A legacy of パンクはいつも突然に

ほんまのHOME(主に自転車ネタ)

鎖骨遠位端骨折の記録は2005年6月5日より。あるいはカテゴリ[collarbone]にて。
塩ビパイプスピーカー関連はカテゴリー[digitalgoods]にて。

2012/06/19

[][]facebookがかってにはてなココに投稿する件

 はてなココ(とtwitter)になんか記憶のない投稿があった。どうやらメールではてなココに写真を投稿した時のアドレスにfacebookがメールを送っているようだ。こころあたりとしては、facebookとauの連携でメール送受信履歴から友達を探した時のデータを使っているんだろう。

au携帯電話のEメール送受信履歴を活用したFacebook(R) 上の友人の検索機能向上について〈別紙〉 | 2011年 | KDDI株式会社(現在はauoneメールを使ってPCからも検索可能)

 となると、問題点は2つ。

 ひとつはそんなことするなんて全く認識していないこと。読み込ませるときにもそんなコンファームは出てこない。この機能自体は確かに何度か試したけど、データを読み込んで結果一覧を見たところで、招待をクリックせずにキャンセルしている。それなのに送っているとはえげつないことしよるなぁ。ワシがどんなグループにいっとるかとかも書いてあるから、プライバシーだだ漏れやん。立場を隠してメールしているような人は特に困ったことに。ただ、全部が全部送っているようでもなくって、同じ時期の送信履歴にある自分用のniftyのアドレスや職場のアドレスには届いていない。いや、届いてました。

 facebookがいまさら新規加入を積極的に増やす必要もなさそうななかで、こんなリスキーなこと続けているのが理解できん。

 もうひとつの問題点は、はてなココのメール投稿が送信者をチェックしていないこと。いや、もしかしてfacebookは送信者をワシのauのアドレスに偽装しとる?でもそれをスルーしたらあかんやろうし。

追記:止め方がわかった

 「メールアドレスで検索できるようになった」と紹介しているページはいくらでも転がっているのに、そのからくりを書いてあるページはなかなか見つからなかった。

しかし気をつけなければいけない点もあります。メールアドレスで友達を検索した後は「Facebookに登録していない人」を一括招待する画面に移行します。招待した人が加入しない場合はFacebookからその人に定期的に招待メールが届くようになります。

 そんな画面にはいかんかったぞ。

 それはともかく、さっそく対策。現在は「招待履歴」ではなく「インポートした連絡先を管理します。」のリンクから設定する。招待していない人までメールを送るのでこんな表現に変えたのかも。

2012/06/15

[]ルー=ガルー 忌避すべき狼 / 京極夏彦

分冊文庫版 ルー=ガルー《忌避すべき狼》(上) (講談社文庫)

分冊文庫版 ルー=ガルー《忌避すべき狼》(上) (講談社文庫)

分冊文庫版 ルー=ガルー《忌避すべき狼》(下) (講談社文庫)

分冊文庫版 ルー=ガルー《忌避すべき狼》(下) (講談社文庫)

 このシリーズははじめてだけど、じわじわと伏線を張りつつ終盤に一気に盛り上げる京極節は健在。

[]米・百姓・天皇 日本史の虚像のゆくえ (ちくま学芸文庫) / 網野善彦, 石井進

米・百姓・天皇 日本史の虚像のゆくえ (ちくま学芸文庫)

米・百姓・天皇 日本史の虚像のゆくえ (ちくま学芸文庫)

 毎度の網野先生。おもしろい。

[]秀吉と海賊大名 - 海から見た戦国終焉 (中公新書) / 藤田 達生

秀吉と海賊大名 - 海から見た戦国終焉 (中公新書)

秀吉と海賊大名 - 海から見た戦国終焉 (中公新書)

 海賊系の流れを汲む私としては興味深いところ。

 海賊と言うよりも戦国大名に近かったというところか。

 豊後森の久留島家って来島の出やったんやね。

[]震災復興 欺瞞の構図 (新潮新書) / 原田泰

震災復興 欺瞞の構図 (新潮新書)

震災復興 欺瞞の構図 (新潮新書)

 島原の無駄にいい道、無駄に豪華な記念館を見ていただけにこんなことは起きるだろうと思っていたけど、規模が大きいだけに半端じゃないね。いまだに耳あたりのいい言葉が続いているけど。

[]東電帝国―その失敗の本質 (文春新書) / 志村嘉一郎

東電帝国―その失敗の本質 (文春新書)

東電帝国―その失敗の本質 (文春新書)

 福島原電の事故も結局国民が電力会社体制を許容してきた国民の責任なんじゃないかと思う。

 しかし、金があるって強いね。

[]幸せな小国オランダの智慧 (PHP新書) / 紺野登

幸せな小国オランダの智慧 (PHP新書)

幸せな小国オランダの智慧 (PHP新書)

 オランダはなぜ自転車が強いのか、って話はない。

 日本にないものがオランダにはあるような気がするが、でもそれが日本にとってのソリューションでもなさそう。

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 04 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |