Hatena::ブログ(Diary)

ARCHIVESDRIVE HD

2009-03-04

CentOS5.2へPHP4インストール

| 18:50

yumでApache2と、phpインストールしたのですが、phpが5なのを失念していて動かないので俺の怒りが有頂天に(略)。

とりあえずyumインストールしたphpはremoveします。そして、自分のほめディレクトリあありにでもphp4のパッケージを落としておきましょう。

php4をインストールする

$ tar -zxvf php-4.4.9.tar.gz; cd php-4.4.9
$ ./configure --with-apxs2=/usr/bin/apxs --enable-mbstring --with-mysql --with-gd --with-jpeg=/usr/lib --with-png=/usr/lib
$ make
# make install

これでおk、こうするとyumで導入した既存のhttpd.confにLoadModuleも追記してくれる。ただ問題があって。

AddType application/x-httpd-php .phtml .php

上記のAddType宣言は追加してくれない中途半端さなので、自分で追記してください。

どこか適当な所で構わないんですが、まとまりがいいと探しやすいので、他のAddType宣言の最後尾にでも追記するといいでしょうな。

起動確認

上記設定を行った後、httpdを再起動します。後は適当にDocumentRootに動作確認用のphpinfoファイルでも設置しましょう。

<?php
 phpinfo();
?>

これでおk、ブラウザからアクセスして各種ステータスが表示されれば無事動作しています。もしphpファイルの中のコードがそのまま表示された場合、AddTypeの宣言を忘れている可能性があるのでhttpd.conf等設定ファイルの中身をgrepするなりして確認してくださいね。

configureオプションについて

phpのconfigureオプションは結構多いんですが、とりあえず今回のconfigureオプションXOOPS2.0.16a-JPを動かす目的で最小限記述しました。自分の環境に合わせて色々追加してもらえばと思いますが、簡単なPHPプログラム動作等であれば、上記のconfigureオプションで流用できると思われます。あんまりオプション追加しすぎても大変だしね!


ちなみにconfigureオプションを追加したくなった場合は以下のようにして再度makeしてね。

再度makeする

$ cd php-4.4.9
$ make clean
$ ./configure --with-apxs2=/usr/bin/apxs --enable-mbstring --with-mysql --with-pgsql --with-gd --with-jpeg=/usr/lib --with-png=/usr/lib
(--with-pgsqlを追加したよ!)
$ make
# make install

これでおk、make cleanは作成済みのMakefileを削除してくれる。こうやっとかないと、以前作成したMakefileのままの可能性があるので注意だお。

それにしてもなんでこんな変態な環境の構築ばっかに縁があるんだろう…。