Hatena::ブログ(Diary)

とらねこ日誌 Twitter

 ただのネコですが、連絡が必要な場合は→へどうぞsherbetapple@yahoo.co.jp(@を半角小文字になおしてご使用下さい)

2010-09-11

マクロビとホメオパシー−共通点や類似点−

| 15:27 | マクロビとホメオパシー−共通点や類似点−を含むブックマーク マクロビとホメオパシー−共通点や類似点−のブックマークコメント

危険な代替療法はホメオパシーだけじゃない。似たような構造を持つ代替療法他にもあって、そのようなものを求めてしまうヒトが一定数いらっしゃるわけで、其処には何らかの理由があると思うのです。その理由に目を向けないと、『ホメオパシーは危険だ、ホメオパシー排除・・・めでたしめでたし』で、終わってしまうと思うのです。ホメオパシーがダメなら新たな受け皿となる代替療法などが登場し、そちらに流れてしまうだけでしょう。

今までどらねこはマクロビオティックについて、単なる健康法ではなく体に悪影響を与えかねない危険な代替療法であると指摘してきましたが、利用者の状況を調べる中でマクロビオティックに嵌る方々の考え方や生活スタイルにホメオパシー利用者と共通項が多いのでは?という印象を持ちました。そして実際にどらねこの周りには、ホメオパシーとマクロビを両方実践されている方がいらっしゃいます。

彼らがホメオパシーやマクロビに求めるものは何なのでしょう?ホメオパシーとマクロビの共通項を調べることで何かが見えてくるかも知れません。

■この記事について■

各項目は簡単に纏められる内容であればこの記事に、情報が多い場合には独立のエントリとして掲載する予定です。その場合にもこの記事から飛べるようにしたいと考えております。一度掲載したら完成というのではなく、情報収集が進み次第、アップデートも行っていきたいと思っております。皆様から頂いた情報なども随時追加したいと考えております。サイドバーにリンクを貼り付けましたので、参照いただけると有り難いです。タイミング的にPseuDoctorさんのマネと思われそうですが、ボリュームが大きくなりすぎた為だという事にしておいてください。

また、このエントリや関連エントリでマクロビと表記しているものについては、マクロビや食養など石塚左玄をルーツとする健康法全般を含む意味で用いております。


【マクロビとホメオパシー−共通点や類似点−】

元々は科学であった

ハーネマンの生きていた200年ほど前では科学的な考えとして十分に練られた物であった。そしてマクロビについても考え方の元である石塚左玄の食養は大正時代の当時には食べ物の栄養成分比に着目した栄養学的な考えを採り入れた食事法であった。

呪術的側面を持つ

類感呪術と指摘されるホメオパシー。マクロビは?→(2010/9/19更新)

■善意で広まる

化学物質は危険だ

社会に漠然とひろまっている化学物質に対する不安感はマクロビやホメオパシー利用への切っ掛けになるのでは?というお話し。実際、マクロビオティックもホメオパシーも化学物質を体内に入れないようにして、自然治癒力を高めましょうという同じような主張を行っています。

薬物忌避

どれも問題ですが、特にステロイド忌避は子どもの生命にも影響を及ぼす危険な主張だと思います。(2010/9/26更新)

■予防接種忌避

■自然治癒力を高める

■たいていの病気に対し効果があると謳う

■資格取得でくすぐる

■ママさんコミュニティから広まる

有名人の○○さんもやっている!と宣伝される

いやさ、結構良い印象を持っていた方がそうだったりすると、なんとも謂えないきぶんになりますよねぇ。

出産育児の現場、主に助産院で用いられている

ふぃっしゅさんコメントも引用させて頂きました。実際の状況についても教えて頂ければ嬉しいです。(2010/10/22更新)

■悪化は好転反応

ホメオパシーではこれが多用されていました。マクロビでは・・・

■不安商売である

こんな共通点もあるよ!『皆様からの意見』

皆様、ご協力ありがとうございます。(2010/11/27更新)


