A legacy of パンクはいつも突然に

ほんまのHOME(主に自転車ネタ)

鎖骨遠位端骨折の記録は2005年6月5日より。あるいはカテゴリ[collarbone]にて。
塩ビパイプスピーカー関連はカテゴリー[digitalgoods]にて。

2008/02/27

[]江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた サムライと庶民365日の真実 (講談社+α新書) / 古川愛哲

江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた サムライと庶民365日の真実 (講談社+α新書)

 「大正時代に」の部分は前書きでさらっと触れられるだけで、あとは延々江戸時代に対する思い込みの間違いを指摘しつづけている。けど、そのエピソードがことごとくおもしろい。

[]女になりたがる男たち (新潮新書) / エリック・ゼムール

女になりたがる男たち (新潮新書)

 かつて「女性の社会進出は資本主義にからめとられることになるだけだからよしたほうがいい」というようなこと(←私の理解)を発言してフェミニズムの論客たちに猛反発を食らったイバン・イリイチを思い出させる論。フランスでフェミニストたちに評判が悪かったそうだけど、それは指摘されたくないことを指摘されたからじゃなかろうか。

 「わざわざからめとられることはない」のか「どうせからめとられるんだったら積極的にコミットした方がまし」なのか、難しいところ。

[]生活保護VSワーキングプア (PHP新書) / 大山典宏

生活保護VSワーキングプア (PHP新書)

 生活保護の現場にいた人が書いていて、さすがに迫力がある。おそらく年金の次の無駄使い・不公平のターゲットはこのへんになってくるんだろうなぁ。

2008/02/24

[]デジタル電波が来る

 「金曜日帰宅したらデジタル/アナログBSと地上波デジタルがつくので、宅内工事があるで」というチラシが入ってた。いろいろ悩んでいるなかで、所与の条件が少し変わった。

2008/02/18

[]活躍した選手はJR東日本所属

 昨日の東京マラソンで2位に入った藤原新選手はJR東日本出身。特別協賛した東京メトロはさぞかしくやしいことだろう。一方藤原選手の方も東京メトロのマークをつけて走るのは不本意だったかも。

 東京メトロ(当時は営団地下鉄)の陸上部が解散したのはもう8年も前なんやね。

[]映像系物欲

CS124/128のハイビジョン放送は、秋頃にPPV(映画、サッカー、アダルト)とプレミアムチャンネルを中心に10チャンネル程度でスタートする予定だ。ハイビジョン対応STBは、地デジチューナーも内蔵し、HDMI出力やイーサネット端子を搭載。DLNAもサポートする。価格は3万円前後を想定しているという。

 2009年秋頃には、さらに40チャンネル程度をハイビジョン化する計画。計50チャンネルまで増やし、「HDベーシックパック」などの料金プランを組成する。また2009年度以降に高機能型のHD受信機を投入するという。

 すごいぞ。スカパー。このところ燃え盛っている映像系物欲横長テレビ)を鎮めるインパクトがある。

 で、これまでのところのとりとめもないことをメモしておく。

  • そもそも何をしたかったかというと、BS-iの「吉田類の酒場放浪記」を見たいってことだった。あまり画質には興味がなかった。地上波デジタルなんてどうでもよかった。
  • となると最初考えたのはBSデジタル対応のHDDレコーダを買おうってこと。
  • どうせなら横長でみたい。大きさは今の20インチと高さが変わらない24インチワイドを想定。
  • しかし、テレビはモニタとしてしか使わない。今のテレビもチューナー部分は使ったことがない。だったらPC用モニタでもよさそう。
  • でもPC用モニタでまともなのは10万近くする。リモコンも必須だろう。
  • フルスペックハイビジョン登載のテレビが10万円代中盤で売られている。
  • しかも「倍速ハイビジョン(会社によって名称はさまざま)」は明らかに映像が美しい。
  • でもフルスペックハイビジョンのテレビはでかい。シャープが32Vを出しているが、他は37Vから。そんなでかいもんいらん。
  • 今のAVアンプはHDMIに対応していない。買い換えるか、入力切替で対応するか。
  • スカパーを続けるのか、e2スカパーに変えるのか。スカパーなら断然東芝のHDD。
  • 今のHDDレコーダはAVアンプと同じPanasonicで、ひとつのリモコンで使える便利さは捨て難い。
  • マンションは地上波デジタル、BSアナログ/デジタルがきていない。アンテナを自分で立てるか、対応まで待つか、eo光を引くか・・・。
  • コピーワンスはなんとかならんもんか。
  • 最近、テレビのスポーツ中継のテロップの文字サイズが小さくなってきたのは非大型テレビユーザへのいやがらせ、じゃなかった需要喚起策か?
  • BSデジタルといっても、ほとんどの番組はテレフォンショッピングだしなぁ。

