Hatena::ブログ(Diary)

文芸評論家=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』 このページをアンテナに追加 RSSフィード

哲学者=山崎行太郎の政治ブログ
『毒蛇 山荘日記』

2010-05-02

政治評論家の終焉。政治ジャーナリズムの終焉。

テレビの報道番組や政治討論番組などに頻繁に出演し、上から目線で「民主党」を批判し、民主党議員を嘲笑することを「馬鹿の一つ覚え」のように反復してきた政治評論家やお笑いタレントの多くが、実は、官房機密費から、盆暮れに「500万円」ずつ貰っていたことが、自民党時代に官房長官を勤めた野中広務の証言によって暴露されたが、これは別に驚くようなことではなく、以前から予想されていたことで、そして今でも多かれ少なかれ続いているはずで、政治や政治ジャーナリズムに関心のある者にとっては「やっぱり」と思うだけだ。僕は、政治評論家やお笑いタレント等の問題は、カネを貰ったということよりも、カネを貰って言論を買収されてしまったこと、つまり政治評論家やお笑いタレントの資質品格に問題はあると考える。たとえば、小泉純一郎首相時代に、今では国民経済を破壊尽くしたということを多くの日本人が認めている「小泉構造改革」を、テレビ報道新聞などを駆使して支援し、国民を改革一色に洗脳してきたのに、テレビに頻繁に出演する政治評論家やお笑いタレントの役割は小さくなかった。もちろん、彼等が、どういう政治的意見を持ち、テレビや新聞で、どういう政治的発言を繰り返すかは別に批判されるべきことでもなんでもない。持論があるならば、それを万難を排して貫徹することはむしろ歓迎すべきことだろう。問題は持論の中身ではない。問題は、持論をカネで売り渡すことである。カネで持論を売り渡し、権力者に迎合するような発言を繰り返す政治評論家やお笑いタレントの資質こそ問題である。野中広務が暴露したのは、政治評論家やお笑いタレント等が権力者スポンサーからカネを受け取り、その見返りに、その権力者スポンサーに迎合する言論を繰り返すというような政治評論家やお笑いタレントの資質品格堕落の実態である。たとえば植草一秀の「痴漢疑惑事件」で、植草野村證券に勤務時代にも、数回の性的不祥事件を起こし、それを揉み消したという、今ではガセネタと分かっているデタラメの「経歴」をタイミングよく暴露した某週刊誌や、それをテレビ番組で繰り返した評論家宮崎某は、その情報を何処から仕入れ、誰の指図で公開したのか。政府筋からの情報ではなかったのか。それとも彼等自身の独自取材によって得た情報だったのか。植草一秀を、批判、罵倒するだけでなく、その存在社会的に抹殺すべく、つまり「性犯罪者」というだけではなく、「病者」とまで呼び、「入院・治療」の必要性を主張した宮崎某は、何を根拠にしてそういう暴言を吐き続けたのか。「植草を徹底的に潰せ」という政府関係者からの働きかけを受け、それを忠実に実行したのではないのか。つまり、宮崎某にも官房機密費か、あるいはそれに類するカネが渡っていたのではないか。いずれにしろ、僕は、政治評論家やお笑いタレントが権力者スポンサーから密にカネをもらうことよりも、カネで言論を売り渡し、権力者スポンサーに迎合するような言論や報道を繰り返すことこそが、テレビを中心とするマスコミに溢れる政治評論や政治ジャーナリズムの自滅と終焉を意味しているもと思う。我々は、これから、三宅久之やテリー伊藤河上和雄岸井成格等のような政治評論家やお笑いタレント、元検事のコメンテーター新聞記者等が、突然、民主党や小沢一郎を罵倒し、自民党擁護の政治的発言を始めたら、官房機密費にかかわる「言論とカネ」という問題を思い浮かべながら拝聴することになろう。かくして、政治評論や政治ジャーナリズムは死んだと見て間違いない。マスコミ中心の政治ジャーナリズムと、素人匿名を中心とするネットの政治言説の対立と相克が激化するのも当然だろう。



