Hatena::ブログ(Diary)

とらねこ日誌

 ただのネコですが、連絡が必要な場合は→へどうぞsherbetapple@yahoo.co.jp(@を半角小文字になおしてご使用下さい)

2018-08-06

野菜ジュースは栄養素の吸収が良いから健康的なの?という話についてメンドクサく考えてみる

| 16:31 | 野菜ジュースは栄養素の吸収が良いから健康的なの?という話についてメンドクサく考えてみる - とらねこ日誌 を含むブックマーク 野菜ジュースは栄養素の吸収が良いから健康的なの?という話についてメンドクサく考えてみる - とらねこ日誌 のブックマークコメント

 どらの頭の中で考えている事をちょっと提示してみますよ、という記事です。

 最近はお仕事として記事を書いてばかりでしたので、それ未満のお話をツイッターで流したりしてましたが、残しておくのも良いなと思ったので久々コチラに書きます。ちゃんとした結論はないです。


■前提

 野菜ジュースは食物繊維など大事な固形成分が取り除かれたり、加熱でビタミンとかが壊れるから栄養分が残ってない、野菜のかわりになんかならない。そんな噂(?)や情報がある程度広く共有されている。そんな話がある事自体が前提。

 それを踏まえたメーカーからのカウンターの記事とかもある。

 どらは、ビタミン等の栄養素の補給はできるし、有形成分を取り除いていないタイプであれば、その他の野菜由来成分もとれるだろうね、というスタンスで著書で言及していたりする。


■野菜ジュースは栄養素を効率良く摂れるのか

 最近の野菜ジュースメーカーの広告で、野菜ジュースは加熱と破砕操作により、栄養素の消化吸収を阻害する細胞壁を壊してるから、栄養素の吸収効率はむしろよい。カロテノイドの吸収は生野菜より良いというデータがあるぞ、と謳っているのを目にした。(職能団体の機関誌の広告で)

 なるほど、生の野菜は消化吸収が悪いのが一般的だ。排泄物を観察すると野菜の一部が形を保ったまま排出されることはよくあるが、人によってはその割合が多かったりする。これらは当然、十分に栄養素が吸収されているとはいえないだろう。一理ある。

 加熱により変性し、効力を失う割合よりも、吸収率が高くなり体内で利用される割合が上回るのであれば野菜ジュースは効率良く栄養を摂れる食品であるといえるかもしれない。全部が全部というのは当然ないが、栄養素によってはそうだといえるのだろう。


■野菜はなんのためにとってるのか?

 さて、ここで考えなければならないことがある。私たちは野菜をなんのために摂っているのかだ。美味しいから食べている、いいですね。食物繊維が必要かな・・・ありです。健康のためです、まあそんな気持ちですよね。うん、いろいろあります。

 さて、健康のためにと考えると、死亡率や循環器疾患の指標に着目した疫学調査では、野菜ジュースなど、植物性食品を液体として摂取した群ではそれら指標ではどちらかというと悪い影響が示唆されるような報告が多い、という結果が出てるようだ。

 じゃあ、野菜ジュースは健康に良くないの?健康目的に飲むのは奨められないのかしら?

 こうした相関が示され、因果も疑われるような食品とどうつきあうのか、で答えは変わると思うのだけど、それをどう判断したら良いのか、それはとても難しい問題だと思う。

 栄養素を効率的に摂れるかどうかもそうだし、食品の摂取頻度と健康指標の関係をみた疫学調査の結果を踏まえて行動にどう採り入れるのかというのは両者とも科学的なお話だからだ。科学的根拠に基づいて栄養を考えているから、これらの情報を受け取った人は行動にどう反映させたら良いか戸惑ってしまうのではないか?(戸惑うのかどうかは不明だが)


■効率アップは良いの悪いの?

