Hatena::ブログ(Diary)

哲学者=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』 このページをアンテナに追加 RSSフィード



【山崎行太郎の著書】



哲学者=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/


2015-07-03

dokuhebiniki2015-07-03

「小林よしのり」から「百田尚樹」へ。つまり、マンガ右翼からネット右翼へ。安倍政権が、ネット右翼文化人たちの「応援団」に支えられていることを暴露した「百田尚樹(言論弾圧発言)事件」は、現代日本の思想的病巣を暴露する事件でもあった。


現代日本思想的病巣とは何か。たとえば、佐藤優が『知性とは何か』で指摘するところの「反知性主義」もその一つかもしれない。百田尚樹の「言論弾圧発言」をひはんするのに登場した「小林よしのり」を見ていると、百田尚樹にしろ「小林よしのり」にしろ、現代日本の「反知性主義」を体現した人物であろう。


また百田尚樹を批判するのに、憲法の「表現の自由」とやらを持ち出すジャーナリズム文化人も、同類だろう。我々はは、表現の自由」が憲法でほしょうさr得ていようがいまいが、百田尚樹の発言はおかしいだろうと思う。

(続く)



人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ (続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html f:id:dokuhebiniki:20150623214716j:image

2015-07-02

ネット右翼とネット左翼の同一性。「百田尚樹言論弾圧事件」以来、ネット右翼への批判が強まっているが、実は、ネット右翼以前に、「ネット左翼」というものが存在していたという歴史的現実があったことを、忘れてはならない。私は、ネット右翼を擁護するつもりもないが、「ネット左翼」を擁護するつもりもない。どっちもどっちだからだ。


人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ


今朝、「テレビ朝日」の「モーニングバード」とかいう番組を、「女子サッカー」を見た後、ぼんやり眺めていたら、「小林よしのり」という元ネット右翼、マンガ右翼が、インタビューで登場して、さかんに「ネット右翼」を批判していたので、爆笑してしまった。


「小林よしのり」は、今は「ネット右翼」ではなく、「ネット右翼批判者」らしい。こういうのを、マッチポンプと言うのではなかったかな(笑)。「ネット右翼」とは別にネット右翼現象」とでもいうべき社会現象が、日本社会に蔓延している。それは別にネット空間だけに存在している現象ではない。


文壇にも論壇にも、そして学会にも、テレビや新聞にも、そして一般庶民社会にも存在している。さしずめ、テレビ朝日にも、「ネット右翼現象」はある。


テレビ朝日が、「小林よしのり」に注目し、「小林よしのり」という「元祖ネット右翼」にインタビューする時点で、それを示している。テレビ朝日の関係者は、「小林よしのり」が、これまで、どういう内容の言論活動をしてきたかを知らないらしい。


そもそも、「マンガで、政治を語る」ことが、「ネット右翼現象」の始まりである最近テレビ局員も、マンガかそれに類するものしか読まないのであろう。


かって日本の戦後左翼は、戦時中は「戦争協力者」でありながら、その過去や経歴を隠して、戦後は、「我々は戦争に反対だった」「我々の言論弾圧された」と叫び、つまり反戦平和主義」に転向し、戦後の時流に乗って、「反戦平和」の闘士として活躍した。


それを批判・告発したのが江藤淳であり、吉本隆明であった。私は、ちょうどそのころ、高校から大学へ進学する頃だった。私は、江藤淳や吉本隆明を熟読し、その頃、マスコミジャーナリズムアカデミー蔓延し、跋扈していた「左翼文化人」が嫌いになり、つまり「左翼嫌い」になり、その反動で「保守反動派」を自称するようになった。


しかし、「保守」や「右翼」も、その実態を知れば、同じようなものだった。マンガ右翼からネット右翼へ。私は、左翼であれ右翼=保守であれ、時流に乗って、得意げに大騒ぎする文化人にもジャーナリストにも興味がない。私が、保守反動を自称しながらも、保守文化人や左翼文化人批判するのには、そういう理由がある。

