Hatena::ブログ(Diary)

文芸評論家=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』 このページをアンテナに追加 RSSフィード

哲学者=山崎行太郎の政治ブログ
『毒蛇 山荘日記』

2007-11-29

「ネット・イナゴ=池田信夫君」の「恥の上塗り」発言と、見事な「墓穴の掘り方」を御笑覧あれ…。



「罪の巨塊」を「罪の巨魁」と勘違いしたり、「罪の巨魂」と誤字で引用したりというような、曽野綾子の誤字・誤読に基づく大江健三郎の『沖縄ノート』裁判については、少なくとも誰が見ても、つまりサルが見ても噴き出したくなるような、あまりにも初歩的な誤字と誤読の実態について、すでに何回も詳しく指摘し、論証し、分析したので、ここであらためて繰り返したくないのだが、「サピオ」で、曽野綾子と対談して、誤字・誤読に気づかずに、その結果当然のことだが、誤字・誤読を放置したまま、それを論拠にして大江健三郎批判を展開している「無名のネット・イナゴ」を自称する池田信夫とかいう御仁が、サルにもわかるような誤字・誤読を指摘されたのに、自分の無知無学を恥じて素直に謝罪し訂正すればいいのに、あまりにもみっともない誤字・誤読ぶりにあわてたのか、それとも引っ込みがつかなくなったのか、逆に居直り、「誤字なんて関係ないッ」と、さらに恥の上塗りとなるような支離滅裂な反論を試みているようなので、資料保存のためにも、ここに引用しておこうと思うが、どうだろうか。時間つぶしのお楽しみに、ちょうどいい読物ではあるまいか。



池田信夫ブログ http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/5293d396b69a6498f9edb72581480fc4

大江健三郎という「嘘の巨魁」



15日の記事のコメント欄で少しふれたが、大江健三郎氏が11月20日朝日新聞の「定義集」というエッセイで、彼の『沖縄ノート』の記述について弁解している。それについて、今週の『SAPIO』で井沢元彦氏が「拝啓 大江健三郎様」と題して、私とほぼ同じ論旨で大江氏を批判しているので、紹介しておこう。大江氏はこう弁解する:

私は渡嘉敷島の山中に転がった三百二十九の死体、とは書きたくありませんでした。受験生の時、緑色のペンギン・ブックスで英語勉強をした私は、「死体なき殺人」という種の小説で、他殺死体を指すcorpus delictiという単語を覚えました。もとのラテン語では、corpusが身体、有形物、delictiが罪の、です。私は、そのまま罪の塊という日本語にし、それも巨きい数という意味で、罪の巨塊としました。

つまり「罪の巨塊」とは「死体」のことだというのだ。まず問題は、この解釈がどんな辞書にも出ていない、大江氏の主観的な「思い」にすぎないということだ。「罪の巨塊」という言葉を読んで「死体」のことだと思う人は、彼以外にだれもいないだろう。『沖縄ノート』が出版されてから30年以上たって、しかも訴訟が起こされて2年もたってから初めて、こういう「新解釈」が出てくるのも不自然だ。『沖縄ノート』の原文には

人間としてそれをつぐなうには、あまりも巨きい罪の巨塊のまえで、かれはなんとか正気で生き延びたいとねがう。(強調は引用者)

と書かれているが、この「つぐなう」という他動詞目的語は何だろうか。これが国語試験に出たら、「巨きい罪」をつぐなうのが正解とされるだろう。「罪の巨塊」を「かれ」のことだと解釈するのは「文法的にムリです」と大江氏はいうが、赤松大尉が自分の犯した「あまりにも巨きい罪の巨塊のまえで・・・」という表現は文法的にも意味的にも成り立つ。というか、だれもがそう読むだろう。では大江氏のいうとおり「罪の巨塊」=「死体」と置き換えると、この文はどうなるだろうか:

人間としてそれをつぐなうには、あまりも巨きい死体のまえで・・・

これが「文法的にムリ」であることは明らかだろう。「死体をつぐなう」という日本語はないからだ。さらにcorpus delictiは、彼もいうように警察用語で「他殺体」のことだから、この文は正確には「あまりも巨きい他殺体のまえで・・・」ということになる。その殺人犯はだれだろうか。井沢氏は「自殺した人に罪がある」と解釈しているが、これは無理がある。Websterによれば、corpus delictiは"body of the victim of a murder"と他殺の場合に限られるから、犯人は「なんとか正気で生き延びたい」とねがう「かれ」以外にない。つまり大江氏自身の解釈に従えば、彼は(自殺を命じることによって)赤松大尉が住民を殺したと示唆しているのだ。事実大江氏はこの記述に続いて、「かれ」を屠殺者などと罵倒している。

このように、どう解釈しても「かれ」は赤松大尉以外ではありえない。それが特定の個人をさしたものではなく「日本軍のタテの構造」の意味だという大江氏の言い訳(これも今度初めて出てきた)こそ、文法的にムリである。屠殺者というのは、明らかに個人をさす表現だ。単なる伝聞にもとづいて個人を殺人者呼ばわりし、しかもそれが事実ではないことが判明すると、謝罪もしないでこんな支離滅裂な嘘をつく作家に良心はあるのだろうか。こういうことを続けていると、彼は(大したことのない)文学的功績よりも、この恥ずべき文学的犯罪によって後世に記憶されることになろう。

にほんブログ村 政治ブログへ←この記事にピーンときたら、ワン・クリック、お願いします!


資料1(過去エントリー)

大江健三郎を擁護する。http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20071110/p1

■誰も読んでいない『沖縄ノート』。http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20071111/p1

■梅沢は、朝鮮人慰安婦と…。http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20071113/p2

大江健三郎は集団自決をどう記述したか? http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20071113/p1

■曽野綾子の誤読から始まった。http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20071118

■曽野綾子と宮城晴美 http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20071124

■曽野綾子の「誤字」「誤読」の歴史を検証する。http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20071127

資料2

大江健三郎・岩波書店沖縄裁判の争点http://www.sakai.zaq.ne.jp/okinawasen/souten.html

大江・岩波沖縄戦裁判の支援の会・ブログhttp://okinawasen.blogspot.com/

大江・岩波沖縄戦裁判支援会 http://www.sakai.zaq.ne.jp/okinawasen/news.html

■曽野綾子の第34回司法制度改革審議会議発言議事録 http://www.kantei.go.jp/jp/sihouseido/dai34/34gijiroku.html

■沖縄集団自決冤罪訴訟を支援する会http://blog.zaq.ne.jp/osjes/article/35/

大江健三郎『沖縄ノート』裁判告訴状 http://www.kawachi.zaq.ne.jp/minaki/page018.html







リンク