Hatena::ブログ(Diary)

哲学者=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記1』 このページをアンテナに追加 RSSフィード

哲学者=山崎行太郎の政治ブログ
『毒蛇 山荘日記』

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)や原稿依頼、取材などは、以下の「携帯電話」か「メール」でお願いします。 👉 090-6007-0726。👉yama31517@gmail.com

2012-11-24 安倍晋三とネット右翼と自民党・・・。(1)

安倍晋三とネット右翼と自民党・・・。保守論壇は、何故、かくも幼稚になったのか?(1) 志岐武彦氏との共著『最高裁の罠』が、12月3日頃には出来上がるらしい。ただし、書店発売は12月10日ということらしいので、早く読みたい人は、是非、版元(kkプレス、03-5211-0096)への「先行予約」をお願いしたい。ところで、『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『最高裁の罠』に続けて、僕が次に企画・構想している本は、『保守論壇亡国論』だ。文字通り、保守論壇の思想的衰退と退廃、さらには保守思想の荒廃、保守思想家の堕落・・・が、現在の日本の政治的、経済的、思想的混迷をもたらしているという自説を展開したものだ。たとえば、民主党の野田佳彦だけではなく、自民党の安倍晋三、維新の会の橋下徹、石原慎太郎・・・。僕は、必ずしも、これらの政治家たちの主義主張に全面的に反対というわけではない。「軍備増強」「国軍化」「核武装」・・・等には原則的に反対ではない。しかし、野田佳彦や安倍晋三、橋下徹、石原慎太郎等が、いかにも軽々しく、口から出任せのように叫びたてる「軍備増強」「国軍化」「核武装」・・・等には、断固、反対である。野田佳彦や安倍晋三、橋下徹、石原慎太郎等は、「米国隷属思想」から脱却していない。彼らの、いわゆる「保守思想」なるものは、中国や韓国、北朝鮮を「敵視」し、「罵倒」するだけの、いわゆるネット右翼レベルの底の浅い「親米保守」の思想に過ぎない。かつて、自民党は、そういう底の浅い保守政党ではなかった。多くの日本国民の無意識の願望と欲望と不安を鋭く察知し、それを、巧妙に掬い上げることの出来るフトコロの深い政党だった。「物言わぬ一般大衆の声」に耳を傾け、その声にならない声を敏感に聞き分け、その物言わぬ大衆の声を対弁=代行する健全な保守政党だった。だから自民党長期政権が可能だったのである。従って、昨日まで「鬼畜米英」と言っていた日本国民が心底から「親米」であるはずはなく、「親米」はタテマエであって、一般大衆のホンネは「反米愛国」であった。そのホンネとタテマエの二重構造を自民党の議員たちは正確に認識していたのである。その背景には、小林秀雄、田中美知太郎、福田恒存、江藤淳、三島由紀夫・・・というような左翼をも心服させるような底の深い思想を展開する一流の保守思想家がいて、そして彼らを中心に形成された、論壇的には少数派ではあるが、きわめて重厚な保守論壇があった。ところが、現在はどうか。保守論壇の堕落、退廃は、歴然としている。野田佳彦や安倍晋三等の「保守思想」は、米国には這いつくばり、中国や韓国、北朝鮮を敵視し、蔑視、罵倒することで成り立っているが、これは、裏を返せば、普通の日本国民を、つまり一般大衆を、「負け組」だの「落ちこぼれ」「弱者」「・・・・・・」だのと言って、差別し、蔑視、罵倒する「疑似保守思想」にすぎない。たとえば、次期首相が確実と言われ、浮足立っている安倍晋三の言動を見ていると、その底の浅い、薄っぺらな言動に眉をしかめる人は少なくないだろう。自民党総裁ともあろうものが、口先だけでペラペラと立板に水のごとく喋りまくり、しきりに頭の悪い子供のように無邪気に、歯を出して、ニヤニヤと笑っている。大丈夫なのか、この男は。また下痢を理由に逃げるんじゃないだろうな。ちょっと待てよ、こんなのが日本の次の首相でいいのか、と言いたくなるのは僕だけではあるまい。そこで、忘れてはならないのは、そういう安倍晋三に、政治的リーダーを期待し、安倍晋三待望論を持て囃す保守論壇の面々である。思想的な堕落そのものである。言うまでもなく、保守論壇の堕落と退廃が、安倍晋三のような脆弱、無能、無学な三流政治家を生み出したのである。まさに『保守論壇亡国論』である。(続く)



人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ

(続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html



■森ゆうこ参議院議員との対談。(「月刊日本」12月号)。書店かアマゾン(下)でお求めください。

★月刊日本12月号(アマゾン)★

f:id:dokuhebiniki:20121122133113j:image

人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ

gekkan.nippon@gmail.com
■その他の過去記事一覧■