(続く)


人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ (続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html f:id:dokuhebiniki:20150623214716j:image

2015-07-01

dokuhebiniki2015-07-01

安倍首相と谷垣幹事長の「亀裂」と「対立」が顕在化。順風満帆だった安倍政権に、「百田尚樹事件」を発火点に、自民党内部から不穏な空気が漂い始めてきているようだ。百田尚樹の「沖縄の新聞をつぶせ」という暴言が、実は安倍首相自身や安倍政権周辺の「ホンネ」であったことが、安倍チルドレンの大西英男議員の度重なる「マスコミ批判」で、ほぼ明らかになったが、ここに来て、安倍首相と谷垣幹事長の間にも、不穏な空気が漂い始めたようだ。安倍政権は、内憂外患で、「安保法制」どころではなくなりつつあるのではないか?


人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ

安倍総理谷垣幹事長に亀裂? 圧力発言処分で…

テレビ朝日系(ANN7月1日 11時51分配信



 自民党の谷垣幹事長は、報道圧力発言を繰り返す大西英男議員を再処分するなど引き締めに躍起となっていますが、党内の混乱は収まりそうにありません。

 (政治部・千々岩森生記者報告)

 週に一度は必ず昼食をともにして固い結束を図ってきた安倍総理大臣谷垣幹事長ですが、お互いを支える議員の間には少しずつ溝が生まれています。谷垣幹事長は1日朝の会合で、公明党側に「大変、ご迷惑をお掛けしている。心からおわび申し上げる」と陳謝しました。ただ、足元の自民党幹事長室では先月30日、谷垣幹事長に対して「処分で若手が萎縮する」など安倍総理に近い議員らから疑問の声が上がりました。谷垣幹事長が反発を押し切って処分に踏み切ったことについて、安倍総理は周辺に「谷垣さんのグループも、死んだふりしてるけど、そうでもないんだな」とつぶやいています。さらに、先日の会期延長の判断でも、短かくしたかった官邸意向を自民党側が押し切る形で戦後最大の延長幅となりました。政治スタイルの違う安倍総理に対して、これまで一歩引いてきた谷垣幹事長が、ここへきて自分カラーを出し始めたことで、両者のバランスに微妙な変化が生じています。



人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ




安倍政権は「ネット右翼政権である安倍政権の正体を知りたければ、これを読むべし。最近の日本の「保守」は「エセ保守」ばかり。山崎行太郎著『保守論壇亡国論』と、佐高信氏との対談集『曽野綾子大批判』は、現代日本人の「思想劣化」=「政治的劣化」を解明!

⬇︎⬇︎⬇︎

f:id:dokuhebiniki:20150628142057j:image

Amazon⬇︎批判

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674526?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


「曽野綾子批判」の元祖・佐高信氏と、「沖縄集団自決論争」以来、曽野綾子批判を続ける山崎行太郎との過激な対談集。

⬇︎⬇︎⬇︎

f:id:dokuhebiniki:20150628154034j:image

Amazon⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


柄谷行人氏が絶讃、推薦した山崎行太郎の処女作哲学者・文藝評論家=「山崎行太郎」誕生の書。

⬇︎⬇︎⬇︎

f:id:dokuhebiniki:20150628220724j:image

Amazon⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4882024977?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links









人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ (続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html f:id:dokuhebiniki:20150623214716j:image

ネット右翼政権=安倍政権の悲劇。

人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ


安倍政権は上から下まで、ネット右翼政治家だらけの「反知性主義政権である自分の考えたことが、絶対的に正しく、それに反対する意見思想は、全部、間違っていると妄想する。意見解釈多様性複数性に耐えられない。ネット右翼脳作家(百田尚樹)やネット右翼脳議員(大西英男)の話を聞いていると、笑いを通り越して、背筋が寒くなる。


