Hatena::ブログ(Diary)

ど寒ブログ

※ コメントについて。早速スパムコメントが来ましたので、「承認制」に変更しました。

2016-06-30

初めての盛岡

21:48

日曜日、仙台から盛岡に移動。

実は盛岡に降り立つのは初めてです。通過した事はあるんですけどね。

仙台に続いて『初めての街を歩く』シリーズです。こちらも『乗ったことのないバスに乗る』事になりました。旅情満点ですね。

盛岡の市内バス“でんでんむし”。名称は公募で選考されたとのこと。“慌てないで行きましょう”っていうメッセージかも。

でんでんむしは循環バスで、右回りと左回りがあります。間違っても目的地には着きますが、だいぶ時間が違ってきます。運賃はどこまで乗っても\100。

でんでんむしを使う事になったのは、宿が駅からちょっと遠かったせいです。ライブ会場は駅の近くで、宿にチェックインしてから行くには徒歩では時間がかかりすぎ。そこでバスを使うことにしました。

でんでんむし、市内の要所を通りますので、車窓からいろいろ見られました。石割桜盛岡城、開運橋を渡り、菜園地区を通ります。おかげで下見にもなりました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/docan/20160630

2016-06-29

島村楽器仙台イービーンズ店、訪問

| 01:16

島村楽器フルートを習っていますが、旅先で、他の店舗を見に行くのが趣味になっています。

というわけで、先日の旅行のおり、行って来ました、仙台のお店。仙台近辺には5店舗あるようですが、仙台駅からすぐの「島村楽器仙台イービーンズ店」に行きました。

イービーンズというテナントビルに入っていますが、このビル、アニメイトなどの若者向けのお店が多いようです。島村楽器もLM*1に重点を置いているようで、そちら方面の専有面積が広いです。(たぶんマーケティングの結果なんでしょうね。若者が多いということですし。)音楽教室もありまして、レッスン室は5室。インストラクター*2は、フルート電子ピアノサックスと3名いらっしゃいます。

幸い、フルートの先生とお会いできて、いろいろお話を聞くことができました。同じ系列なのでいろいろ話題があります。夏の発表会「Your Stage」に出ること、店舗で主催するいろいろなイベントのこと、また自分があちこちの店舗巡りを楽しんでいる事…などです。(あと、小さな声で「フルートのインストラクターさんがいらっしゃるのに、フルートの現品の在庫、少ないですねぇ」とか…(笑)。)たいへん有意義なお話が聞けました。

また、ギターの在庫をながめるのも楽しみの一つです。あらかじめウェブページで調べていきましたが、Gibsonが新しく3本とか、(いま自分が注目している)フォルヒが複数本あるとか…。でも週末でお客さんも多いし、試奏まではしませんでした。(6/11のフェアではフォルヒが10本くらい来たそうです…。惜しいっ!!)

最後に、記念として音楽柄のネクタイを1本買いました。今はクールビズの季節ですので、寒くなった頃に使う事にします。

ヱヴァンゲリヲン フィギュア ワールド2016

| 01:43

島村楽器を出てエレベーターに乗ろうとすると、エヴァのポスターが…。思わず近寄って読むと、フィギュアの展示会をやっているようです。よくよく見ると同じビルの上の方のフロア。これはせっかくの機会なので行かないと!と早速向かいました。

フィギュアと言いましても海洋堂の製作ですので本格的、間違いのないものです。後から調べたのですが、この展覧会シリーズ、昨年から高知名古屋淡路と開催してきたようで、仙台は最終なのかな?とにかく、偶然ですが入れてラッキーでした。

以下、フィギュア展示物の画像が多数ありますが、このイベントは「撮影OK」、むしろ奨励、ハッシュタグをつけてツイートすれば作品の応募になるので、どんどん応募してください…というものです。知っていればデジイチ持ってきたんですけどね(笑)。まぁスマホでもいろいろ撮れますので、撮って楽しみました。(調子に乗ってたくさん撮りましたが、掲載したものはほんの一部です。)


