泥は着てても・・・

パンクはいつも突然にの別館です。
原則として選手名は敬称略にて失礼。

2010/01/31

[]日曜日なのに夜ジョグ

 午前中、走りに行こうと思って外を見たら降りはじめていた。想定外。夜に雨が上がったのでジョグ。土日の夜にジョグすることはまずないんだけど。

 夜はhttp://live.sporza.be/とガラパの声を機器ながらシクロクロス世界選手権観戦、といいたいところだが、sporzaは途切れ途切れ、というよりたまにつながるという状態だった。後で知ったけどhttp://voetbal-kijken.blogspot.com/でもやっていたらしい。そっちはどうだったんだろう。cycling.tvは去年とほほだったのでパス。

2010/01/30

[]過去最低の柳谷観音

 やや急な坂を登ろうと思い、島本町から柳谷観音へ。しかし、過去最低の走り。重くてしょうがない。全然回らん。もっと緩い坂でリハビリライド的に走ったほうがよかったと後悔した。

 柳谷観音付近の新道旧道ループはインターバル的に使えるかも。乗願寺ループと組み合わせればさらにバリエーションができそう。

 調子が悪かったのは昨日の酒が残っていたということにしておこう。

[]こころ動かされる動画

 はてなハイク自転車部経由。テレビの中継動画みたい。

D

 素人さんがこういうのを作れる時代なんやね。

 集団の前のほうで常に展開しているってからそこの動画だともいえる。

[]えらい細かいな、とか 2010/01/30 18:15

はてなハイク

2010/01/28

[]ジョグ

 ジョグ。激坂団地もぼちぼちのペースで登る。65.4kg。がっかり。

2010/01/26

[]C2を1回でクリアした選手

 野洲川でFUKADAマジリング木村圭祐がC2初レースで昇格を決めた。なんか久々のような気がする。記憶している中では森田美知太郎(大阪大学フレームポッキーズ)、守屋寿人(シマノドリンキング)とか。辻浦圭一は98年の第2戦でC2昇格、第4戦でC1昇格しているけど、間の第3戦に出ているかどうかがはっきりしない。

 森田はC2昇格した翌日にC1昇格。勤労感謝の日の連休に2日連続で開催されたときの話。今の規模からは考えられない話。

[]関西シクロクロスシーズンウィナーを検証する

 マスターは泥本の勝利が確定したが、他のカテゴリーを検討してみる。

C1

 優勝者のポイントは28ポイント。現在のリーダーである入江克典との差が28以下なのは竹之内悠のみ。その差は24ポイント。2位のポイントが20点なので、竹之内が逆転するには優勝が必要条件。竹之内が優勝しても入江が5ポイント以上取れば逆転されない。つまりは8位以上。9位だと同ポイントだが、ソの場合は各ポイントの2乗の合計。2乗の合計はすでに竹之内が入江を上回っているので9位の場合は逆転。

 まぁ普通に走っていれば8位未満ということはないだろう。1回や2回パンクしてもダブルピットならパンクしたままピットまで乗っていっても大丈夫そう。会場はフラットで自由にコースが取れるらしいし、主管チームはシマノドリンキングなんでダブルピットにしないってことはまずない。いざとなったら松井がアシストとして待つだろう。

 シマノレーシングが大量に参戦してきたおかげでトラブルの入江が9位未満に沈むってことになったら新たな伝説ができるかも。

 それはともかく、シマノレーシングにはぜひ参戦してほしい。沖縄合宿も終わったみたいだし。ノデチンのシケインバニーホップをまた見たい。

CL1

 9戦を終わったところで100円玉貯金の中道のぞみがトップに。福本千佳との差は18ポイント。福本逆転の条件は優勝して中道が6位以下になるか、福本が2位になって中道が11位以下になるか。エントリー数からして後者はあり得ない。全日本10位の中道の上にいける選手が堺にどれだけエントリーしてくるかを考えると、男子同様、逃げ切れる可能性が高い。

2010/01/25

[]足首と膝

 朝起きて立ち上がろうとしたら足首と膝に痛みが。その後も昼食を終えてたち上がるときに似たような痛みが。昨日のレースの後遺症なんだろうけど、再現性がない。

 お江戸出張だったけど、自転車店には寄らず。

2010/01/24

[]関西クロス桂川

 7時30分開門のところを7時32分に到着。すでに駐車場は7割がた埋まっていた。鈴泥の隣のスペースが空いていたのでそこに駐車。設営と全体ミーティングの後着替えて試走。昨日に比べると急斜面は登りやすくなっているが、帰りの土手は走りにくくなっている。