自民党の議員たちは、似非作家・百田尚樹を「大先生」のごとく尊敬しているようだが、百田尚樹が、どういうレベルの作家であるのかを考えたことはないのか?恥ずかしくないのか? なんて言っても、安倍首相が、尊敬し、対談集まで出している作家なのだから、「大先生」と看做し、尊敬するのも仕方がないのだろう。


百田尚樹は、沖縄問題や慰安婦問題、南京事件などについて、自信満々に、あたかも専門家のように語る。だが、そのほとんどが「受け売り」「パクリ」の知識や情報にもとずいている。言い換えれば、保守論壇やネット右翼界隈では、定説化した常識にすぎない。百田尚樹の話も、そのレベルを一歩も出るものではない。



百田尚樹も、自分で、基礎的資料や文献に当たり、深く考え、分析、解明したことではない。「受け売り」であり「パクリ」である。だから威勢がいいのである。だから自信満々に語ることができるのである。それを有り難く拝聴する人たちも、似たような人たちである。恐らく自民党の議員たちも似たようなものだろう。


夏目漱石は、「何が起きる分からない」と言う。将来にしろ、過去の歴史にしろ、すべて見通せるわけではない。当然のことである人間には分からないことが少なくない。ところが、百田尚樹のような三流作家(ネット右翼脳作家)には、「すべてが見通せる」のだ。「自分には何でも分かる」のだ。もちろん、それは、無知無学ゆえの錯覚であり、幻想である


新幹線事故が起きた。事故が起きて初めて、我々は、新幹線の車内が、全くの無防備の無法地帯であるらしいことを知った。警察も消防署も、関知していない。事故が起き、列車が停車して、警察や消防が来るまで、どれだけの時間がたっただろうか?新幹線乗務員も、運転手を含めてわずか三人とか。事故が起きてもなすすべがないということだろう。


新幹線は「安全」だという話だった。安全神話である。フクシマ原発事故でも、事故が起きるまでは安全のはずだった。しかし、事故が起きてみると、「安全神話」は吹っ飛んだ。ただ茫然自失、オロオロするばかり。今までの「安全神話」は、なんだったのか?


私は、「安全神話」が崩壊したということには驚かない。むしろ、我々は、何故、「安全神話」とやらに、今まで、つまり事故が起きるまで、何の疑問も危機感も感じなかったのか、ということに驚く。政界には、「一寸先は闇」と言う言葉がある。しかし、ネット右翼脳の政治家たちには、「闇」はない。全部、お見通しである事故など起きるわけがないのだ。


安倍政権を取り巻く保守論壇やネット右翼界隈では、フクシマ原発や新幹線と同じような、自明の「安全神話(笑)が生きている。沖縄集団自決問題や慰安婦問題、南京事件は、その種の保守論壇やネット右翼界隈の「真実」である。自民党議員たちの盲信する「歴史の 真実から見れば、それに反論するマスコミ評論家は、この世から抹殺すべき「悪人」か「狂人」に見えるのだろう。


早く、『ネット右翼亡国論』を書かねば・・・

(続く)

人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ (続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html f:id:dokuhebiniki:20150623214716j:image

2015-06-30

dokuhebiniki2015-06-30

自民党=ネット右翼議員・大西英男の正体。大西英男の知能指数と、被害妄想的な政治思想。「百田尚樹発言騒動」の中心人物の一人=大西某(東京16区)が、黙っていればいいのに、何処かで、記者会見をして、幼稚な政治思想を得意げに、まくしてたらしい。その記者会見で訴えようとしたことは何か。「マスコミ(特に朝日新聞)を懲らしめなけばならない」ということらしい。日本国民の多くは産経新聞より朝日新聞を信頼し、支持していることを、大西某は知らないらしい。日本の代表的な「大新聞」と論争するとか論破するとかいうのなら、わからないでもないが、「倒産に追い込む」などと妄想しているとすれば、病気以外の何ものでもないだろう。「自民党=ネット右翼議員」の正体。


人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ



安保批判報道「懲らしめる」=自民大西氏が再び問題発言―与党幹部不快感(時事通信 6月30日 14時45分配信)



