宇宙は見える所までしかない、と思う RSSフィード

BlogPet
QLOOKアクセス解析

2017-04-20 やpp利いいお芝居が観たいの

[]No.28「星空ハーモニー」Souther'X Produce Vol.1@CBGKシブゲキ!!

★★★★☆

相澤純ちゃんを観に行きました。歌手である彼女が、路上で歌うシンガーの役。初めて聞きました。少し声が細いけど、きれいな声でした。曲も良かった。

ストーリーは、女子高校生達が、合唱部で頑張る。顧問は優秀なんですが、何か理由があって、のらりくらりと部活に来ない。色んな人と出会いながら、それがきっかけに、高校生活最後大会に向けて練習に励む毎日青春です。みんな若い。誉め言葉です、クオリティの高い学芸会を見ている気分。みんな頑張れ〜ってなる。

日替わりゲストはいらない(苦笑)


脚本:陽田翔大

演出:蜂巣和紀

CAST

陽田翔大、蜂巣和紀、栗生みな織原妃歌 役 主役)、藤本かえで緒方里沙七海とろろ古野あきほ栗原みさ鈴木聖奈、相澤香純(南野冠菜 役 知り合い)、図師光博、

(♯チーム)百合沙、松田実里、高橋茉琴、吉冨かなえ、沢井彩華、渡壁りさ、長橋有沙、平塚あみ寺田真珠、垰本義博、

私が観たのはこちら(♭チーム)諸星あずな、今安琴奈、花原あんり有村瞳、中村みら、平井杏奈、永瀬葵子、佐野実紀、大河原生純、麻生金三、[声の出演]前田沙耶香(青二プロダクション)

[]No.29「DAZZLING DEBUTANTE」あやめ十八番第八回公演@座高円寺1

★★★★☆

http://ayame-no18.com/nextstage/

黒沢佳奈さん目当てで観に行きました。

素晴らしい作品でした。語彙が貧弱で、素晴らしい、とか、良かった、とか、面白かった、etc.

話しは暗くて、しょうもないしか出てこないし、やるせないし、でもね、終わった後、なんか清々しいんだよね。何だろう?単純に役者さんが凄いってだけじゃなく、演出脚本舞台装置も照明も音響も良かった。ようは、素晴らしい作品でした。

あやめ十八番、次回から、要注意劇団入り。

村上誠基さんの取調官が良かったわ〜。

作・演出堀越

◆出演

金子侑加、大森茉利子<西洋画版のみ出演>

堀越涼<日本画版のみ出演>

(以上、あやめ十八番

秋葉陽司(花組芝居

島田大翼(オペラシアターこんにゃく座

中島美紀

石田迪子

小坂竜士

黒沢佳奈(火遊び

山本周平

田口真太朗(Voyantroupe)

大原研二(DULL-COLREDPOP)

村上誠基

小野寺ずる(□字ック)

山下雷舞

蓮見のりこ

長藤粧子

服部容子

太田ナツキ

福井夏(柿喰う客)

2017-04-19 ピヨピヨは進化し続けるのか?

[]No.27「土砂降りぶりっこ」ピヨピヨレボリューション12か月連続公演X激情ユニットバス第五回公演@劇場MOMO

★★★★☆

https://review.confetti-web.com/shop/?m=index&shid=5311

前回観たのは2年前?

その時の感想が、歌が上手い人がいるなぁ〜、ダンスが上手な人がいるなぁ〜、でした。

今回は、前回より更に歌、ダンスが全体的に上達していると思いました。

目指すところが高いんだろうと思います。

また、何年後かに観たい。

今回は、陽田さんを観に行ったので、割と前面に出る役だったので良かった。

陽田さんとユニットを組んでいる岸田えり子さんが、双子なの?と思うほど右手さんに似ていてビックリ

CAST

右手愛美東理紗macoあずさ(以上、ピヨピヨレボリューション) / 有栖川ソワレ今井和美今村美乃 / うえのやまさおり(Wキャスト) / 関根麻帆 / 傳田圭菜 / 日和佐美香(Wキャスト) / 南かおり(以上、激嬢ユニットバス) / 六川裕史 / 永田紗茅 / 土屋彩夏 / 早瀬さくら鹿島田織恵 / 石川琴絵 / やないさき / 陽田奈緒 / 岸田エリ子 / おかざきめぐみ

2017-04-16 経験しないと分からないって?

[]No.25「VOICE」CHEESE THEATER Vol.3@東京芸術劇場シアターウエスト

★★★★☆

http://www.echoes-tokyo.com/japanese/4410

小角まやさんを観に行きました。

情報ゼロでした。

衝撃でした。

これをやっていいの?っていう衝撃と

それを受け入れることができた、観客、私。

ここまで徹底してやってもらえれば、下手な文句はかえって野暮。

素晴らしかった。

その一言で十分。

敢えて言わせてもらえば、客入れの時は客電を入れていてほしい。

演出の都合でしょうが、暗くて指定席の番号が確認できない。

主催チーズfilm

【作・演出戸田彬弘

音楽】茂野雅道

【生歌】和紗

【出演】

アベラヒデノブ

新井郁、大浦千佳片山享、加藤夏子菊池豪、熊谷弥香、小角まや(アマヤドリ)、佐藤睦、志村光貴

田谷野亮、中澤梓佐、野川慧、比嘉梨乃、見里瑞穂森元芽依、雪中梨世

[]No.26「五体満足」ワニズホール提携公演@ワニズホール

★★★★☆

奈生ちゃんを観に行きました。

何回目かのワニズホール

内容は合格点(偉そうにすいません)

役者さんも演出も中々でした。

でも、ギャグは、?