エントランス。

f:id:docan:20160630005537j:image


下の方にこのビルの名前が…「E Beans」の状況のモニターなんですね(笑)。

f:id:docan:20160630005538j:image


こんな感じで、50〜60cmのケースの中に、たくさんのジオラマが作られています。

f:id:docan:20160630005540j:image


新劇場版もあります。

f:id:docan:20160630005541j:image


使徒、襲来。

f:id:docan:20160630005545j:image


シンジ、初号機との対面。上の方にゲンドウも見えます。

f:id:docan:20160630005544j:image


乗っ取られた3号機をダミープラグで撃破…というか惨殺。

f:id:docan:20160630005546j:image


零号機、再起動実験で暴走。

f:id:docan:20160630005547j:image


零号機、ロンギヌスの槍を投擲。

f:id:docan:20160630005548j:image


渚カヲル

f:id:docan:20160630005549j:image


同じジオラマを別の構図で。立体物ですのでいろいろな構図ができます。それが楽しい!

f:id:docan:20160630005550j:image


シンジとカヲル連弾

f:id:docan:20160630005552j:image


劇場版「Air」より、弐号機がエヴァシリーズに食われるシーン。

f:id:docan:20160630005551j:image


ドリンクコーナーではエヴァのコラボ、スペシャルなドリンクが飲めます。

f:id:docan:20160630005542j:image


初号機を注文。初号機カラー、グレープスムージーです。

f:id:docan:20160630005543j:image


そして庵野監督による「シン ゴジラ」のポスターも。

f:id:docan:20160630005553j:image


いやぁ、楽しいです。会場内はエヴァの劇伴BGMがずっと流れていて、それだけでもワクワクです。自分としては、昨年、演奏会でフルートで吹いた曲もありますので余計に高まります。偶然出会えて良かったです。


…というわけで、今世紀初上陸の仙台で行った場所は、おもちゃ屋・ライヴハウス島村楽器エヴァ展でした(笑)。まぁ、自分らしいと言えば、らしいんですけどね…。

*1:LMとは、ライトミュージック。つまり、クラシック以外の音楽、というほどの意味です。

*2:お店所属の音楽講師を当店ではこう呼んでいるようです。音楽講師でもあり、レッスンがない時間には楽器販売も行う正規の店員でもあるわけです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/docan/20160629

2016-06-28

レトロなオモチャ

| 01:56

先日の旅行の折り、レトロなオモチャを品揃えしているお店に寄りました。実は、「音の出るオモチャ」を探していてネットで見つけたのですが、実店舗は仙台でして、ちょうど翌週の旅行先だった…という巡り合わせです。

通販で買うと、オモチャ自体は安い物ですが、送料がバカになりません。送料無料まで買い物するとエライ量になってしまいますので、躊躇していました。このチャンスを逃す手はないぞ、と思い、足を伸ばしたのです。


仙台駅。ここから市営バスに乗りました。ものすごーく久しぶり(たしか今世紀初めて)の町で、全く初めてのバスに乗る…ドキドキですね。これも旅の醍醐味ですね。

f:id:docan:20160629012701j:image

240系統「宮町三丁目」で下車、料金\180、バス停から徒歩5分程度です。


お店はすぐにわかります。住宅街の、そう車が多くない通りに面しています。…とはいえ、バス通りですから、交通量はそれなりにあります。

f:id:docan:20160629012702j:image


お店の名刺をいただきました。本業は文具店で、名刺印刷や印鑑も取扱います。でも、お店の面積の6割くらいは昭和レトロおもちゃ!オジサン、目が輝いちゃいましたよ!!!(店内の様子は撮影自粛)

f:id:docan:20160629012703j:image


で、何を買ったかというと、こんな感じです。思わずついでに余計な物も…(笑)。

f:id:docan:20160629012815j:image


これが欲しかったのです。セミカチ。ブリキのおもちゃですが、裏にブリキ板がついていて、指で押す旅にキコキコ…と音がします。(やや、やかましい。)これがセミの声を模しているらしい…のですが、実際のセミの声とは似ていません。

f:id:docan:20160629012817j:image


次はこれ。水笛。笛を吹くと鳥のような音色が出ます。普通に吹いても鳴りますが、中に水を入れて吹くと、コロコロというかピロピロというか、うがいをする時みたいに音がころがりながら出てくるのです。