自分のレース

 いつものように後ろの方からスタート。最初のステップで数人抜き、最初のキャンバーで上のルートを通り数人抜く。ある程度ポジションをあげたが、2周めに入ってからの直線で次々と置いていかれる。その後も降車セクションでちょっと前に出て直線で抜かれ離されるの連続。3周めに入ったところでは泥キョンにも抜かれてしまう。しかもどんどん離される。全然スピードが乗らない。急斜面を4週中2回クリアできたのが数少ない満足ポイント。

 体調が悪かった先週よりもできが悪かったように思う(実際はそうでないのかもしれないけど)。どうやったら最終戦を取り繕えるんだろうか。あとで考えてみるとほとんど立ち漕ぎをしてなかった。少し気分を高めたほうがいいかも。でもスタートダッシュには参戦しないけど。

ひとさまのレースとマーシャル稼業

 ゴール後ローラー台でちょっとクールダウンしてから40分クラスのスタート地点へいってスタートを見送る。その後は着替えて、マーシャルをしながら観戦。

 C2は途中パンクした樋渡が再度追い上げて優勝。2位にじわじわとポジションを上げていったノグネン。スロースタートで入った松泥が気がつけば5位。

 M2は常に集団で展開。1周めに出遅れた泥本をアシストすべく泥尾、伊泥がニョロニョロにぴったりくっついてマーク。中盤には泥本が先頭上がってきてトップに出て周回。しかし5人程度の集団走行。最後は僅差ながらしっかりリードしてゴール。総合ポイントチャンピオンを決めた。

 L1では星川がL1初参戦で優勝。さすがロード選手。

 K2ではタクミ優勝。

 C1の1周め、目の前の草地で泥岡が落車。なんか足と自転車の位置関係が変だなと思ったら、足首あたりを痛めていた。クリートがはずれなかったっぽい。その筋のプロである本人が「足首折れた」といっている。かなりのケガ。救急車出動で病院へ。つきそいで病院に行く予定だったが、連絡先がわかっているので不要とのことで、引き続きマーシャル稼業。

 で。C1の展開はおおまかにしか見ていないが、前半リードした丸山厚を小坂正則がじわじわと追い上げ逆転。その後は併走が続くが、最終周回の後半で小坂が引き離して優勝。10mくらいの差で追っていた丸山が最後のシケインで失敗したのは見ていた。名人といえども、疲労とあせりがあったんだろう。

 3位にしっかり入江克典総合優勝にだいぶ近づいた。

 C3Aには海泥、泥兄、id:jkondoらが出場。jjkondoは序盤いいところにいたものの、直線で中切れして12位。前回スプリントしたルパン松山さんが別組で8位だったので、今回はレベルが高かったといえるのかも。

 C3Bには泥薗出場。序盤の位置どりが見事だった。

 全レース終了後撤収。かなり早く終了。明るいうちに帰宅、洗車できた。

 今回は写真撮影なし。

[]ミーティング開始、とか 2010/01/24 09:15

はてなハイク

2010/01/23

[]設営

 明日は関西シクロクロス桂川。チーム泥んこプロレスが主管に加わる大会。ということで、10時から設営。会場では合宿中のTEAM MASSAのメンバーが集合していた。おや、エシケンがおるがな。そのまま走りに行ったが、ほどなく戻ってきた。写真撮影がメインだったのかも。昼食の王将でもご一行様に遭遇。

 コースは午前中にほぼ完成。午後は残りを仕上げてから試走。あまりテクニカルポイントはないが、ベストラインがふさがりそうな場所でのセカンドベストラインを考えながら走った。

 並行して三船スクール開催。参加者ざっと30名。ちょっとしたシクロクロスの大会ほどの参加者があるがな。女性やユースっぽい人がけっこう多かった。あと20人くらいコースを試走していて、それを加えたらシクロクロスミーティング並みの賑わい。