 栄養素の吸収についてもう少し考えてみよう。例えば糖質が効率良く吸収されるとしたらどうだろう。糖質が効率良く吸収されすぎることで体に負荷がかかり、糖尿病などの病気のリスク要因とされていることが最近は良く知られており、一般の人でもGIやグリセミックロードを気にして食事をしているぐらいだ。果物や野菜を飲み物としてとることの健康への悪影響というのはこの部分が関係しているとしたらどうだろう? 吸収が良くなること自体がデメリットである・・・と、いえるかもしれない。

 では、次のケースはどうだろう。普段からあまりおかずを食べていないビタミン欠乏のリスクが高い人がいたとして、その人がご飯を食べるときに野菜ジュースを飲むとする。ビタミン不足が解消されるメリットはデメリットを相殺するだろうか?


■メリット、デメリットどうとらえるか?

 野菜ジュースが健康に資さないかもしれない、その理由は色々想像できるが、その理由が次のようなものだったとしたら、どうだろう?

 野菜ジュースを生活に採り入れている人は食事時間の確保や準備に時間がかけられず野菜不足を実感している。それを補うために、ちょっとした仕事の合間などに野菜ジュースを単独で飲んでおり、そのため、糖質の多い飲み物が吸収されやすい形で提供されることになる。

 これが正解(?)だとしたら、食事の時に一緒に飲んだり、カレーなどのコクだしという感じで料理に使うのは問題ない飲み方ということになる。道具でもなんでもそうだが使い方次第で毒にも薬にもなる、というのはいろんな処にある。

 良い物、悪い物という分類で考えがちだが、そうした単純な二分法で考えるのには向かない問題はあって、食事と健康の話はその典型ではないだろうか?


■不足しているって分かるの?

 私は糖尿病じゃ無いしカロテノイドが不足しているから野菜ジュースを飲もう!そう妥当性を判断できる人はどれぐらいいるだろうか?そもそも、自分の体に何が過剰で何が不足しているのか、正確な処をしるのはなかなかに難しい。

 商品を売ってナンボの食品メーカーの立場はわかるけど、こうした一般の人が判断するのが難しいような情報を提示して商品の優良性を謳うというのは誠実なのかな、と思ってしまう。これが今回の記事の論点の一つだ。 


栄養士の出番では?

 そうした判断のできる職種として「栄養士」という名前が挙がって欲しい、そしてそうした評価ができる栄養士でありたいと、どらは思ってる。

 栄養士はこうした食べものの良い悪いという話とどう向き合うべきなのか、とか最近は色々考えている。もし良かったらこのような問題をどらと一緒に考えて欲しいなぁと思う。栄養士でもそうでない人も、興味を持ってくれたら良いなぁと思います。

  

がんさばいばーがんさばいばー 2018/09/08 23:56 この手の話も牛乳毒をぶったぎった話も、他所のブログで全く同じ内容で同じ文章で口調だけが違うものを先日読んだところなのですが、これは中身は同じ人なのですか?それとも貴方様が先行されたのですか?
当方混乱しております。

2014-12-30

来年もよろしくおねがいします

| 16:05 | 来年もよろしくおねがいします - とらねこ日誌 を含むブックマーク 来年もよろしくおねがいします - とらねこ日誌 のブックマークコメント

どうもこぶたさんしておりました。

すっかり更新しなくなっておりましたが、元気です。

来年もしばらくはこんな調子と思いますが、どうぞよろしくお願いします。

記事をアップしない分、別の場所でコツコツと何かをやっているようですので、そのうち報告できるのではないかと思います。

では、みなさま良いお年を。

新年カルシウム新年カルシウム 2015/01/04 17:17 太っても、25%は健康というニュースがありましたが、たぶん、自分に合うカルシウムがとれていれば、代謝異常が起きないのではと思いました。ま、その前に、日本人はカルシウム不足なのと、フランス人はカルシウム過多なんではとか。ちなみに、カルシウム不足している人が塩分が多いとさらにカルシウムが減ってしまうのだけど、塩分が減ると、糖質過多になっていき、結局、代謝異常にとかも。結局、日本人の場合、軟水好きな上に水道からも軟水というジレンマでしょうね。

