:::夢見る乙女たちの夢が醒めないように::: このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-04-19 こっそり泣いたり夢見たり 誰にも見せたことないけど

[]『コードギアス』って面白いの? あの女子キャラは等身大なの?

 ITmedia*1によると、『コードギアス 反逆のルルーシュ』のDVDはなんと22万本も売れているらしく、その証拠を裏付けるように、いま店頭に並んでいるアニメ雑誌の、ほとんどすべての表紙をルルーシュとスザクが飾っている。

 でもさー、そもそもさー、『コードギアス』ってそんなに面白かったっけ?

アニメージュ 2007年 04月号 [雑誌]

 アニメファンなら誰もが観てる作品だから、話題にものぼりやすいし、これだけ注目されている作品だから、ふだんアニメを観ない人から「面白いの?」と尋ねられることもある。そのたびに、わたしは「面白いか面白くないかで言えば『面白くない』、ていうか腹が立つ!」って答えてきた。その理由は、あの作品は視聴者を「楽しませて」るんじゃなくて「裏をかく」ことで興味をひきつけてるから。頭で作ったお話で、心なんて微塵も感じないから。

 とはいえ、あれだけのスタッフが「全力で」取り組んでいる作品、というだけで観る理由としてはじゅうぶんだし、とりわけ「画」としてはちょっと考えられないくらいの完成度、というか、千羽由利子ファンとして彼女の絵をたくさん見られるだけで満足なので、毎週チェックしてきた。まあ、30前後のオトナ(な)アニメファンなら、誰もがそんな感じで観てるんだろうなって思ってた。

 でも、色んな人と『コードギアス』について話しているうちに、実は、案外ストレートに「『コードギアス』は面白い」って評価の人が多いということに気づき始めた。あ、あれ? そんなはずは……。でも、オタクなんて「楽しんだもん勝ち」な世界だから、なんだか、負けたような、くやしいような気分。

 そんななか、ジャケットデザインが秀逸な『CONTINUE』の、おーちようこさんによるコードギアス女子キャラ論「3.14平方メートルで充足する乙女たち」が目に留まった。

コンティニュー Vol.33 (33)

 このコラム、まずはストレートに「面白い、やられた!」と思いました。だって、大槻ケンヂ*2を引用して、『コードギアス』の女子キャラについて語るなんて、いったい誰が思いつく? ざっと要旨をまとめると、『コードギアス』の女子キャラたち(除くミレイさん)は、「自分から半径1メートルの世界で生きている」(ここがオーケン)、だけど、それが少女というもので、そして、そんな女子キャラたちのすぐ手の届くところに「戦争」とか「階級問題」などの社会性を配置して、少女の「少」がとれて「女」になっていく過程を描いた『コードギアス』はすごい! って話。*3

 なるほどなあ、って思ったよ。頭の中で流れてくる「香奈、頭を良くしてあげよう」を遠くに聴きながら、たしかに名曲だよね、ウン! なんて頷きながら、だから、アレだ、僕は…しかし! って、ハッと目が覚めた。

 でもさー、そもそもさー、『コードギアス』の女子キャラってそんなに等身大だったっけ?

レティクル座妄想

 一時期、周りのアニメ女子に「『コードギアス』の女子キャラで誰が好き?」と聞いてまわってたんだけど、どちらかと言うと「どの女子キャラが嫌い?」って聞いたほうが早いくらい、反応は芳しくなかった。そのくらい、『コードギアス』の女子キャラは、同じ女子にとってはリアリティがなかった。特に、シャーリー*4の評判が悪く、一人を除いて全員が「シャーリーだけはダメ」と答えたくらい。かく言うわたしもその一人なんですが、そんなとき、シャーリーの声を担当する折笠富美子さんのインタビューを読んで、溜飲が下る思いがした。いわく、

――逆に魅力的な女性キャラもたくさん登場していて、特にシャーリーなんかは男性ファンに好かれそうですよね。

折笠 わたしもすごく「男性から見た少女像だなあ」と思って演じています。少し幼いと感じる部分があります。だから、女性から見たらあの暴走っぷりはちょっと微妙かも……って思うときもありますね(笑)。

VOICE Newtype』2007年 2月号(19ページ)

 まったく、どこが等身大なもんですか! シャーリーみたいな子がいわゆる「愛され系」ってことは分かる。だけど、あんな風には絶対なれないってことも分かってる。だから、ムカツク。そして同時に、羨ましくもあるんだ……ちょっとだけ、ね!

#4/21追記:
見出しに「等身大」という言葉を使ったせいで「いや等身大もなにも、ただのキャラじゃん?」っていうリアクションをいただいてるんですが、ここで書いた女子キャラに関する話は、あくまでも『CONTINUE』のおーちさんによるすばらしいコラム(『コードギアス』の女子キャラは「わかってるなあ」という話)を前提としています。ぜひそちらのほうもご一読ください。

*1http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0704/17/news052.html

*2:関係ないけど、GRANRODEOのクレジットを見るたびに「KISHOW」が「King-Show」にみえて仕方がない。

*3:さらっと立ち読みしただけなので、詳しくはじっさいに読んでみてください。4/20追記:やっぱり買いました。

*4:amazonで検索したけど、いまのところ関連商品のジャケットには登場してないもよう。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doofrats/20070419/p1