宇宙は見える所までしかない、と思う RSSフィード

BlogPet
QLOOKアクセス解析

2018-10-08 瞬きすらもったいない

[]No.60 ロデオ★座★ヘブン11「幻書奇譚」@新宿眼科画廊

★★★★☆

http://rodeotheheaven.wixsite.com/rodeo/next

初演は2014年9月。4年前とは思えない。その時の感動?衝撃?を思いだせる。

これだ、こういう作品を作りたいんだ、と素直に思った。

で、今回の再演。

ところどころ覚えていなかったが、やっぱり面白かった。

体調が最悪なのに、一瞬たりとも意識が飛ばなかった。

少しキャストが変わったけど、ストーリーが分かっていたので、逆に役者さんの表情や、動きに集中できた。

やっぱり、安定の鶴町さん(亡くなった言語学者?と恋人の設定だと思っていた)。

意地の悪さと爽やかさが同居する、澤口さん。

こんなポンコツの役だっけ?音野さん。最近の数本は、本当に好きです。

伊藤さんのかたくなな真剣さ。

ある意味、その役職上、真実を決して口に出せなかった、森田さんの辛さ。

美人だから、きっとあらぬ噂が立ったんでしょう、福田さん

そして、真っすぐな、面倒くさいほどの真っすぐな、広瀬咲楽さん、めっけもの

兎に角面白かった。無理して観に行ってよかった。

脚本演出

柳井祥緒(十七戦地

  

【出演】

伊藤俊輔(ONEOR8)

音野暁(ロデオ★座★ヘヴン)

澤口渉(ロデオ★座★ヘヴン)

鶴町

広瀬咲楽(劇団ハーベスト)

福田真夕(JACROW)

森田陽祐

2018-10-02 見えそうで見えない

[]No.59 ノーティーガールズ1st.ACTNaked Girls・裸の女達@築地本願寺ブディストホール

★★★★☆

https://stage.corich.jp/stage/93892

鈴木ゆかさんを観に行きました。

何度か拝見した、ノーティーボーイズ女性版?

今日ラストステージ準備中ストリップ小屋

看板踊り子が、怪我のため、助っ人及びかつての看板踊り子・・・・。

そして、先ほどからうろうろしている、多分幽霊

色んな人の色んな思いを胸に、踊り子たちはステージに。

ってそんな重々しくはないです。

基本コメディです。

個人的には、ノーティーボーズでよく見る、井上寛子さんが、母親と娘の2役で魅力的でした。

最期には、それぞれのステージを、さすがに本願寺敷地内の劇場なので、露出は控えめに。

でも、皆さん綺麗でスタイル抜群でした。

ゆかさんも、背中綺麗でした。

出演

三原珠紀、鈴木ゆか、鈴野智子、井上寛子、藤澤友千菜、齊藤佳央里、中島大和森脇和成鈴木優介、三枝俊博、端優志、保

脚本

青田ひでき(劇団BLUESTAXI))

演出

大和(劇団ノーティーボーイズ)

2018-09-24 ままならないのは睡眠

[]No.57 TOKYO KANKAN BROTHERS Vol.16「ブギーな月夜 2018」@テアトルBON BON

★★★★☆

http://www.t-kankan-b.com/posts/505

笠井さんを観に行きました。

夜勤明けでしたが、楽しく観れました。

ただ、1点、千秋楽なのはわかりますが、カーテンコール挨拶で、役者さんが泣くのは、反則。

【出演】

川口清人依吹怜・宮ちあき・棚橋幸代・石塚あつこ

名倉七海・瀬藤美彩希・松嶋創・土岐菜和子・石井卓真

笠井幽夏子・皸揃鮨諭吉田奈央青山義典・内田晃一

[]No.58 浅野本棚 棚卸し公演「幽愁」@神保町 アートスポットラド(ギャラリー

★★★★☆

https://mdesignsite.wixsite.com/asanonohondana

國崎さんを観に行きました。

燃料が切れて、結構時間気絶していましたが、結構面白かったです。

特に主催浅野さんの前説っぽい冒頭シーンが好きです。

それがラスとのあれに繋がるとは・・・・。

國崎さんの夜行は可愛らしさと物悲しさが混在して魅力的でした。

◆出演:

※順不同

浅野泰徳(ジャングルベル・シアター)

加藤成美

國崎馨

斉藤有希(@emotion

富山智帆

西村太一

堀雄介(劇団サラリーマンチュウニ

三井俊明(BESPOKE JAM

水野淳之

スタッフ・サポート

升田智美(Mdesign)・岡教寛

2018-09-18 物凄く笑った

[]No.56 tsumazuki no ishiX鵺的合同公演「死旗」@ザ・スズナリ

★★★★☆

http://tsumazuki.com/stage/739/

祁答院さんを観に行きました。

前回とはかなり違う感じの役柄でしたが、彼の持つ見た目が役に合っていて良かったです。

正直、前半はうげって感じで、途中で物凄く笑って、最期は神々しいまでに光り輝く作品でした。

でも、この作品を人に勧めるかというと、多分勧めない。私が観たのは千秋楽でしたが、それは置いといて。人には勧めない、と思う。なんか、差別的ではなく、いい意味で観る人を選ぶ作品だと思いました。

最初の印象が悪かった人の、大本にある優しさや、やる気や、魅力に触れるうちに好きになるパターン。でも、その人のそういう部分を自分だけのものにしておきたい気もする、そんな感じ。

役者さんでは

重鎮・若松さん、文字通り、体当たりの演技をした奥野さん(間違っていたらすみません)、残美のマリカさん、そして復習に燃える忍び、とみやまあゆみさん

他の方も素晴らしかった。

あと舞台装置音響、照明。全て、素晴らしかった。

作 高木登(鵺的)

演出 寺十吾(tsumazuki no ishi)