マクロビとホメオパシーは共通項もありますが、当然違いも沢山あります。その中で本質にも関わる大きな相違点を一つ挙げておく必要があるでしょう。

■マクロビとホメオパシーの異なるところ■

ホメの場合、提供されるレメディ自体には何の効果も無いことが容易に予想できますが、マクロビの場合は実際に影響を与えうるという大きな違いがあります。それは良い反応も引き起こす可能性があることも意味しますが、それ以上に体に悪い影響を及ぼす危険性が心配されます。ある意味、ホメオパシーよりも危険性は高いかもしれません。

mimonmimon 2010/09/12 09:06 マクロビじゃないのですが、昨日スーパーに寄りましたら、「天然酵母」のパンというのが売っていまして、「人造酵母」のパンだったら食べてみたいのにと、感じました。
もちろん、そんな怪しげなものは、買いませんでした。

うさぎ林檎うさぎ林檎 2010/09/12 17:48 こんばんは。

mimonさんの話題に便乗して、イーストよりも"天然酵母"が体に良いと思っている人は、イーストがケミカルな人工生命体とでも勘違いしているんでしょうね。今は"ホシノ天然酵母"と謂う扱いやすくなった製品がホームベーカリーに対応したこともあって、パン手作り派にも大分浸透しました。
私は野菜クズなんかで作る酵母は雑菌管理が面倒ですし、それほど頻繁にパンを焼くわけではないので手軽なイーストしか使いません。両者の違いは風味だけなので、イーストの香りが嫌いでなければ"天然酵母"を利用するメリットはないですしね。私は"天然酵母"パンの酒臭い風味がどちらかというと好きではないので利用したことはありません。
ただこの辺りを入り口にして国産小麦使用ぐらいで止まればいいのですが、オーガニックに拘り始め、最後は酵素水なんて汚水を有り難がり始めるようになったりするので、"天然酵母"の問題は悩ましいですね。

uncorrelateduncorrelated 2010/09/13 10:58 ホメオパシーでもマクロビでも、医療効果を謳うには、薬事法上の承認を得るために行われる臨床試験である治験を行い、正規の医薬品として認可される必要があることを、周知できれば解決だと思います。

うさぎ林檎うさぎ林檎 2010/09/13 12:05 こんにちは。

えーと、本題のネタをちくっておきます。
キラジェンヌ株式会社オサレ系を装うマクロビ雑誌『ベジィ・ステディ・ゴー』。
http://www.veggy.jp/index.html

・『癒しフェアin東京』で編集長がイベントトークショーをやった。
#『癒しフェアin東京』だけで私の妖怪アンテナが立ちます。
・IFCA国際食学協会にリンクを貼っている。
#RIKACOってビーガンだったんですね。

>[ベジィ・ステディ・ゴー!] のコンセプト
>まずはあなたの出来る所から、スマートな選択をしてみませんか。
>世界中にベジィ思考な人々が増えれば、
>確実に世界はピースフルに変わります。
>一日一食でも、週末だけでも、おウチだけでも
>意識して完全菜食(べジタリアニズム)を取り入れることが、
>人の健康、地球規模の環境問題、そして平和へと繋がっていきます。
>だからこそ本誌はスタイリッシュで
>快適なハッピー・ベジィ・ライフを提案します。
>編集長 吉良さおり

妄想だけじゃなくて、証拠(数字)を出せと思います。

>日本でのベジタリアン率5%を目指します!!
>宣言
>本誌『ベジィ・ステディ・ゴー!』は、日本初のベジタリアン・マガジンとして
>2008年6月に創刊いたしました。
>これまでの様々な取材を通じて菜食を選択することによって得られる恩恵、
>菜食ライフにシフトすることで環境問題への貢献に繋がることを深く知りました。
>世界規模で考えると、各国のベジタリアン率はインドで約60%、
>イギリスでは約15%、台湾では約10%。
>また、近年では先進国の著名人たちが菜食ライフにシフトしている
>という傾向もあるようです。
>それらの国々では都心部から郊外まで菜食ライフを送る人々が
>安心して暮らせる環境(飲食店やスーパーマーケット)があります。
>菜食という生き方がしっかりと根付き、市民権を得ているのです。
>そこで本誌はある予測を立てて、『日本のベジタリアン率5%』を目指すことにしました。
>日本国民約1億3千万人のうち650万人がベジタリアンになることで、
>日本の食料自給率が上がり、
>普通のスーパーでもベジタリアンコーナーが設置されたりと
>菜食ライフを選択した人々が暮らしやすい環境を作ることができると確信しています。
>本誌はメディア活動を通して、食という観点から日本を盛り上げて参ります。
>雑誌『ベジィ・ステディ・ゴー!』