自民党の大西英男衆院議員(東京16区、当選2回)は30日午後、安全保障関連法案に批判的な報道について「懲らしめなければいけないんじゃないか」と述べた。また、「誤った報道をするようなマスコミに対して広告自粛すべきじゃないか」とも語った。国会内で記者団の質問に答えた。


 自民党有志の勉強会報道機関への圧力を求める発言が相次いだ問題で、党執行部が火消しを図っているさなかだけに、与党幹部は相次ぎ不快感を表明した。自民党の二階俊博総務会長記者団に「言いたい放題を言っていい、というものではない」と強調。公明党の大口善徳国対委員長は、自民幹部に対し「看過できない」と伝えた。


 自民党細田派の細田博之会長30日、東京都内で同派所属大西から事情を聴いた上で、厳重注意した。


 大西氏は25日、保守系の党所属議員有志が開いた文化芸術懇話会で、「マスコミを懲らしめるには広告収入がなくなることが一番。経団連に働き掛けてほしい」と述べ、党執行から厳重注意を受けた。この発言について、大西氏は30日、「政治家財界圧力をかけて、マスコミを懲らしめろなんてことは一言も言ってない」と釈明し、「問題があったとは思わない」との認識を示した。 




人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ

「ネット右翼亡国論」で読み解く「百田尚樹事件」。似非作家・百田尚樹は、何故、迷走するのか? 「百田尚樹発言」の根拠になっている情報源が怪しいからだろう。「沖縄新聞2社をつぶせ」発言の論拠は、元漫画右翼・小林よしのりの『沖縄論』だろう。最近の自民党議員たちも漫画で政治問題を勉強しているのだろう。「一億総漫画脳」の時代。


人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ

「沖縄の新聞はつぶせ」という例の「百田尚樹発言」だが、あまりにも騒ぎが大きくなったために、火消しを狙ったのか、「冗談」だったとか、「オフレコ」だったとか言い訳していたかと思うと、都合が悪くなったのか、今度は「本気」だったと、一転、「本気発言」に変更とか。コロコロ発言真意を変更しているようだ。


まさしく「ネット右翼」以下の節操の無さである。「エセ作家」と言われる所以である。百田尚樹の節操の無さの原因は何か。情報源が、怪しいということである。たとえば、百田尚樹は、「沖縄タイムス」も「琉球新報」も、実際は、読んだことはないらしい。つまり、「保守論壇」界隈に流れている噂話やガセネタを盲信した挙句の「百田尚樹発言である


たとえば、沖縄の新聞2社に関する「反日新聞」「売国新聞・・・という話にしても、その根拠の一つは、漫画右翼=小林よしのりの『沖縄論』であろう。百田尚樹やネット右翼、あるいは自民党の政治家たちも、小林よしのりの漫画の愛読者なのであろう。


田んぼの中に米軍基地が出来、その後、住民が基地周辺に移住して来た」という普天間基地の周辺状況に関する発言も、同じように、「保守論壇」界隈で定説化している噂話を根拠にしている。そもそも米軍基地は、沖縄住民住宅や土地を、強制退去≒追放の上で、強制摂取したものである。百田尚樹が、米軍普天間基地の成立の歴史を調査し、熟知しているとは思えない。


今、安倍政権周辺の政治家たちにしろ、保守論壇の言論人たちにしろ、あるいはネット右翼と言われる人たちにしろ、情報源の怪しい「噂話」や「ガセネタ」に基づいて、全員一致のファシズム的な政治的言説を展開している。金太郎飴的な言説のオンパレードである


保守言論人として持て囃されている櫻井よしこにしろ曽野綾子にしろ、あるいは百田尚樹にしろ、威勢はいいが、その論拠を追求されると、何の反論反撃も出来ない。ただひたすら、今回の百田尚樹のように、逃げるだけである。そしてほとぼりが冷めると、また同じことを繰り返す。