似ていない物真似は・・・・・

役者が悪いみたいに見える

生活保護。表面的な捉え方だと、色々と微妙なことになる。

深く知ろうとすると、憤りや諦観や、感情的になる。

本当に必要な人に使われる、それが一番大事

作・演出工藤大嘉(黒紅サンゴ

出演

加藤葵 役:美優香

須田緑 役:難波小百合

加藤彩 役:高木あきえ

及川典子訳:谷田奈

斎藤理恵訳:渡辺可奈子

2017-04-09 兄妹と姉妹

[]No.23ピクトグラム菊川はるプロデュース@シアター風姿花伝

★★★★☆

http://stage.corich.jp/stage/81900

はらみかさん目当てで観に行きました。

オムニバス形式推理ドラマ

1「トイレ」2「非常口」3「禁煙」4ボーナストラック「三つ編み」

ピクトグラム一般に「絵文字」「絵単語」などと呼ばれ、何らかの情報や注意を示すために表示される視覚記号サイン)の一つである

人物ピクトグラムの様に見たままに薄っぺら評価する・・・・。

でも、そんなことないよね。

前評判で、バラバラの話が見事に集約された的な感想が多かった。それはそうなんですけど、個人的には、それこそピクトグラム的な評価で、なんて偉そうに書いたけど。

私ははらみかさんの下着姿とメガネっ子ぶりに目を奪われていたので、その辺は軽く流していました。

だってミステリーなんだから、全部伏線だよ。それはうまく拾ってました。

でも、ブラを取らないと見えないはずの蒙古斑を下着姿の美輪ヒバリ発見したのは、おかしいのでは?

まぁ、重箱の隅ですけどね。

面白い作品でした。

好きなシーンは、デッサンの授業でのモデル女性告白のシーンでの千葉ユリの優しさ。

脚本:えのもとぐりむ

演出:私オム

出演者

はらみか、若宮亮、原さち穂、夕帆、月岡鈴、大平隆行長田大史、毎熊宏介、山本夢、用田知佳、楠麻白、松原瑚春、花崎ちづ、坊屋たいと、高橋茉琴、木畑梨佳子

[]No.24「ドアを開ければいつも」みそじん@アトリエ由宇

★★★★☆

去年、別のキャストで観ました。

出演者全然雰囲気が違う。

四人姉妹の話。よく出来ています

いい脚本、いい演出、いい役者、いい会場。

それが揃うとこんなに素敵な雰囲気になるんだ。

私がやりたいのもこれ。

その意味でみそじんの大石さん、尊敬しています

母親の七回忌。久し振りに全員集まる姉妹。一人、父親実家暮らしの次女。

父親とそれぞれに対し方が違う姉妹

父親の世話を次女に押し付けた事を気にする長女。

長女ならでわの強引で常識的な世話の焼き方に反発する三女。

いつまでも子ども扱いの四女。

そして、全てを包み込むように、優しく生きている次女。

それぞれの生き方肯定して、でも、分かる分かるけど・・・・的なシーンも作り、やっぱり姉妹なんだよね、と。

いいなぁ〜。こんなのやりたい。

バージョンも楽しみ。

作:阿藤智恵(<えんげき>のじゆうじかん)

演出青山勝(劇団道学先生

出演者

敬子(長女):小林さやか青年座

真紀子(次女):松本紀保

裕美(三女):大石ともこ(みそじん)

千恵(末っ子):鈴木朝代

2017-04-02 真面目に真面目にハチャメチャに

[]No.21「家族神話劇団でん組@中野ザ・ポケット

★★★★☆

https://dengumi.jimdo.com/

百花さんを観に行きました。

渦中の男性の妹であり弁護士の役。

キリッとしたところと、娘とじゃれるところの落差がいいです。

相変わらずキュートで尚且つ上手いです。

内容は暗いです。4歳の娘の死、事故なのか?実の母親殺人なのか?父であり夫である男性のかたくなで真摯な行動。一見その男性を一途に信じる妹の娘。

虐待障害、愛、多重人格etc.

人生においてマイナスと思われる状況を積み重ね積み重ね作った作品

その先にあったのは、「家族神話」?

百花さん、勿論良かった。で、私の一押しは、イチキ游子さん。嫌な女を嫌〜に演じて、観ている者に不快感を与えまくって、それでラストにあの演技。いい役者さんです。

出演:百花亜希吉田智則、金松彩夏、イチキ游子、ビーグル大塚三田村周三

脚本演出富田

[]No.22「どれい狩り」さんらん@SPACE雑遊

★★★★☆

https://sanran.jimdo.com/

由川さんのお誘いで観に行きました。

安部公房は、残念ながら読んだことが無かったけど、名前は知っています。

なんだろうハチャメチャです。出演者変な人ばかり。安部公房パンクでした。

でも、そのハチャメチャが面白かった。

お気に入りは、大臣の妻。モイラさん。面白い。あと、一人だけ純粋でいい子の娘役。央花さん、凛とした美しさが舞台に咲いた華のよう。

あとウエーの二人に拍手

作/安部公房

演出尾崎太郎

出演

逢川大樹(トゥルースシェル・プロデュース)、央花(成プロ企画)、音野暁(ロデオ★座★ヘヴン)、野口聡人(劇団ひまわり)、尾粼彰雄、永野和宏(劇団新人会)、木村佐都美(おちないリンゴ)、大塚康貴(ELBSEntertainment)、真保栄千草、若林正(大沢事務所)、モイラ、由川悠紀子(おちないリンゴ)、青木文太朗、福田侑香

2017-04-01 さよならさよならさよなら

[]No.27「ドアを開ければいつも」みそじん@アトリエ由宇

★★★★☆

去年、先週bに引き続き3回目

そして、最後

会場が無くなる

色々な事情があるから

でも、その前にこういう公演ができたことは非常にラッキー

さようならありがとう

敬子・・・・・・小林さやか青年座

真紀子・・・・・斎藤ナツ子

裕美・・・・・・大石ともこ(みそじん)

