Hatena::ブログ(Diary)

とらねこ日誌 Twitter

 ただのネコですが、連絡が必要な場合は→へどうぞsherbetapple@yahoo.co.jp(@を半角小文字になおしてご使用下さい)

2016-11-01

すごいぞ!やさいーズ

| 20:45 | すごいぞ!やさいーズを含むブックマーク すごいぞ!やさいーズのブックマークコメント


どうも久しぶりです、どらねこです。

最近は管理栄養士成田崇信としての活動が多いのですけれど、心は今でもどらねこです。

先日、どらも共著に名を連ねる「各分野の専門家が伝える子どもを守るために知っておきたいこと」がでたばかりですが、今度は監修本が発売となりました。

「すごいぞ!やさいーズ」とはどんな本なのか、どらの目からみたやさいーズのヒミツを紹介しようと思います。


■どんな本なの?

幼児から小学校低学年までをターゲットにしておりますが、野菜嫌いに悩む親御さんにもオススメです。

なぜかといいますと、大人ページも巻末に用意されているからなのです。

−一例を紹介しましょう−

Q 好き嫌いがある子となんでも食べられる子の違いは?

A 個性です

もちろん、本文では丁寧に説明し、親の責任でもないし、子どもが悪いわけではないのですよと説明をしています。

子どもページは、食卓に登場することが多いけれど、苦手な子が多い野菜をかわいいキャラクターにした図鑑になってます。

こういうの類書あるよね?

と、思う方も多いと思いますが、この本は一味ちがうんですよ。

食育でよくあるのですが、野菜の健康効果をうたって、食べるとこんなに良いことがあるよ、だから食べようねという黄金パターン。この本も一見そのタイプなのですが、なるべく誇張表現は避けて、栄養学的にも妥当な野菜パワーを紹介するようにしております。

例えば、リコペンとかポリフェノールとかを紹介するときよくあるのが、抗酸化作用とか病気を予防する効果が!という説明ですが、本書では、きれいな色だね、というだから何(?)という説明がついていたりします。

子どもが抗酸化作用を期待して野菜を食べるというのは意味不明ですし、抗酸化作用が健康に結びつくかどうかも疑問だからです。

栄養学的になるべく誠実に、でも子どもが読んでも面白いものを、と説明文にも気を配りました。

その他、野菜の色素で実験とか親子で料理を楽しむ工夫など、野菜を好きになるきっかけになりそうなお話を盛り込みました。


■次のステップへ

野菜の栄養成分の説明ではウソは無く、誇張もなるべく少なくなるよう配慮しておりますが、これは子どもが次のステップに進むときに混乱させたくないからです。

特定の食品成分をとると病気が治るとか、アレルギーが改善する、といったような食品成分などに薬のような効果を期待する人は多いと思います。テレビをつけると、いわゆる健康食品のCMがたくさん流れ、それをとることでもっともっと健康になると思わせるような内容が説明されています。ドラッグストアの店頭には、そのような商品が大量にならび、健康志向の人の戸棚には健康食品がずらりと並んでいたりします。

こうしたものを違和感なく受け入れてしまう理由の一つに、野菜のビタミンミネラル、微量成分をとると健康になるというような、誇張されたお話に小さい頃から親しんできたというのがあるのかなと、どらは思ってます。

本書で野菜と栄養の面白さを感じていただき、将来、栄養学にも興味を持っていただけたら、なんて夢想しております。

「管理栄養士パパ」や「各分野の専門家」といった本のように当ブログの読者が読んで学ぶところは少ないと思いますが、同業者の方や食育にかかわる方には結構ヒントになるのではと思います。

店頭で見かけたら、ぜひぜひ手にとって見てください。

では、よろしくお願いします。

B4B4 2016/11/11 08:17 2016年の青森県りんご 黒星病大発生で検索してましたら、このブログに出会いました。

こんにちは。

長野県北部でりんごを栽培しています。

2013年のHさんの圃場におけるインタビューは大変良い記事でした。

あれから3年、全国に自然栽培は広まりましてお米と野菜での無農薬、無肥料は当たり前に栽培され供給されています。
果樹は、常緑樹である 温州ミカン、レモン、 そしてキウイ、柿は既に定番化しています。

りんごは、商業的に供給できているのは、木村彰記さんと対馬正人さんのみです。
対馬さんは20本ぐらいを限定的に、慣行栽培園の一角でなさっていると思います。
50%減農薬栽培は全国でりんごは10−20名ぐらいはおりますでしょう。
私もその一人です。