"日本国民約1億3千万人のうち650万人がベジタリアンになることで、日本の食料自給率が上がり"
#どらねこぉ(ドラえもぉん)、解説してよぉ! byのびた

ベジタリアン=マクロビじゃないのに、マクロビ=ベジタリアンで誤魔化している姑息な空気が感じ悪いです。端々に出てくる必要のないカタカナ英語も気持ち悪い、オサレ系です(例の中島デコも出てくる)。

その他、どらねこさんが見た方がご存知のことが多いと思います。

doramaodoramao 2010/09/13 13:00 >mimonさん
天然酵母のパンは近所でもおいしいと評判の店があります。評判が良いと不思議とおいしく感じるのですよねぇ。でも、私は良い評判以外も目にする機会が多いので、おいしく感じません。
なので、安い方のパンを買うことが多いです。

doramaodoramao 2010/09/13 13:02 >uncorrelatedさん
その周知が難しいと感じております。
朝ご飯を食べると頭が良くなるみたいな宣伝を省庁が行っているような現状ですので。

doramaodoramao 2010/09/13 13:06 >うさぎ林檎さん
ちくり・・・じゃなかった、情報提供ありがとう御座います。
コンディションがよいときに見に行きたいと思います。(ちょっと疲れ気味なので、電波酔いするおそれがあるため)
科学を装うだけでなく、ベジタリアンやお洒落を装うとは・・・ホントの自分に自信がないのか!!
マクロビよ、無双原理を前面に出してオカルトパワー全開でUFOを呼び寄せるぐらいの気持ちで勝負して欲しいぞ、どらねこは!
真面目な話し、商売だからこんなやり方をしているのでしょうね。

ふぃっしゅふぃっしゅ 2010/09/13 23:16 doramaoさん、こんばんは。
待っていましたよ!マクロビのエントリー。・・・と思ったら、何やら私にも課題が与えられたようで。
お尻を叩かれたようで、頑張って勉強します。

お疲れのdoramaoさんに、ネットでみつけた「マクロビベビー」です。どのサイトか、控えるのを忘れてしまいました。今度探しますね。
「マクロビベビー。内側から光を放っているらしい。胎芽時代の純マクロビ育ちの妹だちは二人とも言いようのないかわいい子だった。何が違うのか?細胞レベルから生命力のある穀物と野菜ばかりで体ができていること」

卵子と精子ではなく、「胎芽時代から」というのは正しいかもしれないですね。
このかた3人のお子さんのお母さんのようで、一人目の時はマクロビ食ではなかったそうです。
マクロビ食になってから妊娠出産した第2子、第3子はとてもかわいい・・・と。
一番上の子どもの気持ちを考えると泣けてきます。
お母さん、それはマクロビのおかげではなく、お母さんが育児の体験をして余裕があるから二人目をかわいいと思えたのですよ。

doramaoさん、休養して元気がでたら、ガンガンいきましょう!もちろんゆっくりでいいので。

emicemic 2010/09/14 13:40 先日息子のほっぺたに湿疹が出来まして、
何だろう、と思いながらネットで検索をかけました…ら、
「ママがお砂糖や牛乳をやめたら、赤ちゃんのお肌がキレイに!(要約)」
と書いてあるサイトがたっくさん引っかかりました…アイタタタ
ちなみに乾燥が原因だったみたいで、小児科行ってサンホワイト(精製ワセリン:320円なり)
を頂いて塗ると、あっという間に治りましたが…
もう子供の病気をネットで検索するのはやめようかと思いました;
***
妊娠・出産までマクロビとは無縁でいられても、
育児中、お母さんが何かに悩んで検索する度に、
マクロビ・トラップが仕掛けられている模様です(苦笑
>ホメオパシーがダメなら新たな受け皿となる代替療法などが登場し、そちらに流れてしまうだけでしょう。
とどらねこさんがおっしゃってますが、手っ取り早く安心したい人と、手っ取り早く儲けたい人がいる限り、
なかなか無くならない図式なんでしょうね…

uneyamauneyama 2010/09/14 19:03 入口はなんとなくファッショナブルとかいう軽いものなのに実はカルトであり、幼児虐待につながる。しかも何度も指摘されているのに反省しない、都合の悪い情報は伝えない。

