Hatena::ブログ(Diary)

まっくんち

2017-08-06

dmx962842017-08-06

エコノナビット速報

エコノナビットによる月間発電量推移・予想(発電診断システムによるシミュレーション値)との比較をしてみた。

 

エコノナビットとは、京セラのパワーモニタで、我が家の消費電力いつでも見える化と題してDIY設置した三菱のエコガイドTVと同類の表示器である。PCに接続し発電データを吸い上げることができる。

また、発電診断システムとは、同じく京セラ太陽光発電システムの性能診断を発電実績によりシミュレーション値と比較するソフトウェアである。

エコガイドTV同様にデータ収集無線化しました。

 

2017年7月分

  • 発電量   2609kWh

(積算値演算異常により、既設分も含めてパワコンから直接得た数値ではなくエコノナビットのCTを介した総売電データとなるため、既設・増設の比較ができなくなった。また、実発電量より数%高くなるが、夏場は換気空調による自家消費分が差し引かれ少なくなる。)

 

  2690 同月過去最高

   113 日最大

    24 日最小

  2034 予想値

 

f:id:dmx96284:20170801200428p:image

 

五十鈴の丘発電所も余剰配線方式ですが、現在のところ、接続している負荷が非常に少ないため、消費量がわずかであるので、消費量、売電量、自家消費、買電量はグラフ化していません。

理論上は、発電量≒売電量(売電率99%以上)である。

 

最高発電日 7/13

f:id:dmx96284:20170801200502p:image

 

グラフ上の日量データはエコノナビットの30分毎平均値より算出しているため、上記日最大値と異なることがある。