ということで、結論は出ていない。

[]市長選挙が終わって

 門川さんの楽勝かと思っていて、某新聞記者の人が「接戦になりそうですよ」と聞かされてもそんなことはあるまいと思っていたら。やはり接戦だった。その人は「保守票が分散して当選ラインが下がりそう」という分析だった。

 でも今回の選挙は「保守と革新」(って死語かも。共産対非共産というべきか)、「三党相乗りと批判勢力」という対立軸よりも「市役所対反市役所」だったように思う。という意味では、反市役所票が分裂したわけで、単純な共産非共産軸だったらあるいは・・・。でもそんな状況になったら三党側はなり振りかまわぬ動員・物量作戦に出てただろうから、やはり結果は同じか。

 今日新聞の記事読んでて気がついたけど、門川さんって堀川の奇跡の推進者でもあるわけやね。そのあたりもっと強調してもよかったのに。

 でスパマー(もしくは支持者がスパマー)の岡田さん。15年くらい前にランナーズを読んでいた人なら知っていると思うけど、当時はランニングの好きな社長さんとしてたびたび誌面に登場していた。それだけならいいんだけど、京都駅新幹線フォームのムーンバット社の広告は岡田社長がなんかの大会でゴールインするシーン。この会社、この社長はあきらかにおかしいと思った。案の定、それから何年かして、経営責任を問われて、婿殿であるにもかかわらず社長を更迭された。つまりは経営者として失格と断定されたということ。そんな人に市長になってほしいとは普通思わんよね。中傷扱いされるのを恐れてか、新聞のインタビューでもそのあたりのツッコミは皆無だった。唯一毎日新聞がツッコミいれていたが「従業員と対話を続けていました」と答えにもならない答えだった。

 自分のゴールシーンを広告にするのと市長選に出るのはなんか共通のものがあるような気がする。自分を曲げない強さがあるというか、懲りないというか。

 現市長の桝本さんってゴミ問題とか不祥事対策とかけっこうよくやっていたと思う。というか、それまでがなにもやらなすぎたというべきか。

2008/02/17

[]R-1グランプリ

 M-1グランプリが「今いちばんおもろい若手漫才」を決めるイベントだけど、R-1グランプリは「今一番おもしろいピン芸人のネタ」を決めるイベントなんだなとあらためて実感した。

 なだぎのネタは、「ややこし」の部分から後はおもしろかったけど、その前の部分とはなんだか別のネタみたいだった。おそらくまだ試行錯誤の状態なんだろうから、今後に期待したい、けど、R-1で使ったネタはこれからは使いにくいだろうなぁ。

 芸のテクニックとして優れていたと思ったのはあべこうじと中山功太。ネタとして良く練ってあったと思ったのは中山功太。世界のなべあつの3の倍数のバリエーションもよかった。COWCOW山田よしと土肥ポン太は練りすぎ。山田はどうしてもバカリズムを連想してしまったし、土肥ポン太は去年の方がよかった。

