Hatena::ブログ(Diary)

文芸評論家=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』 このページをアンテナに追加 RSSフィード

哲学者=山崎行太郎の政治ブログ
『毒蛇 山荘日記』

2016-02-19

小保方さんは、何故、今、警察に呼ばれたのか? STAP細胞事件の主役=小保方晴子さんの手記=暴露本「あの日」がベストセラーになっていることが、許せないのだろうか?不可解である。


👈応援クリックよろしくお願いします!

STAP細胞事件の主役=小保方晴子さんには、小保方さんの言い分があるのは当然ではないか。むしろ、小保方さんに名指しで批判されている山梨大学の若山某や毎日新聞の須田某の方こそ、小保方さんの批判に答えるべきではないか ?論争でも起こすべきではないか?


小保方さんがマウスを盗んだという疑いで、昨年5月ごろ、理研の元研究者告訴され、兵庫県警察に受理されていたらしい。それが、今、事情聴取だという。何故?と不可解に思うのは、私だけではないだろう。STAP細胞事件と警察権力と、どういう関係にあるのだろうか?

(続く)



👈応援クリックよろしくお願いします!


小保方氏を参考人聴取、ES細胞窃盗容疑で刑事告発

TBS系(JNN) 2月17日 23時11分配信



 STAP細胞をめぐる問題で新たな展開です。小保方晴子氏の研究室から見つかったES細胞が別の研究室から盗まれたとする刑事告発を受け、兵庫県警が17日までに小保方氏から参考人として任意で事情を聴いていたことが、JNNの取材でわかりました。


 小保方晴子氏が開発したと発表したSTAP細胞をめぐっては、理化学研究所の調査委員会が、ES細胞が混入した可能性が高いという調査結果をまとめていました。


 去年1月、理研の別の元研究員が「ES細胞は、別の研究室で作られ、何者かによって盗まれたものだ」として、窃盗容疑で兵庫県警に告発状を提出し、去年5月に受理されました。捜査関係者によりますと、兵庫県警は16日、東京都内の警察の施設で小保方氏から参考人として任意で事情を聴いたということです。


 理研の調査を受けて、小保方氏はこれまで、ES細胞意図的な混入について否定し続けています。


 「STAP細胞はあります!」(小保方晴子氏 2014年4月)


 おととし4月、生物界の常識を覆すとまで言われた万能細胞「STAP細胞」の存在を涙ながらにあくまで主張した小保方氏。しかし、その後、小保方氏が所属していた理化学研究所は、STAP細胞存在せず、ES細胞という別の万能細胞だった可能性が高いと結論づけました。小保方氏の実験サンプルからES細胞とみられる細胞が見つかったというのです。そして、去年1月、小保方氏の研究室で見つかったES細胞は、別の研究員が作ったもので、何者かが盗んで持ち込んだ窃盗の疑いがあるとして、兵庫県警に告発状が出され、その後、県警が受理していました。


 小保方氏は、先月出版された手記で、こうした動きについて次のように記していました。


 「私がES細胞を混入させたというストーリーに収束するように仕組まれているように感じた」

 「実際に、これら一連の発表は、私の上司にあたる人たちによって、周到に準備され、張り巡らされた伏線によって仕掛けられた罠だったとも受け取れた」


 さらに、STAP細胞存在する可能性を改めて示唆し、最後にこうつづっていました。


 「不思議と今でも実験をしている夢を見る。でも、その夢から覚めた時、思い描いていた研究はもうできないんだなと思うと、胸が詰まり、涙が勝手にこみ上げてくる」


 こうした思いを発表した直後に兵庫県警から参考人として受けた任意聴取。小保方氏は、一体、どのような説明をしたのでしょうか。(17日22:44)

最終更新2月18日 0時6


人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブロへ (続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html f:id:dokuhebiniki:20150623214716j:image


リンク