キャスト

寺十吾

釈八子

宇鉄菊三

日暮玩具

松原正

(以上tsumazuki no ishi)

奥野亮子(鵺的)

今井勝法

中山朋文

(以上theater 045 syndicate)

碓井将仁(劇団レトロノート

吉村公佑(劇団B級遊撃隊

堀之内良太(劇団 水中ランナー

祁答院雄貴(アクトレインクラブ

笠島

川添美和(Voyantroupe/(株)ワーサル

堤千穂

とみやまあゆみ

福永マリカ

夕沈(少年王者舘

奥山美代子(文学座/西瓜糖)

若松武史

スタッフ

舞台監督 田中翼・伊藤

2018-09-17 役者の真剣さに泣いたり笑ったり

[]No.54 qui-co. 11th studfy「the RAT 13-11ラット13@駅前劇場

★★★★☆

http://qdpworks.xrea.jp/qui-co.net/?page_id=4713

百花さんを観に行きました。

何本目かのqui-co.今まで一番面白かったです。

特にねぎ(笑)

物語の根幹の設定が全く分からなかったので、評価をしようがないけど、でも、面白かった。

百花さんの足が細いのにビックリ

脚本/演出

小栗剛(キコ/qui-co.)

キャスト

ラット13出演者

佐藤健士(qui-co.)藤原薫(十七戦地川上憲心(劇団風情)

菅野貴夫、柘植裕士、林愛子、家田三成、太田旭紀、田中祐理子、熊野ふみ、神近梨子、飯智一達

百花亜希(DULL-COLORED POP

[]No.55 GORE GORE GIRLS vol.13「ステイヤングとか言われても」@下北沢シアター711

★★★★☆

https://goregoregirls2010.wixsite.com/home/next

よしきさんと典ちゃんを観に行きました。

過去何回か観に行きました。

GORE GORE GIRLSの面白さがいまいち分からなかったです。

でも、今回は面白かったです。

あん馬鹿らしい話を物凄く真剣に演じている姿そのものが、面白かった。

よしきさん、立ち姿が力強く、困った顔が可愛かったです。

ちゃんは、可愛かったし色っぽかった。

作・演出 西山雅之

キャスト

宇佐見美奈(立体再生ロロネッツ

岡山昌義(NEXT GATE

木立雄大

柴田順平

ニシハラフミコ(いちごドロップ

山岡よしき(O'RAMA Rock'n'Roll Band)

久保雄司(K-FARCE)

2018-09-12 昔の戯曲と花火

[]No.52 第47回名作劇場No.95「家主の上京」No.96「屑屋の神様」@シアターX

★★★★☆

http://www.theaterx.jp/18/180911-180915t.php

田中香子さんを観に行きました。

スタッフ

企画演出

川和孝

キャスト

今井香澄 大橋公之 奥泉愛子 小田純也 金高美麗 鎌田拓也 高橋岳則 たつみげんき 田中香子 津村録太郎

根岸太郎 根本明宏 平山真理子 藤本武藤広岳 村瀬知之 女鹿伸樹 矢田稔 矢内佑奈 吉澤紫月

[]No.53 JAMPANプロデュース公演Vol.1「金魚花火」@シアターKASSAI

★★★★☆

http://rebel-group.jp/jampan-kingyo/

石川美樹さんを観に行きました。

主人公のお母さん役。

やんちゃしていた感が出ていて良かったです。

相変わらず、一笑い必ず持っていきます

青春という名の・・・・・。

年齢的には子供(いたら)ぐらいの年齢の男女が、熱く、甘く青春しています

甘酸っぱいね

空役の浜田優ちゃん可愛かった。

作・演出:鷲尾直人

プロデューサー:窪田ゆうり

主催:Rebel Group

シングルキャスト

山玲央

一之瀬嘉仁

神谷未来

石川美樹

齋藤伸明

菅野英樹

角田拓真

窪田ゆうり

金魚

浜田美優

橋本直也

松岡洋佑

福田沙織

2018-09-11 号泣しそこなった

[]No.51 劇団時間制作第十七回公演「白紙の目次」@テアトルBONBON

★★★★☆

https://tmt24619.wixsite.com/zikanseisaku-hp#nchr3-1e8f

はらみかさんを観に行きました。3回目?の時間制作

今回は、マジでヤバかった。通路を挟んだ隣の男性が、嗚咽を漏らしていたので、泣きそびれた。

でも、泣いたら号泣ものでした。

はらみかさんの作家も良かったですが、今回は妹役の山内芹那さんに持っていかれた。

これは凄い。演技に思えなかった。

いずれ出てくるよこの子は。

脚本:谷碧仁

演出:谷碧仁

<Bチーム>

山本綾((株)スターダストプロモーション)

山内芹那(株式会社アヴィラ)

野村龍一(天才劇団バカバッカ/朝劇)

はらみか(劇団NEXTDOOR)

土屋シオン(株式会社ワタナベエンターテインメント)

堀内華央理(バクステ外神田一丁目)

田中柚香

平山さら

前原未晴

金田侑生(HYP39Div.)

