.h2oのお気楽日記 このページをアンテナに追加

2018-02-03 新路線開通/延伸/新駅設置/駅・再開発の動き

新路線開通/延伸/新駅設置/駅・再開発の動き

| 新路線開通/延伸/新駅設置/駅・再開発の動きを含むブックマーク

2018年2月時点での首都圏の新路線開通/新駅設置/駅・再開発の動向をメモ

路線

路線名ステータス開通予定概要
相鉄・JR直通線(仮称)建設平成31年度下期引用:相鉄線西谷駅とJR東海道貨物線横浜羽沢駅付近間に連絡線(約2.7km)を新設し、この連絡線を利用して相鉄線とJR線が相互直通運転を行うもの
相鉄・東急直通線(仮称)建設平成34年度下期引用JR東海道貨物線横浜羽沢駅付近と東急東横線・目黒線日吉駅間に連絡線(約10.0km)を新設し、この連絡線を利用して相鉄線と東急線が相互直通運転を行うもの

路線延伸

路線名ステータス開通予定概要
金沢シーサイドライン延伸事業 建設2018年度に暫定開業金沢八景駅(仮設駅)から本設駅まで約150mの延伸区間工事が進めており、2018年度に単線で暫定開業
横浜市営地下鉄「新百合ケ丘への延伸」事業検討中未定あざみの駅から先、新百合ケ丘までの延伸を検討中
相鉄いずみの線「慶大湘南藤沢キャンパス周辺への延伸」事業検討中未定湘南台駅から寒川町倉見まで延伸する構想

新駅

駅名路線ステータス開業予定概要
羽沢横浜国大駅相鉄・JR直通線(仮称建設平成31年度下期公式情報:相鉄・JR直通線(仮称建設に伴い新規に設置される予定。2017/12/11に名称が羽沢横浜国大駅に決定。
あしかがフラワーパーク駅両毛線建設2018/4/1公式情報:年間150万人が訪れるあしかがフラワーパーク周辺の交通渋滞対策と4年後の東京五輪をにらんだ観光振興が主な狙いで、足利駅ー富田駅間に設置予定の請願駅。
ふかや花園駅秩父鉄道建設2018/10/20秩父鉄道永田駅〜小前田駅間の新駅。地域住民利便性の向上や、アウトレットモールを核とした花園IC拠点地区への来訪者の交通手段の一つとして活用し、県北部・秩父地域の観光促進が目的
虎ノ門新駅(仮称)東京メトロ日比谷線建設2020年春に暫定開業霞ケ関−神谷町間の「虎ノ門ヒルズ」に近い場所に開設される新駅
品川新駅東海道線建設2020年春に暫定開業公式情報JR東日本が田町〜品川駅間に新駅を設置。停車予定は山手線と京浜東北線。

駅・再開発

駅名完了予定概要
JR川崎駅「川崎駅北口自由通路等整備事業」2018/2/17JR川崎駅へのアクセス性の向上と東西自由通路の混雑緩和、駅東西の利便性・回遊性等の向上を図るため、北口自由通路と新たな改札口(北改札)の整備

2017-06-18 Centos7.3とKVMでテストVM環境づくり(1)

Centos7.3とKVMでテストVM環境づくり(1)

Centos7.3とKVMでテストVM環境づくり(1)を含むブックマーク

とりあえず以下サイトを参考に作ってみた

実現したいことは以下の通り。

  • Web管理画面で管理できること。
  • DiskImageはLVM領域(Logical Volume)に配置すること。

Web管理画面

WebVirtMgr

本格的な運用にはnginx必要だけど、テスト程度であれば以下のDebugモードでも動作はさせられる。

$ ./manage.py runserver 0:8000

LVM領域(Logical Volume)にイメージを格納する

VGをプール領域とする方法結構見つかるけど、今回実現したいのは既に作成済みのLGを利用して、

仮想マシン動作させること。

結論から言うと、virt-install時にdiskオプションにLGデバイス名(/dev/centos/kvm)を渡すことで実現できた。

virt-install \
  --name centos7 \
  --hvm \
  --virt-type kvm \
  --ram 1024 \
  --vcpus 1 \
  --os-type linux \
  --disk path=/dev/centos/kvm \
  --network network=default \
  --graphics none \
  --location /tmp/CentOS-7.0-1406-x86_64-Minimal.iso \
  --extra-args "console=ttyS0"

次は、ネットワーク設定と、自動環境構築(ansible or vagrant)に取り掛かりたい。

2017-06-04 iPhoneでRAW(DNG)形式で写真を撮影しDNGをPCに転送する

iPhoneでRAW(DNG)形式で写真を撮影しDNGをPC(OSX)に転送する

iPhoneでRAW(DNG)形式で写真を撮影しDNGをPC(OSX)に転送するを含むブックマーク

lightroom mobileの同期機能を使えば行けそうだけど、そんなに高頻度で使わないため、できるだけ無料で実現したい。

試行錯誤した結果、ProCAM4とファイル管理ファイル管理アプリ)を使って、PCDNG転送できた。

最後はiTuensを使うのでOSX/Windows関係無く、PC転送できる。

手順としては今んな感じ。iPhone7写真だと1枚10MB相当だった。

  1. ProCAM4でRAWモード撮影
  2. ProCAM4の共有機能ファイル管理DNGに送る。
  3. iTuensを起動し、APPのファイル管理からDNGを取り出す。
  4. 以上で完了

OSXだとDNGプレビューアプリで読み込めるから多少RAW現像相当もできる。

2016-12-24 osxで実行ファイルをダンプする このエントリーを含むブックマーク

objdumpが入っていないため、逆アセンブルするにはどうすればよいかと迷っていたが、"otool -tV"を使えば同等のことが実現できた。

2016-12-08 [HPC]NECの次世代スパコン(Aurora)

NECの次世代スパコン(Aurora)

| NECの次世代スパコン(Aurora)を含むブックマーク

2014年に次モデル(Aurora)開発の記事が出たが、2016/12/07に続報があった。

NECが「Aurora」というプロジェクト名で次世代スパコンを開発していることはすでに発表されていたが、その実体ベールに包まれていた。今回のSC16で、NECはそのベールを少し持ち上げてチラリと中身を見せた。

no title

2014年の予定と比較すると、まだ完成まで時間がかかるが、大まかな方向性は見えてきた感じ。

2014年11月17日NECは、SX-ACE次世代となるベクトルスーパーコンピュータ「Aurora」の開発を開始したと発表した。提供時期は2017年であり、3〜4年後であるプレスリリースでは、現行のSX-ACE比較してラックあたり10倍の性能、設置面積30分の1以下という程度の情報しかない。

no title

特徴をまとめるとこんな感じ。専用CPUじゃなくなるのかという点がちょっとショック。

確かに汎用製品採用することでコストの低減は図れると思うが、性能面ではどうなんだろう?

しかし、記事にある通り2018年に登場とした時に、GPUカードと戦ってAurora(現在リリースされているNVIDIAのP100 GPUは96GFLOPSにたして、1.5倍の性能を見込むとしても、2年後はどうなる?)は性能/コスパ面で戦えるのだろうか?

このページは日々の出来事を書き綴ったお気楽日記です。自己責任で閲覧してください。