役に立つかどうかわかりませんが、参考情報挙げておきますね。

この論文に、もしも特殊な食生活をするのなら、最低限これだけはとるべきであるという表がついています。
Infants and children consuming atypical diets: Vegetarianism and macrobiotics
Paediatr Child Health. 2007 March; 12(3): 185–188
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2528709/

菜食主義にもいろいろあるけれど、最も危険なのが完全菜食主義とマクロビオティクスであると。

この論文にも引用されているのが↓
カルトダイエットによる乳児の栄養不良:虐待の一種
Malnutrition in infants receiving cult diets: a form of child abuse.
Br Med J. 1979 February 3; 1(6159): 296–298.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1597704/

1979年に既にカルトと断言されています。論文がPDFでアップされていて、写真があるのですがどれもマクロビオティクスの被害者です。
文中のKokohというのは五穀のことではないかと思いますが。

あと農水の荻原由紀さんの書かれたこういう文献はいかがでしょうか。
http://tinyurl.com/23kak8f

doramaodoramao 2010/09/14 20:50 >ふぃっしゅさん
実は、マクロベビー私も以前読んだことがあります。あまりの状況にこれは子どもの健康に悪影響がないかしらと心配になりました。
なんだかご心配おかけして申し訳ありません、ふぃっしゅさんのほうこそお仕事大変でしょうに・・・。ただ単に気持ちの問題ですので、大丈夫です。ホント、すみません。山に入ったら少し元気が出てきました。
教えてくださった情報を参考に日曜日ぐらいをめどにまとめたいと思っております。

doramaodoramao 2010/09/14 20:59 >emicさん
まずは、お子さんのご快癒おめでとう御座います。
中には病院へ行っても簡単には治らない病気などもありますが、そんな状況だとついつい色々な方法を試してみたくなる気持ちはあると思います。そんな不安な気持ちにつけ込むあくどい商売はホントに許し難いですよね。ネット上で薦めている方の中には善意で行っている場合も多いかも知れませんが、善意だから許されるようなモノでもないですよね。
伝聞情報を信用するのは危険だという事が一般に広まってくれればいいなぁ、と思います。

doramaodoramao 2010/09/14 21:01 >uneyamaさん
まさしく装っているのですよね。完全に不安商売です。しかも最近は映画にも取り入れられて、有名女優がテレビ番組で言及しているような状態みたいで・・・アタマ痛いです。
ご紹介頂いた文献は時間を確保して読み込みたいと思います。
何時も何時も有り難うございます。

うさぎ林檎うさぎ林檎 2010/10/06 19:52 こんばんは。

映画はどうやら大ゴケみたいです。チケット150円で手に入るそうですから(マボタイなみ)。

>破壊屋ブログ
>ウケる要素を集めすぎて珍作となった映画『恋するナポリタン』
http://hakaiya.com/20101006/review-6590

>若い会社員女性にターゲットを絞って、彼女たちが興味持っていることを片っ端から集めたら映画が暴走してしまい、結局女性たちに無視されている珍作でした。

だそうで、レビューのオチは

>イケメンと健康食と海外旅行と音楽を足して大きな数で割った、ホメオパシーのように効果の無い映画だった。

と、この記事にぴったりでした。

映画評論家の柳下氏も
>何がマクロビなのか!?って思ってたら〈ナポリ食堂〉のメニューにピッツァ・マクロバイオティクとかいうのがあった。それだけ。しかもすごく不味そう。
って書いてました。
http://garth.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/2010-6a55.html

あーそうそうモギケンが「ナポリ(マキダイ)がもうすぐ脳死する」と告げる役で出てくるそうです。

doramaodoramao 2010/10/07 20:10 ちょっとだけほっとしました。
しかし、モギケンあんた何者?脳と名がつく話がでれば何処でも登場するのでしょうか。
うさぎ林檎さんのご紹介以降、なぜかツイッター上でもこの話をやたら見かけるようになりました。