秋山ひらめ

名瀬偉年(劇団時間制作)

2018-09-07 元気そうで何より

[]No.50劇団晴天第九回公演「よろしくマザー」@吉祥寺シアター

★★★★☆

https://g-sayten.jimdo.com/next/

久し振りに佐藤沙紀ちゃんを観に行きました。

久し振りだったので、つい、禁断の「元気そうで何より」を言ってしまった。

けど、中身は良かったです。

ギャグはあまり笑えませんでしたが、認知症という重いテーマを適度に軽く、適度に重く、程よい感じでやられていました。

隣の女性の笑いのツボが私と合わな過ぎて、それが逆におかしかった。

沙紀ちゃんは、相変わらずスタイル抜群で、綺麗でした。

でも、彼女イメージと役のイメージが合っていなくて、それはそれでファンとしては貴重な体験でしたが、もう少し彼女のいいところを生かした役柄が良かったです。

出演

鈴木彩乃(劇団晴天)、鈴真紀史(はえぎわ)、園田シンジ、川手淳平(オフィスバー)、田中孝宗(劇団俳優座)、白石花子劇団民藝)、本多由佳、藤木陽一(アナログスイッチ)、荒木広輔、角田悠、加藤巧巳(アイリンク株式会社)、佐藤沙紀

脚本

大石晟雄

演出

大石晟雄

2018-09-06 レジェンドに全部持っていかれた

[]No.49かはづ書屋『Dの再審』@下北沢 小劇場楽園

★★★★☆

http://www.frog-books.com/d2-info

黒沢さんを観に行きました。

でも、柳井さんのファンでもあるので、「Dの再審」は初演も観ています。

気のせいかもしれませんが、再演の方が良かったです。

途中で、黒沢さんが演じた裁判官の子感情移入してしまい、泣きそうになりました(黒沢さんの涙に誘われたのかも)。

役者さんは、初演の時と同じ方が多く、あっ、あの人だ的なデジャブ感がありました。

そんな中で作家秘書役、木下智恵さん、お綺麗でした。

脚本演出

柳井 祥緒(十七戦地

出演

森尾 繁弘(かはづ書屋)

島田 雅之(かはづ書屋/DART'S)

市川 歩(かはづ書屋)

山本 佳希

金崎 敬江(miel

田中 千佳子(チタキヨ)

遊佐 邦博(大統領師匠

木下 智恵

黒沢 佳奈(火遊び

2018-09-05 何もかも綺麗だった

[]No.48NODA・MAP第22回公演『贋作 桜の森の満開の下』@東京芸術劇場 プレイホール

★★★★☆

https://www.nodamap.com/site/news/381

出演者橋爪渓さんにお願いしてチケットを取ってもらいました。

1回の後ろから2列目でしたが、十分によく見えました。

正直言って、相変わらず話の中身は理解できませんでした。

今回はとにかく、深津さんが可愛くて可愛くて、それしか覚えて無かったです。

そして、美術小道具音楽が綺麗でした。ハラハラと落ちる桜の花びら、緞帳の代わりの青とゴールドの幕の綺麗さ。

秋山さん、大倉くん、藤井さん、池田さんの小ネタ祭りが楽しかった。


坂口安吾作品集より 作・演出 野田秀樹

<CAST>

妻夫木聡 深津絵里 天海祐希 古田新太

秋山菜津子 大倉孝二 藤井隆 村岡希美

門脇麦 池田成志 銀粉蝶 野田秀樹

池田遼 石川詩織 織田圭祐 神岡実希 上村聡 川原田樹 近藤彩香 城俊彦 末冨真由

手代木花野 橋爪渓 花島令 藤井咲有里 松本誠 的場祐太 茂手木桜子 吉田朋弘 六川裕史

<STAFF>

美術 堀尾幸男 照明 服部基 衣裳 ひびのこづえ 音楽効果 原摩利彦

音響 zAk 振付 井手茂太 美粧 柘植伊佐夫 舞台監督 瀬将孝 / 松浦孝行

2018-08-22 やばっ泣きそう

[]No.47劇団四季 ミュージカル ノートルダムの鐘@KAAT神奈川芸術劇場ホール

★★★★☆

https://www.shiki.jp/applause/notredame/

友達に誘われて、初ノートルダムの鐘、初KAATの大ホール

1回しか観て無いので、キャストについてあれこれは言えませんが、カジモト役の飯田さんは素晴らしかったです。ストーリー的に当たり前とはいえ、彼の歌声で涙が出そうになりました。