新年カルシウム新年カルシウム 2015/01/04 17:22 ああ、フランス人のことをだしたのは、日本の少子化は、若い人のカルシウム不足が大きいのではと疑っているからです。と、日本人には日本人に合うカルシウムの取り方もあるのではとも。

山田山田 2015/01/13 16:29 運営者 様

初めまして、山田と申します。
様々な分野でのメディア運営や大手企業様のWebプロモーションなどのサービスを提供している会社で勤務しております。
このたび、貴媒体から有料で広告リンク掲載して頂けないかご相談をさせて頂きたくご連絡差し上げました。(相互リンクが難しいため)

弊社は現在、クライアント様のウェブプロモーションをしております。
現時点ではクライアント名を述べることはできませんが、世間一般に名の通った大手企業様です。

そこで、有料契約にて貴媒体からの広告リンク掲載をお願いしたくご連絡差し上げました。
貴媒体は有用な情報を掲載されており、是非広告リンク掲載をお願いしたいと考えております。
クライアントも、貴媒体からの広告掲載・タイアップを熱望しております。

是非、掲載位置や料金等のご相談をさせて頂ければと考えておりますが、ご意向をお知らせ頂ければ幸いに存じます。
誠にお手数ではございますが、ご返信は下記連絡先にご連絡頂きますようお願い致します。
E-mail: yuki.yamada.1985@gmail.com  山田
(メールアドレス自動収集ロボットなどの対策のため、上記メールアドレスには全角の「@」を記載しております。
 お手数ですが、お返信の際は半角の「@」に変更してください。)

何卒宜しくお願い致します。

アトピーっ子の母アトピーっ子の母 2015/02/27 18:51 こんばんは。どらねこさんのブログのファンです。
うちの子はアレルギーとアトピーがあり、小学校に入る前までは卵も食べると皮膚の状態が悪化するので、かなり気を使ってきました。成長とともにだいぶ症状も落ち着いてきたような気がします。

ところで、ここにとんでもない?栄養関連のセミナーのご案内を見つけてしまいまして、なんとかならないものかと思い書き込みました。

http://www.beanzdesign.com/jasna/JSN326ad150126-2.pdf

一般社団法人 日本アレルギー専門栄養学協会 だそうです。
相談役のドクターにクラクラします(もちろん、賛成の意味ではないですよ)。
理事の方は「ゆるベジ」なる料理教室を開いていて、お恥ずかしながら私も通っていた時期がありました。「ゆる」とつくだけあって、肉や野菜を食べちゃだめ!という主義の方ではなく、野菜の美味しく簡単な料理や子供に食べやすくするための料理を教えてくれる方なので、今でもレシピは活用しています(ご本人は、週末以外はベジ生活だったそうですが・・・)その彼女がついにこんな地位についてしまったのか、と思うとまたもクラクラします。

会長の女性は、アロマセラピストみたいですが、自民党の党員でもあるのか?区議を目指しているような感じもします。
こんなメンツが区民会館でセミナーを開く・・・どうして誰も止められないのでしょう?今後この協会は「アトピー栄養学士コース」なるセミナーを開くそうです。まっとうな医療関係者や栄養士の方の日々の努力を無にして、こんなトンデモばかりはびこって・・・いったいどうなってしまうのでしょうね?

doramaodoramao 2015/03/06 13:34 >アトピーっ子の母さん
ほんと、クラクラしてしまうような内容ですね。
参加している医師の人を見ると、とても危うい方向にどんどん引っ張られるのではないかと懸念されますね。
  
私もこうした催しが開かれることに対し、いつも歯ぎしりをしている状況なのですが、文句をつけてやめさせることもできませんので、広まっていく事を少しでも防ぐぐらいしかないのかなぁと思っております。  
そのためにはアレルギーへの理解や子どもへの食事療法の実際について、なるべく正しい情報を発信し、それをなるべく多くの人に広まるようにすることが大切と感じております。
  