よろしければ、応援のクリックをお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ

■読者からの投稿コメントより。

伊藤太郎

『「極秘メモ流出!内閣官房機密費をもらった政治評論家名前


フォーカス2000年5月31日号 には、

竹村健一 200万円

藤原弘達 200万円

田原総一郎 100万円

俵孝太郎 100万円

細川隆一郎 200万円

早坂茂三 100万円

三宅久之 100万円』

(2010/05/02 23:18)



■参考資料。


7 :名無しさん@3周年:2010/05/01(土) 16:11:14 ID:S9NlDNhx

貰ったと言われてる政治評論家の一部

 三宅久之、石見隆夫、橋本五郎後藤謙次岸井成格星浩

 河上和雄

芸能関係!?

 北野タケシ

(野中 元自民党議員の話)



8 :名無しさん@3周年:2010/05/01(土) 16:15:39 ID:Rb4QFEHv

三宅さんかは周知の事実読売政治記者なんかには自民党から今も活動費が拠出されているようだし。


12 :名無しさん@3周年:2010/05/01(土) 16:42:07 ID:58seJw2n

野中氏が講演で暴露

●言論活動で立派な評論をしている人たちのところに

盆暮れ500万円ずつ届けることのむなしさ。

野中広務元官房長官は、23日に那覇市内で開かれたフォーラム基調講演の中で、

自身が長官在任中(1998年7月〜99年10月)、先例に従い、

複数の評論家に内閣官房報償費(機密費)から数百万円を届けていたことを明らかにした。

野中氏は講演で「言論活動で立派な評論をしている人たちのところに

盆暮れ500万円ずつ届けることのむなしさ。

秘書に持って行かせるが『ああ、ご苦労』と言って受け取られる

と述べ、機密費からの提供が定期的にあったことを明かした。

野中氏は自民党政権時代に、歴代の官房長官に慣例として引き継がれる帳簿があった

ことにも触れ「引き継いでいただいた帳簿によって配った」と明言。

その上で「テレビで立派なことをおっしゃりながら

盆と暮れに官邸からのあいさつを受けている評論家には亡くなった方もいる」

と指摘した。

一方で機密費の提供を拒否した評論家として田原総一朗氏を挙げた。



13 :名無しさん@3周年:2010/05/01(土) 16:46:26 ID:Rb4QFEHv

この発言で自民党参議院議員選はさらに苦境へ。

元泥棒(自民党政権時の官房長官)が現職の平野官房長官を標的にするつもりだったようだが、

世論は違う反応。自民党政権時代の悪事を思い出してしまった。

14 :名無しさん@3周年:2010/05/01(土) 16:56:50 ID:wNOGCaBb

このことが事実なら日本は素晴らしい賄賂の国ってことが証明されますね。

\(o ̄▽ ̄o)



17 :名無しさん@3周年:2010/05/01(土) 17:23:09 ID:gzi8vXR+

麻生太郎がしんぶん赤旗で指摘された

『麻生幹事長、政治資金で飲み食い 1年で173回3500万円』

http://bl△ogs.yahoo.co.jp/voteshop/folder/596008.html

機密費だけじゃなく、こういうところで美味しい思いを

させてもらってた連中がマスゴミの中にはたくさんいるはず

新聞記者とかとよく会食してたらしいし



18 :名無しさん@3周年:2010/05/01(土) 17:25:23 ID:E8Fx58Z5

野中「(政治)評論をしておられる方々に、

盆暮れにお届けするというのは額までみんな書いてありました」

野中「まあ、あいさつ程度のことですけども、盆暮れやってるのを見て、

ああ、こんなことをせなならんのかなと。

あんだけテレビで正義の先頭を切るようなことを言っている人が、

こんな金を平気で受け取るのかなと思いましたね。」




リンク