曲も覚えてはいないけど感動的な曲が多かった。

もう一回観たいな。

キャスト

カジモド:飯田達郎

ロロー:野中万寿

エスメラルダ:宮田

フィーバス:光田健一

クロパン阿部よしつぐ

作曲アラン・メンケン

作詞:スティーヴン・シュワルツ

台本ピーター・パーネル

演出:スコット・シュワルツ

振付チェイスブロック

2018-08-19 決してエロ目線だけじゃないですよ

[]No.46劇団ドガドガプラス第26回公演浅草アリス浅草東洋館

★★★★☆

http://doga2.com/works/asakusaalice/

石川美樹ちゃんを観に行きました。

3回ぐらい?のドガドガプラス

相変わらずカオス的な脚本エロス変態・・・

でも、慣れると面白い

女優陣も可愛いし。

私の推しは、佐々木 巴那ちゃん

あと、たつや 優さんは、怒られそうだけど、一番可愛かった。

美樹ちゃんも、全身タイツで頑張ってました。

かなり振り切ってました。相変わらず、面白いです。

作・演出

望月 六郎

出演者

丸山 正吾、松山 クミコ、大岸 明日香南口 奈々絵 (劇団ショーマ)、野村 亜矢、古野 あきほ、

石川 美樹、中村 栄里、たつや 優、佐々木 巴那、佐藤 亜柚、若松 俊秀、KENROKU、河田 啓介、

佐々木 健、蜂巣 和紀、麻生 金三、谷口 航季、蓮沼 裕之、大迫 洸太郎、永吉 悠人、大出 百合子

宮本 萌、平塚 あみ、藤白 レイミ、松本 彩希、萩原 朋花、堀内 愛海桜田 実和

2018-08-18 結局、板の上で起こったことが真実なんだ

[]No.45Mrs.fictions夏の振替上演・上映会@下北沢駅前劇場

★★★★☆

http://www.mrsfictions.com/next_summer_moon.html

延期から短編上演&過去作品上映会に変更。

色々あったけど、こういう形で上演できた事は良かったと思います。

私は観客なので、観れればいいです。

奈生ちゃんつぐみちゃん、良かったですね。

奈生ちゃん普通のお母さんからバブリー衣装、お綺麗でした。

つぐみちゃん、そこしか見てなかったです。本能です。

根底にある優しさみたいなものがにじみ出た、いい作品ばかりでした。

上演作品

ウルトラマンPRADA

出演:真嶋一歌、岡野康弘、熊谷有芳、井並テン

・お父さんは若年性健忘症

出演:岡野優介、谷田奈生、鮎川桃果

・ミセスフィクションズの祭りのあと

出演:安東信助、山崎未来、小見美幸、佑木つぐみ

・まだ僕を寝かさない

出演:深井敬哲、井並テン、今村圭佑、熊谷有芳

2018-08-04 なんだろう眠くて眠くて

[]No.43「市民プールピラニアが出た!!」劇団かもめんたる第5回公演@駅前劇場

★★★★☆

ももちゃんを観に行きました。

本当にごめんなさい。

十分に反省しております

観れた部分は凄く面白かったです。

作・演出・出演:岩崎う大かもめんたる

出演

槇尾ユウスケ、小椋大輔、森桃子土屋

船越真美子福井俊哉、佐藤銀平、光瀬指絵、山中志歩

[]No.44福島三部作第一部先行上演「1961年:夜に昇る太陽」DULL-COLORED POP vol.18@こまばアゴラ劇場

★★★★☆

http://www.dcpop.org/vol18/

百花さんを観に行きました。

何と言うか、素晴らしい、と言うより、とんでもない物を作りやがった。

3部作、全部観ないと。

2部はチケット争奪戦になるぞ。

作・演出

谷賢一(DULL-COLORED POP

出演

東谷英人、大原研二、塚越健一、百花亜希(以上DULL-COLORED POP

古屋隆太(青年団)、井上裕朗

内田倭史、大内彩加、丸山夏歩、宮地洸成

2018-08-03 いろんな女たちは姦しい

[]No.42「いろいろなおんなVol.2」みそじん第3回公演@OFFOFFシアター

★★★★☆

https://misojin.jp/20180726/

今回は、高畑さんのお誘いで観に行きました。

個人的にはVol.1の方が好きです。2も十分面白いのですが、1を踏まえての話が幾つかあるので、2だけ見た方には不十分。

まどかちゃんは、相変わらず詐欺師親玉がよく似合う。

こと美さんは相変わらずお美しい。

久し振りに舞台上で観た天乃さんはこれまた相変わらずお美しい。

大石さんは、僕の中では外見No.1

今回新たに参加された萬歳光恵さん、ビックリするほど可愛い

でも、私の中では、てんとう虫がベストです。

作・演出 板垣雄亮 公演日時 7月26日(木)〜8月5日(日) 公演場所 OFF・OFFシアター

出演者 大石ともこ・天乃舞衣子(以上、みそじん)・赤星まき・石澤美和・宇田川さや香・倉垣まどか佐藤里子高畑こと美土屋咲登子・西岡知美(カミナリフラッシュバックス)・萬歳光恵・山本南伊

五十音順

2018-07-28 年々年々

[]No.42「淑やかな木漏れ陽」matsucarpone@Gallery NIW

★★★★☆

http://matsucarpone.strikingly.com/

ちあきぬこ松岡千明さんの年の数だけ一人芝居。

今年で5回目。毎回見ていると違うんですよね、毎回。当たり前なんですが、作・演出音響・照明・美術役者が同じなら、同じような感じになると思う。

でも、違うんです。それが面白い

今回は特にちあき〜ぬそのもの感が強かったです。

目線が、父親が娘を見る感じに。

いつまで続くのか、行ける限りは観に行きます。

2018-07-22 間の笑い

[]No.41「睾丸ナイロン100℃ 46th session@東京芸術劇場シアターウエスト

★★★★☆

http://sillywalk.com/nylon/schedule.html#2018

それこそ、こんな何にもない話を3時間近くもたせられるのって、ケラさんしか出来ない。

会話の間がうまい特別面白いことも言わないし、変なことも起こらない。でも可笑しい。

役者さんのレベルの高さは、素晴らしい。

一緒に観た役者さんが、喜安さん、根本さん、赤堀さんは、自分でも演出をするから

きっと、ケラさんがこうして欲しいと言う前に、その位置にいるし、演技している感じがした。と言っていたのが印象的でした。

作・演出ケラリーノ・サンドロヴィッチ

出演:三宅弘城 みのすけ

   新谷真弓 廣川三憲 長田奈麻 喜安浩平 吉増裕士

   眼 鏡太郎 皆戸麻衣 菊池明明 森田甘路 大石将弘/

   坂井真紀 根本宗子 安井順平 赤堀雅秋

2018-07-21 あるあるあるある、っていう感じ

[]No.40「顔」艶∞ポリス第九回公演@駅前劇場

★★★★☆

http://tsuyapolice.com/

テレビドラマのスタジオ。そのメイク室?でのお話

メイク用の鏡に向かって役者が演じている。

後ろにいる役者と鏡越しに会話をする。会話をしている役者同士が客席に正対している。

目当ては黒沢さんでしたが、他にも魅力的な役者さんがたくさんいた。

テレビ業界の裏側なんて、全く知りませんが、あるある、の連続でした。

パワハラセクハラ連続で、それでも懸命に生きている女性達。

そして、一撃。

男性目線だと、怖い感じもしました。

[作・演出]

岸本鮎佳

[出演]

