Hatena::ブログ(Diary)

文芸評論家=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』 このページをアンテナに追加 RSSフィード

哲学者=山崎行太郎の政治ブログ
『毒蛇 山荘日記』

2007-11-29

池田信夫における「墓穴の掘り方」の研究。以下は「池田信夫ブログ・コメント欄 」から……。

面白いから、「池田信夫ブログ・コメント欄 」の書き込みからも引用しておこう。ちなみに、池田信夫論理破綻を指摘したコメントの筆者(Buyobuyo)について、これは「山崎行太郎」だろう、と指摘しているコメントがあるが、勘違いである。小生は、「池田信夫ブログ」から、問題部分を引用したことはあるが、匿名や偽名を使って書き込み等をしたことはない。証拠でもあれば、提示してくれ。この書き込みは、要するにネット社会における悪質な「人権侵害」と「名誉毀損」(笑)にあたるので、管理者は(池田よ、オマエのことだよ…(笑))、即、削除せよ。さもなくば、しかるべきところへ出て、「このコメントを訂正して謝罪し、ブックマークを削除しない限り、次の段階の行動をとる。」とか、時と場合によっちゃ強硬手段をとり、管理者ともども、法的手段に訴えるぞ……、なんて池田信夫君みたいに、野暮なことは、ひょっとして、僕のことだから、言うかもよ(笑)。ちなみに、「Buyobuyo」さんは、ちゃんと実在して、ご自身のブログ(http://d.hatena.ne.jp/buyobuyo/20071128)でも、池田信夫を的確に批判している。なかなかの見識の持ち主とお見受けする。しかし、それにしても、なんだなー。池田ブログのコメント欄に、ウジムシのように次々へと湧き出てくる「無名のネット・イナゴ」(笑)どもの大群には、保守反動右翼系の「保守思想家」を自称=詐称する僕でも、さすがにウンザリするわなー。「保守思想家」を自称=詐称するのが、つくづく嫌になるこの頃だなー。


池田信夫ブログ http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/5293d396b69a6498f9edb72581480fc4

以下はコメント欄より。


■Unknown (ふふ)

2007-11-28 01:50:14

大江氏が今になってこのような支離滅裂に近い解釈を始めたということは自身の論理破綻してきたことを認め始めた、つまり間違いであることを認め始めたとも解釈できるな。かといって「改心」することは朝日新聞とともにあり得ないことだろうけど。

■繰り返される・・・ (U.Tak)

2007-11-28 01:55:45

本当にどうしようもないですね・・・。理解し難いです。「反戦平和主義」とやらの為には嘘をついてもいいとでも思っているのでしょうか。しかし嘘をついてまで守らなければならない主張にはロクなものはありません。論理破綻していることに気付かないほどのバカではないとは思いますが・・・不誠実な人間であるのは確かかと。一種の放言の類なんでしょうかねぇ。

こんなものを載せてる朝日が恥をさらしているのは、いつものことですが、ただ呆れるばかりですね。日本の裁判の質が気になるぐらいでしょうか。

殺人犯 (池田信夫)

2007-11-28 02:20:24

殺人犯」というのは、当人が犯罪を犯していない場合、確実に名誉毀損になります。先日は、星野奈津子というタレントが、殺人犯冗談にしただけで、1年間の活動停止になりました。

http://japan.techinsight.jp/2007/11/200711221525.html

この場合、本人も事務所も謝罪している分だけ、大江氏と岩波書店よりましです。彼らが口先で唱えてきた「人権」や「ヒューマニズム」の偽善性が、根底から問われているのです。だからこそ、彼らは絶対に非を認めないのでしょうが。

■Re:殺人犯 (U.Tak)

2007-11-28 03:35:29

さっさと裁判所が葬ってくれるといいですね。


■Remember 121 (iseheijiro)

2007-11-28 04:08:24

大江健三郎という「嘘の巨魁」”5500字の論点は明快だ。このノーベル賞・作家は生来の嘘つきだ。

「121号」とは、日本人が忘れてはいけない「米議会下院・決議121号」のことだ。

隼・英字チームは「慰安婦決議の嘘」を出版するスタートラインに着いた。巻頭文を池田信夫先生にお願いしたい。やはり、このエントリのように、5000字以内(和文)の、詐欺師マイク・ホンダが読んでも明快なメッセージをお願いしたい。英訳は伊勢がする。

■自己破綻 (iseheijiro)

2007-11-28 07:14:51

>>自身の論理破綻してきたことを認め始めた。

認めれば、いくらか良心があるというものだ。人を文書で「殺人犯」と書いて、無罪で済むのでしょうか? スエーデンのノーべル賞アカデミーは、この裁判をどう考えるのでしょう?