自民党の議員たちも、同じだろう。「百田尚樹発言騒動」に対しても、悪いとも間違っているとも思っていない。だから、また繰り返されるだろう。自民党内では、谷垣幹事長主導の「木原稔青年局長更迭」に対しても不満や異論が噴出しているという。


私は、自民党議員たちの異論反論には同調できないが、標的にされたマスコミ報道機関側を擁護しようとも思わない。マスコミ関係者よ、「表現の自由」や「反権力・・・を言うまえに、安倍首相との「飲食」を止めたらどうか。


マスコミ関係者たちが米搗きバッタのように、安倍首相との食事会に、平身低頭で出掛けて行くからこそ、安倍首相も安倍政権の周辺の議員たちも、「マスコミって俺たちの言いなりだろう」と思っているのだ。



(続く)


人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ




百田氏発言をめぐる琉球新報・沖縄タイムス「共同抗議声明

2015年6月26日 21:50 琉球新報



 百田尚樹氏の「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」という発言は、政権の意に沿わない報道は許さないという”言論弾圧”の発想そのものであり、民主主義の根幹である表現の自由報道の自由否定する暴論にほかならない。 

 百田氏の発言自由だが、政権与党である自民党の国会議員が党本部で開いた会合の席上であり、むしろ出席した議員側が沖縄の地元紙への批判を展開し、百田氏の発言を引き出している。その経緯も含め、看過できるものではない。

 さらに「(米軍普天間飛行場は)もともと田んぼの中にあった。基地の周りに行けば商売になるということで人が住みだした」とも述べた。戦前の宜野湾村役場現在の滑走路近くにあり、琉球王国以来、地域の中心地だった。沖縄の基地問題をめぐる最たる誤解が自民党内で振りまかれたことは重大だ。その訂正も求めたい。

 戦後、沖縄の新聞は戦争に加担した新聞人の反省から出発した。戦争につながるような報道は二度としないという考えが、報道姿勢ベースにある。

 政府に批判的な報道は、権力監視役割を担うメディアにとって当然であり、批判的な報道ができる社会こそが健全だと考える。にもかかわらず、批判的だからつぶすべきだ―という短絡的な発想は極めて危険であり、沖縄の2つの新聞に限らず、いずれ全国のマスコミに向けられる恐れのある危険きわまりないものだと思う。

 沖縄タイムス・琉球新報は、今後も言論自由、表現の自由弾圧するかのような動きには断固として反対する。


 琉球新報編集局長・潮平芳和

 沖縄タイムス編集局長・武富和彦


人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ


◼️沖縄2新聞が「共同抗議声明」を発表。

安倍政権は「ネット右翼政権である。安倍政権の正体を知りたければ、これを読むべし。最近の日本の「保守」は「エセ保守」ばかり。山崎行太郎著『保守論壇亡国論』と、佐高信氏との対談集『曽野綾子大批判』は、現代日本人の「思想劣化」=「政治的劣化」を解明!

⬇︎⬇︎⬇︎

f:id:dokuhebiniki:20150628142057j:image

Amazon⬇︎批判

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674526?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


安倍政権応援団(ブレーン)の一人=曽野綾子とは何者か?「曽野綾子批判」の元祖・佐高信氏と、「沖縄集団自決論争」以来、曽野綾子批判を続ける山崎行太郎との過激な対談集。

⬇︎⬇︎⬇︎

f:id:dokuhebiniki:20150628154034j:image

Amazon⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


柄谷行人氏が絶讃、推薦した山崎行太郎の処女作哲学者・文藝評論家=「山崎行太郎」誕生の書。

⬇︎⬇︎⬇︎

f:id:dokuhebiniki:20150628220724j:image

Amazon⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4882024977?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links











人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ (続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html f:id:dokuhebiniki:20150623214716j:image