井上晴賀

木戸雅美

岸本鮎佳(以上、艶∞ポリス

谷戸亮太

猪俣三四郎ナイロン100℃

比佐一平

杉岡あきこ(殿様ランチ

黒沢佳奈(火遊び

奥村佳代

花奈美咲

幸田尚子

2018-07-15 忍っち頑張れ

[]No.39「遠吠えの、コマーシャル」@SCOOL

★★★★☆

https://tooovoe.tumblr.com/

つぐみちゃんを観に行きました。

その作品ギャルの話が面白かった。

遠吠えの代表であり、作・演出をつとめる木村が、

「書きかけの台本が沢山あるんだけど、どれを上演しようかしら。」と考え込んだ結果、

「観に来てくれた人たちに決めてもらったらいいのでは!」と考え決まった企画公演です。

4演目とも最初の15分だけを上演し、15分経つと強制的に暗転、次の演目に移るというスタイルです。

ご来場頂いた皆様に3票お渡しし、終演後に「これを観たい!」と思った作品投票していただきます。1作品に全票投票もよし、投票しないことも可能なので、純粋に「観たい!」と思った作品をお選び頂けるシステムとなっています

千秋楽である16日に結果発表を行い、最も票数を集めた1作品を今後の遠吠えの公演で上演いたします

皆さまからの清き1票をお待ちしております

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『コントロール・アン・ア・アン・アン・コントロール』(上演予定時期:2018年初冬)

下町の小さな工場、男たちは来る日も来る日も金属をプレスしている。隕石でも降ってこない限り変わらないだろうと思っていた日常は、とっくの昔に手に負えなくなっていた。

遠吠えには珍しく、男子多めでお送りします

出演者竹内蓮(劇団スポーツ)、二宮清隆(劇団天然ポリエステル)、鈴木茉唯


ギャル』(上演予定時期:2018年初冬上演予定)

高校三年生ギャルたちは悩んでいた。恋に、進路に、世界平和に。

夏の始まり、補習に集まったギャルたちは、最後夏休みの過ごし方について話し合う。

いつまでもギャルでいられるわけじゃないから、」

遠吠えの通常営業オール女子でお送りするギャル達の議論劇。

出演者:苺田みるく先生(らぶ・まん)、さんなぎ、田中渚(日本ラジオ)、永田佑衣


『猫の呪い』(上演予定時期:2019年夏)

ある日、ある街に住む、ある男に、猫がのりうつった。

男の恋人である女はパニック。何故、どうして、何があったらこうなるのか。女は悩んだ。悩んだ結果、友人の女(職業:トリマー)に男をみてもらうことに。

遠吠え渾身のシュールホラー

出演者:梢栄(劇26.25団)、佑木つぐみ(火遊び)

日替わり彼氏

13日(金)20時、16日(月)17時:竹内蓮(劇団スポーツ)

14日(土)20時、16日(月)13時:二宮清隆(劇団天然ポリエステル)

14日(土)15時:フジタタイセイ(劇団肋骨蜜柑同好会)

15日(日)13時、16時30分、20時:山田健太郎(やまだのむら)

『朝子さんと夕子さん』(上演予定時期:2018年初冬)

朝子さんと夕子さんは二人きりの姉妹。あまり似ていない姉妹中途半端に歳の離れた姉妹

久々に会った姉と妹は、ほんのちょっぴり互いの秘密暴露し合う。墓場には手ぶらで行きたい女二人の会話劇。

出演者佐藤すみ花(劇団背傅館)、二ツ森恵美(時々、かたつむり)

[]No.39「MATSURI」はらみかプロヂュース@八丁堀スタジオ

★★★★☆

http://www.f-hand.co.jp/matsuri/

団長を観に行きました。

忍っち、可愛いんだかどうだか微妙でしたが、生足は貴重でした。

色々と大変そうですが、基本的演者も観客も楽しんでいるので、いいのではないでしょうか。

脚本演出はらみか

出演者

井上麗夢、モリマリコ、梅原愛子(7/15出演)

2018-07-08 人って反省しないよね

[]No.38「悪役たちの反省会」tea for two第25回公演@下北沢 小劇場B1

★★★★☆

http://teafortwo.on.coocan.jp/past/past25.html

恭子さんを観に行きました。

悪役隊を一堂に集め、反省をさせる。

パネルディスカッション

アル・カポネ吉良上野介阿部定、湯木喜久郎と母、西大后、鬼、切り裂きジャックアドルフ・ヒトラー、司会

悪人、ではなく、悪役っていうのがポイント。全員、悪役を演じている。基本はコメディ

面白かったけど、最後にぞっとするような結末、裏側、意図、みたいなものがあれば、もっと面白かった、かな?

恭子さんの阿部定は可愛くって、綺麗で、色っぽくてよかった。

作/演出

大根健一

出演者

西尾早智子 / 大岡伸次 / 小森健彰

湯澤千佳 / 池田ヒロユキ

金子香里(劇団恋におちたシェイクスピア

佐溝貴史(正直者達) / 高橋恭子(チタキヨ)

中里祥子劇団隕石のかけら」) / 野瀬正人

2018-06-24 号泣するところだった

[]No.37「鬼切丸伝〜源平鬼絵巻〜」オッドエンタテインメントPresents@全労済スペースZERO

★★★★☆

https://ameblo.jp/oddstage/entry-12354990621.html

石川美樹ちゃんが出演ということで、観てきました。

平安時代から鎌倉時代へと移り変わる激動の時代

義経頼朝平家を中心に話は進む。

弁慶、与一、静が人外の者として描かれている。

義経を取り巻くそれらと、義経を軸に!