 4時過ぎに解散。

 明日は小坂父、TEAM MASSAご一行様(丸山、江下を含む)もエントリー。入江克典は何ポイントを稼げるのか。伊勢兄(C3 ?)の走りにも注目。

[]三船スクール大盛況、とか 2010/01/23 18:15

はてなハイク

2010/01/20

[]ろら

 ジョグに出かけようと外に出たら雨が降りはじめていたので急遽ローラー台、40分。64.5kg。

 自転車雑誌発売日。長いこと買い続けていたふんりでがどうにも興味を引かないのでサイスポだけ購入。

 ユーラシアムセウバイクのメンバーも解禁のようで。中村弦太ってまだU23なんや。高木さん、ようこんなぴったりの写真とってたもんやと感心する。

ベルギーで走るU-23新チーム チームユーラシア・ムセウバイクス誕生 | cyclowired

2010/01/19

[]宙に浮く黒枝

 JCFのロード男子U23の強化選手リスト。

「2010年ロード強化指定選手(男子U23)」の訂正 | 日本自転車競技連盟 WEB SITE

 高校BIG3の中で日出暘谷黒枝輝士がいない。実は黒枝は2008年のU17で優勝しているので2010年もジュニア。

 しかしジュニアの強化選手にも入っていない。

2010年ジュニア(トラック・ロード)強化指定選手の発表 | 日本自転車競技連盟 WEB SITE

 JCF的には「ジュニア=高体連」的な扱いだから入っていないってことかなぁ。

 他には「U23に関西勢がおらんがな(高校生除く)」とか「福本千佳ちゃんはいってへんのか?(合宿には参加したみたいやけど)」とか「バンデUってベルギーやったかいな」とか「竹之内悠はJCF的にはMTB選手なんやろうな」とか思った。

[]マトリックスのメンバー解禁

 マトリックスパワータグのラインアップが解禁されたようだ。

TEAM MATRIX POWERTAG corratec - 2010年のチーム体制発表

真鍋、永良、山下ら加入でオールラウンドに戦うマトリックスパワータグ | cyclowired

 真鍋の加入は予想通り。山下もどこかから引っ張られる選手なので、残ったマトリックスだろうと思っていた。永良は予想してなかったが、聞けば納得。小牧は昨年の全日本ロードジュニアで序盤に逃げた選手。

 あと注目どころで未解禁なのは橋川さんところくらいかな。

[]今日もジョグ

 今日は近所の激坂団地にいってきた。64.9kg。

2010/01/18

[]ジョグ

 まだ大腿四頭筋は痛むけど、平地ジョグ。最初は足が上がらない、心臓は派出に脈を打つ、かかとは痛いと散々だったけど、だんだん調子が上がってきた。体重は65.2kg。うむ。

[]関西シクロクロス野洲川が世界同時生中継されていた

 masayangがCaliforniaの青い空の下で生中継を見ていたらしい、ちゅうかあちらは夜やな。

野洲Cyclocross - masayangの日記(クロスバイク通勤他

 オフィシャル生中継があってもおもしろいかも。もちろんインディーズ系とも並立。オフィシャルMCと古賀MCの共存みたいな形で。本部では発電機持ち込んでいるから電池切れの心配もないし。人手が足りないのならコントロールラインの固定ウェブカメラ+MCの音声だけでも流すとか。

[]Skil-Shimanoプレゼンテーション別府史之の姿なし

 2月15日にSkil-Shimanoのプレゼンテーションがロッテルダムで開催された。

SKIL-SHIMANO Yukihiro Doi Blog: チームプレゼンテーション。

 ウェブサイトのプレスリリースのページの選手名にも別府の名前はない。

Skil - Shimano Professional Cycling Team

 Team Twitter/a>にも別府は登録されていない。Twitしてないわけではない

 はやく決着するといいね。

2010/01/17

[]関西シクロクロス野洲

 体調もとりあえず出られるほどに戻ったので関西シクロクロス出場。

 6時45分に海泥と西大路五条のファミマで待ち合わせ。海泥10分遅刻。

自分のレース

 会場に着いたのは7時40分頃。着替えたり自転車をセットしていたりしていたらコースがオープンになったのでさっそく試走。テクニカルといえるセクションはほとんどない、走力勝負のコース。試走中に転倒1度。膝痛打。で、2周ほど試走すると気力が衰えた。体力が落ちているので疲労を感じたんだろうか。受付をしたあと、あと2周ほど試走。リム打ちが怖いのでリアを2.7気圧程度まで上げる。

 スタートラインはこれまでないほどの賑わい。L2も人数が多い。今日の目標は「ストレートは重めのギアで踏み倒す、それ以外はほどほど。一生懸命加速したり、コーナーを攻めたりしない」ということで。

 スタートはもちろん攻めない。松林の入口で渋滞することは目に見えているし。レースは直線で抜かれ、シケインやステップで抜き返すということの繰り返し、だが、次第に「抜かれ」の方が多くなる。久々登場の大庭さんの前後を走る時間が長かったので、選挙に出たら通りそうなほどの大庭さんの人気に驚く。