ブログは更新止まっておりますが、現在はそっち方面で貢献できるよう裏でごそごそやっておりますので、その際は協力頂ければと思います。

まるもったんまるもったん 2015/03/07 09:49 お久しぶりです。最近更新が無くて心配でしたが、ブログではない所で活動されていると知り、陰ながらガンバレーと声援をお送りします。
話は変わりますが、Wikipediaの「日本型食生活」の項目がおかしな事になっています。ある人が、農水省等の公的文書や様々な記録に基づいて「日本型食生活は一汁三菜でも玄米食でもない。洋食を含めて多様な食事を取ることだ。」と正確な記述を書いているのですがそのたびにマクロビっぽい人にサクっと差し替えられて「一汁三菜と味噌汁が正しい日本型食生活だ」という、事実ではない話に書き換えられています。しかも、このマクロビっぽい人は陰謀論まで引き合いに出して、マクガバン報告には玄米食が身体に良いと書いてあったのに業界の陰謀で消されてしまったとまで言っています。気味悪い動きだと思うので、この場を借りて、紹介しました。doramaoさんや多くの読者がこの欄に気をつけて下さって、できれば読者の皆さんのご協力で、正確な記述に直してもらえればと思って投稿させていただきました。どうか多くの人のお力が結集することを願ってます。

doramaodoramao 2015/03/24 20:31 早いところ報告できるまでなりたいところですが、もう少しお待ち下さいね。
Wikipediaの編集はしたことがなく、知識も乏しいので新しいことをする労力を割けない現状ではちょっと厳しいです。
なので、ツイッターにてそのような和食や日本型食生活のオカシナ話題について言及するようにしております。

まるもったんまるもったん 2015/03/28 23:18 お返事ありがとうございます。早くご報告を聞きたいですが、焦らせてしまっても悪いので気長?に待ちます。
wikipediaの件は僕も不慣れなんで、投稿できないのが歯がゆいところ。でも、doramaoさんがツイッター等で言及してくださっていると聞いて、心強いです。ありがとうございます。これからも陰ながら応援しています。

2014-08-23

医療機関でがっかりしないために?

| 15:02 | 医療機関でがっかりしないために? - とらねこ日誌 を含むブックマーク 医療機関でがっかりしないために? - とらねこ日誌 のブックマークコメント

しばらく更新しておりませんでしたので生存報告的に何か書こうと思います。思ったのですが、グチしかでてきませんでした。

小児のアレルギーなどを調べていると、専門書などではこんな表現をよく見かけます。

「残念ながら医療機関により対応がまちまちであるというのが現状です」

たいていの病気の対処法はそれほど急激に変化はしないと思うのですが、中には昔の常識現在の非常識というような分野もあって、そうした分野ではこのような事が起こりやすいのだろうと思います。・・・思うのだけど、その言葉を受けた親御さんはどう振る舞えば良いのよ、と悩んでしまうことはありますよね。

何というか、そんな悩みをちゃんと解決してくれるような本が不足してるのかなぁとも思ってしまいます。

ウイルス性疾患に抗菌薬は必要ない・・・だけど処方する医療機関がある、といわれ、出さない医療機関を受診したいといつも思っているのだけど、子どもが具合悪くてハァハァいってる時に、近所の医療機関受診したら、「ソレ飲んどいて」と抗菌薬処方されるわけ。じゃあ、遠くても抗菌薬を処方しない病院を探せばいいじゃない・・・とうのは現実的じゃないし。

ホント、どうにかならないのかしら?