もう一人の主人公、鬼切丸。

純粋に鬼として生まれ、鬼を斬ることをさだめとする。

個人的には、設定が少し弱い気がしましたが、それが原作なんでしょうがないんでしょう。

弁慶義経関係を「愛」と言ってしまうのは、えっと思いましたが、最期のシーンは、泣きそうになりました。

他にも殺陣と音の関係が見事でした。

全体的に動きは良かったです。

若干、演技力が?な役者さんもいましたが、夜勤明けの3時間を数分の居眠りで過ごせたので、良かったと思います。

石川美樹ちゃんは、若い子たちのお母さん役、ピッタリでした。

でも、北条政子役の方が合っていると思いました。

http://www.odd-inc.co.jp/stage/onikirimaruden_saien/

《出演》

大崎捺希 上仁樹 鮎川太陽 成松慶彦 石田

茜屋日海夏 大島涼花 小栗永田彬 夏目愛海

菊川はる 奥井那我人 新井三輪翔志 藍菜

鈴野智子 奈良愛実 花岡芽佳 並木鉄平

石川美樹 丸山雷電 小倉梨花

森大

若宮田名部生来

鵜飼主水

原作:楠 桂『鬼切丸伝』(リイド社

脚本演出:松多壱岱

製作:オッドエンタテイメント

(c) 楠桂『鬼切丸伝』(リイド社

2018-06-11 人間の持つ救いようがないグロテスクさ

[]No.36「偏執短編集」Voyantroupe@サンモールスタジオ

★★★★☆

voyantroupe.com/stage/VT04/

大森さつきちゃんを観に行きました。

「黈(とう)の章」

・毒妃クレオパトラとアルシノエ

・レディ・ゴダイヴァとピーピングトム

ウェストご夫妻の偏り尽くした愛情(風)

「赩(きょく)の章」

・俺はアンドレイ・チカチーノ

切り裂きジャックたるために

ウェストご夫妻の偏り尽くした愛情(闇)

まさか、14時開演で20時15分終演とは思わず、予定を入れてしまっていたため、・切り裂きジャックたるために

ウェストご夫妻の偏り尽くした愛情(闇)の2本は観ずに劇場を後にしました。

黈(とう)の章は、割と普通に観ました。

赩(きょく)の章、俺はアンドレイ・チカチーノ・・・・・・

作品がどうのこうのではなくて、チカチーノが酷過ぎて・・・・・。

嫌悪感しか抱けなかった。

さつきちゃんは、ウェストご夫妻の妻役。さらし姿とすごんだ時の顔が凄かった。怖い。

作品以外のところで、壁が出来、興味本位しか物事を見られない人も来ただろうけど、作品そのものは良かったです。

いい役者さんもたくさん出ていました。

アルシノエ役の山本 柚月さん

クレオパトラのお付き役の加々見 千懐さん

ゴダイヴァ役の川添 美和さん

etc.

CAST

川添 美和((株)ワーサル)  丸山 翔(チームジャックちゃん)  平良 和義

山下 諒  里仲 景  窪田 裕仁郎(しもっかれ!)

田口 真太朗  井口 ジョージ  宇野 正玖

  (以上、Voyantroupe)

紅日 毬子(虚飾集団廻天百眼)  秋山 輝雄  新井 舞衣

大森 さつき(アミティープロモーション)  折原 啓太劇団回転磁石)  加々見 千懐

花藤 美穂  今野 未来A-LIGHT)  酒井 菜々夏

重野 祐輝(集団as if〜)  鈴木二郎A-LIGHT)  芹澤 あい

常川 博行  中村 つぐみ  根来 武志

春名 風花(株式会社プロダクションエース)  邑上 笙太朗(集団as if〜)

安井 茉穂  矢吹 穂乃香  山本太郎ゲンパビ)  山本 柚月(株式会社4S

市松  ちるちる いちる  石田 輝(尾木プロTHENEXT研究生

2018-06-10 しっとりとした大人の恋の物語

[]No.35「ゲイシャパラソルあやめ18番@座・高円寺

★★★★☆

http://ayame-no18.com/nextstage/

七味の一味の時に知り合ったかちゃんを観に行きました。

から30年後の花街の話。

そのころの日本戸籍を売ることが日常化していた。

しかし、売らなかった女がいた。

芸者の仇吉。

彼女過去彼女を巡る男が二人。

権謀術策と忘れられぬ恋。

ゲイシャパラソル。始まりまり

≪紅≫

大森茉利子

堀越

(以上、あやめ十八番

美斉津恵友(花組芝居

石田迪子

小口ふみか

木原実

熊野善啓(チャリT企画

山下雷舞

融羽子

松浦康太

塩口量平(プラチナムプロダクション

和知龍範

北沢洋(花組芝居)

内田靖子

高橋奏(カナッペノハコ)

中村桃子(たすいち)

溝畑藍(虚構劇団

森川陽月

楽隊

吉田能(あやめ十八番

丸川敬之(花組芝居

吉田悠(花掘レ/Open Reel Ensemble)

吉蘇このは

2018-06-03 重いんだけど、ところどころ笑える

[]No.34「ふたたびの日は何色に咲く」演劇集団Ring-Bong@座・高円寺

★★★★☆

www.ring-bong.com/info.html

清水美輝ちゃんを観に行きました。

彼女の役柄は、主人公自分過去を回想?夢?するのを客観的に見ている役。

なので、台詞はありませんが、表情豊かに舞台上にいます。

で、作品は、まだまだ女性社会地位が低い大正時代から第二次世界大戦前・後を生きた4人の女性達。

女性参政権を目指す市田房子

「新しい女」の代表的存在麻乃輝代

ごくごく普通専業主婦佐藤多田)一子

恋多き歌人水原麻里子

それぞれの生き方を背後に女性差別人権侵害戦争からの影響がありながら、リアルに描いていく。

内容は重いが、彼女たちの普段生活人間関係を描くことにより、よりリアル彼女達を描き出している。

浅学な私では、100%理解したとは言い難いが、そのリアル彼女達を通じて、その当時の日本雰囲気を味わうことができた。

[作]山谷典子  [演出藤井ごう

[出演]遠藤 剛(俳優座) 佐々木梅治(民藝) 山口雅義 清田正浩

    辻 輝猛 本城 憲(R-vive) 細貝光司(文学座)

    辻本健太(スターダス・21) ヤマモトリョウ

    小竹伊津子(青年劇場) 鬼頭典子(文学座) 佐古真弓(フクダ&Co.)

