Hatena::ブログ(Diary)

帯広畜産大学学生読書推進プロジェクト

2014-12-26

ビブリオバトルを開催しました

去る11月10日(月)にかしわプラザマルチルームにて「ビブリオバトル体験」を開催しました。

「ビブリオバトル」とは、参加者が本を持ち寄り、それぞれが5分間で本の紹介した後に、誰の本が読みたくなったかを投票で決める「書評ゲーム」です。今回は初の試みということもあり、少人数での開催となりました。

今回の参加者は8名、うち発表者は5名と少なめでしたが、発表内容は小説有り、ミステリ有り、紹介者が「何の本かわからない」と言い切った(!)本まで有り…と内容は盛り沢山でした。

今回のチャンプ本(一番多く得票を集めた本)は獣医学課程5年生のIさんが紹介した『「会議ファシリテーション」の基本がイチから身につく本』。固そうな内容かと思いきや、会議のノウハウに留まらず、日常のコミュニケーション技術としても使える"ファシリテーション"について楽しそうに語り、得票数1位となりました。

当日紹介された本は以下の5冊です。

頂きはどこにある? / スペンサー・ジョンソン著・門田美鈴訳
阪急電車 / 有川浩
「会議ファシリテーション」の基本がイチから身につく本 / 釘山健一
無菌病棟より愛をこめて / 加納朋子
記憶の果て (講談社文庫) / 浦賀和宏 

附属図書館では今後もビブリオバトルや読書会などを通じて読書活動を推進して行きたいと思います。ご興味のある方はぜひご参加ください。

f:id:dokusho_obi:20141219103516j:image:w360:right