Hatena::ブログ(Diary)

哲学者=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』 このページをアンテナに追加 RSSフィード



【山崎行太郎の著書】



哲学者=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/


2015-04-02

dokuhebiniki2015-04-02

官邸の「古賀茂明バッシング」とネット・ウヨの「古賀茂明バッシング」の相関関係。

人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ

私は、古賀茂明本人にも古賀茂明の政治思想にも関心はない。しかし、先日、テレビ画面で、古賀茂明が古館キャスターに向かって演じたバトル、つまり「報道ステーション事件」には、大いに関心がある。要するに、「古賀茂明の命懸けの闘い」は貴重である


今、ジャーナリスト評論家思想家、作家・・・なども、極端に軟弱になり、権力流行に対して闘うという姿勢が消えた中にあって、古賀茂明の「テレビ局との闘い」と「官邸との闘い」「ネットウヨのとの闘い」には関心がある。公共電波を使って公然と「闘い」を宣言する、その姿勢に感動したからである


早速、権力流行走狗でしかない「ネットウヨ」と思しき連中からの「古賀茂明バッシング」が沸き起こっているようだが、それこそ「官邸の情報工作」の一環だろう。つまり、ネットウヨの「古賀茂明バッシング」の背後には、「官邸の情報工作チーム」がいる。


かって、右翼にしろ、左翼にしろ、権力流行に対して、それぞれ独自スタイルで、「闘う」という姿勢を持ち続けていた。そこに存在価値があった。私が、「保守反動」と呼ばれる文化人学者たちに、たとえば小林秀雄や三島由紀夫、江藤淳、田中美知太郎・・・などに強い関心を持ったのは、「保守」とは言いながら、彼等が、権力流行に対して闘う姿勢を持っていたからだ。


しかし、今、どういう社会構造の変化があるにせよ、ジャーナリスト評論家学者・・・たちから、その闘う姿勢は消えている。「闘う」というより「迎合」することが基本姿勢になっている。おそらく、それが、日本の政治の地盤沈下だけではなく、ジャーナリズム思想、学問などの地盤沈下と直結している。日本人全体の思想堕落とも無縁ではない。



中国や韓国に対する幼児的な悪口や誹謗中傷を繰り返しているネットウヨを尻目に、現実は、中国や韓国がどんどん成長、発展を続け、日本を追い越していく。その現実直視できないネットウヨと呼ばれる連中は、「日本は素晴らしい」「中韓の阿呆どもが・・・」とブログやツイッターで叫びつつ、時代からゴミ屑のように捨てられ、死屍累々と、死滅していくのだろう。



ヘーゲル弁証法によれば、「否定」こそ「進歩」の第一歩である。私は進歩主義者ではないが、現に、今ある状態に満足せず、それを否定するところに進歩と前進、発展がある。進歩、発展を目指すならば、「自己否定」、つまり「自虐史観」が必要だというわけだ。ということは、安倍政権や保守論壇、あるいはネットウヨ特有の「日本肯定論」、「自画自賛史観」こそ、「日本沈没論」だということになるのだ。


さて、菅義偉官房長官が、急遽、翁長雄志沖縄県知事と「会う」ということになったようである。菅官房長官の、あるいは安倍政権の変化は何を意味するのか?沖縄におけるデモの激化も一因だろうが、実は、これは私見だが、「古賀茂明バッシング」の当事者が、菅義偉官房長官であることから、翁長知事との会見決定と「報道ステーション事件」と無縁ではない。


菅義偉官房長官否定したが、おそらく、菅義偉官房長官による「古賀茂明バッシング」は事実だったのだろう。



人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ

2015-04-01

dokuhebiniki2015-04-01

曽野綾子が「新潮45」最新号で、ネット炎上にまで発展した「アパルトヘイト発言」に対して、見苦しい「言い訳」を展開している。曽野は、ネットやSNSでの炎上事件を自分には無縁なものと無視しようとしているようだ。自分は作家だから、書籍や新聞、雑誌などの文章にこだわるということだろう。

人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ

しかし、曽野が、いくら無視しようとも、「曽野批判」や「曽野炎上事件」はネットやSNSの世界に限られるわけではない。書籍や雑誌などによる「曽野綾子批判」も、繰り返し行われてきた。曽野は活字による「曽野批判」も無視してきたのだ。曽野よ、「曽野綾子批判」をネット矮小化するなかれ!



