Hatena::ブログ(Diary)

どらまん。

2007-05-20

[]風林火山 第20話「軍師誕生」

お久しぶりの戦エピソードでした。なのになんでこんなに笑えるんだ?

・武田軍が大井を攻める中、諸角(加藤武)が勘助を軍師にするよう進言。晴信(市川亀治郎)と二人でこそこそ密談されるよりは、ちゃんとした地位を与えてやるべきだと組織全体のことを考えたうえでの行動ですね。それを聞いた勘助は、評定で策を述べると敵の内応者がいたときに困る、とありがた迷惑そうにしてますが…。

・駒井タン(高橋一生)に久しぶりの出番が。

・海ノ口でかつて勘助とともに戦った相木市兵衛(近藤芳正)再登場。平蔵(佐藤隆太)たちとも再会を喜びあってますが…やっぱり勘助と内応してたー! 見るからに怪しかったですもんね。大井を裏切るところは踊る大捜査線みたいでした。

・2ちゃんの本スレを見てなるほど、と思ったのが、

644 名前: 日曜8時の名無しさん [sage] 投稿日: 2007/05/20(日) 21:45:57.55

諸角が勘助を軍師に推薦して、教来石がそれを勘助に伝えるシーンで、

教来石「これからはお館様にコソコソ献策するな、ということじゃ!」

勘助「コソコソ、でござるか……。しかし、評定に裏切り者がいないとも

限りませんからのう……。」

この次の評定シーンで、相木が武田に都合のいい分断策を進言w

この流れも素晴らしかった。

ああー凄い。大森寿美男はいい脚本を書くなあ。

・飯富さん(金田明夫)の赤備えキター!ハアハア…かっこいいいい。

・勘助に投降するよう薦められるも、どうしても武田につくことはできない平蔵たち。ヒサ(水川あさみ)のこともありますからねえ。教来石(高橋和也)とも会話があったのは良かったです。視聴者の八割は予想していると思いますけど、平蔵が勘助を討つんでしょうねえ。

・晴れて軍師の地位を得た勘助。陣羽織を着たときには目も潤んでます。やっぱ嬉しいんじゃねーか! そして軍師になった途端、晴信から相談を受けてます。「ねえ聞いてよ勘助。うちの新しいワイフときたらベッドの上では奔放だけど、コトが終わると超クールなんだ」といった感じ。「奔放」を妙に力を入れて話すから吹きました。というかぶっちゃけ過ぎwww そういうことは小山田さん(田辺誠一)に聞いたほうが…。

・相木さんは勘助とすっかり仲良くなってるみたいですけど、美瑠姫は?引き取った美瑠姫はどうなってるの?

・由布姫(柴本幸)の精神はまだまだ不安定のようで。相変わらず三条(池脇千鶴)ともうまくいってませんし、晴信とは体が繋がっても心で繋がってませんし。そんで勘助に告白?したのかあれは、やっぱり? これからどういう行動に出るのかさっぱりわかりません。今流行りのヤンデレというやつなのか?

・真田幸隆(佐々木蔵之介)登場シーンも吹きました。落ちぶれてるなあ。武田・村上連合軍に敗れたために現在の浪人生活に落ちたわけで、両軍に恨みがあるんですよね。勘助がどうやって彼を味方に引き入れるのか。

・村上義清(永島敏行)キター! いかにも猛将って感じでした。出てくるなりのツンデレに吹いたwwwwww

・由布姫はやっぱり三条に毒を飲ませようとしてるのかなあ。ここで次回に続きますか…。勘助も由布もヒーロー&ヒロインとは思えないほど黒いなあ。そして次回予告での勘助の倒れ方がコントみたいだったのでまた吹きました。

kirockyoukirockyou 2007/05/20 23:47 >大森寿美男はいい脚本を書くなあ
さあ、今すぐTSUTAYAに行って『黒い家』を借りてくるんだ。

doramandoraman 2007/05/21 00:43 ひどい出来なんだっけ? 
まあ「クライマーズ・ハイ」と風林火山が面白いからいいですよ。
脚本家もジャンルによる得意不得意があるんじゃないの。

kirockyoukirockyou 2007/05/21 17:49 >出来
ノーコメントです。一言で言えば「凄い」。大竹しのぶの すごい 演技。きっと大森寿美男の所為じゃない。内野聖陽主演なので是非ご覧なさい。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doraman/20070520/p1