    若井なおみ(俳優座) 國枝佐和子(スターダス・21) 

    清水美輝(スターダス・21) 大竹沙知 山谷典子(文学座)

2018-05-22 苦しい・・・大笑い・・・

[]No.32「gokko」BELGANAL 4th.@渋谷宮益坂十間スタジオ

★★★★☆

http://belganal.com/category/news/ticket_schedule

恭子さんを観に行きました。約70分の作品。でも、2時間以上に感じた。実際より長く感じる時は、つまらない場合が多いが、この作品は、苦しくて長く感じた。

めぐみがきつい。メンヘラ?嫌な女?やきもち焼き?とにかく、彼女支配されて他の3人はまるで蜘蛛の糸のようなしがらみから脱出できない。

死してなお、その罠から脱出できない。悲しい、怖い物語

恭子さんは、美人すぎる心療内科医を素敵に演じていました。相変わらず、お綺麗でした。

キャストスタッフ

ネオショウ as 長峯慶太

URL:http://00mine00.com/

BELGANALが探し求めていた俳優

数々のインディペンデント映画で主演を務める彼が5年ぶりに舞台に立つ。

長年スクリーンの向こう側にいた彼が、手の届く距離で魅せてくれる。

ネオショウの眼差し、声、体温を、その目で、耳で、そ肌で感じて欲しい。

生活では末っ子

『gokko』では「兄」長峯慶太を演じます。

高橋 恭子 as 高倉里美

URL:https://www.chitakiyo.net

BELGANALが探し求めていた女優

伏し目がちにはにかむ姿は穢れのない少女のよう。

かと思えば、ふとした瞬間の眼差しは妖艶で色香が漂う。

瑞々しく幼い女の子と魅惑的で洗練された大人の女が混在する。

『gokko』では精神科医 高倉里美を演じます。

寺内 淳志 as 寺田涼平

涼平役をお願い出来ませんでしょうか」

はいやらせいただきます。」

その声はとても力強く、胸に響きました。

BELGANALに幸運の女神が微笑んだ瞬間でした。

『gokko』では、「弟」島本涼平を演じます。

林田 沙希as 小田愛(めぐみ)

URL:http://belganal.com/about

BELGANALプロデューサー

今公演では、脚本担当

演出

三浦 佑介

脚本·総合プロデュース

林田 沙希

[]No.33「堀が濡れそぼつ」MCR@下北沢ザ・スズナリ

★★★★☆

www.mc-r.com/pr/mcr049/index.html

笠井さんを観に行きました。久し振りに、もう一回観たいと思いました。

腹の底から笑いました。

でも、ピュアな愛の話でした。

櫻井さんが、カッコよすぎるのが(笑)

堀靖明

異儀田夏葉(KAKUTA)

佐藤里子

澤唯(サマカト)

笠井幽夏子(劇団俳優座

長瀬ねん治

久保

彩木りさ子

加藤美佐江

櫻井智也

おがわじゅんや

北島広貴

伊達香苗

志賀聖子

作・演出櫻井智也

2018-05-10 悪魔ってたくさんいるのね

[]No.31「願いのメモリーラプス」空想劇団イナヅマコネコ第3回公演@上のストアハウス

★★★★☆

https://twitter.com/inazuma_koneko?s=09

まどかちゃんを観に行きました。

世界観が独特で、その世界観が好きな場合は、すごくいい感触があると思う。

前回観た時に、音響がいいといいました。

今回は照明が良かった。

過去現在で別の役者が演じたことが、私を混乱に誘ったが、あれを一人でやると、精神的にきつそうでした。

最終的に「愛」の話になって良かった。

個人的悪魔ってそんなに沢山いるのか気になった。

脚本CR岡本物語

演出CR岡本物語

出演

辰己晴彦、飯田雪之介、七海佑衣、倉垣まどか、和亜、学習院ひろせ、杉乃前ネイティ、藍沢優月、高橋あずさ猛虎斑ともや、CR岡本物語(以上空想劇団イナヅマコネコ))、絵川杏奈大友歩、鶴田葵、上本真央、眞田規史、寺崎まどか、周大樹、瀬藤達也

2018-05-09 人は追いつめられると何でもする

[]No.30「焔の命ー女優の卵がテロリストになった理由ー」オフィス上の空プロデュース 火遊び公演@恵比寿エコー劇場

★★★★☆

https://uwanosora-hiasobipray08.jimdo.com/

つぐみちゃん黒沢さんを観に行きました。

赤字続きで世間に認められない小劇場劇団

次回公演に向けて山奥の別荘で稽古合宿を行う。

行き過ぎた稽古による仲間の死、主催&作&演出による、過激提案

裏切り?実行。逮捕バッシング加害者家族

犯人(主犯とされる女優の卵)は、何を考えどうしてあのような事をしてしまったのか?フリー作家が本人、家族インタビューしてその闇を探っていく。

一番重要な点は、世間に認めてほしい、世の中を変えたい、がなぜテロに結びついてしまうのか?それをライターの目を通じて観客の前に提示していく。

私は面白かったです。

極端といえば極端ですが、何が起こるかわからないって。

観客に関係者が多いからか、劇団あるあるで笑いが起こっていた。

つぐみちゃんは、いつもと違い、非常に普通女性を演じていた。

主催への愛情が屈折し、嫉妬駄々洩れな感じ。

黒沢さんは、ライター役。すごく重要な役を好演。

福永マリカさん、もどかしいまでに主体性のない人、の役を好演。

美人性格もいいし頭もいい、でも、だからって幸せとは限らない。

脚本演出 松澤くれは

福永マリカ

辻 響平(かわいいコンビニ店員飯田さん)

伊藤亜斗武(ゲキバカ

菜津美アマヤドリ)

野村龍一天才劇団バカバッカ

真嶋一歌(リジッター企画

田中健介(しあわせ学級崩壊

石澤希代子(なかないで、毒きのこちゃん

石井玲歌

佐々木なふみ

菅井育美

郄木薫

瀧啓祐(こわっぱちゃん家)