曽野綾子は、「週刊金曜日」の「曽野綾子とは何か」という特集も私と佐高信氏との対談集「曽野綾子大批判」も読んでいるはずである。何故なら、二つとも、某氏が曽野綾子宅に送りつけたからである。知らぬとはいわせない。その証拠に、曽野綾子は、最近、「沖縄集団自決問題」には触れようとしない。触れると、次々とぼろが出るからだ。


曽野綾子は、最近、何故、「沖縄集団自決問題」に言及しなくなったのか?あれほど、「綿密な現地取材」を自慢し、「沖縄集団自決問題」の権威者のごとき論陣を張り、それを根拠に、保守論壇の馬鹿どもをそそのかして「大江健三郎=岩波書店裁判」まで引き起しておきながら、裁判敗北とともに完全沈黙。何故?反論できないからだろう?



曽野は、問題の「アパルトヘイト発言」のエッセイで、南アの共同住宅における黒人居住者が、身内を多数呼び寄せ、共同住宅の生活環境や雰囲気を乱し、多くの白人はそれに嫌気がさし、引っ越していったという話を紹介して、アパルトヘイト(人種差別的分離生活)を擁護している。しかし、この曽野綾子の話は、嘘だったことが、ぺコ大使の説明や南ア事情に詳しい人たちの証言暴露された。


曽野綾子の「アパルトヘイト発言」要旨は次の通り。

20〜30年も前に南アフリカ共和国の実情を知って以来、私は、居住区だけは、白人、アジア人、黒人というふうに分けて住む方がいい、と思うようになった。

南アフリカでアパルトヘイト(人種隔離政策)の撤廃後、白人専用だったマンションに黒人家族一族を呼び寄せたため、水が足りなくなり共同生活破綻し、白人が逃げ出したという例を出し、人間事業研究運動も何もかも一緒にやれる。しかし居住だけは別にした方がいい、と思うようになった。(産経新聞 2015/02/11付 7面より)


この曽野綾子発言が「誤解」「無知」に基づく妄言であることは明らか。南ア駐日大使のペコ女史の話では、南アには、かって、「パス法」というものがあり、黒人が、白人の住む共同住宅(マンション)に移り住むことはあり得ない。パス法は、1991年に廃止されたが、曽野が南アを訪問したのは翌年の1992年。わずか一年も経たないうちに、貧しい黒人大家族が、白人の高級マンションに引っ越してくるはずがない。全くあり得ない話。


曽野の話は現地在住者から聞いた話らしいが、曽野の話は、根拠のない一種の都市伝説。ペコ大使の抗議に、その無知誤報謝罪


曽野の、白人が住んでいた高級マンションに、貧しい黒人一家が大家族引っ越してきて、白人たちが逃げ出したという話は、全部、作り話である他人から「間接的」に聞いたという噂話である。「現地取材」を売り物にノーベル賞作家・大江健三郎を、裁判被告席に引っ張り出した曽野大先生(笑)の「現地取材」とは、この程度のもの


「大江健三郎裁判」では、決定的証拠となるはずの赤松部隊の「陣中日誌」を提出できなかった。その「陣中日誌」が改竄されたインチキ文書だと分かっていたからだ。裁判や論争で、次々と惨敗するはずだ。曽野の話は、作り話であり、証拠実態もない話ばかり。違うというなら、佐高信氏と小生の対談集『曽野綾子大批判』に答えてみろ。


「アパルトヘイト発言事件は、曽野綾子の代表作『ある神話の背景(「沖縄集団自決真実」)』、つまり、「沖縄集団自決の話」と同じだ。曽野は、いい加減な噂話を、すぐ信用して、それを日本人に向けて、偉そうに話す。批判されると、いっさい無視黙殺。嵐が過ぎ去るのを待つだけ。


ところで、曽野は、「アパルトヘイト発言騒動(炎上事件)」を、SNSやネット言論への批判すり替えようとしている。ネット言論は、無責任匿名発言だとか?そうだろうか?これまた、少し古すぎる偏見ではないか?ちゃんと本名やペンネームを名乗りつつ、「曽野綾子批判」を展開している人たちがいることは無視らしい。困ったオバさんである


「沖縄集団自決発言」にしろ「アパルトヘイト発言」にしろ、曽野綾子の文章発言には、文献や資料分析観点から見て、いい加減なものが多すぎる。それを批判すると沈黙・無視するか、論点すり替えて怪気炎。「アパルトヘイト発言炎上事件」では、「ネット匿名」による無責任な、根も葉もない「誹謗中傷事件」にすり替えようとしているが、「沖縄集団自決発言」に関しては、ひたすら沈黙。

(続く)



人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ

曽野綾子が南ア大使に論破され、恥の上塗り!