 芋洗坂係長はシンプルにおもしろかった。4分間のバランスは一番よかったと思う。このまま勢いで優勝するかと思った。今後どういう方向に進むんだろう?芸歴は長いらしいけど。

 鳥居みゆき?テレビでできないネタがおもしろいとは聞くけど。

[]北京オリンピック選考会としての東京マラソン

 足が攣っても崩れなかった藤原ってすごい。

 でも今日いちばん評価を上げたのは諏訪なんではなかろうか。オリンピックで金メダルは届くべくもないけど、上位に入ること可能性はけっこう高いと思う。選考会の実績では尾方の方が上だけど、世界選手権で後半順位を落とした尾方よりも内容がいいと評価すべき。

 選考会の実績が今ひとつでもワイナイナを代表に選出して結果を残したケニア陸連みたいなことはしないだろうなぁ。

2008/02/16

[]髪切った

 今回は桂駅前のルパン、。1,600円。

 前回は11月13日。3か月もったぞ。

2008/02/11

[]倖田來未騒動の不思議

 テレビのコメンテータを見ていると、勝谷誠彦を除いては、どれも倖田來未非難一色。世間と違うことを言うキャラの人たちでさえそう。そういう風にいうように指示が出ているとしか思えないほど不自然。ちなみに発言の前後部分はこんな感じ。

 失言があったのは、先月29日深夜1時から放送されたニッポン放送「倖田来未のオールナイトニッポン」。番組冒頭、倖田の男性マネジャー(31)が結婚した話題で出産の予定に触れ「やっぱ35(歳)回ると、お母さんの羊水が腐ってくるんですね。ホントに! 例えば汚れてくるんですよね。だから、できれば35歳ぐらいまでに子供をつくってほしい」と発言した。

 「汚れてくる」に近い話はこんなところに。和田アキ子の「濁ります」発言もこのことか?

 それでは、「羊水は腐る」のだろうか。「らら女性総合クリニック」の松村圭子院長が言う。

「生まれる前の赤ちゃんがウンチをすると羊水が濁るケースがあります。羊水混濁という症状ですが、ウンチが赤ちゃんの気管に入ると危険なため、“仮死”の兆候のひとつと考えられています。これを“腐る”と誤解したのかもしれません」

 もっとも、「羊水混濁」は35歳以上になると増えるという。

「35歳を越えた高齢出産では、卵子が老化して受精や着床がしにくくなります。着床しても胎盤が弱く、微小な血栓が血流を妨げて赤ちゃんに栄養や酸素が行くのを阻害すれば、赤ちゃんにとって厳しい環境になり、生まれる前に苦しくなってウンチをしてしまうこともあるのです。ダウン症の発症率をみても、20代の出産では1000人に1人ですが、40代は100人に1人。やはり、20代前半に比べると、羊水は腐りませんが、リスクは格段に高いのです」(松村圭子院長)

 ただ、言論統制があるとしても、誰が何のために、どういう輿論を形成したくてやっているのかの説明は難しい。選挙とか防衛とか経済とかそういうものだとわかりやすいけど。少子化対策だとしたらもっと他のところで工作した方が効果的。

 単に「面倒なことになったらあかんから、倖田來未を非難しとけ」ってことだったら、それは言論機関のやることちゃうやろう。もっともすでにテレビ局は娯楽産業企業だけど。

2008/02/10

[]自民党はなぜ潰れないのか―激動する政治の読み方 (幻冬舎新書) / 村上正邦、平野貞夫、筆坂秀世

自民党はなぜ潰れないのか―激動する政治の読み方 (幻冬舎新書)

 参議院なんかいらない (幻冬舎新書)の3人による対談第2弾。策謀の渦巻く中で時々(でもないか)理念が顔を出す世界。

 「自壊が始まっている」と皆が口々に繰り返しているけど、それでもかえって「まだまだ潰れないな」と思う。

[]八幡神と神仏習合 (講談社現代新書) / 逵日出典

八幡神と神仏習合 (講談社現代新書)