 打鐘のちょっと前あたりから右の大腿四頭筋内則広筋が攣りはじめる。シケインを越えたあたりで左も攣りだす。あとはごまかしながら軽いギアで回す。3度めの林で後ろからきた東さんに抜かれる。最終周回で東さんにパスされるというのはシクロクロス参戦を始めた頃によくあったシーン。林を出たとろこで大庭さんにも抜かれる。最後の直線では声を出したくなるほどの両足攣りまくりでゴール。

 終わったあとはダメージ軽減のためローラー台でクールダウン。でも背中とか脇とかの全然違うところがその後も攣りまくりだった。

 体調の割りには楽しめたといえるんじゃないかな。

photo by 泥薗


人様のレース

 40分の部では、最初のレースとはだいぶコンディションが変わっていたようで、転倒してウェアを汚している人も多数。

 C2は今週も沢田時抜き。優勝は同じく高校生の後呂。3位にスズキチくん。ロケットスタートを決めた松泥は転倒などもあり昇格ならず。鈴泥が今季初の90%越え。

 M1はビンちゃんことビンセントフラナガンが最初からリードして完勝。2位争いは最後の登りでミスした泥本がゴール前で差し返して2位。

 L1は福本千佳が圧勝。自転車の扱いもうまくなった。

 C1ではトーヨーのフレームに乗り換えた竹之内悠が2位に3分近い差を付けて圧勝。2位に入江、3位に池本(id:IKEMOTO)。

 C3Bでは海泥、泥薗の泥パックが形成されていたが、この争いは海泥がリード。先頭4人パックにいた阪田晋司が林の中のなんでもないコーナーで転倒。またかいな。id:jkondoは徐々に順位を上げて8位。

本日の写真

今週のスクープ写真!


 Raphaのウェアで現れたアベちゃんこと阿部良之(向かって右端)。チームウェアというわけではないらしい。

 黄緑のトーヨーのフレームで現れた竹之内悠(右から4人目)。竹之内のトーヨーは4レースだけしか実践投入されないとか。世界選手権ワールドカップと関西クロス2戦のみ。

本日の仮装大賞


 スーツにネクタイで走るid:moorie氏。

 「本日のベストドレッサー」の方がよかったかな。

2010/01/16

[]リハビリライド

 1月2日とほぼ同じコース。全然追いこめません。でもトレーニングに向いてそうなところがいくつか見つかった。来シーズンはそこでトレーニング。64.2kg。

[]DURA-ACEの話かと思った、とか 2010/01/16 18:15

はてなハイク

2010/01/15

[]競輪学校の合格者発表

 窓場千加頼も首尾よく合格。

ニュース|KEIRIN.JP

 BMXからの転向組がけっこういる。ロードからの転向と思われる選手は発見できず。

 ロスアンジェルスのメダリスト坂本勉の息子が合格しとる!、と思ったらすでにその兄ちゃんが競輪選手だった。ばあちゃんが女子競輪の選手だったって合格者も複数。

[]菊池は、というかプロ野球選手ってすごいな

西武:菊池、競輪に挑戦 タイムトライアル2番目も立てず

 プロ野球・西武のドラフト1位、菊池雄星投手(岩手・花巻東高)ら新人6選手が14日、埼玉県所沢市の西武園競輪場で、新人合同自主トレ恒例の競輪に挑戦した。

 1周400メートル、最大斜度30度のバンクと、ペダルに足が固定されている状況に、最初は恐怖心からスピードを出せなかった菊池。しかし徐々に慣れ、約1時間半の練習の最後に行われた2周半(1キロ)のタイムトライアルでは、1分29秒16と6人中2番目のタイムを出した。

 菊池は昨秋、自分の自転車サドルを盗まれ、約4カ月間、サドルがないまま、自宅の盛岡市から学校までの約35キロを立ちこぎで走破したことがある。だが、この日はトライアルのゴール後、足がけいれんして立てず、「どの競技も練習が大事だと思った」。【安田光高】

 初めてバンクで走って1分29秒はすごいな。しかもそれを上回る選手もいるわけだし。

 1分半限界を越えるまで追いこんで走ることができるっていう集中力というか根性というか、そういうものもたいしたもんだと思う。

 サドル盗まれたんなら4か月もがまんせずに買えよ。もしかしたらそれもトレーニングの一環?