隼速報に、「謎解きゲーム」「出版計画」を載せました。http://falcons.blog95.fc2.com/

■Unknown (Buyobuyo)

2007-11-28 09:08:02

全く意味不明エントリーです。大江が問題としている部分は、訴えている側が、「罪の巨塊」=赤松大尉と読んだところだったはずで、そもそもこの間違いなく文法的にも無謀な出発点の誤読に言及しないということは、非常に欺瞞的です。池田さんの学者としての誠意からして疑わざるを得ません。

■Unknown (Unknown)

2007-11-28 09:44:19

ノーベル賞の失効もあり得る』とノーベル財団が言ってきたら大江氏はどうするつもりなんだろうか?

意味不明? (ta)

2007-11-28 09:59:10

>Buyobuyo

勇気ある(?)反論にお答えして以下簡潔に。

祭りの予感がしますが)

誰が読んでも、

赤松大尉=罪の巨魁=屠殺者

と読めてしまうから今問題になっているのではないでしょうか?

しかも、大江氏は日本語を使う作家です。弁解できないでしょう。

■buyobuyoへ (池田信夫)

2007-11-28 10:11:43

君は訴状を読んだのか。原告は「罪の巨塊=赤松大尉」などとはどこにも書いていない。だからこれは訴訟への弁解にはなっていないのだ。

http://www.kawachi.zaq.ne.jp/minaki/page018.html

曽野氏も、そんなことは書いていない。「それほどの確実さで事実の認定をすることができない」(『集団自決真実』p.296)と書いただけだ。こんな簡単な事実確認もしないで、はてなブックマークに「死ねばいいのに」というコメントをつけることこそ「無謀な誤読」だ。これは規約に違反する「犯罪教唆」として事務局に通告した(もう証拠は保全したよ)。

君は、こういう低級なコメントをつけてくる常習的なストーカーだ。このコメントを訂正して謝罪し、ブックマークを削除しない限り、次の段階の行動をとる。

■サヨクの嘘 (Unknown)

2007-11-28 11:05:38

左派勢力が影響力を失ったのは、こういう嘘が暴かれ始めたことだと思います。嘘の付き方、方向性が軍(人)憎し。貴族の義務ならぬ貴族の嘘ならもう少し良い言い訳をしないと。

いや、ごめんなさいすればまだ良いのですが、絶対にしないところは頑固なのか商業性が無くなるので出来ないのかは知りませんが。「過ちを改めず。これを過ちという」

20世紀の遺物世代はきつい世の中ですよね。「歴史」として語られる世代ですから。

あと日本語は文法的に誤魔化しが効くので、誤魔化しが難しい英文で大江健三郎氏がこの本を書くとどうなるかが見物です。外語訳できない文章は基本的に悪文だと思っています(文学除く)。

偽善者 (覘く者)

2007-11-28 11:07:45

大江健三郎は閻魔大王に舌を引っこ抜かれます。間違いないっw

■訴状を読んで (iseheijiro)

2007-11-28 11:08:22

訴状を読んだ。プリントした。日本の左翼思想というか、「幻の永久平和」を望むために「嘘」を書き、ノーベル賞まで貰う、日本人作家の大江健三郎氏に、戦後の日本の社会の病根を見る。伊勢

はてなも訴えた方がいいですよ (Unknown)

2007-11-28 12:07:10

池田さんの通告を無視するようなら(株)はてな

も訴えた方が良いですよ。

■Unknown (buyobuyo)