f:id:docan:20160629012818j:image


あとはオマケというか衝動買い。お店のおばちゃんに「何か音の出るオモチャありますか?」と聞いて出してくれたのがこれ。ビュンビュンというので、たぶんビュンビュンと音が出るんでしょう。

f:id:docan:20160629012819j:image


これもついでに買いました。けん玉。音が出るオモチャじゃないです(笑)。いや、なんか上の4点だけだと安すぎて申し訳ない気がするというか、せっかく来たんだからもっと買いたいというか…(笑)。

f:id:docan:20160629012820j:image

でもけっこう好きなんですよ、けん玉。懐かしくて、やってみたくて、買いました。


ここまで書いて何ですけど、まだセミカチしか音出ししていないんですよね…。(ブリキ板を押すだけなので、パッケージから出さなくても音出しができます。)今、深夜だし、明日またやります。


なぜ音を出すオモチャが必要になったかといいますと、フルート演奏会の時に伴奏CDを作って、それに合わせてフルートを吹くのですが、夏のイメージがある曲なので、イントロと間奏に“夏らしい効果音”を入れたいな、と思ったのです。去年もやった、“アズキを使った波の音”も、また入れるつもりです。いろいろ入れて、にぎやかにしたいです。題して「夏の擬音まつり」…(笑)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/docan/20160628

2016-06-27

迷惑な客

| 23:59

…とりあえず、帰宅しました。




とあるライブでの迷惑な客の話です。


とても静かなしんみりする歌(たぶんファンのみんなが大好きな曲)の時に、お客さんで口ずさんでいる(いや、口ずさむなんていうおとなしいものじゃなくて大きな声で歌っている)方がいまして、周囲にきこえていました。『よりによってこの曲の時に…迷惑な客だなぁ、雰囲気壊してるよ…』と正直イラッとしました。多くのお客さんは同じ気持ちだったんじゃないかと思います。歌い手さんも気になった(気にさわった…が本当のところじゃないかと推察します)らしく、1度目は曲間に、人差し指を口に当ててその人の方に向けて「シーッ」と合図。これ、イエローカードだな、普通はこんなことしないもんな、と思いました。

その時は一旦おとなしくなったけど、またすぐ歌い出したものですから、曲の後、歌い手さんからあらためてお願いトークが。「みんな静かに聴きたい曲だから、静かに聴いてね。ごめんね、あとでもう1度歌います」と、前代未聞のMC。これで2度め、レッドカードです。つまりこの迷惑客、ライブの進行を妨害してしまったわけです。

ところがその迷惑客、懲りずにまだまだ歌う歌う…。もっと静かな曲の時にもまた聞こえてきたし、アンコールでもう1度同じ曲を歌ってくれた時にもまたまた歌うし…。これ完全にアウトだなぁ…と私は思いました。

終演後、仲間と飲みましたが、同じ事を言っている人もいました。でも素晴らしかったライブの後なので楽しく飲みたいから、この話は一切しない事にしよう、と申し合わせました。イライラのレベルは、悪口を言いまくるよりも(逆に)かなり上の方に行っているわけです。

もちろん一緒に声を出した方が盛り上がる曲もたくさんあります。でも曲調はバラード系が多い歌い手さんですし、隣に聞こえるような声で歌ってはダメだと思います。(ちなみにお客さんの多くはシャイで真面目なボーイ(元・も含む)でして、ほぼおとなしく聴いている人たちです。)


その迷惑客のもう一つダメなポイント。会場は満員で、フロアに並べた椅子もいっぱい、立ち見が出ている状態です。そんな中、迷惑客の隣には荷物が置いてありました。誰か連れでも来るんだろう、と初めのうちは思っていたのですか、いっこうに来る気配が無く、最後まで荷物がありました。私も立ち見だったのですが、けっこう疲れましたし、お隣に立っていた方はもっとつらそうでした。実は、普通のまじめそうな人相風体の方なら「お隣、空いてますか?」と聞きに行きたかったのです。でもやめました。サングラス・付けひげ・ネコ耳。あんまりお近づきになりたくない感じです。(すみません、私、人を見かけで判断しちゃいます。でもこれ、リスクを避けるための小心者の生きる知恵です。)誰かアーティストのマネをしていたみたいなんですけど、そのアーティストの印象まで悪くなっちゃうのにね。加えて、遠征組から見たその町のイメージもね。


