験所ですので、すべてコンセント供給による自家消費となります。

 

2017年1月分

発電量(a)             66kWh(117.9%当月予想対比)

計画値             56kWh

ソーラークリニック予測量    68kWh

直近の1年間発電量     803kWh

 

f:id:dmx96284:20170218055150p:image

 

2015年 9月〜総発電量(積算予想比率)

1,073kWh84.5%)

 

f:id:dmx96284:20170218055151p:image

 

ソーラークリニックの発電月報で確認したら、*1

 

f:id:dmx96284:20170216062858p:image

予測発電量(kWh) = 斜面(パネル面)日射量(kWh/m2)×システム出力係数(0.8)×パネル容量(kW)÷標準日射強度1.0(kW/m2

 

コンセント供給型GTIの場合(系統連系パワコンに比較すると約2割大幅な効率低下です。

もともと発電量が少ないので、GTI自身での消費内部ロスが高いものと思われます。

さらに、春分の日秋分の日の期間は、太陽高度の関係で午前11時頃まで、屋根設置ではないため、日影ができて発電量大幅低下

基準換算 *2    249

前月比      112%

前年同月比   120%

過去同月比   120%

 

グラフでのソーラークリニック予測値について下記の通り、パネル面日射量×0.7で算出しています。

ソーラークリニック抜粋

気象地点のデータは、基準(予測)発電量からパネル面日射量に変更しました。

  従来の算定式: 基準(予測)発電量=パネル面日射量×0.7

  従来の発電指数が100の場合、比は0.7になります。

  比が0.7の場合、パネル温度の上昇やパワコンの変換ロスなどにより30%のロスが発生していることを意味します。

*1:リアルタイムランキング100件順位:85位

*2:kWh/4kW=a/1.06*4

2017-02-17

dmx962842017-02-17

2017年1月分発電量

まっくんシャープ太陽光同様に、五十鈴の丘発電所京セラ・ハンファ太陽光、毎月電力会社の検針とは別に暦月での発電量・買電量・売電量等も積算記録していきます。

太陽光発電診断 : ソーラークリニックへのデータ登録も兼ねて電力検針同様、エクセルにて記録管理。

 

2017年1月分

発電量(a)     1535kWh(130.0%当月予想対比)

[日最大発電量  86kWh]

買電量(b)        2kWh

売電量(c)     1531kWh

消費量(a+b-c)    6kWh

直近の1年間発電量 24,168kWh

 

f:id:dmx96284:20170217060346p:image

 

2013年 4月〜総発電量(積算予想比率)

68,019kWh118.3%)

 

f:id:dmx96284:20170217060347p:image

 

ソーラークリニックの発電月報で確認したら、*1

 

f:id:dmx96284:20170216062858p:image

予測発電量(kWh) = 斜面(パネル面)日射量(kWh/m2)×システム出力係数(0.8)×パネル容量(kW)÷標準日射強度1.0(kW/m2

 

五十鈴の丘の場合

基準換算 *2    306

前月比     112%

前年同月比   121%

過去同月比   121%

 

グラフでのソーラークリニック予測値について下記の通り、パネル面日射量×0.7で算出しています。

ソーラークリニック抜粋

気象地点のデータは、基準(予測)発電量からパネル面日射量に変更しました。

  従来の算定式: 基準(予測)発電量=パネル面日射量×0.7

  従来の発電指数が100の場合、比は0.7になります。

  比が0.7の場合、パネル温度の上昇やパワコンの変換ロスなどにより30%のロスが発生していることを意味します。

 

発電量が過去同月最高記録更新

f:id:dmx96284:20170217060348p:image

 

*1:リアルタイムランキング100件順位:66位

*2:kWh/4kW=a/20.09*4

2017-02-16

dmx962842017-02-16

2017年1月分発電量

毎月電力会社の検針とは別に暦月での発電量・買電量・売電量等も積算記録してます。

太陽光発電診断 : ソーラークリニックへのデータ登録も兼ねて電力検針同様、エクセルにて今までの記録管理。

 

2017年1月分 [ ] 内はエコガイドTVより

発電量(a)     462kWh[425](119.1%当月予想対比)

[日最大発電量  25kWh]

買電量(b)     456kWh[319]

売電量(c)     345kWh[328]

GTI(d)       66kWh*1

消費量(a+b-c+d) 639kWh[583]

直近の1年間発電量  6,456kWh

 

f:id:dmx96284:20170216062856p:image

 

2000年11月〜総発電量(積算予想比率)

98,172kWh100.7%)

 

f:id:dmx96284:20170216062857p:image

 

ソーラークリニックの発電月報で確認したら、*2

 

f:id:dmx96284:20170216062858p:image

予測発電量(kWh) = 斜面(パネル面)日射量(kWh/m2)×システム出力係数(0.8)×パネル容量(kW)÷標準日射強度1.0(kW/m2

 

我が家の場合

基準換算 *3    331

前月比      111%

前年同月比   124%

過去同月比   116%

 

グラフでのソーラークリニック予測値について下記の通り、パネル面日射量×0.7で算出しています。

ソーラークリニック抜粋

気象地点のデータは、基準(予測)発電量からパネル面日射量に変更しました。

  従来の算定式: 基準(予測)発電量=パネル面日射量×0.7

  従来の発電指数が100の場合、比は0.7になります。

  比が0.7の場合、パネル温度の上昇やパワコンの変換ロスなどにより30%のロスが発生していることを意味します。

*1:GTI実験による発電は全量自家消費

*2:リアルタイムランキング100件順位:57位

*3:kWh/4kW=a/5.59*4