千恵・・・・・・鈴木委よ

2017-03-26 職人芸は名人芸へ

[]No.20「ハテノウタ」MONO東京藝術劇場シアターウエスト

★★★★☆

http://www.c-mono.com/stage.html

久し振りにMONOを観たような気がするが。気のせいでしょう。

まず、安心感半端ない

逆にその安心感のせいで、意外性やドキドキ感が薄れるような気もしますが、その辺は客演の方の未知数さがいい意味の緊張感を生み出しています。

相変わらずの土田節がさえています。突飛なシュチュエーションに普通の会話。

そしてラストのもの悲しさ。

これ映画化

作・演出

土田英生

出演

水沼 健 奥村泰彦 尾方宣久 金替康博 土田英生

高橋明日香 松永 渚 松原由希子 / 浦嶋りんこ

2017-03-20 プロジェクションマッピングの効果的な使い方

[]No.19「舞台版 幽霊搭」UMANプロデュースPrezents@新宿シアターモリエール

★★★★☆

http://www.umanpro.jp/yureito/

急きょ観に行きました。予備知識無し。

A.M.ウィリアムソンの小説灰色の女」を基にした黒岩涙香翻訳長編小説黒岩涙香翻訳小説幽霊搭」を江戸川乱歩リライトした長編小説

ミステリーですが、トリックロジックを楽しむというより雰囲気を味わうタイプの作品

元は5時間ぐらいの作品を2時間15分に。はっしょった感じもありましたが、私はこれぐらいコンパクトな方が好きです。ラス前の栄子の怒涛の状況説明台詞は圧巻でした。たむらもとこさん、実力者。

我らが、石川美紀嬢は、老け役でしたが、うまい。外見だけでなく、チョットした動きにも細やかな演技をしていました。

ある意味得意技のプロジェクションマッピングは、良かったです。経費の点は分かりませんが、上手く使えば効果節約にもなるね。

原作江戸川乱歩

脚本演出宇治川さな

[ 出演者 ]

佐伯太輔/角島美緒水谷あつし/増田裕生/たむらもとこ/

英雄/徳城慶太千葉太郎宮田幸輝/石川美樹/

佐々木昌美/西川拓毅/長田真英

2017-03-18 舞台装置も含めて舞台作品なんですね

[]No.18「夢見るアンチェインバグ」重惑[omowaku]第2回本公演@Theater Option

★★★★☆

http://omowaku.wixsite.com/omowakuhp

伊岡森愛さん主宰である重惑[omowaku]の本公演。

いつものように狭い狭い会場で、隣の人の息遣いを感じられるほどの距離

役者を目指し収入がほとんどない兄、自身役者を諦めて収入を得るために働く弟。

そこへやってきた女性アキ。

彼女兄弟関係は?

彼女の出現で揺れる兄弟の仲。

そんな中、事故が。

片腕を失った兄。最新式の義手。莫大な治療費。支える弟。アキが見える兄。猫。殺人

ぬるい感じで進められるストーリー。でも、なぜか印象的な作品でした。

ノザキスグル梅田優作

ノザキマサル:真坂雅

アキ:吉岡

カトウ:篁勇哉

ササキ:伊岡森愛

2017-03-17 何か凄い物を観た

[]No.16「中国の不思議な役人」青蛾館@東京芸術劇場シアターウエスト

★★★★☆

http://seigakan.com/china-doll/

今回で3回目の青蛾館。

この作品が一番ヘンテコで一番心と体に響いた。

目的佐藤沙紀ちゃん赤糸で眼を縫い閉じられた娼婦紫紋。出演者が多いので、途中見つからない場面もありましたが、単独で動いているシーンは印象的でした。

背が高いのに大まかではなく、繊細な動きができるのが彼女の魅力だと思います。

全体的には、何が何だか分からないです。

人ことで言うと、連れ去られた娼婦中国人役人との恋、ですが、それは表面的に。

奥には、色んな物が蠢いていました。

それを描くには、テレビドラマでも映画でもなく、演劇が一番の表現方法だと思いました。

松村さん、いい演出。その松村さんが公演期間が6日では勿体無い的な事を言っていましたが、私もそう感じました。あと、劇場の使い方が贅沢で、観易かった。

馬頭琴?の演奏登場人物関係ないダンサーダンスのシーンも綺麗でした。

原作

寺山修司

構成演出

松村

CAST

若松武史石井愃一池田有希子明星真由美丸山厚人、藤田記子、安川純平、橘花梨、澤魁士、松之木天辺田中美甫、プリティ太田

安藤洋子(ダンサー)

島地保武(ダンサー)

長谷部洋子、こもだまり、尾�啗宇内。鈴木彰紀、續木淳平

中井沙織 岩坪成美 木村文香 スガチヅル 高畑亜実 佐藤沙紀 甘井飴子

鋤柄拓也 田中博士 吉澤慎吾 金純樹 丸山雄也 渡邊

宮下 今日

のぐち 和美

演奏土屋玲子

[]No.17 Ocean's Diary「その先にあるモノ」DEAD STOCK UNION produces vol.34@ウッディーシアター中目黒

★★★★☆

http://dsu.lovepop.jp/

鈴木ゆかさんを観に行きました。

最初は声が大きくて、うるさいなぁ〜と思ってました。

が、話が進むにつれて引き込まれていきました。

ラストの方は、涙ぐんできました。

よく出来た作品だと思いました。年3回で10年。継続は力なり。

作・演出渡辺 熱

CAST

元木行哉、三崎千香山口あゆみ太田知咲、岩上円香、鈴木ゆか、星達也野村知広、松村美生子、阪本亘、つくし、川中勇磨、駒田侑香、�癲島遼太、中山翔平、山崎千裕、渡辺

2017-03-10 泣かされた一日

[]No.14「鬼泪」カプセル兵団シアターグリーンBIG TREE THEATER

★★★★☆

http://www.kapselheidan.com/

何回目かのカプセル兵団

鬼、人間、妖し、えにし、天皇、えみし、天狗平安京等々

こういう部品を使えば、こういう物語ができる。

「こういう部分」をカプセル兵団料理すると「鬼泪」が出来る。

面白かったです。アクションも小ギャクも踏ん張り芝居も良かったです。最後青木さんで泣かされたのは、悔しかったですが、満足の涙でした。これこそ鬼の目にも涙です。

個人的ヤスカさんの小気味いいアクションと國崎さんの美しき鬼は良かったです。あと、パフォーマーの皆さんが、出番が多くて大変そうでしたが、作品雰囲気を盛り上げていました。

作・演出吉久直志

言霊師】宿禰丸:吉久直志(カプセル兵団)

【心優しい鬼】鬼:青木清四郎(カプセル兵団)

【神迎えの巫女】沙羅:水野奈月(As around)

大和朝廷の姫】夕姫:伊喜真理(ハグハグ共和国)

田舎出の陰陽師天明金澤洋之(劇団熱血天使)

大和朝廷の帝】帝:瀬谷和弘(カプセル兵団)