子どものアレルギーで悩んでいる親御さんが、必死にガイドラインなどを読んで勉強した内容と、地元の小児科での指示がずいぶんと違っていたらどんな気持ちになるでしょうか。たいていのお医者さんはとっても頑張っているとは思うのですが、実際にはこんな現状があって、医療不信などの煽りに変なリアリティを持たせてしまっているように思います。(本当は単に不勉強なのだろうけど)

病院を変えてみよう、こんな病院を受診すれば良い、でもトンデモ治療法に引っかからないように、そんな風に悩みを解決してくれるようなハウツーが欲しいなぁと思いました。

通りがけ通りがけ 2014/09/14 14:38 ◎上杉鷹山公
山形県にある日本古来古武術空手道場和道流「崇武館(そうぶかん)」館長飛鳥宗一郎老師がHP内ワンポイントレッスンで日本古来忘己利他菩薩武士道の鑑碩徳上杉鷹山公について修身の奥義に触れてその真髄を説き明かしてくださっています。
1.15歳襲封のとき
『受けつぎて 国のつかさ(司)の身となれば 忘るまじきは民の父母』
http://homepage2.nifty.com/sohbukan_karatedo/lesson/lesson2013/lesson201301.pdf

2.35歳隠退のとき「人君の心得三箇条」(伝国の辞)
一、国家は先祖より子孫へ伝候国家にして、我私すべき物には無之候。
一、人民は国家に属したる人民にして、我私すべき物には無之候。
一、国家人民の為に立たる君にして、君の為に立たる国家人民には無之候。
右三箇条遺念有間敷候事
http://homepage2.nifty.com/sohbukan_karatedo/lesson/lesson2013/lesson201302.pdf

大和魂大和民族常民にとって飛鳥老師のワンポイントレッスンは上杉鷹山公のページばかりでなくすべてのページが必読と思います。
http://homepage2.nifty.com/sohbukan_karatedo/

2014-06-17

しょぐうこうじょう

| 14:15 | しょぐうこうじょう - とらねこ日誌 を含むブックマーク しょぐうこうじょう - とらねこ日誌 のブックマークコメント

このぶんしょうはふぃくしょんです。


■ドコカノゲンバ

「この業界、人がていちゃくしないよねぇ〜、募集しても来ないし」

「やっぱり仕事内容の割に給与がやすいからじゃないですかね」

「処遇改善を国に求めていかないといけないよな」

「そうですね、ホントに」

・・・


■カンケイソシキ(?)

「という要望が現場から来てますけどどうでしょう」

「サービスの受給者が増えるのは間違いないし、このままだとまわらなくなっちゃうなぁ」

「これは各分野からユウシキシャを集めて議論する必要がありそうですね」

「うん・・・あつめておいて」

・・・


■ユウシキシャカイギ

「という要望がきてるんだけど」

「うん、マズイと思うよ」

「やっぱ給料あげないとな」

「でも、財源ナイヨ?」

「ほら、この国この業界には厳しいからさ」

「でも、待ったなしとかその人たちもいってるし」

「ううん、加算で対応がいいんじゃね」

「すくなくとも報酬上げるなら今よりも資格取得条件厳しくないとな」

「あと、ちゃんとやってるか書類の整備も今以上にチェックしないと」

「実績に応じる形にしたいから、報酬増は加算方式がいいんじゃね?」

「よその業界はもっとレベルが高いよ、キャリアアップできるシステムをつくらないと」

「じゃあその方向で」

・・・


スウネンゴ

「相変わらず人定着しないなぁ〜」

「ホント、資格取得も難しくなったので学生も集まらないみたいっスよ」

「業務量も増えたよなぁ、報告しなきゃならない書類は昔の3倍くらいあるよ」

「加算のためだからしょうがないっスよ」

「給与増加は5%、で要求されるレベルは30%増」

「やっぱり、やっぱり仕事内容の割に給与がやすいと人定着しないですよね」

・・・

こうした風潮には業界団体自体が積極的に首をつっこんでいくようなケースが多いように思います。さて、皆様はどう感じたでしょうか。

ふぃっしゅふぃっしゅ 2014/06/18 11:08 ふぃくしょんのつづきです。
「ざいげんがたりないから、しゅうやくかして『ゆうしゅうなじんざい』だけをのこしてはしごをはずしましょう」
「こくみんのみなさん、たたみのうえでうみたいでしょ?たたみのうえでしにたいでしょ」
あーーー書いていて黒い自分だ。
しつれいしました。

doramaodoramao 2014/06/18 18:58 ええ〜〜、ぜんぜんくろくないですよ〜
だって、はしごなんてこれまでになんゴフンゴフン

2014-06-02

和食(?)の持続可能性

| 12:36 | 和食(?)の持続可能性 - とらねこ日誌 を含むブックマーク 和食(?)の持続可能性 - とらねこ日誌 のブックマークコメント

今回は雑談レベルで、最近考えている事を気分に任せて書いてみようと思います。


■和食は優れている(?)