2007-11-28 12:27:51

謝罪と訂正に関しましては、貴兄の私へのご意見を検討した上でご回答させていただきます。

「君は訴状を読んだのか。」とのことですが、この点に関しましては、

http://blog.zaq.ne.jp/osjes/

を読まれたのかどうかを、私のほうから問いかけさせていただくことで回答に代えさせていただきます。

【関連】

http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/398325

こちらのほうが読みやすいかと存じます。

■Unknown (buyobuyo)

2007-11-28 12:46:55

先のコメントに追加です。

http://www.kantei.go.jp/jp/sihouseido/dai34/34gijiroku.html

こちらもあわせて。

> これらの著書は、一斉に集団自決を命令した赤松大尉を「人非人」「人面獣心」などと書き、大江健三郎氏は「あまりにも巨きい罪の巨塊」と表現しています。

(曽野綾子氏の発言)

本訴訟において、曽野綾子氏の「ある神話の背景」などの大江批判が大きな影響を持つことはご存知の通りでしょう。大江氏の発言は、本訴訟の底にある、この曽野綾子氏の読解に対する反駁であるという文脈を無視できないはずです。

ノーベル賞作家 (Sugar Pie Guy)

2007-11-28 13:34:13

大江氏の書いたルポアジテーションは語彙の使いかたも文章も支離滅裂なものが多く、苦笑させられることが多いのは確かですが、確かに小説となると美しい日本語を紡いできた人物です。

ノーベル文学賞はその作品群を対象に与えられるものですから、本人の資質とは関係がないはずです。

薬物中毒者、禁治産者、犯罪者----優れた文学作品を書いた作家本人は不道徳という例はたくさんあります。

(何十万というゲルマン人を殺したカエサルの「ガリア戦記」という例もある)

コメントのいくつかにノーベル賞にふさわしくないという主旨のものがありましたので、敢えて書いてみました。

■Re: buyobuyoへ (池田信夫)

2007-11-28 14:52:41

君は普通日本語も読めないのか。だれが、どこで「罪の巨塊=赤松大尉」と書いたのか、具体的に示せといってるんだよ。

「死ねばいいのに」というタグについてはどう考えるのか、答えろ。

■Unknown (お静かに)

2007-11-28 15:04:52

法句経にこんな1説がります。

荒々しい言葉を言うな 怒りを含んだ言葉は苦痛である 報復が汝の身に至るであろう。

■始まってしまった (Unknown)

2007-11-28 15:26:34

推測するにbuyobuyo=文藝評論家山崎行太郎氏でしょう。

きちんと池田氏に反論すればいいのに他人様のブログのコメント欄を使ってのこうした毀損行為はまわりの共感を得られないと思います。

山崎氏の文章を読むと『文芸評論家』という割に文章が猥雑で非論理的です。多分無名のまま一生を終わられると思いますが、これでは氏が弁護される大江氏や岩波書店が少し気の毒な気がします。

■Unknown (buyobuyo)

2007-11-28 15:42:06

>君は普通日本語も読めないのか。だれが、どこで「罪の巨塊=赤松大尉」と書いたのか、具体的に示せといってるんだよ。

「罪の巨塊=赤松大尉」とリテラルに書いてある場所というものの存在が、私の立論に必要ないことは一般的な普通日本語読解能力があればご理解いただけることと存じますが。

訴訟の原点に、曽野綾子氏の著作や各方面での発言があり、大江の反論は、それを下敷きとした「罪の巨塊」解釈に対する反論なのですから、その文脈を無視しての批判はおよそ建設的なものといえないのではないのではないのかといいたいのですがごりかいいただけないでしょうか?