 これまで神道とか八幡神の関連の本をけっこう読んできたけど、どうももやもやしたものが残っていた。そんなもやもやをこの本はすっきりと説明してくれている。いい本だと思う。

 しかしUSAに住んでたのに稲積山なんてまったくしらんかった。古事記に出てくる宇佐川は寄藻川が定説だと思っていたんだけど、この本では駅館川だとさらっと流しているのがちょっと気になった。

[]いのちを守るドングリの森 (集英社新書) / 宮脇昭

いのちを守るドングリの森 (集英社新書)

 [rakuten:book:11928984:title]の主人公の宮脇さんが自ら書いた本。この本を読むとつい桂坂の植生が気になってしまう。

 「知るを楽しむ」に出たのか。見たかった。

[]地震の日本史―大地は何を語るのか (中公新書) / 寒川旭

地震の日本史―大地は何を語るのか (中公新書)

 日本列島ってほんまに地震が多かったってのにあらためてびっくり。そういうもんだと思って生活していくべきなんやろうな。

[]日本の10大新宗教 (幻冬舎新書) / 島田裕巳

日本の10大新宗教 (幻冬舎新書)

 単なるレポではなく、学者らしい分析、解説があって、おもしろかった。

 幸福の科学に一切触れていないのは、そのうち別の本を書くためじゃないかと推測。

[]複数の「古代」 (講談社現代新書) / 神野志隆光

複数の「古代」 (講談社現代新書)

 言いたいことはつかめたし、個別の事例はわかるんだけど、その間をつなぐ部分がようわからん。

2008/02/09

[]今日の吉本新喜劇

 13回忌ということで横山やすしを取り上げた「まいど!横山や!」。でも噛んだり、セリフかぶったりとか多かったし、間も悪く、ずいぶんと完成度が低かった。収録曜日がいつもと違ったんだろうか。

 ぢゃいこと山本奈臣美の揃い踏みがあったけど、これって禁じ手に近いような気がする。

2008/02/06

[]air waveユニットのエージング

 AIR WAVEのCLF060C3-W、エージング初日は低音が伸びた。2日めは予想に反して高音域が伸びた。3日目の変化は少なかったけど、やはり高い方が伸びている。やはりこのサイズにしては低音が出ているけど、まだ不満。10cmと比べる方が無理ってもんだけど。

2008/02/04

[]塩ビパイプスピーカーその後

 前回のあと、1号機と2号機のユニットを交換してみた。1号機とW4-927SCの組み合わせがなんともよろしい。全体のバランスが取れていて、聞き疲れしないし、かといってレンジが狭いわけではない。2号機とW4-930SCの組み合わせは今ひとつ。2号機、元のストローダクトに戻そうかなぁ。

 もうひとつは新ユニットの導入。先日の東京出張の際に立ち寄ったコイズミ無線で購入したAIR WAVE CLF060C3-W。展示してあったバックロードホーンらしき2wayでそこそこ低音が出ていた(このユニットをウーファとして使用)ので、実験、チャレンジ的な気持ちで購入。そのまま100mmキャップに取り付け。最初は「このサイズにしては低音出るけど、全然足りない」という感じ。しかも定在波なのか、テレビのナレーションがもごもご。今日半日ほどFMの局間のピンクノイズでエイジングしたらずいぶんと低音が出るようになってきた。しかももごもごももだいぶ改善。今後に期待。

[]たんこぶできてた

 昨日風呂に入って、頭を洗おうとして触ったら痛い。表面に近いところにおできでもできたかと思ったが、原因が思いあたった。野洲川シクロクロスの観戦中に図状に落ちてきた雪の塊のせいだろう。その瞬間は石でもぶつけられたかと思った程だったから。