2010/01/14

[]ツアーオブジャパン2006のFIDEAチーム

 id:tannenbaumさんのリクエストにお応えして、ってされてないけど、当時の写真を発掘。クリックするとでかくなります。

 「おお、シクロクロスのスーパースターたち!」と感動しつつ、誰が誰か顔が判別つかなかった当時の私。今も判別つかんけど。

2010/01/12

[]Boomがシクロクロス走っとるやんかいさ

 しかもいきなりナショナルチャンピオンとは。

シクロクロス今季2戦目のボームが4年連続ナショナルタイトル獲得 | cyclowired

 つまりはベルギー人の観客に囲まれて走りたくなってことなんちゃうの。

2010/01/10

[]関西シクロクロス希望が丘

 風邪が完治せずDNS。でも会場にはいく。8時に西大路五条のファミマで海泥と待ち合わせして会場へ。スタートに間にあわないか、と思ったが、今日は10分遅れのスタート。

 M2ではなんか強豪が多い。泥若が順位的に苦しんでいた。同時スタートのL2では丹波で圧勝した選手がするすると抜け出して優勝、かと思ったら着いている選手がいる。中盤には逆転して優勝。「星川ってどこかで聞いた名前だな。MUURにそんな選手がいたようだ」と思ってたら正解。今年はコムレイドGIANT所属になるらしい。

 C2は今回沢田時がC1オープン参加となる、がエントリーリストにはノグネンこと野口忍の名前が。残留資格を取りたい選手の間で動揺が走るが、ノグネンはスタートラインに現れず。なんでも今は超長時間のためのトレーニング中なんだとか。結果、90%を得た選手も多かった。

 L1は真下正美圧勝。ビエント宮内佐季子が志村みち子を上回り2位。福本千佳はJCFのジュニアロード強化合宿で欠席。月末に寒いところにいくのに暖かいところにいて大丈夫かと思ったけど、すぐに大阪に戻ってくるとのこと。

 M1は佐野光宏が森田と競りながらそのまま優勝。泥本届かず。

 C1は年末に続き小坂親子が遠征。他にも丸山厚、池本真也といった遠征組も。竹之内悠も帰国していて、なかなか豪華な顔ぶれ。しかし「日本一美しいシケイン越え」と私が勝手に認定する丸山が来ているのにシケインがないのがもったいない。

 レースはいきなり竹之内が大きくリードして広場に帰ってくる。その後もどんどん差を拡げていったが、中盤から小坂正則がじわじわと詰めていき、終盤に逆転、差を拡げていく。続くは丸山。全日本の展開からそっくり。あの時はさらに前に辻浦がいたけど。

 C3では曽我暁男、武山潤といった元C1レーサーたちが昇格。

 夜、寝る前に頭痛が出てきた。冷えたせいだろうか。

写真

 以下、ピックアップ。

 スタート前にストレッチする小坂親子。


 シマノレーシングから離れたアベちゃんこと阿部良之。この日のウェアはかつて合同選抜メンバーでヨーロッパ遠征した時のものだとか。

 レースではイノシシセクションで踏みこんだ時にチェーンを切ってしまった。その後立ち止まってチェーンを探したり、ピットに入って背中のポケットからチェーンを出したりと話題を独占。これまでのシマノレーシングのワンピースだったらこうはいかなかった。


 トレックから離れることが決まっている竹之内悠は京都府代表ウェアで走る。移籍先は近日発表される予定。


 気絶オヤヂ殿


 id:jkondo。ハンドル低すぎ。


2010/01/02

[]乗り初め

 箱根駅伝を見てから長岡方面へ。物集女街道を南へ、円明寺のセブンイレブンの前を右折、突きあたりを右折、さらに突きあたりを右折して西乙訓高校の坂を登って降りて、突きあたりを右折して、埋蔵文化財研究所へ左折して光風美竹通りにでて登って降りて突きあたりの丹波街道を左折、光明寺の先の交差点を左折して道なりに善峰寺方面にすすんで、鋭角に右折して小学校の側に出て、果樹園の間の道をうろちょろして芸大の裏を通って桂坂を正面から登って京大を降りてくる。25kmくらい。

 夜寝る前に喉の痛みを感じた。

2010/01/01

[]走り初め

 といってもランニング。

 物集女街道を鈴虫寺のあたりまでいって、そこから山沿いに戻って、東海自然歩道を桂坂まで登って、桂坂から地道を降りてくるルート。10kmくらいかな。

 帰宅後しばらく膝が疼いていたので「故障したかな」と思ったけど、すぐに痛みは退いた。

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 |