Hatena::ブログ(Diary)

哲学者=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記1』 このページをアンテナに追加 RSSフィード

哲学者=山崎行太郎の政治ブログ
『毒蛇 山荘日記』

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)や原稿依頼、取材などは、以下の「携帯電話」か「メール」でお願いします。 👉 090-6007-0726。👉 ;yama31517@gmail.com

2015-10-02

dokuhebiniki2015-10-02

江藤淳について。「すばる」で、「倉橋由美子」が取り上げられ、「豊崎由美」「古屋美登里」「栗原裕一郎」等三人が鼎談しているのだが、そこで、かつて「倉橋由美子」と論争したという「江藤淳」が安易に批判・罵倒されている。特に豊崎ナニガシは、太鼓持ち書評家らしく、「現在の方が批評のレベルは高い。」と、馬鹿丸出しの発言を繰り返している。私は、「江藤淳」が嫌いだとか、分からないとかいうなら理解できるが、あまりに頓珍漢な、非常識な「江藤淳批判」を読まされると、批判している人たち自身の「文学的常識」、あるいは「文学的感性」を疑わざるをえないと思う。「それで、恥ずかしくないのか?」と。それにしても、豊崎ナニガシ等を使って「倉橋由美子」を持ち上げ、返す刀で「江藤淳」を貶すという鼎談を企画する『すばる』編集部の文学的センスにもあきれる。論壇雑誌や一般の雑誌だったら仕方ないかもしれない。しかし文芸雑誌『すばる』である。そもそも、批評家でもなんでもなく、ただゴマすることしかできないライターや書評家、翻訳家、三人を、文芸雑誌に登場させることが、現在の文芸雑誌のレベルを象徴している。やはり、残念なことだが、「文芸雑誌は終わったのだなー」と思う。私が、「存在論」、あるいは「存在論的文芸批評」というものを学んだのは「江藤淳」からである。柄谷行人も、江藤淳に読んでもらいたくて、デビュー作となった「意識と自然ー漱石試論」を書いているし、また柄谷行人は、若いころ、江藤淳の文章を書き写して、「江藤淳的文体」を学んだと言っている。(続く)


人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ



安倍政権は「ネット右翼政権である。安倍政権の正体を知りたければ、これを読むべし。最近の日本の「保守」は「エセ保守」ばかり。山崎行太郎著『保守論壇亡国論』と、佐高信氏との対談集『曽野綾子大批判』は、安倍政権とそれを支持する現代日本人の「思想劣化」=「政治的劣化」=「反知性主義化」を哲学的分析・解明しています

⬇︎⬇︎⬇︎

f:id:dokuhebiniki:20150628142057j:image

⬇︎⬇︎⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674526?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links




「曽野綾子批判」の元祖・佐高信氏と、「沖縄集団自決論争」以来、曽野綾子批判を続ける山崎行太郎との過激な対談集。

⬇︎⬇︎⬇︎

f:id:dokuhebiniki:20150628154034j:image

Amazon⬇︎ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


文芸評論家・江藤淳の「小沢一郎論」をヒントに、「政治家・小沢一郎」の思想と行動を論じた存在論政治家論。

⬇︎⬇︎⬇︎

『それでも私は小沢一郎を断固支持する』

f:id:dokuhebiniki:20151002033427j:image

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4862860605?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links



イデオロギー的な観点からではなく、存在論観点から「三島事件」の本質を解明した異色の三島由紀夫論

f:id:dokuhebiniki:20150930225639j:image

⬇︎⬇︎⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4946515577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links




柄谷行人氏が絶讃、推薦した山崎行太郎の処女作哲学者・文藝評論家=「山崎行太郎」誕生の書。

⬇︎⬇︎⬇︎

f:id:dokuhebiniki:20150628220724j:image

Amazon⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4882024977?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links




人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ メルマガ「週刊山崎行太郎195号」を配信しました。(続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html f:id:dokuhebiniki:20150623214716j:image

gekkan.nippon@gmail.com
■その他の過去記事一覧■