「曽野綾子批判」ならこの本!

⬇︎

辛口評論家・佐高信と闘う哲学者・山崎行太郎が、自称作家の「曽野綾子」を徹底批判した対談集『曽野綾子大批判』!

http://t.co/0HkcwWScHF

f:id:dokuhebiniki:20150401105910j:image

http://t.co/jf6npkXaqA



ight="40" border="0" alt="人気ブログランキングへ">にほんブログ村 政治ブロへ

続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから➡︎http://www.mag2.com/m/0001151310.html


山本太郎と豊島区議立候補者「荒井ヒロシ」の政治活動報告会。4月2日(木)。豊島区民センター4F。19:00ー20:00 。

f:id:dokuhebiniki:20150401063100j:image

イベントの紹介です。誰でも参加出来ます

山本太郎」が豊島区民センターに登場!

山本太郎と豊島区議立候補者=荒井ヒロシの政治活動報告と決意表明

4月2日(木)。

豊島区民センター4F。

19:00ー20:00

f:id:dokuhebiniki:20150401063411j:image




人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ (続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310いhtml

2015-03-31

dokuhebiniki2015-03-31

2015-03-30

dokuhebiniki2015-03-30

書店の店頭はバカ・ウヨの本で花ざかり。久しぶりに大型書店に行ってみた。というのは、最近は、本はAmazonで買うので、書店に行く必要がないからだ。池袋のリブロも閉鎖した(する)ようだし、書店の時代は終わったのではないか、と思うからだ。さて、書店の店頭からは、一時、隆盛を極めた「室谷某」に代表される「韓国バッシング本」「ヘイトスピーチ関連の本」は、店頭から消えたようだが、いまだに、書店の店頭には、「明日の世界経済は、こうなる」「中国と韓国の悲劇云々」・・・とかいうような、ドシロートが書いたようなネットウヨ=バカ・ウヨレベルの、安っぽい本が、書店員の思想的レベルを象徴するように、所狭しと並んでいる。書店員が批評家気取りで選ぶ「本屋大賞」に代表されるように、仕入れから本並べまで、書店員が本をセレクトするのだろう。そう言えば、今、スキャダルの渦中にあるエセ作家・百田尚樹が「本屋大賞」を受賞して、嬉しがっているのを見たことがある。書店員は人を見る目がある(笑)。書店が、堕落するはずだ。だから、ゲームセンター並みの書店からは即座に辞去した。やはり、本はAmazonで買うべしということか?高校時代から本屋通いを始め、最近まで、本屋は、私のオアシスだった。だが、今や、その前を無視して通り過ぎる「ゲーセン」(笑)みたいなものだ。本屋に立ち寄ると馬鹿になる。(続く)



人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ

2015-03-29

dokuhebiniki2015-03-29

2015-03-28

dokuhebiniki2015-03-28

菅義偉官房長官バッシングで古賀茂明降板。昨夜の「報道ステーション」を見た。最近、よくテレビを見ているが、何か異様だった。MCの古館と元通産官僚の古賀茂明とのやりとりは、私のテレビ業界に関する貧しい知識から考えても、想像を超えていた。

人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ



私は、古賀茂明の思想分析賛同するわけではないが、この夜の話に関する限り、古賀の話に耳を傾けざるを得なかった。古賀は、開口一番、降板劇の舞台裏を暴露したからだ。それに対する古館の反論と、さらにそれに対し、古館と楽屋でのやりとりを録画しており、「それを全部バラすぞ」という古賀の再反論。やはり、何か異様だった。


古賀の話によると、番組から「更迭」されるのは古賀だけではなく、報道ステーションのデイレクターも同時に「更迭」されたようだが、やはり、安倍政権の「メディア工作」は、 かなりのところまで進んでいるようだ。


そう言えば、NHKの夜のニュース番組でも、MCの大越健介が、突然、「更迭」されることになったらしいが、この「NHK大越キャスター降板事件」も、安倍政権の「メディア工作」の結果らしい。官邸側(菅義偉官房長官バッシング)から圧力。いやはや。それにしても幼稚な政権である


安倍首相だけではなく、菅義偉官房長官世耕・・・安倍首相安倍政権関係者たちが、これで、問題が解決すると考えているとすれば、それは違うだろうと思う。


そもそも、安倍政権のように、マスコミ支配=マスコミ統制に異常に熱心な政権というのが、不可解である。むしろ、そこに、つまりマスコミによる批判批評を恐れ、怯えるところに、安倍政権脆弱さと異様さがあるのではないか?