曽野綾子女史が「罪の巨塊=赤松大尉」と読み取ることが可能な発言をしていることは、すでに引用したとおりです。

>「死ねばいいのに」というタグについてはどう考えるのか、答えろ。

一種の作品であるエントリーのほうで、どのような暴言を投げかけられれも感情は抑制できますが、対話モードでこれでは、貴兄の血圧が心配になります。

品の悪い冗談ではあると考えてはおりますが?それほどご不快だというのでしたら、それは申し訳ないですね、としか言いようがありません。

【参照】

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%E0%A4%CD%A4%D0%A4%A4%A4%A4%A4%CE%A4%CB

http://www.news.janjan.jp/living/0705/0705155553/1.php

こういう流行語不快だという年配の方の意見は尊重したいとは思いますが、全く使うなといわれるとやや応答に困ります。

偽善 (Usagi)

2007-11-28 16:19:35

以前、友人が、大江健三郎氏は障害児を抱えているから、素晴らしいものが書けるんだ! と言ったので、パラパラと店頭で立ち読みをしたが、偽善者だね、と思った。

そして、ノーベル文学賞! 不可解なり、と思った。

彼は、この現状をどうするつもりだろうか・・・

日本人死生観 (mastacos)

2007-11-28 16:53:21

この自決問題は戦後の太平洋戦争観のおかしさを如実に表しているものだと思う。

私は命令がないのに自殺してしまうその空気と言うかそう言ったものの方が恐ろしいと感じたのですがそうは思わない人が多いようですから。

戦陣訓の「生きて虜囚の辱を受けず」は有名だが

その前節の「愈々奮励して其の期待に答ふべし」は語られない。

自決は期待にこたえたのか?

こんなことも書かれている。

「生死を超越し一意任務の完遂に邁進すべし。身心一切の力を尽くし、従容として悠久の大義に生くることを悦びとすべし」

無茶苦茶だが他の部分を読んでも自決せよ、と言っているとは思えない。

(私は死ぬまで戦え、と言っている様に思える。どの道ひどいことに変わりはないが…)

戦陣訓は日本の死生観やその場の空気でさらにおかしな方へいってしまったのだろう。

真実に目を向けなければ再び同じことが起きるであろうことを理解できない人が多い。

山崎氏は偉い人 (passer)

2007-11-28 17:08:32

山崎氏は2ちゃんねるにスレッドが立つほど有名人です。

>(評論家として)三流どころか査定外。

何の根拠もなしに断定的に語ることが多いし、他人を罵倒する言葉も多い。

品位にかけている。

当時の慶応文学部なんてバカでも入れたはず。

■罪の巨塊 (mastacos)

2007-11-28 17:17:50

> 「罪の巨塊=赤松大尉」とリテラルに書いてある場所というものの存在が、

> 私の立論に必要ない

Unknown (Buyobuyo) さんの投稿より

2007-11-28 09:08:02

> 大江が問題としている部分は、訴えている側が、

> 「罪の巨塊」=赤松大尉と読んだところだったはずで

「罪の巨塊=赤松大尉」とリテラルに書いてある場所がなくてもこの投稿が成り立つんですか?


#私はこれのことかと思ってました。

「沖縄タイムス 2007年11月10日(土) 朝刊 1・26面」

http://www.okinawatimes.co.jp/day/200711101300_01.html

--------------------

原告側は反対尋問で、「沖縄ノート」の記述の解釈や、根拠について詳細な説明を求めた。

 「罪の巨塊」という言葉で、個人を断罪しているのではないか。作家・曽野綾子さんが著作「ある神話の背景」などで「沖縄ノート」の記述を批判しているのと同様の主張を尋問でぶつけた。

--------------------

ただ私は

赤松大尉が「罪の巨塊」を犯した、と言う風に読みました。

「罪の巨塊」=赤松大尉だとまたも誤読しそうです。

フィクションとノンフィクション (CyberDog)

2007-11-28 17:37:13

沖縄ノートを見た訳ではありませんが、これはノンフィクションとして書かれたものだと思います。

それをフィクション並にかいてしまったから、このような事態を招いたのでしょう。

フィクションでも山崎豊子のように、限りなく現実に近いものもありますが、沖縄ノートのように裏取りが不十分なものはノンフィクション価値も低いが、文学的価値も低い要に思います。

大江氏の小説も少し読みましたが、好きにはなれませんでした。

山崎行太郎氏の言論弾圧 (通りすがり)

