Hatena::ブログ(Diary)

哲学者=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』 このページをアンテナに追加 RSSフィード



【山崎行太郎の著書】



哲学者=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/


2015-04-26

dokuhebiniki2015-04-26

戦争漫画『のらくろ』とその時代ー田河水泡と小林秀雄ー田端文士村放浪記。


小林秀雄に「漫画」というエッセイがある。『考えるヒント』に収録されているから、読んだ人も多いに違いない。普段の小林秀雄から想像も出来ないような文章だが、そこで小林秀雄は、『のらくろ』という戦前に描かれた漫画について書いている。


小林秀雄が漫画全般に詳しいのかどうか、あるいは漫画作品を日常的に愛読していたのかどうか知らない。おそらく、そんなことはなかったに違いない。では、何故、「漫画」なのか。何故、『のらくろ』なのか。


小林秀雄は、「漫画」で、こう書いている。

『何故、私がこういうことを知っているかというと、田河水泡は、私の義弟からである。私は、弟の仕事にたいした関心を持っていなかった。洒落冗談飛ばしながら、楽しそうに仕事をしているのを見て、時々、うらやましい気持ちになっていたぐらいだ。』


私は、小林秀雄の「漫画」を読むまで、『のらくろ』の作者・田河水泡と小林秀雄が「義兄弟」の関係にあることを、さらには、小林秀雄が文壇デビューの前後、田河水泡と同居していたなどということをまったく知らなかった。


小林秀雄には、高見沢潤子という妹がいる。この妹が結婚した相手が田河水泡だった。新婚の高見沢潤子と田河水泡は、田端に新居を構える。田端は、「田端文士村」と言われるほど、多くの作家や芸術家が住んでいた場所である。小林秀雄の妹は、昭和4年、この文士村に、田河水泡、そして母親(小林秀雄の母)とともに、住み始めたのである


その頃、小林秀雄は、以前、中原中也の恋人であった長谷川泰子を中原から奪い、同棲するが、二年後にはその同棲生活を解消し、泰子を残して家出、奈良へ出奔する。中原恋人を奪う、同棲する、そして家出して奈良へ。小林秀雄のシュトム・ウント・ドランクの時代である


奈良には、志賀直哉が住んでいた。小林秀雄は、志賀直哉を頼って奈良に行ったと思われる。奈良での小林秀雄は、読書三昧の日々を過ごしていた。この奈良での放浪生活打ち切り東京へ戻ったのが昭和4年。この時、小林秀雄は、長谷川泰子の元へは戻らなかった。母親と妹と田河水泡が住む田端の家に同居することになる。


長谷川泰子は、この時、はじめて小林秀雄との「別れ」を自覚したに違いない。それまでは、小林秀雄が、いつかまた自分のところへ戻ると確信していたからである


この年、小林秀雄は、「様々なる意匠」で文壇へデビューする。つまり、「様々なる意匠」は田端の家で書かれたことになる。田河水泡が、一世を風靡することになる国民的漫画『のらくろ』を描き始めたのも、この家である


要するに、近代日本の文化大事である批評家小林秀雄の誕生」と「漫画『のらくろ』の誕生」が、同じ家から、ほぼ同時期に起きたのである


(続く)

続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから➡︎http://www.mag2.com/m/0001151310.html

人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ






f:id:dokuhebiniki:20150426203723j:image






iPhoneから送信

f:id:dokuhebiniki:20150426230635j:image

2015-04-25

dokuhebiniki2015-04-25

マンガ右翼からテレビ右翼へ。マンガ右翼=小林よしのりの時代が終わったと思っていたら、今度はテレビ右翼=櫻井よしこの時代が・・・(笑)。

人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ


テレビの影響力が落ちたと言われているが、まだまだその影響力は侮りがたい。テレ=ポリティクスという言葉もあるように、政治におけるテレビの影響力は決して小さくない。現代日本人は本は読まないが、テレビは見ている。多くの日本人が、テレビ画面を通して政治に参加している。


その結果、現代日本は、テレビ画面に頻繁に登場する電波芸者たちが「オピニオン・リーダー」を勤める時代だ。というわけで、元日本テレビのキャスターだった典型的な「テレビ右翼」=「櫻井よしこ女史」等の「受け売り憲法改正論」を徹底批判するコラムを、「週刊金曜日」に書いた。来月5日ぐらいに発売されるようだ。