こういうのを「裸の王様」と言うのだろう。皮肉なことを言うとすれば、安倍政権が 、米国政府に見捨てらる日も近いのではないか?



人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ

(ステラ)

NHK 9時の大越キャスター更迭は官邸意向安倍お気に入り美人記者も協力?



HUFFPOST

政治Copyright © 2015 The Huffington Post Japan, Ltd. All Rights Reserved

時事通信社

古舘伊知郎氏、番組降板する古賀茂明氏と口論 報道ステーション(全文)中野

The Huffington Post 投稿日: 2015年03月28日 11時34分 JST



元経済産業省官僚古賀茂明氏(59)が3月27日、テレビ朝日の「報道ステーション」に出演し、自身降板をめぐってキャスター古舘伊知郎氏(60)と口論になった。さらに番組中に「I am not ABE」(私は安倍首相ではない)と書かれた手製の紙を掲げる一幕もあった。


古賀さんはこれまで同番組コメンテーターとして出演し、安倍政権批判的な発言を繰り返していた。


番組中盤、中東情勢についてのニュースに関して古舘氏が古賀氏に解説を求めた際、古賀氏が突然、切り出した。古賀氏と古舘氏とのやりとりは次の通り。


◼️古賀ちょっとその話をする前に。わたし、今日最後ということで、テレビ朝日の早河(洋)会長とか、あるいは(制作協力している)古舘プロダクション佐藤(孝)会長のご意向でですね、わたしはこれが最後ということなんです。これまで非常に多くの方から激励を受けまして。で一方で、菅(義偉)官房長官をはじめですね、官邸のみなさんにはものすごいバッシングを受けてきましたけれども、まあ、それを上回る皆さんの応援のおかげでですね、非常に楽しくやらせていただいたということで、心からお礼を申し上げたいなという風に思います。本当にありがとうございました。


◼️古舘:古賀さん、ちょっと待って下さい。ちょっと待って下さい、古賀さん、待って下さい。いまのお話は、私としては承服できません。古賀さんは金曜日に、時折出て下さって、大変わたしも勉強させていただいている流れの中で、番組4月から様相が変わっていく中でも、古賀さんに機会があれば、企画が合うなら出ていただきたいと相変わらず思ってますし。


◼️古賀:それは本当にありがたいことです。もし本当であれば、本当にありがたいです。


◼️古舘:古賀さんが、これで、すべて、なにかテレビ側から降ろされるっていうことは、ちょっと古賀さんそれは、違うと思いますよ。


◼️古賀:いや、でも、古舘さん言われましたよね、「わたしがこういう風になるということについて自分は何もできなかった、本当に申し訳ない」と。


◼️古舘:もちろんそれは、この前お話したのは、楽屋で、古賀さんにいろいろ教えていただいている中で、古賀さんの思うような意向に沿って流れができてないんであるとしたら大変申し訳ないとわたしは思っている、今でも…。しかしさっきのはちょっと極端過ぎる。

◼️古賀:録音させていただきましたので、もしそういう風に言われるんだったら、全部出させていただきますけれども。


◼️古舘:いや、こちらもそれを出させていただくってことになっちゃいます古賀さん。


◼️古賀:いいですよ。


◼️古舘:だからちょっとじゃあそれは置いて、これはわたしは違うと思っていますが、じゃあ、イエメンのお話、アメリカのことを聞かせていただけますか。



金曜のコメンテーターは週ごとに各分野から出演していた。日刊スポーツによると、テレビ朝日広報部は「そもそも古賀さんもその(各分野の)中の1人。降板ということではない」と説明したという。


この日の古賀氏の言動について、ジャーナリスト竹田圭吾氏や江川紹子氏らがTwitterで苦言を呈した。



人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ (続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html