富田喜助 (第27班)

三木万侑加

黒沢佳奈(火遊び

佑木つぐみ火遊び)  

2018-05-05 女性だらけの

[]No.29「紛れもなく、私が真ん中の日」月刊根本宗子」第15号@浅草九劇

★★★★☆

http://gekkannemoto.wixsite.com/home

桃子ちゃんを観に行きました。

そのももちゃんの登場シーンで、ずっこけるほど笑いました。

女性が観るとあるあるが沢山あるみたいです。

私は完全にフィクションとしてしかキャラとしてしか感じられませんでした。

でも、面白かったです。

の子福井ちゃんの演技が怖いくらいでした。

作・演出 根本宗子

出演

伊藤香菜 大竹沙知 岡美佑 尾崎桃子 川村瑞樹 小林寛佳 近藤笑菜 城川もね 椙山さと美 高橋紗良 チカナガチサト 中山春香 比嘉ニッコ 福井夏 藤松祥子 増澤璃凜子 森桃子 安川まり 山中志歩 優美早紀 李そじん(50音順)

2018-04-29 新たな一面を

[]No.28「溶けない世界と」mizhen@d-倉庫

★★★★☆

www.mizhen.info/

百花さん、まやちゃん、蕗子さんを観に行きました。

今までとは違うキャラクターを観ることができて、嬉しかった。

内容は、元にチェーホフの「かもめ」があるようなんですが、「かもめ」をきちんと見たことがなかったので、ピンときませんでした。

登場人物が、みんな、私って僕って俺って自分って、こうなんだよ〜。って感じがしました。

登場人物の一人が聾唖者の役で、コミュニケーション手話であることが、作品にいいアクセントを与えていました。

作・演出: 藤原佳奈

音楽: UHNELLYS

​出演:

小角まや(アマヤドリ)

照井健仁

佐藤蕗子(mizhen)

安東信助(日本ラジオ

佐藤幸子(mizhen)

百花亜希(DULL-COLORED POP

滝寛式(はえぎわ)

小林樹(カムヰヤッセン)

前原麻希

藤井咲有里

2018-04-25 台詞って・・・・・・

[]No.26「Shuttered Guy」梅棒8th SHOW@世田谷パブリックシアター

★★★★☆

umebou.daa.jp/8th_shutteredguy/

3回目の梅棒。

今年の観劇出演者からのお誘いが条件でしたが、これはそういうの無しに観に行きました。ただ、観たい、です。

思っていたより、上演時間が長かったので、途中若干集中力が落ちましたが、2時間15分一瞬も寝なかったのは、この作品の魅力のおかげだと思います。

ほんと、みんな凄い、殆ど踊りっぱなし。

選曲も歌とダンスのタイミングのばっちり感に、感動すら覚えました。

役者さんでは、ピヨレボで拝見した、まちゃあき東理紗ちゃん、そして、舞台女優キッチリ殺陣ができる、佃井皆美さん。

この3人が、特に良かったです。

あと、別格の活躍、一色洋平くん。

次も観たいなぁ〜。

■作・総合演出伊藤今人(梅棒)

キャスト

伊藤今人、梅澤裕介、鶴野輝一、遠山晶司、遠藤誠、塩野拓矢、櫻井竜彦、楢木和也天野一輝野田裕貴(以上梅棒)

大久保祥太郎、佃井皆美まちゃあき(エグスプロージョン)、YOURYO (Beat Buddy Boi)、泰智 (KoRocK/ENcounter Engravers)、古川小夏(アップアップガールズ(仮))、一色洋平、田中穂先(柿喰う客)、東理紗(ピヨピヨレボリューション/東東東東東)、ひこひこ

[]No.27「空観」ヒンドゥー五千回@座・高円寺

★★★★☆

https://stage.corich.jp/stage/89468

田奈ちゃんを観に行きました。

正直、この作品文章説明することは、難しい。何をやっていたかを文章化しても、それは見えるものを説明しただけだし。その時、私が何を感じたかを文章化しても、それは、個人的感想文でしかない。作品を表するということが、物凄く難しい。では、面白かったの?そうじゃなかったの?という単純な問いにさえ、はっきりと答えられないもどかしさ。

5か月近い稽古日数、2日間3回という公演数。20名近い出演者小劇場としては大き目な劇場etc.

数値化できる事実を羅列しても殆ど意味はないけど、あの作品にはこれらが全て必要だったということは分かる。

奈生ちゃんが、満足げだったので、私にとってはそれで充分。

昼の梅棒と合わせて約4時間日本語台詞が15分ぐらいしかなかったけど、なんか、伝わってました。不思議

出演

中田春介、宮沢大地、中村ユン森啓一朗、伊東潤、森谷ふみ、岸野健太中台あきお中澤聖子、東谷英人、大塚由祈子、菊池夏野、椎名茸ノ介、神保良介、関裕行、平桃子、谷田奈生、宮本愛美、遊貴まひろ、久我真希人、扇田拓也

脚本

構成扇田拓也

演出

扇田拓也

2018-04-10 なんだろう何か凄い

[]No.25「百年の秘密」ナイロン100℃45th Session@本多劇場

★★★★☆

http://sillywalk.com/nylon/schedule.html

ももこちゃんつながりで観に行きました。

18時半から22時までの3時間半。一瞬たりとも眠くなりませんでした。奇跡

とにかく、なんだか凄いってことしか言えない。

全てが凄い。傑作。

作・演出ケラリーノ・サンドロヴィッチ

出演:犬山イヌコ 峯村リエ

みのすけ 大倉孝二 松永玲子 村岡希美 長田奈麻 廣川三憲 安澤千草 藤田秀世

猪俣三四郎 菊池明明 小園茉奈 木乃江祐希 伊与勢我無

萩原聖人 泉澤祐希 伊藤梨沙子 山西