2007-11-28 18:25:48

buyobuyo氏の正体に関しては何ら興味無いのですが、山崎行太郎氏のブログにはコメント欄が存在しない。そのかわり、BBSが存在するわけですが、そこでは池田氏罵倒するエントリーが放置、あるいは推奨wされている一方で、それに反論する書込は、別に池田氏側とも取れないものでも速攻で削除、アクセス禁止され、なぜかその削除された投稿に対する池田氏罵倒する内容の反論だけが掲載され続けるという奇妙な現象が週末から続いています。

私は両氏に礼節を求めたいのですが、山崎氏のこの態度を強く批判したい。他人を基地外だなんだと罵る前に、誰かに議論を求めるそもそもの資質に全く欠けている人間だと思う。取り巻きに囲まれてシャドーボクシングで俺ツエー! とかやっているそこいらのチンピラと同レベルでしょう。

■Re: buyobuyoへ (池田信夫)

2007-11-28 19:12:06

要するに「罪の巨塊=赤松大尉」と書いてある証拠を見つけられなかったわけだ。当たり前だ。最初から、原告はそんなことを主張していないのだから。大江氏は、それを勝手に誤読して「罪の巨塊は人ではない」という無意味な(そして嘘の)弁解をしてるんだよ。

「死ねばいいのに」については、はてなの返事をみて、こちらの対応を考える。こういう事件が何度も繰り返されているので、今回は問題を根絶するまで徹底的にやる。

目的語 (佐藤秀)

2007-11-28 19:12:51

>この「つぐなう」という他動詞目的語は何だろうか。

純文法的に言えば、目的語は明らかに「つぐなう」の前にある「それ」であり、では「それ」とは何かといえば、その後に出て来る「あまりも巨きい罪」を先取りして前に持ってきた強調法だと思う。後の「巨塊」は文学的表現としての累々たる幻影の死体の山であろうとなかろうと目的語「あまりも巨きい罪」を強調する表現法と解するのが一般的だろう。

つまり、「あまりも巨きい罪」を更に「巨塊」と擬物化することで並列させ、強調する修辞表現だと思う。

とすると、「巨塊」を死体とするのは文学表現としてもおかしい。「罪」を擬物化して死体とするのは、それこそあまりに無理がある。なぜなら、死体被害者であり罪はないからだ。

■Unknown (bob)

2007-11-28 19:19:57

「品の悪い冗談ではあると考えてはおりますが?それほどご不快だというのでしたら、それは申し訳ないですね、としか言いようがありません。」


この態度からして、意見論理的かどうか以前に人間として色々なものが欠けてる気がしますね。日本の左翼の行動原理は自分が持っていないものを持っている人々に対するルサンチマンで成り立っているので、粘着的で自意識過剰、そして品位に欠けていることが多い気がします。大江氏もその同族です。

■そっくり (Unknown)

2007-11-28 19:33:13

ノーベル賞作家という権威を利用して一見小難しいことを言って、大衆を煙に巻こうと目論んでいるでしょう。果たしてそれで裁判官まで丸め込めるか。裁判官が特定の思想を持っていないことを祈るだけですね。

ここに粘着している某も似たようなもので、ノーベル賞ばりの権威がない代わりに、支離滅裂な駄文を投稿し続けてるのでしょう。

目的語補足 (佐藤秀)

2007-11-28 20:50:17

前のコメントは舌足らずのところがあったので補足します。

大江氏の言うように「罪の巨塊」=「死体」というのなら、「あまりも巨きい罪の巨塊」は「あまりも巨きい」+「罪の巨塊」と分解しなければならない。もし、そうなら「あまりも巨きい」は「罪の巨塊」を修飾していることになる。これはいくら何でも大作家の文章としてはへたれ過ぎる。「巨塊」は巨きいから「巨塊」なのだから、屋上に屋を架す、馬から落馬するの類の小学生並みのお粗末な文章ということになる。どう見ても後付の下手な言い訳なのは明らかだと思える。

曖昧な裁判の私 (おのころ金造)

2007-11-28 20:53:36

 三島由紀夫の「宴のあと」裁判は、プライバシーという概念普及をもたらしましたが、この裁判は何をもたらすのでしょう?

