Hatena::ブログ(Diary)

曇庵 虚々日々帳 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-02-15 ストーブの上の薬罐

ストーブの上の薬缶 01:17 ストーブの上の薬缶を含むブックマーク

    やっと、描こうと思っていた水墨山水に取り掛かる。

     

    完成された絵の持つであろう、空気感やエネルギーの質は分かっているので、直ぐにできるかと思っていたが、1日やって、全く思うようにならない。そればかりか、ドンドンと離れていく。

    肩に力が入っている。形に囚われている。

 

そうした物から離れて、無心でありたいのだが、子供のようにではなく、あくまでも美術史を踏まえての無心でありたい。 

  

    さて、何とかなるのだろうか?

    水墨画は騙せないので、あからさまに己と面を付き合わせることになる。

    ダメな時はダメだろう。

 

 

 f:id:doramukan:20170216011710j:image

 

 

 

 

 

 


Connection: close