私は、憲法改正そのものには反対ではない。つまり、私は、盲目的な護憲論者ではない。「憲法9条改正」にも賛成だ。憲法9条のおかげで平和だったとは思わない。「しかし、安倍首相やその仲間たちの憲法改正論を聞いていると、「こんなもんでいいのか」と絶望的気分になる。あまりにもその論理が幼稚・稚拙からだ。つまり、単純素朴な「従米属国擁護論」だからだ。


櫻井よしこ等の憲法改正論には、「中国脅威論」を煽るだけで、「米軍支配からの脱却」というもっと重要な「対米独立」の思想がない。要するに、米軍支配を受け入れ、つまり、米国の植民地的支配を受け入れることで、中国脅威論に立ち向かおうというわけだ。安倍首相やその仲間たちの憲法改正論は、「国家主権の回復」という元々の憲法改正目的を忘れているというほかはない。


何故、そうなるのか?櫻井よしこ等の憲法改正論が「パクリと受け売り」のインチキ憲法改正論、つまりテレビ右翼の一夜ずけの「知ったかぶり憲法改正論」だからではないのか?


人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ

2015-04-23

dokuhebiniki2015-04-23

櫻井よしこの憲法改正論の謎。櫻井よしこは憲法改正論に熱心だが、そもそも、「憲法」というものが何であるか、を理解していないと思われる。憲法とは何か、立憲主義とは何か、が分かっていない。櫻井よしこは、憲法を、まるで道徳の教科書か何かのように考えているようだ。たとえば、櫻井よしこは、さかんに、「日本国憲法」には、「国民の権利」ばかり書いてあり、「国民の義務」が書かれていないと言う。この考え方が、「憲法」と無縁な議論だということが、櫻井よしこには分からないらしい。憲法とは何か。近代憲法、立憲主義とは?憲法と「国民の義務」とは関係ない。憲法とは、「国家」「国家の義務」、言い換えれば「国民の権利」について書いたものである。それを否定するとすれば、近代憲法の原理を否定することであり、近代憲法たる「明治憲法」(帝国憲法)をも否定することになる。櫻井よしこに、それが分かっているのだろうか。「国民の義務」を書いたものは「法律」である。「憲法」と「法律」は異なる。堂々と「アパルトヘイト発言」や「人衆差別発言」を新聞で公開する曽野綾子女史も、あるいは天皇の「護憲発言」を名指しで批判する八木秀次も、憲法改正論が好きのようだが、最近の憲法改正論の思想的レベルは、井戸端会議レベルに堕落しているといわなければならない。



人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ

2015-04-22

dokuhebiniki2015-04-22

百田尚樹と櫻井よしこ。安倍首相が気の毒なことは、その取り巻きの文化人=知識人のレベルの思想的低さであろう。さしずめ百田尚樹と櫻井よしこが、その代表例であろう。百田尚樹に至っては、数々の舌禍事件を起こしただけではなく、「小説『殉愛』スキャンダル」で裁判にまで巻き込まれ、早くもマスコミの表舞台から消えかかっている。私は、百田尚樹にも櫻井よしこにも、また多くの「安倍首相のお友だち」にも興味はないが、しかし安倍政権の「憲法改正論議」や「集団的自衛権論議」を考える上では、彼等の言動は、大いに参考になると思う。安倍首相や安倍政権内外の政治家たちの「憲法改正論議」や「集団的自衛権論議」の言動は、彼等の言動とほぼ同じレベルだからだ。たとえば、櫻井よしこ等は、さかんに「歴史と文化を重んじる憲法」を、などというが、その前に歴史と伝統を重んじ、それに相応しい文筆活動をやって欲しいものだが、櫻井よしこ等の文章は、三島由紀夫が『豊饒の海』という大長編小説を遺して死んでいったような意味で、日本の歴史と伝統に寄与する文章になっているか。櫻井よしこ等の文章は、単なる雑文でしかないだろう。百田尚樹や曽野綾子の小説もしかり。護憲派の作家=大江健三郎の方が、遥かに、日本の歴史と伝統に寄与しているだろう。