■Unknown (Unknown)

2007-11-28 21:05:06

ネットイナゴ共を駆除するには巣に薬まいた方がいいですね。はてなを民事で訴えると共に刑事でも告発したほうがいいと思います。

大江氏のやり方 (渡辺)

2007-11-28 22:48:19

大江氏の文章はリズムがいいし難解そうないいまわしをするので、読んでいて酔うし高級なものを読んだという高揚感を味わえれます。でも、飾りをとってみれば内容はあまりないのです。

大江氏の文章は雰囲気で読む文章で、論理的には多くが支離滅裂です。だから、大江氏の裁判での反論・証言も支離滅裂です。意図的なのかな?とにかく、裁判でそれがうまくいくかどうか、つまり吉と出るか凶と出るか。

この問題で、大江氏は『鉄の暴風』などを参考にして、守備隊長が出した軍命によって集団自決が起きたと言っていたわけです。そして「イスラエル法廷におけるアイヒマンのように、沖縄法廷で裁かれてしかるべき」と言っていたのです。

でも、実際は自決命令どころか、赤松氏も梅澤氏も逆に「自決するな」とか、自決を制止する方向であったことが明かになっています。

例えば、自決しなかった島民を命令違反で殺すどころか、集団自決を知って「なんてはやまったことを」と嘆き悲しんで逆に衛生兵派遣して治療にあたらせています。

事実のベクトルは逆なんです。それが知られてきて、『鉄の暴風』を参考にして書かれた『沖縄県史』や家永三郎『太平洋戦争』さえも、書きかえられて軍命説を取り消しています。

しかし、今回の大江氏は、自分の書いた文章は赤松氏らの守備隊長に対してのものではない、だから赤松氏らへの名誉毀損にはならない。という論法で逃げようとしているようですね。

大江氏も、文章を書く人間責任として事実事実として素直になるべきだったのですよ。

大江氏は柳美理氏の裁判の陳述書で次のように述べています。

不愉快にさせたなら、書き直すべきであり、それで傷つき苦しめられる人間をつくらず、そのかわりに文学的幸福をあじわう多くの読者とあなた自身を確保されることを心から期待します」

上の文章を美しいと感じるか、いやらしさを感じるか。私は後者です。好みというか、こういう文章はあまり好きじゃないですからね。もっとも、もし別の人が言ったなら感じ方も多少は違うかもしれませんが。



■Unknown (文学者について)

2007-11-29 02:23:10

もう日本の文芸の文学者に噛み付くのはやめた方がいいのではないですか?日本は文科系

人間は一部の職人と一部の科学的思考をもった人間しか残念ながら信用ができません。日本の文学者恣意的な解釈は伝統的なものです。そもそも日本語の文法も論理性に英語に比べればかけています。だからつけこまれます。

しかし、フランスの哲学者造語を作り出したりしますがここまでの無法者はほとんどいません。私の印象ですが日本の文学者は自分のイデオロギーや信念でもって文法や意味解釈を

捻じ曲げても屁理屈をつけて表現します。

たとえば、かつては共産国を賛美したり途上国への移民を賛美したりと新聞メディアでもやりたい放題です。外国メディアの解釈も日本人英語力のなさを逆手にとって恣意的な解釈の

オンパレードです。つまり、日本の文字メディアに携わる人間はすべて信用が著しくない人間ばかりだという認識が残念ながら知れば知るほどわかるということです。

■Unknown (さとる)

2007-11-29 02:32:35

大江氏の文章は雰囲気で読む文章で、論理的には多くが支離滅裂です。

自称文藝評論家慶應文学部だからバカっていってる人もいるけど、東大文学部大江も支離滅裂だから、これは一流大学でも文学部論理性を欠いてるってことだろうな。奴らはレトリックに酔うから。自称氏なんか「哲学や文学が分からないやつが経済を語るな」ですから・・・有名無名は問わず、文藝評論家や文学者系の連中は論理性を欠いているにも関わらず社会問題経済問題床屋政談を繰り広げ、それをバカな大衆が「知識人」のご信託としてあがめる構図がかつてあった。吉本隆明とか柄谷とかもそうでしょ。ま、無学な理系学者の社会論「国家の品格」も困り者ですが。あと、自称氏はプライドが高いんだから、地雷を踏むよといったら本当にそうなったじゃんw

buyobuyoも奴なんだから「徹底的にやる」なんてのはやめたほうがいい。社会の底辺でルサンチマンを抱えている奴らはブログで著名人にケンカを売るのが「癒し」の一つなんだから。