大和朝廷皇后皇后斉藤優

朝廷陰陽師】道満:山粼雅志(ホチキス)

【鬼殺しの武士雷光溝口優(劇団fool)

雷光の部下】綱:山田亮(集団as if〜)

【鬼使いの術者】鬼哭:國崎馨

【鬼哭の式神】天狐:沖村彩花(劇団熱血天使)

【鬼哭の式神】空狐:小園由佳

悪路王末裔】流為:中山ヤスカ(カプセル兵団)

蝦夷末裔】母礼:湯口智行(ポンポンペイン)

【戻橋に巣食う鬼】橋姫:倉地裕衣(ふれいやプロジェクト)

【旅の仏師阿闍梨:戸草内淳基(インプロカンパニーPlatform)

仏像に宿った鬼】緊那羅冨田恭子

天狗の姫】鞍馬姫:工藤沙緒梨(カプセル兵団)

【鴉天狗梵天矢島慎之介(カプセル兵団)

宿禰丸と出会う法師】玄奘阿部安朗(★☆北区AKTSTAGE)

      • PERFORMERS---

赤岩かほ、赤松英信(the CRAZY ANGEL COMPANY)浦濱里奈(りんごの種)笠川奈美(もんもちプロジェクト)神馬彩

北村竜也、北村真帆佐藤美月、平松香帆、三瀬康之、山岸みか、

五十嵐

[]No.15「檸檬の島」「日本の劇」戯曲賞2015@恵比寿エコー劇場

★★★★☆

http://gekidankyo.or.jp/performance/2016/2016_04.html

七味さんが出演るするというので観に行きました。

必ず上演する戯曲賞をとった作品

阪神淡路大震災の時に畑から旧日本軍が埋めた毒?が発見され、基幹農業の玉ねぎが作れなくなり、農協の長の肝いりで始まった檸檬栽培。それが軌道に乗り、島の特産物になっている、震災後20年。

農協の長の家族、父、兄、弟、妹、母の妹(叔母)、近所のおじさん、兄の娘、ルポライター

震災が原因で亡くなった母、その五年後に父が木から落下して怪我。

家族仲は悪い・・・・・。

檸檬家族震災土壌汚染、一つ一つのパーツは暗くなるけど、全体的にはいい雰囲気です。

近所のおじさんが、いいクッションになっている。

妹役の原田樹里さんが、綺麗でした。

我らが、七味さんは、また、新しい役、謎のルポライター役。

妹との過去も謎めいて・・・・・。


作]西史夏 [演出]中屋敷法仁 [出演]吉川純広 / みやなおこ / 鍛治直人 / 樫本琳花 / 原田樹里 / 平井真軌 / 七味まゆ味

2017-03-03 竜虎の戦い

[]No.13「エグ女3」女々Presents@千本桜ホール

★★★★☆

田奈緒ちゃんを観に行きました

これは劇場意向なのか、割と女性の性の明け透けな感じの作品が多いような気がする。

今回は出演者脚本演出、全て女性。その明け透けな部分が、更に明け透けだっと思う。オープニングのキャスト紹介&ダンスシーンは衣装も明け透けでした。

オジサン的には眼福ものでした。

最初は明け透けさに、チョッと引きましたが、徐々に人間関係背後関係が明らかになるにつれ、面白くなってきました。

特に宗教ねずみ講のシーンは大笑いしました。

脚本藤原珠恵さん、いいかも。

出演者では、陽田奈緒ちゃんのオラクル、良かったです。

あの、純粋な感じ、います

あと、愛人役の佐々木梨花さん、可愛かった。

脚本演出

藤原珠恵(女々)

出演

佐々木梨花、平澤美智子、柚月美穂

Aチームー、小山未結、佐藤あみ、滝口はるな、辰巳シーナ、陽田奈

2017-02-18 2作品ともある意味ファンタジー

[]No.11「言 彩演」劇団fool@武蔵野芸能劇場

★★★★☆

http://gekidanfool.com/

ヤスカさんを観に行きました。

コマと言う狛犬あやかしが、困っている人を何とかしてあげたい、という想いが強すぎて、悩み空回りして、そして、チョッと成長する話。

コマ役の山口知里さんが好演。

ヤスカさんも猫のあやかしリンツンデレ感満載で良かったです。

久し振りに周りからすすり泣きが聞こえた。

もちろん私は泣きません。いや、泣けません。心が薄汚れてしまった。

キャスト

山口知里、佐京充、竹井沙紀中村真由香、宮藤あずさ二葉泰亮、宇佐美裕志

森智子、山田盛生、村上俊哉、星広行、矢島遼大(以上劇団fool)

川島得愛(ドラマティック・カンパニー/81プロデュース)

中山泰香(カプセル兵団

新八(Creative Company Colors

名瀬偉年(劇団時間制作

星宏美(T-Riot

湯口智行(ポンポンペイン

大里冬子

花田千紘

増井豪

梓友笑(C&Oプロダクション

白石佳穂

[]No.12「浅草ロミオとジュリエット劇団ドガドガプラス浅草東洋館劇場

★★★★☆

http://doga2.com/works/shin-romeoandjulietta/

石川美樹ちゃんを観に行きました。

基本の話はロミジュリ

吉原を裏で支配する犬神弾左衛門の娘、樹里恵と赤穂藩の侍、毛利小平太が狼のように強くなる瞬間、狼目夫。

初めて観るタイプの作品エンターテイメント大衆演劇ダンス、歌、何でも有りの楽しい舞台でした。

初日乾杯にも参加してしまった。

美樹ちゃんは、やり手ババアの役。でも、色町の話は、この役が良くないと面白くないからね。素敵でした。たまたま、目の前で演じるシーンがあり、堪能しました。

ヴァニーさん(斑毛羊吉)と飯鳶桂依さん(大鳥居役)と田口夏帆さん(因幡卯月)が可愛かったです。

2017-02-17 グローバル

[]No.10「こんこん」「跡」世田谷シルクさくらWORKS

★★★★☆

http://www.setagaya-silk.com/next.html

クラウドファウンティングやらせてもらった縁で観に行きました。

単純に面白い一言で済ませられる作品ではなかった。

「跡」は無音劇。ある男の一生。WSに参加した人に聞いたら、部屋の記憶だそうです。

こんこん」狐の恩返し。途中で龍宮城へ行ったり、和のテイストをふんだんに盛り込んで、じかも英語字幕有り。

つなぎの落語、テポちゃん良かったです。

あと、「こんこん」でたくわんをやった多賀谷まつりかさんが可愛かった。

・『こんこん』 出演・・・ 岩田裕耳(電動夏子安システム)       

