Hatena::ブログ(Diary)

どらまん。

2007-05-26

[]なぜ「つよきす」はひらがなで「キミキス」はカタカナなのか

キミキス発売から1周年ということで、昨年の今頃は「つよきす」(PS2版)と「キミキス」が同日発売ということが話題になっていたのを思い出しました。

つよきす~Mighty heart~(通常版)

つよきす~Mighty heart~(通常版)

キミキス

キミキス

なんといってもこの2作、タイトルが似ている。「つよきす」を全くプレイしたことがないのでゲームの内容を詳しくどうこう言うことはできないんですが、せっかくひらがな4文字タイトルについて書いたばかりなので、この2作のタイトルについて考えてみました。

「つよきす」と「キミキス」。どちらも4文字で、インパクトがあるタイトルです。「強気」と「キス」。「君」と「キス」。ともに日本語に「キス」がくっついているのに、

なぜ「つよきす」はすべてひらがな表記なのか。「ツヨキス」「つよキス」ではないのか。

なぜ「キミキス」はすべてカタカナ表記なのか。「きみきす」「きみキス」ではないのか。

ウィキぺディアによると、つよきすのタイトルの由来は

タイトルの由来は、登場キャラクターたちの特性を表すキーワード「強気」と、学園ものらしさを表すキーワード「キス」を掛け合わせたもの。ツンデレそのものを表しているようにも見える。ちなみに逆から読むと「好きよっ(すきよつ)」となる(スタッフ談)。攻略できる美少女キャラクターたちは全員とにかく強気。そのバリエーションは傲慢、孤高、高飛車など様々であるが、後半では多くのキャラクターは主人公にツンデレのデレの状態になる。

だそうです。

「キス」が学園らしさを表す…いや、その理屈はおかしい。しかも元々PC用の18禁ゲームなわけだから、キスなんて大して重要ではありません。もっともっとエロエロな行為に及ぶわけですから。

それに対して、「強気」というキーワードはかなり重要です。最大のウリが登場するヒロインが全員ツンデレだということですし。

つまり、このゲームにおける「つよき」と「キス」の重要度は圧倒的に

「つよき」>>>>>>>>>「キス」

なわけです。タイトルでゲームの内容を示す必要があるため「つよき」に引っ張られる形で「キス」がひらがなに変わってしまい、「つよきす」というタイトルになったというイメージ。

同じ理屈で「キミキス」における「君」と「キス」の重要度を考えると、それはもう完全に

「キス」>>>>>>>>>>「きみ」

です。「いつでもどこでもキスできる」というのがキミキスのコンセプトですから。家庭用ゲームだからキスまでしか描けない、だったらとことんキスを描いてやるぜ!俺は最初からクライマックスだぜ!という気持ちで製作したと偉い人がインタビューで言ってました、確か。「君」なんて語呂を良くするための飾りです。偉い人にはそれがわかってるんです。その結果、「キス」の勢いにおされて「きみ」もカタカナに変わったと思われます。

ま、単純に「つよきす」と差別化する意味でもカタカナにするのは必須だったんでしょうね。もし「きみきす」ってタイトルだったら買ったかどうか…。

関連:ひらがな4文字タイトルが多すぎる件

タイトルからいろいろ妄想するのはしんどいけど面白いです。「ぐっとくる題名」を読んで以来、タイトルについて考えるのが習慣化してしまいましたよ。今後もなにか思いついたら書いていきたい。

ぐっとくる題名 (中公新書ラクレ)

ぐっとくる題名 (中公新書ラクレ)

   2007/05/29 08:57 せめてつよきすプレイしてから発言しろよ

   2007/05/29 10:30 つよきすでは「キス」に重要性はまったくありません
おっしゃる通り「つよき」に主眼を置いて語感で「す」がついたと考えるのが妥当だと思います

  2007/05/29 14:17 「すは素直のす」説

doramandoraman 2007/05/29 19:58 >せめてつよきすプレイしてから発言しろよ
ごもっとも。思いついたのでつい…。ていうかやりたくなってきました。
フォローして下さった方、ありがとうございます。

>「すは素直のす」説
そりゃちょっと強引な気がしますねー。

オズマオズマ 2007/05/29 21:45 全てのタイトルにツッコミが入る議題な気がw

doramandoraman 2007/05/29 23:21 1つ1つ考えるとキリがないですよ確かにw
法則性みたいなものはあるような気がしないでもない…が、よくわからんです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doraman/20070526/p2