Hatena::ブログ(Diary)

曇庵 虚々日々帳 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-06-12 百合 このエントリーを含むブックマーク

花瓶に入れてあった百合の蕾が全部開き、散りだした。

それでも放置していたのだが、最後の一輪になってから、ようやく描く気になった。

3メートルほどの水墨山水にかかっているのだが、何度描いても、行き着く先が見えてこない。

f:id:doramukan:20160612232042j:image

 

f:id:doramukan:20160612232043j:image