・『跡』出演・・・ 伊藤毅青年団)、堀川炎(世田谷シルク

・『こんこん』  『跡』出演・・・

前園あかり 春木真里奈 武井希未(以上、世田谷シルク

佐藤優子 柿の葉なら 多賀谷まつりか 角田悠 大河原真奈

2017-02-04 キュート∞&萌え〜

[]No.8「女の壁」劇団献身 スタジオ公演@スタジオ空洞

★★★★☆

http://gekidankenshin.wixsite.com/kenshin3

2本目。こちらは、最初からフル出場。昨日の作品面白かったので、かなり期待して観に行きました。それを軽々と越えてきました。面白い。この劇団好き。

タイムカプセルを開けに来た二人の女性卒業から2年。ハタチ。ギリ、見える。不良の溜り場的な体育用具室。そこで繰り広げられる、女子会的な会話のやりとり。面白いです。みんな可愛い女子を見る目で観てました)。

2年前のラブレター約束を信じて待ち続ける子。それの舎弟のような子。卒業して東京へ行った子。地元に残った子。その子らの後輩。

みんな変なんです。あくまでも脚本家が見て思い描いた女子像。だからかな?妙に得心がいく。まぁ、全然難しくなく、楽しく楽しく観れました。

スッキリしました。5月の本公演、楽しみです。

≪CAST≫

石澤希代子

大竹沙絵子

金佳奈実(創像工房 in front of.)

武川優子(電動夏子安システム

永井久喜劇団献身

[]No.9カフェ・ド・ギロチーナいちごドロップ ひとつぶめ@cafe&bar木星劇場

★★★★☆

http://15xdrop.wixsite.com/15xdrop/next

てんちゃんことニシハラフミコさんの団体。去年からこつこつと楽しそうに作ってきていました。

その初お目見え。初は1回しかないから

小さなスペースにこれでもかって詰め込んで。

根底には無差別殺人被害者家族加害者家族という重い空気を漂わせながら。明るく楽しい作品でした。身贔屓ではなく、楽しかったです。

あと、てんちゃんのカフェ制服姿に・・・・・・

客入れからやっているので、1日3公演は大変だと思いますが、怪我なくアクシデントなく、楽しんでください。

2017-02-03 キュート&キュート

[]No.6アルティメットコミュニケーション」サステナクリエーションファミリーVol.1@三鷹市芸術文化センター 星のホール

★★★★☆

http://sasutena-create.net/

清水美輝ちゃんを観に行きました。本人曰く初コメディ彼女を巡るバタバタ上下ピンク服装、似合っていました。

作品自体も色々と想いや工夫が込められていて、応援したくなります

ユニット自体の初公演ということで、まだまだよくなる感じがいっぱいです。脚本は上手くまとめられていて観やすかった。星のホールが広い劇場なので、それをうまく活かす演出もされていました。伸び代いっぱい。

[]No.7「憧れの雪国劇団献身 スタジオ公演@スタジオ空洞

★★★★☆

http://gekidankenshin.wixsite.com/kenshin3

昨年度見つけた素敵女優永井久喜ちゃんの所属劇団

まずは1本目。雪が降らないスキー場。意を決して購入した降雪機。それを動かそうとすると・・・・・・

色々うまくいかない、本人にも原因があるが、その状況が可笑しい。

スキー場オーナーダメぶりに、何故か優しい周りの人達

全然知らない劇団でしたが、一気に注目劇団になりました。

ちょっとした動きが面白い。なんだろう?タイプとしか言い様がない。

何をやっても笑ってしまう。ダメな観客でした。

お目当ての久喜ちゃんが、途中まで出てこなかったので心配しましたが、超重要な役で登場。方言女子萌えます

≪CAST≫

加瀬澤拓未

木村圭介

永井久喜

奥村徹也(以上、劇団献身

田村優依

西山宏幸(ブルドッキングヘッドロック

はるはる

主宰前説もたどたどしい感じに好感が持てました。

2017-01-21 グロイ&暑苦しい

[]No.4「果樹の在処(カギノアリカ)」集団as if〜第16回公演@シアターグリーンBOX IN BOX THEATER

★★★★☆

http://s-asif.net/?p=276

國崎さん目当てで観に行きました。チェキも撮りました。

相変わらずの暗くてグロイ内容でしたが、何故か、後味はスッキリします。

父親から性的虐待を受ける姉、その対象が妹に移った時、父親に対いて抱いたのは殺意!その後も交際する男性が謎の失踪を遂げる。姉妹がしていたのは???近親相姦カニバリズム姉妹憎悪、娘の恨み、ストーカー、歪んだ愛情etc.

負の要素を詰め込んだ作品なのは毎度の事。姉役の國崎さん、妹役の大森さん。お二人ともお綺麗でした。

キャスト

重野祐輝、國崎馨、大森さつき(アミティープロモーション

二毛作吾作(ANDAZ)

 

キャスト

青木清四郎(カプセル兵団)、月岡鈴(エイジアプロモーション)

仲村美縁、斉藤優

 

シングルキャスト

 

コサカタカシ山田亮、こんのさおり、真咲郁、馬上亮、邑上笙太朗、西出結、湯口智行(ポンポンペイン)、諏訪康之(ナマニエノハルサメ)、タカハシ、阪手真

[]No.5「花園RED20歳の国 花園プロジェクト2017@すみだパークスタジオ倉

★★★★☆

http://www.20no-kuni.com/next-2

前田君を観に行きました。

前回観た20歳の国は、水着姿の女子がキャーキャー飛び跳ねまわる作品でしたが、今回は打って変わって15人の男がラグビーです。

圧倒的に女子水着姿の方が好きですが、心情的には今回の作品の方が圧倒的にあるあるです。

その暑苦しさも、お馬鹿さも、悩みも、笑いも、矛盾も、全部、わかります。高校時代を過ごした男なら、全員わかると思う。

からこそ、すこし恥ずかしかった。

特に、周りに座った女性達が大笑いしていると、もうもう、分かってあげて、笑わないで、ってなった。

でも、面白かった。

斉藤マッチュ古木将也、竜史(以上、20歳の国)