一つ心配だった事がありまして、それが終演後も抗議しなかった理由なんですけど、この迷惑客、何か障がいを持っているんじゃないかなぁ?って事です。(以下、障がいのある方をディスるつもりは一切ありません)ADHDASD自閉症の子って、言葉の婉曲的な意味を理解するのが苦手、空気を読むのが苦手です。つまり言われた言葉をそのとおりに受け取ります。こういう子への対応は慎重にしなければなりません。(普段から「察しと思いやり」の精神で、余計な事は言わない…って心がけている人は、逆にしないといけないのです。)その辺りを心配しました。(たぶん、無駄な心配だと思うのですが…。)もしもそうだった場合は、次回のライブにはぜひとも保護者(又は後見人)と一緒に来ていただきたいなぁ、と思った次第です。


でもでも、振り返ると、私も時々歌ってます…。もちろん静かな曲の時はやりませんけど。ノリの良い曲ではサビの部分のコーラスパート(3度上)をそれなりの声で歌っています。迷惑にならないつもりではあるんですけど、もしかしたらこれも不快に感じられているお客さんがいるのかも…?今後は気をつけよう…と思った次第です。


似たような話、アイドル系でもありました。「隣のヤツが大声で歌ってたけど、おかげであの子の声が聞こえないよ。オッサンの声が聞きたくて来たんじゃないぞ。」みたいな感じです。皆さん、特に地声の大きな方、お気をつけください。

でも、声じゃないけど、アイドル現場では「ヲタのジャンプ見たくて来たんじゃねぇぞ。あの子が見えないじゃないか。」って声は割と少数派かも知れません。どっちかというと「ジャンプしてなんぼ」の世界みたい。わたしゃ、見たいし、聞きたいから、ファミリー席にいますけどね。

こういうのってその場に来る人のコンセンサスですよねぇ。どこに線を引くか、はっきりさせるのは難しいですけど…。(でもほら、クラシックのコンサートでは、演奏中はジャンプどころか立ち上がってもマナー違反ですよね。)

まぃまぃ 2016/06/29 17:59 先日ライブでお世話になりました。どかんさんのお近くの方だったんですね。私もとても気になっていました。聴きにきてるんじゃないのかなって。自身口パクで歌ってしまうことはありますが、あんなに声を出すなんて、歌い手さんからしても不快ですよね。あんな大人にはなりたくないと思ってしまいました。

いきなりコメントしてすみません。今後ともよろしくお願いします‼

docandocan 2016/06/30 01:50 まぃさん、コメントありがとうございます。

コメント二つ同じのが待機状態でしたので、片方のみ表示することにしました。勝手に、すみません。

さて、ライヴの件。私の仲間もそうですけど、皆さん大人ですねぇ。ライブ楽しかったからあえて文句を口にしない…。飲み会でもそうでしたけど、ネット上にも出てきません。スゴイな、いづみファン。
私は、怒る気持ちもありつつ、一方で「自分は大丈夫かな?」という気持ちになっています。

また良かったらコメントください。励みになります。見てくださる方がコメントしたくなるような文を書きたいんですけど…なかなか難しくて…。でもまぁ、とりあえずブログ続けます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/docan/20160627

2016-06-26

盛岡なう。

21:58

という仮更(笑)。

加藤いづみライブ 20160626

01.一番高い電信柱で

02.元気でね バイバイ

03.坂道

04.ドライヴ

05.新世界

06.あこがれ

研1.金色のライオン

研2.シンガーソングライター

研3.帰れない町

07.好きになって、よかった

08.休息

09.シャンプー

10.毎日がexamination

11.最後の恋の見つけ方

12.愛する気持ち

E1.君のこと

E2.想い出がいっぱい

E3.星空のジェットプレイン

E4.Snow Bird

E5.Zero

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/docan/20160626