2015-03-27

dokuhebiniki2015-03-27

「沖縄本土決戦・小説=牛島満の生涯」ーという歴史小説を書こうと考えている。いわゆる沖縄米軍基地問題の原点は、「日米沖縄決戦」にあるからだ。私は、例によって、春休みを故郷の鹿児島薩摩半島の山奥で過ごしたが、午前中は、牛島満関係の資料を読むことが日課だった。その結果、調べれば調べるほど、牛島満が身近かな存在に思えてきた。さて、牛島満は、最後の日米決戦とも言うべき沖縄戦争の日本側の最高指揮官である。実は、私の父も末端の一般兵士として赤紙で徴集され、沖縄戦に参加している。最高指揮官と末端兵士の違いはあるにせよ、とても他人事とは思えない。父が参加した戦争である。私は、「父よ、あなたは強かった。・・・」という軍歌を思い浮かべずに、沖縄戦を語ることは出来ない。いつしか、牛島満と父がダブって見えてしまうのだ。何故、日米戦争は、最終戦争を、沖縄島を舞台にたたかうことになったのか?そして結果は?我々は、すでに多くのことを(結果を)知っているが、沖縄戦最高司令官に選ばれた牛島満は、負け戦を覚悟して最終戦場である沖縄島へ向かったとはいえ、まだその結果を知らない。そして、沖縄島の摩文仁の丘で、自ら、敗戦の責任をとって、「自決」することになることを知らない。日米決戦の最後の舞台となる沖縄決戦の最高司令官に、牛島満が適任だったかどうか分からない。少なくとも、最高司令官に牛島満が選ばれ、牛島満の指揮のもと、軍官民一体となり、沖縄戦を最後の最後まで、死線をさまよいながら、戦い抜いたことは、まぎれもない事実である。牛島満の「自決」とともに沖縄日米決戦は終わり、日米戦争も実質的に終わる。あまり、知られていないが、言わば、牛島満の「自決」とともに日本の「戦後」が始まったのである。ところが、牛島満のことは、あまり知られていない。私も、大東亜戦争における軍人たちを多く知っているが、牛島満のことは、まったくと言ってもいいほど知らなかった。実は、牛島満は鹿児島の人であり、牛島満の記念碑が、鹿児島の甲突川のほとりに建っている。私は、高校時代、この近くに下宿していたので、夕暮れ時などに、よく散歩していた。しかし、何か記念碑らしいものがあることは知っていたが、それが牛島満の記念碑であるとは知らなかった。言い換えれば、牛島満は、郷里鹿児島においてすら忘れられていたのであり、忘れさせられていたのである。なるほどそうだったのか、と思う。私の高校生時代、真珠湾攻撃で軍神となり、故郷に錦を飾ったことのある「横山正治中佐」をモデルにした「海軍」という映画の撮影が、私の母校(鹿児島二中=甲南高校)で行われた。だからというわけではないが、横山中佐の話はよく知っている。しかし、もっと知られて良い牛島満のことはまったく知らなかった。何故だろう。牛島満(鹿児島一中=鶴丸高校出身)こそ日本の戦後を象徴する人物であるのに、何故、知られていないのだろう。そこに、日本の戦後の思想的弱点があると言ってよい。牛島満を知らないということは、沖縄日米戦争の実態を知らないということであり、沖縄県民が戦った「沖縄本土決戦」の実態を知らないということである。広島原爆投下も東京大空襲も、戦争悲劇に変わりはないが、「本土決戦」ではない。広島原爆投下も東京大空襲も「被害者の戦争体験」である。沖縄決戦は違う。沖縄決戦は「加害者=被害者の戦争体験」である。沖縄県民だけが、老若男女、女も子供も、軍民一体となって「本土決戦」を戦ったのである。沖縄県民の戦後こそ日本の戦後であるべきだ。私は、「思想小説」として『沖縄本土決戦』という歴史小説を書こうと考えている。沖縄こそ本土である。だから『沖縄本土決戦』なのである 。何故、多くの沖縄県民が、米軍基地撤去、米軍基地追放、対米軍事的独立を、目指すのか?沖縄県民だけが、本土決戦を戦った勇敢な国民だからだろう。(続く)


続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから➡︎http://www.mag2.com/m/0001151310.html

人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ










ランキング(政治)に参加中!!!
↓↓↓
にほんブログ村 政治ブログへ










◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️
続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!
有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円
)でお読みください。登録はコチラから
http://www.mag2.com/m/0001151310.html
◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️

哲学者=山崎行太郎の政治ブログ=『毒蛇山荘日記』



http://blog.with2.net/ping.php/253258/1141470398