2015-06-29

安倍政権支持率50%を切る。自民党を支援する似非文化人が、百田尚樹と小林よしのり。百田尚樹の暴走発言騒動を引き起こした自民党安倍晋三系議員たちの勉強会「文化芸術懇話会(笑)」に対して、自民党リベラル派の勉強会に講師として呼ばれていたのは元マンガ右翼「小林よしのり」だったらしい。百田尚樹と小林よしのり。どっちもどっちだろう。これは、自民党全体が「反知性主義化」=「ネット右翼化」しているということだ。これでは、普段から、自民党内には、「反日」とか「売国」「特亜」・・・などというような「ネット右翼専門用語」が、飛び交っているのだろう。



人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ





安倍政権は「ネット右翼政権である。安倍政権の正体を知りたければ、これを読むべし。最近の日本の「保守」は「エセ保守」ばかり。山崎行太郎著『保守論壇亡国論』と、佐高信氏との対談集『曽野綾子大批判』は、現代日本人の「思想劣化」=「政治的劣化」を解明!

⬇︎⬇︎⬇︎

f:id:dokuhebiniki:20150628142057j:image

Amazon⬇︎批判

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674526?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


「曽野綾子批判」の元祖・佐高信氏と、「沖縄集団自決論争」以来、曽野綾子批判を続ける山崎行太郎との過激な対談集。

⬇︎⬇︎⬇︎

f:id:dokuhebiniki:20150628154034j:image

Amazon⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


柄谷行人氏が絶讃、推薦した山崎行太郎の処女作哲学者・文藝評論家=「山崎行太郎」誕生の書。

⬇︎⬇︎⬇︎

f:id:dokuhebiniki:20150628220724j:image

Amazon⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4882024977?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ (続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html f:id:dokuhebiniki:20150623214716j:image

2015-06-28

安倍政権は「ネット右翼政権」である。私は、「安倍首相の親友」である百田尚樹という自称=作家にさほどの興味も関心もない。言い換えれば、私は、百田尚樹を「作家」とは思っていない。ネット右翼以下の「ヘンなオッさん」にすぎない。

人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ

百田尚樹の暴走発言も、別に驚かない。百田尚樹なら、その程度の話をするだろうと思う。問題安倍首相である。おそらく、安倍首相も、百田尚樹と同じような精神構造の持ち主だろうと思う。つまり、「百田尚樹発言」は、百田尚樹個人の発言というより、安倍首相発言であり、安倍政権公式発言であると言っていいだろう。


勉強会の中心人物・木原稔青年局長処分(更迭)したが、本人は処分に不服なようである正論を言ったまでで、何が悪いというわけだろう。要するに、木原青年局長も、安倍首相や安倍政権の面々と同様に、百田尚樹と同じような思想の持ち主であって、確信犯なのである。百田尚樹という安倍首相親友の「トンデモ作家」を勉強会の第一回目の講師に呼ぶということ自体が、それを表象している。


私は、安倍政権は「ネット右翼政権であると思っている。従って、「沖縄の新聞を潰せ」「米軍軍人レイプ事件は、沖縄県民レイプ事件より比率的には少ない」・・・などという百田尚樹発言は、安倍政権の足を引っ張るような暴走発言でも爆弾発言でも、また冗談でもなく、文字通り、安倍政権の「公式発言」と見るべきなのである


その証拠に、加藤官房副長官にいたっては、「百田尚樹発言」を、「傾聴に値する」と、委員会公式に答弁したそうだ。まさしく「傾聴に値する」話である


民主、「報道規制発言問題で更迭理由追及へ

TBS系(JNN) 6月28日 12時8分配信


 自民党の勉強会で「報道規制発言が出た問題で、自民党は27日、会の代表を務める木原稔青年局長を更迭しましたが、民主党は処分に至った理由などを国会で引き続き追及していく考えを示しました。

 「急転直下処分するということは、いったい何に対する処分なのか説明いただかなければいけないと思うし、マスコミへのどう喝、沖縄の皆さんへの失礼千万な話も含め、謝罪していないから、そのことについてもしっかり委員会も含め説明を求めていきたい」(民主党 福山哲郎幹事長代理)

