Hatena::ブログ(Diary)

雑木林とコンピュータのメモ帳 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008年07月19日(土)

Weaveの同期のログをバッチで自動的に整理

Weaveが同期するたびにログを取るようにしているため、ログファイルサイズが大きくなり、ログが見づらくなっているので、Windowsへのログオンのたびに古いログをrenameして自動的に整理するようにバッチファイルを作成。

Linuxの場合は、tail -f brief.log コマンドログが大きくなっても、見やすいので問題なし。

@echo off

SET DT=%date:~-10%
SET YYYY=%DT:~0,4%
SET MM=%DT:~5,2%
SET DD=%DT:~8,2%

SET TM=%TIME: =0%
SET HOUR=%TM:~0,2%
SET MIN=%TM:~3,2%

SET YYYYMMDDHHMM=%YYYY%%MM%%DD%%HOUR%%MIN%

SET WEAVELOG=D:\foo\Firefox\Profiles\weave\logs\

SET SRCBRIEFFNAME=%WEAVELOG%brief-log.txt
SET DSTBRIEFFNAME=brief-log.%YYYYMMDDHHMM%.txt
SET SRCVERBOSEFNAME=%WEAVELOG%verbose-log.txt
SET DSTVERBOSEFNAME=verbose-log.%YYYYMMDDHHMM%.txt

RENAME %SRCBRIEFFNAME% %DSTBRIEFFNAME%
RENAME %SRCVERBOSEFNAME% %DSTVERBOSEFNAME%

SET TM=%TIME: =0%」は空白を0に置換。時刻が1桁の場合、空白が入ってしまい、ファイル名としてまずいので。