最近ではユネスコの無形文化遺産に登録されたなんてニュースも聞きましたが、食育では「和食」というものは栄養バランスに優れた健康食であると語られたりします。昔ながらの日本食というのは欠点も多いものでしたが、戦後の流通網の整備と冷蔵技術の発達により、季節を問わずに魚を入手できる環境ができてからの日本の食事はなかなかに良いものである*1とどらねこも思います。

魚を採り入れた食事というのは栄養学的にも良いもので、和食の良さというのは魚の良さであるといっても過言ではないかもしれません。

魚の良さにも色々ありますが、良質のたんぱく質源であるだけでなく、不足しがちなn-3系の脂肪酸の有力な摂取源になることでしょう。人間が生きていく上では脂質は重要な栄養素ですが、牛肉などでは飽和脂肪酸の割合が多くなりすぎる傾向があり、魚を採り入れることでその問題点を軽減したり、循環器系疾患のリスクを低減できることが期待されます。


■どうなる和食

そんな魚を採り入れた食文化である和食ですが、現状はけっこうピンチなんじゃないかなと、どらねこは心配しております。やっぱり食の欧米化のせいで・・・いえいえ、そんな話ではありません。

日本人の食事と栄養を語る上では最も大切な物である食事摂取基準の最新版には次の様な記述が掲載されます。


「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」報告書 p119より

世界的な魚資源の不足により、将来、α-リノレン酸の摂取が重要になる可能性がある。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/syokuji_kijyun.html


α-リノレン酸もn-3系の脂肪酸で、これは植物から摂る事ができるものです。現状の日本では魚から摂る事を前提に考えているn-3系脂肪酸だけれど、将来はどうなるか分からないと、資源について言及するような本ではない筈の食事摂取基準に書かれているのです。これって相当深刻だと考えませんか?


■うなぎとか

報道をきくと、今年はシラスウナギ漁が前年に比べて豊漁みたいです。しかしながら、それは空前の不漁であった昨年に比べての話で、10年以上前の水準には全然及ばないようです。

今後の事を考えるのであれば、せっかくシラスウナギが増えてきているのなら、これをチャンスにと捕獲しないで、資源を温存し親世代を増やそうという方向に進まなければならないはずでしょう。

こうした動きに進まなそうなのは、やはり「共有地の悲劇」的なものが漁業には起こりやすいという事なのだと思います。数が少なくなりつつある誰のものでもない資源だったら先に獲らないと自分が損してしまうという心理に陥りやすいものですから。それを実証するようにカツオの不漁が起こってますし、獲らなくても良いような大きさの魚が店頭に安い値段で並んでいる事を見かける事が多くなっております。


■大切な文化なら

和食は日本の大切な文化である。食育でもユネスコの件でも政府は積極的に和食の素晴らしさをアナウンスしてきました。本当に素晴らしい文化であり、後世に残そうというのなら、それを担う大切な「魚」をも後世に残す努力をするべきでしょう。

「魚」という資源は政府が漁獲制限を行わなければならないぐらい非常に危うい状況であるとどらねこは思います。

他省庁管轄の食事摂取基準でも心配されるレベルなのですから、農林水産省には是非とも資源を維持できるような規制を含めた対策を行って欲しいなぁと、どらねこは思います。また、食育分野についても、資源管理の大切さについても優先的に伝えていくべきでしょう。和食推奨が単なる過去を賛美のスローガンでなければすぐに取り組まなければならない問題でしょう。

*1:様々な欠点はあるというのは過去の食育カテゴリの記事でいくつか指摘してます