Hatena::ブログ(Diary)

花ドクターが贈る・ニコニコ生活の法則 RSSフィード

「花癒し4:心身が疲れてきたときにはシクラメンを!」

シクラメン

  

| 17:09

   

   夏が終わり、秋を感じ 心と体が充実した時期が過ぎると

   まもなく冬の準備の季節。

   心なしか寒さが肌身に感じ、秋の実りをあじわったあとに

   体調の不調も感じる今日この頃・・・

   季節のせいか体調不良のせいかもわからずついつい

   疲れた日々を過ごすもの。

   そんなあなたを元気付けるお花がシクラメン

   鮮やかな色はあなたを元気付け、

   白は気分をさっぱりとさっせてくれます。

   それもそのはず これからの時期は元気の出る色合いの

   お花がすくなくなってしまうのです。

   お花はいづれも影をひそめ、新たな時期の到来を

   まっているのですがこのシクラメンだけは別。

   たくさんの葉っぱの中には球根が隠れていて

   冬でもたくさんのお花を咲かせてくれるのです。

 

   さてこのシクラメン

   サクラソウ

   原産地は地中海東北部沿岸です。

   17世紀に数種の野生種がパレスチナシリアなどから

   西ヨーロッパに持ち込まれ、イギリスフランスオランダ

   ベルギーに広がったようです。

   シクラメンを園芸として従事する人々は裕福な特権階級

   雇われている人や、一部の特権階級の人のものでした。

   それは貴族などが栄華をしめすため、

   チュウリップやシクラメンの球根に目をつけ改良を施し、

   庭園にはバラをあしらったりしたものとおもわれます。

 

   しかし、1760年代にイギリス産業革命が始まり、

   1830年代にはフランス革命がおこり、

   一般の人々も豊かさを増すようになってきました。

   この頃から特権階級っだけではなく多数の人達が親しむように

   なりました。


   日本では大正時代に入ってきたようです。

   1970年代には米、野菜生産の農家からの転向組みが生まれ

   経済発展に伴いシクラメンの消費も品種も拡大しました。

   シクラメンは非常に開花期間が長く、

   1輪の花の寿命は20日以上もちます。


   花の色も赤、ピンク、白はもちろん最近では黄色、オレンジ

   二色ミックスに花の小リンやねじりタイプなどが

   出回っています。

   開花期は10月から4月くらいまで市場に出回ります。


   置く場所ですが明るく日当たりの良いところにおきます。

   夜間気温が10度以上にならないところがよく、10度以上に

   なると草丈が伸びて、はなもちがわるくなります。

   花が終わったら風通しの良く日当たりの良い場所におき

   潅水を続けると新芽が出ます。

   選ぶときは葉っぱや花芽がしっかり詰まった物を選ぶように

   しましょう。

   当店もそうですが私たちはまず商品を見て今年の出来を

   生産者で判断して店頭に並べています。

   決してシクラメンは全てが同じではありません!

   もちろんお安いディスカウントタイプや高級贈答タイプで

   選別し入荷させます。

   お選びの際は当店スタッフに気軽にご用途、選び方など

   お聞きくださいね。

   また、今は水を上げるのに都合の良い底面給水タイプという

   下に水をためるところがついた

   ものが主流ですのでこのタイプを

   おすすめしております。

   さて今年の冬はあなたの身近にシクラメンを飾って

   暖かい気持ちでお過ごしくださいね。


   http://www.e-878.ne.jpもご覧下さい。