市川 大貴、久保田 武人(SNATCH)木幡 雄太アナログスイッチ高橋 義和FUKAIPRODUCE羽衣津和野 諒(アガリスクエンターテイメント

西村 優駿(the pillow talk廣瀬 瞬、藤木 陽一(アナログスイッチ

細田 朗、前田 勝(えにし)山川 恭平米田 敬(トルチュ)

2017-01-20 地方のことはその地方に聞かないと分からない

[]No.3「都道府県パズル2017」キリンバズウカ コルドファンvol.2@新宿シアターミラクル

★★★★☆

http://www.echoes-tokyo.com/japanese/4196

つぐみちゃんを観に行きました。

なのでAチームしか観ていません。Bチームも観たかった。

道州へ移行しようと動いている政府、チョッと先のお話

各州の代表が集まって、道州フェス成功させるために会議をしている。

各人の思惑、各州の思惑。進まない会議。強引な人、消極的な人、何か秘めている人。

面白かった。前半は、個々の喧々諤々が面白く、後半の本当の想いに感動した。

やっぱりまだまだ震災は終わってないんだ、いや、戦争だって終わってないのかも。

上演台本登米裕一(キリンバズウカ)

原案:大塩哲史

演出日栄洋祐(キリンバズウカ)

【CAST】Wキャストになります。

Aチーム 安川純平、小林義典(クロムモリブデン)、小田島亜庭、

辻響平(かわいいコンビニ店員飯田さん)、辻夏樹

富田庸平(キリンバズウカ)、佑木つぐみ火遊び

新澤典将、袖山駿

2017-01-14 舞台版のアイドルユニット?

[]No.2「46億年ゼミ」爆走おとな小学生@キンケロシアター

★★★★☆

http://ameblo.jp/otonapro/

相澤純ちゃんが出演するので観に行きました。

女性だけの座組。かしましそう。

楽しんでやってくれればいい。

若干後ろの方だったので、一人一人の顔がよくわからなかった。

主人公未来の子母親役の人が、凄く巨乳だった。

ストーリー着眼点は良かった。

ただ、46億年を2時間でやるのは、やや無理があった。結果的に3つの時代しか描けなかった。ちょっと残念。

カーテンコール拍手がやけに温かかった。

2017-01-07 観劇初め

[]No.1「Silent Heart」Kitten Dance Planet vol.12@萬劇場

★★★★☆

http://kitten-dance.com/

2017年1本目。

村田結香さん客演舞台

ストーリー一言で言えば、人間アンドロイド恋物語

脚本では、完成形が見えないほどシンプル

それに演出が加わり、一つの作品になった。

作品殆どメインであるダンスシーン。

これが、シンプル物語に広がりを与えている。

小劇場舞台でよく見かける、ストーリーとは関係なく展開されるダンスシーンとは、違う。

逆にダンスシーンだけで物語を進めていく、梅棒とも違う。

いい意味での丁度いい感じ感。

村田さんは、カプセル兵団での硬派な感じとは違い、ちょっと寂しがろな女性等身大に演じていました。

モノマネは、ジブリ合格点ですが、ビートたけしは?でした。

2017年観劇本数目標は70〜80本ぐらい。

キャスト

江畑浩規、若井なおみ(俳優座)、中山佳大(チームまん○)、村田結香(カプセル兵団

美友、新田エリ、砂川紀子三瀬康之、北村竜也、磯直央人、吉田紳(風凛華斬)

安武由布、サイトウミサ、紙谷まり西口綾子、合田誠、他

脚本演出振付

西口綾子

2016-12-30 観納めです

[]No.137「虚仮威」@本多劇場

★★★★☆

http://kaki-kuu-kyaku.com/next.html

今まで観た中で1番か?と聞かれたら、そう思わないと答える。

でも、それはレベルが下がったのではなく、この劇団が常に前を向いて進んでいるからだと思う。

柿喰う客といえばこれ、といった得意な形を作らず、常に新しい事をやっている。

からファンの中でも好きな作品が違うと思う。

ファンからしたら、自分の好きなタイプの作風で進んで欲しいと思うのかもしれない。

それは、柿喰う客ではなくなってしまう。

私も最初観た作品は嫌いでした。

でも、何かありそうで、次の作品を観てファンになりました。

「虚仮威」はそれほど好きではないけど、「天邪鬼」は凄く感動しました。

子供のためのシリーズも女体シェイクスピア作品によって好き嫌いがあります。

一つの劇団で、これだけ色々と感じられるのは柿喰う客だけです。

そういう意味で、2017年も色んな作品を見せて欲しいです。

カウントが間違っていなければ、2016年は137本。

今までで一番観ました。

来年は、思う所あって、年間80〜70本ぐらいに減らす予定です。

お誘いいただいてもお断りする場合が多くなると思います。

ご容赦ください。

作・演出:中屋敷法仁

出演:七味まゆ味 玉置玲央 深谷由梨香 永島敬三 大村わたる 葉丸あすか

牧田哲也 加藤ひろたか 原田理央 田中穂先 長尾友里花 福井

2016-12-24 歌も踊りも楽しかったクリスマスイブ

[]No.135「ピアフ〜私は何も後悔しない〜」@東京芸術劇場シアターウエスト

★★★★☆

ここ数年追いかけている祁答院君の出演舞台

ピアフに関しては映画を見ていたので、生涯は何となく分かっていた。

映画を見て思った「不幸感」はこの舞台ではあまり感じなかった。

それを是と捉えられたら、この舞台は面白く観られると思う。

Setsukoさん演じるピアフは、キュートで波乱万丈の人生を生きた女の影がない。

でも、元々の狙いが「影」ではなく「光」だろうから、このキャスティングはOK。

歌も上手い。一番知られている「愛の賛歌」も新訳?で良かった。

■出演:

Setsuko 伊藤俊彦 吉田宗洋 佐藤正宏 祁答院雄貴 益田恭平 岩井翔 梅田祥平 中島幸一 長谷川てるや 宮崎貴宜 矢上竜誠

ピアノ演奏

大山泰輝(24日/25日/26日19:00)

佐藤日里(26日13:00/27日)

スタッフ

作:森本ジュンジ/構成・上演台本演出小林七緒

[]No.136「demon NationPi&Co.@RAFT

★★★★☆

http://pi8co.com/creations/demon-nation/

ささきみなさんを観に行きました。

これを演劇って言ってしまうと、演劇畑の人に怒られそう。

これをダンスって言ってしまうと、ダンス畑の人に怒られそう。

愉快というより不愉快

全然からない。むしろ潔いほどの混沌

個人的には嫌いな方の作品です。

でも、なんか心に残っている。

どの場面?どの役者?どのセリフ?