(続く)


人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ

2015-04-21

dokuhebiniki2015-04-21

江藤淳の『一九四六年憲法ーその拘束』を、昨日、「朝日カルチャーセンター(小説教室)」の帰りに、立川のオリオン書房で買った。驚いたのは解説を、白井聰が書いていることだった。文春文庫の編集方針に、違和感を感じる。

人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ


白井聰が、江藤淳とは「政治思想的位置」が、対極にあることは明らかだろう。白井聰は典型的な左翼の政治学者である。何故だろう。もちろん、解説の内容は好意的だが、そもそも白井聰が、「江藤淳」という保守思想家を尊敬、畏怖しているとは思えない。


小谷野敦も、最近、『江藤淳と大江健三郎』という駄本を、出版したようだが、この本も、小谷野敦という無能評論家の書いた下世話的な駄本らしく、「江藤淳批判」一色の本らしい。「江藤淳論」は難しい、と私は思う。絶賛するにせよ批判罵倒するにせよ、「江藤淳論」の書き手の側の思想的レベルを、逆に証明することになるからだ。


たとえば、小谷野敦が、「江藤淳」や「小林秀雄」を批判罵倒することは自由だが、それを見て、読者は、小谷野ってやっぱり無知無能な三流評論家なんだなー、と判断するだけだろう。江藤淳の文章は、読みやすくて、その内容も理解しやすい。それ故に、逆に「江藤淳論」を書くことは難しい。


多くの読者は、江藤淳の思想的な「深さ」と「恐ろしさ」に気付かないからだ。小谷野敦が、「江藤淳はバカだった」と書くことは、小谷野敦が、「江藤淳を理解できていない」ということも意味するからだ。というわけでも、今までのところ、私は、柄谷行人の書く「江藤淳論」しか認めない。


「文藝春秋」と言えば、江藤淳が亡くなった時、「文学界」が「江藤淳追悼特集号」を出したが、その追悼号に 、櫻井よしこと西部邁が執筆していて、追悼号とは思えない、かなり辛辣な「江藤淳批判」の追悼文を書いていた。あれも、文藝春秋の編集方針の変化・変貌の予告だったのかもしれない。「江藤淳的保守から「櫻井よしこ=西部邁的保守」へ。



人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ

2015-04-20

dokuhebiniki2015-04-20

改竄された憲法改正論。「江藤淳」的憲法改正論から「櫻井よしこ」的憲法改正論へ。言い換えれば、「反米独立派」の憲法改正論から「親米従属派」の憲法改正論へ。

人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ


安倍首相の応援団で、「国家基本問題研究所」なるインチキ団体をデッチ上げ、憲法改正論議の主役のような顔をしている櫻井よしこは、日本国憲法には「国民の権利ばかり書いてあって、国民の義務が書いてない」「権利には義務がともなうものだ」などと、いかにも分かったようなことを言っているが、この言葉から櫻井が、憲法音痴のエセ改正論者であることが分かる。


憲法法律とは違う。憲法は、国家や官僚国家公務員などの行為制限規制する法であって、「国民の義務」などを事細かに書いたものではない。櫻井よしこには、その基本的常識が分かっていない。


ところで、今日(4/20)、江藤淳の『1946憲法ーその拘束』が、文春文庫から、新しく文庫で出るらしい。目出度いことである。最近保守論壇の低俗化=野蛮化を、問い直す意味でも、いいことだろう。私は、単行本の書籍版を持っているが、やはり、文庫に入って、若い人たちにも手軽に読めるようになることは、重要意味があると思う。


元々、「保守」とか「保守論壇」というものは、最近櫻井よしこや曽野綾子、八木秀次などのような幼稚で、稚拙、単純な言説に象徴されるものではなかったということがわかるだけでも素晴らしいことだ。


人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ










ランキング(政治)に参加中!!!
↓↓↓
にほんブログ村 政治ブログへ










◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️
続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!
有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円
)でお読みください。登録はコチラから
http://www.mag2.com/m/0001151310.html
◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️

哲学者=山崎行太郎の政治ブログ=『毒蛇山荘日記』



http://blog.with2.net/ping.php/253258/1141470398