昨年から20本の畑を自然栽培転換を目指して取り組んでおります。

余剰の肥料分=肥毒=主に窒素・亜硝酸態窒素 が抜けるまで、無肥料期間として最低5年。

下草・雑草を伸ばしたままにすることで、微小昆虫を招き、微細な蜘蛛の巣ができることで、蛾を主体とする害虫の生息を現象させる=つまり、蜘蛛が殺虫剤の代わりです。

私のその園の周囲は慣行栽培園で通常12回 農薬カウントfで30程度毎年散布しています。
殺虫剤は以前は月2回の散布のうち1回使用でしたが、近年は桃などに転作する園が増えた関係で、月2回の毎回使用へと増えております。

殺虫剤で根こそぎ殺傷されるのは、微細な昆虫です。
トビコバチ、小さな小さな巣を張る見えないサイズの蜘蛛=葉の間に絹のような巣を張ります・・・など。

昨年1年目にそれら極小さい虫が多数現れました。
周囲の園の散布にフリーライド・・・というのは、このことからも的を射た分析とは言えません。
周囲の定期散布の園には、全くこれら虫はいないのです。
園を歩いても顔に蜘蛛の糸がシーズンを通してかかる・・・といういことも、定期散布の園では起きません。

さて、大きな害虫である蛾はどうするか・・・というと、対策はフェロモントラップ(交信攪乱剤)と ジューストラップを仕掛けます。

黒星病については、当地も発生が増加しつつあり、薬剤の効き目がそろそろ落ちてきていることを実感しています。

そもそも、果樹は剪定と樹形によって 樹勢を弱めて栽培するのが、薬剤多用と病気多発のベースになっております。

私は、今年から講習会に参加して 道法正則式 切り上げ剪定というものによる樹勢強化を学んでおりまして、今年から実践し始めております。

木村さんの園の収穫が安定しないことについては、2014年頃まで講演会や講習指導に全国行脚しておられて、ピンポイントでの食酢散布ができないこともあったのが理由だと推測します。

木村さん自身は、果樹の無農薬栽培はお薦めしない(ご自分の苦労そして、自然に対する姿勢がきちんとしていないと、成功しないから)と仰っています。

また食酢散布による病気や害虫忌避は、発生前に実施しなければ効果は薄い。
被害が発生してからでは、なかなか止められない・・・とも仰っています。

無農薬栽培については、青森の試験場も実験していますし、今年木村さんの園の黒星病がほとんどないことに驚いて、更に研究を進める体制です。

弘前大の杉山教授の研究も進んでおりますし、雑誌自然栽培には土のなかの微生物の多様性が大事だという研究も連載されています。

私は最近 熊本で自然栽培歴10年の 温州ミカンを取り寄せました。

味が全く違いますし、くどい甘さの後味がなく、糖度が高くかつすっきり味という良いものでした。

りんごの無農薬栽培は困難ですが3年しますれば、切り上げ剪定で先行している長野市 芋生地区の 林さんが3番手の名乗りを上げる可能性が大きいです。

以上 ご参考まで

説明不足と思います説明不足と思います 2018/01/30 13:35 横から失礼します。
毎日新聞WEBの「「現代野菜の栄養価は低い」は本当か?」の記事について疑問が少々・・・
(記事に直接コメントするにはFacebookのアカウントが必要なので)
>成分表を根拠に野菜の栄養価が下がっているという話は、単なる誤解
とありますが、「ビタミンAの国際単位=I.U 国際単位からレチノール活性当量」への換算係数は「ビタミンA効力 1IU=レチノール活性当量0.3μgRAE」に相当、とグリコのHPにあります。
http://www.glico.co.jp/navi/dic/dic_15.html
これであるならば、ニンジンの初版における13500 IU×0.3=4050となって7訂よりも5倍以上あることになります。これでは「栄養価が下がっている」と言う話以外の何物でもないと言わざるを得ません。分析方法の違い等、他に換算するにあたって考慮すべき条件が有るなら、それを記載すべきと思います。これでは記事を検証する事が出来ず、間違っている記事としか言いようが無いとおもいます。記事中に直接記載できないのであれば、少なくとも、それが判るリンクを挿入すべきと考えます。また「数値」の問題の記事の筈なのに「栄養価が低くても季節を問わず好きな野菜を食べることができる幸せもあります。」と感情論で押し通そうとしているのは如何なものかと。数値の問題なら数値で説明を尽くすべきと思います。説明をお願いします。

doramaodoramao 2018/01/30 14:01 毎日新聞の編集によりカットされた部分を添付します(以下添付)

※ビタミンAであるレチノールと比べ、野菜のベータカロテンは体内で利用される効率が低いが、初版と改訂の分析値は利用効率を考慮しない値が示されている。3訂から5訂では体内の利用効率は1/3、2010から7訂は1/6としています。
 分析技術の向上だけでなく、単位の変化や体内での利用効率の見直しなどで記載値が変化することを考えれば、成分表を用いた栄養成分の比較に意味がないどころかその危うさが実感できると思います。