それもはっきりしない。

でも、何かが心に残っている。

しかしたら、麻薬的な何かがあるんではないか?

もう一回ぐらい挑戦したい。

ささきみなさんは、凄く可愛かった。さらファンになりました。

出演

河井朗|HOGARA KAWAI

佐々木美奈|MINA SASAKI

古賀友樹|YUKI KOGA

蘭妖子|YOKO RAN

渡邉茜|AKANE WATANABE

岡本陽介|YOUSUKE OKAMOTO

小野彩加|AYAKA ONO

演奏

谷口勇次|YUJI TANIGUCHI

演出

中澤陽|AKIRA NAKAZAWA

2016-12-23 基本はコメディですよね

[]No.133「最悪のメタファーポンポンペインシアター第四部隊@小劇場てあとるらぽう

★★★★☆

http://ameblo.jp/hanachocoland

今年、知り合いになった、中山泰香さんと進藤理恵さんを観に行きました。

二人共可愛かったです。

最初コメディだったのに、あれよあれよとダークな世界に、そして、悲劇落ちって。

最悪でしたが、あるあるな部分もあって面白かったです。

名物?の大喜利も良かった。進藤さんが中々前に出れず、書いたものを何度も消していたのが、印象的でした。あと、泰香さん、あの指で書くのは無理です。

Bチーム

中山泰香(カプセル兵団)千葉太郎(ベニバラ兎団)山田亮(集団asif〜)進藤理恵高橋茉琴(team Genius bibi)山本太郎(ゲンパビ)

シングルキャスト

浅井江理名(キャストパワー)

湯口智行(ポンポンペイン)

脚本

川尻恵太(SUGARBOY)

演出

藤丸亮(集団asif〜)

[]No.134「ZASHIKI・WARASHI」ARPART THEATER かもめ

★★★★☆

鈴木ゆかさんを観に行きました。今年、何本目?兎に角、よく出演する人です。

内容は、ライトコメディ。お客が来ないペンション起死回生作戦は?

分かりやすく、心底悪い人も出てこない。

終始笑える、楽しいお芝居でした。

時期のせいか、24日と25日は入りが悪いみたいです。

面白いのに。

あと、とんねるずの細かすぎてに出ているタカギマコトさん、良かったです。あんなに可愛くない座敷童子を初めて見た。

出演者

シャン(しんのすけとシャン)、タカギマコト福原聖子大島祐也、眞田規史、西村優、大将、泊太貴(あぁルナティックシアター)、小園司、濱原佳子てるてる、須田拓也(パップコーン)、としぼーい(オナジミチ)、鈴木ゆか、増井剛、梅田めぐみ

脚本演出

A.ロックマン

2016-12-18 戦争を知らない世代が続くことは素晴らしい

[]No.132「島」青年劇場紀伊国屋サザンシアター

★★★★☆

http://www.seinengekijo.co.jp/s/sima/sima.html

戦後数年の瀬戸内海のある島。

被爆した先生と生徒と家族と友人と仲間達。

彼らの生き様を通じて戦後戦争を描き出す。

脚本も良かったですし、丁寧な演出も好感が持てる。

私のお目当ての清水美輝さんは、天真爛漫な良家の子女を華やかに時に無神経(演技がじゃないですよ)に演じていました。

また来年応援しますね。

上甲まち子、渡辺尚彦、藤木久美子、吉村直、北直樹、崎山直子、清原達之、真喜志康壮、矢野貴大

塚原正一、川端悠吾、清水美輝(スターダス・21)

作=堀田清美

演出藤井ごう

2016-12-17 舞台でもいい

[]No.131「テンテン」贅沢貧乏アトリエ春風舎

★★★★☆

https://zeitakubinbou-tenten.tumblr.com/

アパートの1室等、劇場ではない空間での公演をやってきた贅沢貧乏

久しぶりの劇場での公演。

超接近した空間と違って、役者との緊張感が多少は薄れましたが、そこは贅沢貧乏らしく、のめり込めるような空間を作っていました。

舞台装置証明も良かったですが、個人的には意外な方向から聞こえてくる音響に◎。

役者さんは特に女優さん、意図的なのか好みなのか、似ているんです。凝視すればそうでもないかもしれませんが、目の悪い私には同一人物に見ました。逆にそれがラストシーンでの胎児関係性に混乱を生じさせ、私としてはそれが面白かった。

脚本演出山田由梨

出演|神崎れな 佐久間麻由 杉尾真理子 田島ゆみか

細谷貴宏 矢野昌幸 山田由梨

2016-12-11 ファンタジーにも色々あるんですね

[]No.129「リヒテンゲールからの招待状」Jungle Bell Theater 2016 winter@劇場MOMO

★★★★☆

カプセル兵団美人OLをやっていた國崎馨さんを観に行きました。

國崎馨さんの演技の幅広さにビックリ

そして、作品がとっても素敵。変にやると照れくさいのですが、ファンタジーにする事で、心の奥に響いてくる。

アクションシーンも良かったし、女性陣も可愛いし、魔女達の悲しみも得心がいった。

キャスト自分の好みにして上演したい。

望月歩         …程嶋しづマ

リヒテンゲール        …浅野泰徳

ヘルマン         …垣雅之 (株式会社フラッシュアップ)

フィンチ      …升田智美

エミリア         …うちだちひろ

ノエル        …斉藤有希 (@emotion)

 