 民主党の福山幹事長代理はこのように述べ、自民党が一転、木原氏の更迭に踏み切った理由や、勉強会講師だった作家の百田尚樹氏の話について「傾聴に値する」と委員会で答弁した加藤官房副長官の責任についても追及していく考えを示しました。

 これに対し、自民党の谷垣幹事長は、沖縄への謝罪意味を込めて木原氏らを処分したと釈明しました。(28日11:17)

(続く)

人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ (続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html f:id:dokuhebiniki:20150623214716j:image




安倍政権は「ネット右翼政権である。安倍政権の正体を知りたければ、これを読むべし。最近の日本の「保守」は「エセ保守」ばかり。山崎行太郎著『保守論壇亡国論』と、佐高信氏との対談集『曽野綾子大批判』は、現代日本人の「思想劣化」=「政治的劣化」を解明!

⬇︎⬇︎⬇︎

f:id:dokuhebiniki:20150628142057j:image

Amazon⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674526?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links



f:id:dokuhebiniki:20150628154034j:image

Amazon⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


山崎行太郎の処女作哲学者・文藝評論家=「山崎行太郎」誕生の書。

⬇︎⬇︎⬇︎

f:id:dokuhebiniki:20150628220724j:image

Amazon⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4882024977?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links






人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ (続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html f:id:dokuhebiniki:20150623214716j:image

2015-06-27

dokuhebiniki2015-06-27

百田尚樹と櫻井よしこ。そして小林よしのり。安倍首相と安倍政権を支える似非文化人たちの「反知性主義」が、日本を滅ぼす。

人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ



「沖縄の新聞社を潰せ」と、安倍首相が頼りにしていた自称=作家の百田尚樹が、「殉愛」事件に続いて、またまた、その正体を、自ら暴露してしまったようだが、しかし、私は別に驚かない。それより、百田尚樹が、今だに、安倍首相のブレーンだったらしいことに驚く。


戦前でさえ、つまり戦時下の言論統制下でさえ、「新聞社をぶっつぶせ」なんてことはない。もちろん、現代日本で、そういうことができるはずもない。そういう言葉を口にすること自体が、勉強不足である。佐藤卓巳の「言論統制ー情報官・鈴木庫三教育国防国家」を読むと、戦時中の「言論弾圧証言」の多くが嘘だったことが明らかだ。


百田尚樹や自民党の議員たちの多くは、戦時中でさえ、「新聞社を潰せ」なんて、それほどヒドイ言論弾圧や言論統制は行われていなかったことを知らないらしい。


それにしても、やはり一国のリーダーたる総理大臣は、総理大臣に相応しい文化人を、対談相手や相談相手として選ぶべきだろう。安倍首相が選んだのは、百田尚樹と櫻井よしこ・・・などらしい。まず、この時点で、私は「ダメだ、コリヤ」と思う。


百田尚樹が爆弾発言をしたのは、自民党の安倍系議員たちの勉強会だったらしいが、同じく自民党のリベラル系議員たちの勉強会講師として呼ばれていたのは、漫画家の「小林よしのり先生(笑)だったらしい。こちらの勉強会は潰されたらしいが、それにしても、百田尚樹に小林よしのり。いやはや、自民党の「反知性主義」も、ここまで来れば、たいしたものだ。


百田尚樹にしろ、櫻井よしこにしろ、あるいは小林よしのりにしろ、曽野綾子にしろ、安倍政権の周辺に屯する似非文化人たちの「思想的レベル」は、似たようなものだろう。最近、「反知性主義」という言葉流行のようだが、まさしく「反知性主義」の見本と言っていい。


私は、必ずしも「反知性主義」を否定しない。特に自民党的な「反知性主義」は、評価する。たとえば、田中角栄に象徴されるような「土着派反知性主義」は、古き良き自民党の本質そのものだと思う。自民党の「土着派反知性主義」は、「反知性主義」ではない。


しかし、最近自民党の「反知性主義」は、つまり、小泉純一郎以来の「反知性主義」は、「都市型反知性主義」とでも呼ぶべきもので、「知ったかぶり反知性主義」そのものだ。もちろん私は評価しない。典型的な悪しき「反知性主義」だからだ。


