Hatena::ブログ(Diary)

哲学者=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記1』 このページをアンテナに追加 RSSフィード

哲学者=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記1』

2015-12-27

dokuhebiniki2015-12-27

慰安婦問題に最終決着などあるわけがない。安倍政権と朝鮮人慰安婦問題。

👈応援クリックよろしくお願いします!


安倍首相が朝鮮人慰安婦問題で最終解決を目指して、韓国に対して、支援金と謝罪意向を示し始めたらしい。いかにも安倍首相と安倍内閣のやりそうなことである。今までの安倍首相や安倍首相周辺の面々の強気発言は何だったのか?土下座謝罪のためのパフォーマンスだったのか?安倍首相等は、慰安婦問題の最終解決を望んでいるらしいが、笑止である。おまけに米国政府に「最終決着」を担保してもらうのだとか(笑)。慰安婦問題に、最終決着などあるわけがない。それが分からないのが安倍首相と安倍内閣周辺の面々である?言い換えれば、解決困難な問題に耐えられないのが安倍首相と安倍内閣の面々であるように見える。それにしても、「保守論壇」の皆さんは、それでも「安倍支持」「安内閣支持」なんですか。小生には、どうしても「安倍談話」に続く破廉恥な「売国政治」の典型のように見えます・・・(笑)。そもそも歴史に真実とか真理など あるはずがない。様々な解釈があるだけだろう。


👈応援クリックよろしくお願いします!


慰安婦問題、「米政府声明で決着確認検討

2015年12月26日 08時15分 読売新聞



 日韓両政府は25日、岸田外相と尹炳世ユンビョンセ外相が慰安婦問題の妥結を目指し、韓国で28日に会談を行うと発表した。


 岸田氏は会談で、慰安婦問題の最終的な決着を確約するよう求める。米政府が日韓の妥結を評価する声明を出すなどして、国際的に決着したことを確認する案が出ている。


  米政府の声明発表を検討しているのは、慰安婦問題について、韓国が蒸し返すことを避けるのが狙いだ。


 長く懸案となってきた慰安婦問題が決着すれば、日韓関係は大きく前進することになる。岸田氏は25日、「非常に難しい問題だが、何ができるか、自分としてもぎりぎりの調整を行いたい」と記者団に述べた。



👈応援クリックよろしくお願いします!


読売新聞 12月25日(金)14時35分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151225-00050075-yom-pol


日本政府は、28日にも開かれる日韓外相会談で、慰安婦問題に関する合意文書に最終的な決着であることを明記するよう韓国側に求める方針を固めた。


韓国側要求を受け入れれば、元慰安婦への人道的支援を行う新たな基金を創設する方向だ。岸田外相が尹炳世(ユンビョンセ)外相との会談提案する。


日本政府は、合意文書を交わす条件として慰安婦問題の妥結が「最終かつ不可逆」的なものであることを明記するよう要求する。


これに関連し、菅官房長官は25日午前の記者会見で、慰安婦問題について「日本が主張してきたのは最終的解決だ」と語り、協議の妥結には、韓国側問題を蒸し返さない確約必要との認識を示した。


韓国政府は、慰安婦問題を反人道的な不法行為と位置付け、1965年の日韓請求権協定の対象外だとして、日本側の責任認定賠償を求めている。


👈応援クリックよろしくお願いします!

2015年12月27日 5時55分 毎日新聞

<元慰安婦>政府、支援金を検討…法的責任認めず


訪韓について報道陣に語る岸田文雄外相(中央)=東京・霞が関の外務省で2015年12月25日午後4時13分、竹内幹撮影(毎日新聞)


 政府は26日、慰安婦問題の最終決着に向けて韓国側提案する見込みの新たな基金活用し、元慰安婦に支援金を支給する検討を始めた。基金の規模は数億円以上に膨らむ可能性がある。日韓両政府は27日に外務省局長協議ソウルで開催し、28日の外相会談に向けて詰めの調整を行う。(毎日新聞)


人気ブログランキングへ👈応援クリックよろしくお願いします!


佐藤優/山崎行太郎対談「『人を殺す思想』こそ本物だ。」


佐藤優/山崎行太郎対談「『人を殺す思想』こそ本物だ。」を掲載した「月刊日本」1月号は、以下のAmazonでも発売中です!

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0170CMCQU?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


f:id:dokuhebiniki:20151224212411j:image


f:id:dokuhebiniki:20151224164637j:image

佐藤優さんと。廣松渉の『存在意味』第2巻について語る。

(赤坂の「ANAコンチネンタル」にて)





山崎行太郎の本。

⬇⬇⬇


安倍政権は「ネット右翼政権である。安倍政権の正体を知りたければ、これを読むべし。最近の日本の「保守」は「エセ保守」ばかり。山崎行太郎著『保守論壇亡国論』と、佐高信氏との対談集『曽野綾子大批判』は、安倍政権とそれを支持する現代日本人の「思想劣化」=「政治的劣化」=「反知性主義化」を哲学的分析・解明しています

⬇︎⬇︎⬇︎

f:id:dokuhebiniki:20150628142057j:image

⬇︎⬇︎⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674526?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links




「曽野綾子批判」の元祖・佐高信氏と、「沖縄集団自決論争」以来、曽野綾子批判を続ける山崎行太郎との過激な対談集。

⬇︎⬇︎⬇︎

f:id:dokuhebiniki:20150628154034j:image

Amazon⬇︎ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


文芸評論家・江藤淳の「小沢一郎論」をヒントに、「政治家・小沢一郎」の思想と行動を論じた存在論政治家論。

⬇︎⬇︎⬇︎

『それでも私は小沢一郎を断固支持する』

f:id:dokuhebiniki:20151002033427j:image

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4862860605?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links



イデオロギー的な観点からではなく、存在論観点から「三島事件」の本質を解明した異色の三島由紀夫論

f:id:dokuhebiniki:20150930225639j:image

⬇︎⬇︎⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4946515577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links




柄谷行人氏が絶讃、推薦した山崎行太郎の処女作哲学者・文藝評論家=「山崎行太郎」誕生の書。

⬇︎⬇︎⬇︎

f:id:dokuhebiniki:20150628220724j:image

Amazon⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4882024977?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links



人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ (続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html f:id:dokuhebiniki:20150623214716j:image


















f:id:dokuhebiniki:20151227091511j:image


■その他の過去記事一覧■