ドライファッフェル  …國崎馨

シュピーゲル      …鈴木絵里加(DruCi)

 

トルトューガ     …青木清四郎(カプセル兵団)

アラーニャ     …宮本京佳

ブルッハ        …大塚大作

バリ         …本多照長

[]No.130「ちょべりばペット」ピヨピヨレボリューションdark side.1@花まる学習会王子小劇場

★★★★☆

前園あかりさんを観に行きました。

制服姿はギリギリですけど、ダンスのキレや歌唱シーンは良かったです。

内容は、dark sideと銘打つだけあって、暗かったです。

でも、主人公いち子役永田紗芽ちゃんの持つ天性の明るさが、作品希望を与えていたように思いました。

出演者が若すぎて、Twitterフォローしたりコメントしたりするのが、妙に緊張する。

出演者

右手愛美東理紗あずさ友松花穂永田紗茅 / 鹿島田織恵 / 前園あかり世田谷シルク) /

新木美優 / 土屋彩夏 / 森原彩夏 / 早瀬さくら

脚本作曲右手愛美演出匿名希望振付maco

2016-12-10 男版と女版でこんなに違うとは思わなかった

[]No.127「遺言男性版」遠吠え 第三回本公演@ギャラリーあん

★★★★☆

女性版の佑木つぐみさんを見るにあたって、時間があったので、男性版も観ました。

しかし、電車が遅れ、結局ギリギリになりました。

最初は、何をやっているのか分かりませんでしたが、徐々に、男性の頭の中の事だと気付きました。

かなり、俳優さんとの距離が近く、ドキドキしました。

会場の寒さも含め、緊張感のある作品でした。

脚本演出

木村みちる

男性版】

フジタタイセイ劇団肋骨蜜柑同好会

さほ(mimimal)

吉成

星野慶太

村山

[]No.128「遺言女性版」遠吠え 第三回本公演@ギャラリーあん

★★★★☆

そのつぐみちゃん。素のキャラに近いような感じ。

男性版と比べて、女性版の方が明るい。華やか。ラスト希望が持てる。

しかし、一体何があったのか?全然分からない。

脚本演出

木村みちる

女性版】

小島

澁川智代(右マパターン

表情豊(HYP39Div.)

佑木つぐみ火遊び

梢栄(劇26.25団)

2016-12-03 こんな内容もあるんだ

[]No.125「Refrain」P.U.A第二回公演Reading LIVE赤坂CHANCEシアター

★★★★☆

田奈生さんを観に行きました。

一見アフレコチックな舞台装置。ただ、役者自身が動き回ることはなく、会話の部分を役者が演じる。

地の文は無いので、若干、説明っぽい。

声優さんの声の出し方は、舞台役者とは少し違って、よく通る。

奈生ちゃんは、冷酷な大金持ちの嫌な感じの女性。役的には合ってました。

[]No.126「冬物語」@高円寺 座・高円寺2

★★★★☆

http://types.jp/81/index.shtml

笠井さんを観に行きました。

シェイクスピアは、その良さや凄さが、いまいち分かっていないのです。

でも、この作品は、分かりやすく、かつ、前半は悲劇、後半は喜劇ハッピーエンドなので、良かったです。

ハッピーエンドシェイクスピアなんて初めてです。

お目当ての笠井さんは、ヒロインではありませんが、重要な役で、非常に良かったです。

これだけ豪華な感じなのに、2日間4公演というのは勿体無い。

私が観たのは2回目だったので、若干、台詞が怪しい人がいて、勿体無かったです。

構成演出

パク・バンイル

日本演出協会

キャスト

安藤慶一 (ジパングエンタテイメント

新本一真(TYPES)武田太郎アースピクチャーズ)加藤雅也大沢事務所笠井幽夏子(俳優座

やなぎまい岩崎孝次FUNエンターテイメント株式会社

かねさき麻衣坪井里沙秋元剛、安藤裕、さかもとたくや、笹本博子、上田晴香、中崎正人、板橋直久中尾洋太、鬼満昌弥、松嶋優希

ダンサー

ERIKO、星香里、西垣道隆、藤田紗慧、早瀬萌子

ギタリスト

井上達也

2016-11-30 何だろう、言葉では言い表せない

[]No.124「寿歌」木下藤次郎生誕五十周年記念公演 木下藤吉郎企画新宿 SPACE梟門

★★★★☆

http://tubakigumi.com/blog/news/?p=248

前田君が出ていた芝居で共演していた永井久喜さんを観に行きました。

夜勤夜勤の間に行きました。

ハードスケジュールでしたが、無理した甲斐がありました。

私は感じる事より、理屈物事理解しようとするタイプです。

観劇にしても、理屈で解るタイプの方が好きです。

でも、時々、何だか解らなかったけど、凄いのを観たと思う作品に出会える。

それが今回の作品「寿歌」だ。

三人の出演者個性全然違うのに、三人揃うと凄くなる。

特に久喜さん。申し訳ないですが、前回の出演作では、ここまでの実力者だとは思えませんでした。

「寿歌」ではキョウコを演じています。

キョウコはこんな人だったんだ、って観る人に思わせる説得力

演技力も歌もダンスも全ていいです。

特に歌は、最高でした。

次回出演作も楽しみです。

年末にいい出会いがあった。

作:北村想 演出:恒松敦巳(椿組)

木下藤次郎(椿組) 永井久喜 澤崎ひろあき(いらっしゃい)

2016-11-28 劇団fool節炸裂

[]No.123「絆〜彩演〜」劇団fool第13回公演「華」Prologue1@三鷹 武蔵野芸能劇場

★★★★☆

http://gekidanfool.com/

中山泰香さんを観に行きました。

前回の闇より感情は揺さぶられませんでしたが、最終的には落ち着くところに落ち着いて面白かったです。

個人的には中山泰香さんの出番が少なくて残念でした。

キャスト

森智子、山田盛生、竹井沙紀中村真由香、宮藤あずさ二葉泰亮、村上俊哉、佐京充、星広行、矢島遼大、山口知里(以上劇団fool)

片山耀将(シアターキューブリック)、中山泰香(カプセル兵団)、高橋茉琴(株式会社Legs&Loins team Genius bibi)新八(Creative Company Colors)、増井豪