ここまで書いていると、百田尚樹が、「あれは質疑応答時間冗談で言ったものだ」と言い訳しているらしいことがわかった。冗談恥の上塗りである似非作家、墓穴を掘るの巻?百田尚樹よ、「殉愛事件」を忘れたのか?と言うのは冗談だが? 冗談で済むなら軍隊はいらない(笑)


いずれにしろ、世も末だ。ひょっとして、この勉強会のメンバーは、百田尚樹の代わりに櫻井よしこにしとけばよかったなー、と後悔していたりしていて・・・。百田尚樹に櫻井よしこ、あるいは小林よしのり。日本も終わったね。(笑)

(続く)


人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ

安保法制 足を引っ張る安倍応援団 身内からも抗議の声 肩落とす木原氏ら

産経新聞6月26日 21時32分


安倍政権の応援団が後ろから鉄砲を撃っている状態と言われても、仕方がない」。自民党の若手議員らが立ち上げた勉強会「文化芸術懇話会」の代表を務める木原稔衆院議員は26日、記者団にこう漏らして肩を落とした。

 懇話会初会合講師として招いた作家の百田尚樹氏の発言などを野党が問題視し、この日は衆院平和安全法制特別委員会が紛糾。木原氏は、身内の自民党議員からも抗議を受けるはめになった。

 懇話会のメンバーには安倍晋三首相(党総裁)に近い議員も多く、9月の総裁選を前に無投票再選の機運を高める「首相の応援団」(若手議員)と位置づけられている。

 この日の特別委で、百田氏が沖縄県の地元紙について「沖縄の2つの新聞は潰さないといけない」と述べたことなどに関して、民主党の寺田学衆院議員らが首相を追及。木原氏は、佐藤勉国対委員長から委員会に迷惑をかけたことを反省してほしい」と注意されたという。

 また、百田氏の「あってはいけないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば、目を覚ますはずだ」といった発言も波紋を呼んだ。

沖縄県宜野湾市などを地盤とする宮崎政久衆院議員は26日、「沖縄県民生命や暮らしを軽視し、到底看過できない」として木原氏に文書で抗議した。


人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ




百田氏「沖縄2紙つぶせ」発言は「雑談の中で冗談として言った」sスポニチ

6月26日(金)13時38分配信


作家の百田尚樹氏(59)が26日、自身のツイッターを更新。前日25日に自民党の若手議員が党本部で開いた憲法改正を推進する勉強会「文化芸術懇話会」の初会合講師として招かれ、「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」などと発言したことについて「講演で言ったものではない。講演の後の質疑応答雑談の中で、冗談として言ったものだ」と釈明した。

 沖縄県の地元紙が政府に批判的だとの意見が出たのに対し、百田氏は「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない。沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」と主張した。

 出席議員からは、安全保障関連法案に対する国民の理解が広がらない現状を踏まえ、報道機関批判する意見が噴出。「マスコミをこらしめるには広告収入をなくせばいい。文化人が経団連に働き掛けてほしい」との声が上がった。

 百田氏は前日25日夜には「ギャグで言った言葉を切り取られた。しかも部屋の外から盗み聞き!卑劣!それにしても、報道陣は冒頭の2分だけで退室したのに、ドアのガラスに耳をつけて聞き耳してるのは笑った。しかし、正規取材じゃなくて盗み聞きを記事にするのは、ルール違反だし、卑劣だろう!」とツイートした。



人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ (続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html f:id:dokuhebiniki:20150623214716j:image










ランキング(政治)に参加中!!!
↓↓↓
にほんブログ村 政治ブログへ










◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️
続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!
有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円
)でお読みください。登録はコチラから
http://www.mag2.com/m/0001151310.html
◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️

哲学者=山崎行太郎の政治ブログ=『毒蛇山荘日記』



http://blog.with2.net/ping.php/253258/1141470398