[][]噛み合わない話、というか、わざと噛みあわないようにしている話

橋下徹氏:米軍岩国基地移転の住民投票発言で反論「批判は机上の憲法論」

 大阪府知事選に当選したタレントで弁護士の橋下徹さん(38)は3日、山口県の米軍岩国基地への米空母艦載機部隊移転を問うため実施された住民投票を巡る発言が、憲法学者らの批判を招いていることについて「机上の憲法論しか知らない学者にとやかく言われたくない」と反論した。福岡市で報道陣の取材に答えた。

 橋下さんは先月31日、岩国市長選に出馬した移転容認派の福田良彦氏(37)への応援ビデオ収録後、「防衛政策に自治体が法律上の手続きを使って異議をさしはさむべきではない」などと発言した。 これに対し、憲法学者らからは「法律家とは思えない発言だ」「基地問題は生活問題であり、住民には意見を言う資格がある。憲法が認めた言論の自由だ」などと批判が相次いでいる。

 橋下さんは発言の真意について「住民の意思を無視しろとは言っていない。何でもかんでも住民投票をやってしまえば、多数意見だけに従って政治を動かさなければならなくなる」と強調。「間接代表制では、住民の意見をくみ取り、選良である政治家が決断すべきだ」と説明した。

 さらに「仮に過半数が賛成しても、市長はその他の事情を踏まえて決断すべきだ。法的拘束力がないなら、経費面からも住民投票のような手段を取るべきでない」と持論を展開した。【木下武】

毎日新聞 2008年2月4日 大阪朝刊

 憲法学者のいうことが机上論かはどうかはおくとして、橋下さんのいっていることはとってもまともだと思う。この記事も、橋下さんの主張を正しく伝えている。ところが、同じネタでもこんな記事を作ることもできる。

橋下節に疑問の声「あんたこそ憲法学べ」 岩国住民投票

2008年02月03日11時38分

 米空母艦載機移転をめぐり06年春に山口県岩国市が実施した住民投票に対する橋下徹・次期大阪府知事の発言に、憲法学者や政治学者らが首をかしげている。弁護士でもある橋下氏は、反論した前岩国市長の井原勝介氏を「憲法を勉強して」と痛烈に批判したが、「橋下さんこそ不勉強では」との指摘も出ている。

 橋下氏の発言が飛び出したのは1月31日。3日告示の岩国市長選で艦載機移転容認派が推す前自民党衆院議員の福田良彦氏を応援するビデオ撮影に応じた後、「防衛政策に自治体が異議を差し挟むべきではない」「間接代表制をとる日本の法制度上、直接民主制の住民投票の対象には制限がある」と持論を展開。井原氏が「国民が国政にものを言うのは当然」と反論すると、1日に「憲法を全く勉強していない」などと再反論した。

 橋下氏の発言に対し、小林良彰・慶大教授(政治学)は「この種の住民投票には法的拘束力がない。住民の意思の確認・表明なのだから、それを憲法が制限することはあり得ない」と指摘。「防衛は国の専権事項だが、基地問題は地元住民にとって生活問題だから、意見を言う資格がある。それは憲法が認めた言論の自由だ」と述べ、「橋下さんこそ憲法を勉強した方がいいんじゃないか」と皮肉った。

 小林節・慶大教授(憲法)は「橋下さんは憲法を紋切り型に解釈しているのではないか」と首をひねる。「地域の問題について住民の声を直接聞いて、その結果を地方自治体の意向として国に示して実現を図っていい、というのが憲法の考え方だ」と言う。

 奥平康弘・東大名誉教授(憲法)は「法的拘束力のない住民投票の是非について、わざわざ憲法を引き合いに出すこと自体が論外」と突き放した。「弁護士が『憲法』と言えば、いかにも説得力があるように聞こえるが、政治家として政治的な発言をしたまでのこと。人びとの注目を集め、目的は達成したんじゃないのかな」と冷ややかに語った。

住民投票めぐり異論反論 井原・前岩国市長と橋下氏

2008年02月03日

 米空母艦載機移転の是非が問われた06年春の山口県岩国市の住民投票をめぐり、前市長の井原勝介氏(57)と次期大阪府知事の橋下徹氏(38)の「場外乱闘」が過熱している。弁護士の橋下氏は「憲法を勉強して」と井原氏を批判したが、学者からは「橋下さんこそ不勉強」との指摘が出ている。