法廷での言葉遊びを許すな! (まいまい) 2007-11-29 05:59:21

曽野さんはこう書いています。

赤松隊長の行為を「罪の巨塊」と書いていることもますます私の関心を引きつけた。

http://sankei.jp.msn.com/life/education/071023/edc0710230343000-n1.htm

私もこの「罪の巨塊」という表現は行為として捉えたので、「罪=命令」「巨塊=集団自決」と解釈してました。すると、「隊長の命令による集団自決死体の山の前で、なんとか正気に〜」と読めます。一応、大江氏の説明も成り立ちます。

ところがそうなると「〜つぐなうには、」を受ける文章が無くなるので私は非常に変な文章だと感じていました。

 一方、「つぐなう」を生かす文章だと、「人間としてそれをつぐ なうには、あまりにも罪が大き過ぎるが、かれはなんとか正気で〜」と解釈できます。すると原文の「まえで」という表現が不明になります。

要するに非常に”悪文”だという事です。

どちらの解釈にしても「罪」を犯したのは「かれ」だと書いているのですから、十分、名誉毀損に当たります。

こんな馬鹿馬鹿しい論点そらしを法廷でやっているということだけでも、大江氏は「有罪」です。

■屠殺者 (池田信夫) 2007-11-29 09:46:35

「罪の巨塊」が「かれ」かどうかなんて、裁判の争点とは関係ないのです。争点は「かれ」とは誰のことかということです。当時の渡嘉敷島の守備隊長赤松大尉しかないのだから、固有名詞を出さなかったからといって、名誉毀損はまぬがれない。小説で別の名前にした場合でさえ、モデルが推定できれば名誉毀損になります。したがって「罪の巨塊」が「かれ」のことではない、という大江氏の議論は弁解になっていない。

「かれ」が「日本軍のタテの構造」のことであって特定の個人をさしたものではない、という弁解も成り立たない。たとえば次のような一節があります:

<かれは25年ぶりの屠殺者と生き残りの犠牲者の再会に、甘い涙につつまれた和解すらありうるのではないかと、渡嘉敷島で実際におこったことを具体的に記憶する者にとっては、およそ正視に耐えぬ歪んだ幻想までもいだきえたであろう。(『沖縄ノート』p.211)>

ここで「屠殺者」と呼ばれる「かれ」の「甘い涙」や「歪んだ幻想」というのは、きわめて個人的な内面の表現であって、日本軍組織にも構造にも大江氏は言及していない。赤松大尉という個人が住民を「屠殺」したと断じているのです。屠殺者というのは、IMEの辞書でも出てこない差別語で、きわめて強い表現です。名誉毀損は助からない。しかも「罪の巨塊」が「他殺体」の意味だとすれば、ここでも赤松大尉を殺人者と断定していることになる。大江氏の弁解は、みずから墓穴を掘っているのです。

■Unknown (ななし) 2007-11-29 10:11:55

 なるほど、的をかけているのはそこですか。

■Unknown (S田) 2007-11-29 10:26:00

大江氏の誤りは、嫌な話しノートが出版された当時の「空気」を、大江氏が読み過ぎた結果ではないでしょうか。

現在の「空気」なら書き得ない表現でしょう。ノーベル作家の筆を滑らせるほど「空気」とは強いのでは。

訴える側も、現在の「空気」なら勝てると踏んで、敵対イデオロギーの象徴的作家を引きずり降ろすべく頑張っているのでしょう。

赤松氏や大江氏を叩くより自覚すべき事があるはずです。「空気を読まない裁判官」は立派ですね。厳正な裁判を期待します。

ーーー以下続く(笑)ー


にほんブログ村 政治ブログへ←この記事にピーンときたら、ワン・クリック、お願いします!


リンク