 発端は1月31日。3日告示の同市長選で、移転容認派が推す前自民党衆院議員の福田良彦氏の応援ビデオに出演した橋下氏が「岩国の住民投票には反対」と発言。翌1日、対立候補の井原氏が「国政にものを言うのは当然」と反論すると、「憲法を勉強してほしい」とやり返した。

 橋下氏の発言について小林良彰慶大教授(政治学)は「この種の住民投票には法的拘束力がない。住民の意思の確認・表明なのだから、憲法が制限することはあり得ない」と指摘。小林節慶大教授(憲法)も「住民の声を直接聞いて、その結果を地方自治体の意向として国に示して実現を図っていい、というのが憲法の考え方だ」。

 奥平康弘東大名誉教授(憲法)は「弁護士が『憲法』と言えば説得力があるように聞こえるが、政治的な発言をしたまで。注目を集め、目的は達成したんじゃないのかな」と冷ややかだ。

 一方、橋下氏が支援する福田氏は2日、「防衛政策という国の問題を市に持ち込み、住民投票で住民の対立をあおるべきではない」とのコメントを出した。

     ◇

 橋下徹氏と井原勝介氏の発言要旨は次の通り。

 《橋下徹氏》 国政の防衛政策に関し、地方自治体が異議を差し挟むべきではない。市長が国にものを申せばいいのであって、住民投票という手段を使うべきではない。憲法が間接代表制という建前をとっている以上、直接民主制の住民投票の対象も絞られるべきだと思う。(井原氏は)もう少し憲法を勉強していただきたい。

 《井原勝介氏》 住民投票は議会で成立した条例に基づいて行われた。議会制民主主義を補完する大切な制度だ。主権者の市民、国民がものを言うのに何の制限もないのは憲法の大原則。もちろん住民投票は国策を規定できない。住民の意思を国に届ける一つの方法として住民投票があるだけだ。逆に(橋下氏が)憲法を知らないのではないか。

 橋下さんの「法律上の手続きを使って」という、極めて重要なフレーズが朝日新聞の記事からはすっぽりと抜け落ちている。わざとなのかアホなのかは不明。このおかげで「地方から政府に意見を言う手続き」のことを述べているのに「地方から政府に意見を言うことの可否」の話になっていて、全然噛みあわなくなっている。

 ついでに、もう一つ、毎日新聞のまともな記事。

岩国基地移転:愛知県知事が橋下徹氏の発言に疑問呈す

 「国の方針に対して、地方自治体もすべて唯々諾々とのみ込むのはおかしい」−−。米空母艦載機部隊の岩国基地移転の是非を問う山口県岩国市の住民投票(06年)について、大阪府知事選に当選した橋下徹氏が「防衛政策に関して、自治体が法律上の手続きを使って異議を差し挟むべきでない」と発言したことに対し、同じ弁護士出身の愛知県の神田真秋知事が4日の定例会見で疑問を呈した。

 神田知事は「住民投票は民主主義で重要な手段の一つ」と強調したうえで「地方として国の方針に納得できないことも当然あり、意思表示することもいいと思う」と述べた。一方で「私も弁護士から(愛知県一宮市長になり)市行政に入ったのは38歳でした。お互い地域のために頑張っていきたい」とエールも送った。【秋山信一】

 ちゃんと「法律上の手続きを使って」というフレーズが入っている。さらについでに、asahi.com内を「橋下 法律 手続」というキーワードで検索しても0件。

2008/02/02

[]なにをやっているんだ、中国政府

 ここはさっさと犯人を探しだし(もしくはでっち上げ)、さっと裁判をすませ、何人か銃殺刑にして収拾を図るくらいのことをやってくれなきゃ中国共産党らしくないじゃないか。

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 04 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |